ツイッター 全ツイート履歴。 「全ツイート履歴」に関するQ&A

黒歴史クリーナーの正しい使い方!ツイート3200以上の場合もOK!

ツイッター 全ツイート履歴

トップメニューの プロフィールアイコンをタップし、 [設定とプライバシー] をタップします。 [アカウント] をタップします。 データと許可にある [Twitterデータ] をタップします。 データをダウンロードから [Twitter] の隣にある [データをリクエスト] をタップします。 ダウンロードの準備ができるとプッシュ通知で通知があります。 設定画面の データをダウンロードから、 [アーカイブをダウンロード] がタップできます。 ダウンロード用のリンクを記載したメールもTwitterアカウントに登録されているメールアドレスに送信します。 メールの受信後、Twitterアカウントにログインした状態で [ダウンロード] ボタンをクリックし、ツイート履歴の. zipファイルをダウンロードします。 トップメニューに ナビゲーション メニューアイコン または プロフィールアイコンが表示されています。 どちらかのアイコンをタップしてから、 [設定 と プライバシー] をタップします。 [アカウント] をタップします。 データと許可にある [Twitterデータ] をタップします。 データをダウンロードから [Twitter] の隣にある [データを リクエスト] をタップします。 ダウンロードの準備ができるとプッシュ通知で通知があります。 設定画面の データをダウンロードから、 [アーカイブをダウンロード] がタップできます。 ダウンロード用のリンクを記載したメールもTwitterアカウントに登録されているメールアドレスに送信します。 メールの受信後、Twitterアカウントにログインした状態で [ダウンロード] ボタンをクリックし、ツイート履歴の. zipファイルをダウンロードします。 ナビゲーションバーにある その他 アイコンをクリックし、メニューから [設定とプライバシー] を選択してアカウント設定画面に移動します。 [アカウント] セクションにある [Twitterデータ] をクリックします。 [Twitterデータをダウンロード] でパスワードを入力し、 [確認する] をクリックします。 [データをリクエスト] ボタンをクリックします。 TwitterアカウントがPeriscopeと連携されている場合、Periscopeにも [データをリクエスト] できます。 ダウンロードの準備が整ったら、登録されているメールアドレスにメールが送信されます。 設定画面からは [データをダウンロード] セクションにある [データをダウンロード] ボタンをクリックすればダウンロードが可能です。 メールの受信後、Twitterアカウントにログインした状態で [ダウンロード] ボタンをクリックし、ツイート履歴の. zipファイルをダウンロードします。

次の

Twitterをやり直したい! 過去のツイートを一括削除できるツール5選

ツイッター 全ツイート履歴

Twitterが休眠アカウント削除を発表! 米Twitterが、アクティブではないアカウント(休眠アカウント)の所有者に対し、12月11日までにログインしないとアカウントを削除すると発表しました。 【注意】Twitter、直近6カ月にログインしていないアカウントを削除すると発表 削除は12月に実施。 Twitterはアカウントにログインし、ツイートすることを推奨している。 — ライブドアニュース livedoornews 休眠アカウントの判断は 「直近6ヵ月間にログインとツイートをしているかどうか」によります。 ご自身のアカウントやサブアカウントなどで、あまり使用していないものは「休眠アカウント」と判断される可能性があるので注意が必要です! 以前のバージョンでは「全ツイート履歴」をダウンロードできる機能があり、「index. html」をダウンロードして閲覧できましたが、2019年8月のUI刷新により、現在「index. html」がなくなり「tweet. js」ファイルでツイートを確認する方法になっています。 以前の仕様の方が利便性が高いので、公式の今後の対応に期待しています。 バックアップファイルの取得方法 こちらはPCでのバックアップファイルの取得方法です。 自分のアカウント下にある 「…」メニューをクリック 「設定とプライバシー」をクリック 「アカウント」をクリック 「Twitterデータ」をクリック 右側に表示された 「Twitterデータをダウンロード」の項目にパスワードを入力して 「確認」をクリック Twitterの横にある 「アーカイブをリクエスト」をクリックすると、 「アーカイブを取得中」というボタンに切り替わります。 ここから少し時間を置くと、 「アーカイブをダウンロード」というボタンに切り替わり、ここからZipファイルがダウンロードできます。 Zipファイルを解凍すると、複数のファイルが入っていますが、この中で重要なファイルが 「tweet. js」というファイルになります。 tweet. jsファイルから全ツイートを見る方法 「tweet. js」のファイルを使ってこれまでの全ツイートを見ることができるのですが、2019年8月のアップデートにより、 2019年11月現在、このままでは見ることができない状態です。 現在は有志の方によって「tweet. js」からツイートをみれるプログラムが公開されております。 上記のサイトの指示に従って「tweet. js」をアップロードすることで、ツイート履歴を見ることが可能です。 以前の「index. html」で見る方法はとても直感的でわかりやすい方法でしたので、公式には以前の仕様に戻して欲しいところですね。

次の

Twitter全ツイート履歴は、2019年7月以降、ツールを使用しなければ取得不可能(accounts.healthteacher.comはダウンロードファイルに含まれないよう仕様変更されている)

ツイッター 全ツイート履歴

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる? Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。 過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。 ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。 それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。 黒歴史クリーナー 「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。 削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。 具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。 簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。 Tweet Deleter 「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。 自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。 また、日付を指定しての削除も可能です。 有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。 常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。 ツイートの一括削除ツール! 「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。 指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ツイートを全削除する場合の注意点 ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。 ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。 注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。 一度削除すると復元できない ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。 ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。 ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 ケース別でご説明します。 更新されない場合 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。• キャッシュ キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。 削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。• RSS RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。 フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。 削除後はアプリ連携を削除する ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。 可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。 ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。 選択削除も可能 ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。 先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 削除できない場合の対応 ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。 キャッシュを削除する• Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。 便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。 ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 ツイートはツールを使って全削除しましょう ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。 ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。 また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

次の