不安 で しょうが ない。 心が強い人は「不安は妄想」だと知っている

不安で不安で仕方がない時ってどうすればいいでしょうか?気が重い...

不安 で しょうが ない

「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。 何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。 原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。 問題は、そのような理由がないのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状が起こる場合です。 この場合は「病的な不安」である可能性が考えられます。 「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。 「正常な不安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側面をもっているのに対し、「病的な不安」は何らかの精神的・身体的な疾患の徴候である可能性があります。 上記のような症状を感じ、それが「病的な不安」ではないかと思ったら、精神科か心療内科で診断してもらいましょう。 その前に予備知識として、不安とはどういう症状か、どんな病気の場合にみられるかについて、ひと通り知っておくのはよいことです。 不安は、精神医学的には「対象のない恐れの感情」と定義されています。 似たような言葉に「恐怖」がありますが、こちらは「対象がある場合」に用います(区別しない場合もあります)。 不安は身体症状を伴っていて、「どきどきする」(動悸)というのもそのひとつですが、ほかにも「胸がしめつけられる」「息が苦しい」「冷汗が出る」「体が震える」「ふらふらする(めまい感)」「手足のしびれ」「脱力感」「頻尿」「のどが渇く」「眠れない」「頭痛」など、さまざまな症状が現れます。 これらは主として自律神経、特に交感神経の働きによるものです。 感情と、交感神経、副交感神経などの自律神経の働きは、脳の中で密接に関連しているからです。 不安にはいろいろな種類があります。 急性、突発性の強い不安をパニック(繰り返す場合はパニック発作)といいます(不安発作ともいう)。 「パニック障害」で典型的にみられる不安症状で、突然理由もなく強い不安に襲われ、胸がどきどきする(動悸)、脈が速くなる(頻脈)、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなど、上に述べた身体症状も同時に襲ってきて、今にも死んでしまうのではないかと思うほどです。 ただし、時間がたつと自然に消えてしまいます。 発作が繰り返される場合は、「また来るのではないか」という不安が生じ(予期不安という)、そのため発作が起きた時そこから逃げられない、助けてもらえないような場所や状況を恐れ避ける「広場恐怖」という症状が伴ってきます。 これは「恐怖症」という不安障害の一種にあたります。 恐怖症には、ほかに「社交恐怖(人前で異常に緊張し、恥をかくことを恐れる)」「特定の恐怖症(高所、閉所、動物、暗闇など、特定の対象や状況を異常に恐れる)」があります。 パニック発作とは対照的に、それほど強くない不安が慢性的に続くタイプの不安症状もあり、全般性不安といいます。 全般性不安は、全般性不安障害の場合に典型的にみられます。 そのほか、なども不安障害に属する精神疾患で、それぞれ特徴的な不安症状が現れます。 詳しくはそれぞれの解説ページを参照してください。 不安障害は不安を主症状とする精神疾患のグループで、パニック障害がその代表的なものですが、上に挙げたもののほかに、不安障害の中には一般身体疾患や物質などが原因で起きる疾患もあります。 原因となる一般身体疾患は、甲状腺機能亢進症や低血糖などの内分泌疾患、心不全、肺塞栓症、不整脈、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの心血管系・呼吸器系疾患、前庭機能不全、脳炎などの神経系疾患などで、原因となる物質はカフェインや覚せい剤その他違法薬物の中毒、アルコールや医療で投薬された鎮静剤、睡眠薬、抗不安薬などを急にやめた時に生じる離脱症状などです。 これらは、見かけは不安という精神症状でも、原因は身体疾患や物質によるものですから、きちんと検査・診断してもらうことが大切です。 場合によっては、直接命にかかわってくるからです。 医師を受診した時は、薬物を摂取していたことを必ず報告するようにしてください。 不安症状を呈する精神疾患は、不安障害のほかにもたくさんあります。 不安症状のない精神疾患はないといってもよいでしょう。 中でもうつ病や統合失調症では、不安が主症状である場合もあります。 うつ病ではしばしば焦燥(いらいら、あせり)、苦悶(苦しい)、罪責感、絶望感などが、うつ症状と入り混じった形で現れます。 統合失調症では、妄想気分、被害妄想、幻聴など、特有の精神病症状に伴う不気味で深刻な不安感が体験されます。 そのほか、心気症(身体表現性障害)では体や病気に対する過剰な不安がみられます。 ストレスに対する反応である「適応障害」では、不安症状はうつ症状とともに、最もありふれた症状です。 また子どもに特有の不安障害として、親や愛着のある人から引き離されることへの強い不安を示す「分離不安障害」があります。

次の

不安で不安でしょうがない!そんな気持ちを解消するための5つの方法

不安 で しょうが ない

焦りや不安におそわれて、仕事が全然手につかない! 私は一体どうしたらいいの! こういった悩みを解決するため、今回は焦りや不安の原因と解決策について深堀りしていきます。 焦りや不安を抱えた状態のまま仕事に手がつけらない状態で仕事を続けようと考えているとさらなる焦燥感を生み出し、 悪循環に陥る原因になります。 わたしは「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と焦ってしまってミスを連発し、失敗したことがあります。 かえって他人に迷惑をかけることになったり、仕事が思い通りに進まなかったりするんですよね。 それでさらに落ち込み、また不安と焦りでいっぱいになることをよく繰り返していました。 そのような悪循環にとりつかれないために、手につかなくなる原因を解き明かし、改善策を紹介していきます。 タップできるもくじ• 焦りや不安で仕事が手につかない原因 失敗したらいけないと思っている 「失敗は許されない」とか「丁寧にやらなくてはならない」とか思っている方もいらっしゃるはずです。 実は、そう思っていること自体が、焦りや不安を導き出しているのです。 失敗は許されないと自分自身にプレッシャーをかけてしまっているのです。 もしかしたら、あなたの焦りや不安は 完璧主義から抜け出せないのが原因かもしれないですよ。 「やらないといけない」にとらわれている 仕事でやらないといけないことはたくさんあるかと思います。 それを全て自分の力でやり遂げないといけないと思い込んでいませんか。 ちゃんとしないと周りに迷惑をかけてしまうかもと考えて無理をしてしまっているかもしれませんね。 やらないといけないと考えているうちに 「全部やらなきゃ」ととらわれてしまい、焦りや不安を感じるようになってしまっているのです。 自分に自信がない 自分の仕事に自信がないと「これで大丈夫なのか」と心配になってしまいます。 例えば、仕事がめっちゃできる同僚や先輩がいると自分は「まだまだ」だと感じて、自信を失ってしまうなんてこともあるかもしれないですね。 私は、もともと自信がない状態で仕事に取り組んでいました。 ですが、実際はもう少し自信を持っても良いくらいでした。 ある日、周りの人の自分の評価をきいた時、「意外と自分は思っているより評価高いのかも」と感じる場面があったのです。 「なんだ、自分って意外と大丈夫じゃん」と考えられるようになり、そこから徐々に自信を持つようになったのですが、そうしなかったらずっと焦りと不安を抱えたままだった気がします。 他者に悩みを打ち明けられない 他者に相談するという概念すら抜け落ちてしまっている場合もあります。 自分だけでどうにかしようとして空回りしてしまうパターンです。 もしくは、周りに頼れる人がいないという場合もあるかもしれないですね。 ひとりで悩み続け、辛くなっていると追い込まれてしまうのです。 自分しか悩みを把握していない状況を作っているのに、その自分が解決の鍵を握っていないので問題はずっと残ったままになります。 そしてそれが、焦りや不安につながっていきます。 焦りや不安の改善策 悪循環を引き起こさないためには、改善していく必要があります。 簡単に実践可能な焦燥感を軽減させるためのテクニックを紹介していきます。 一旦落ち着こうとしてみる やるべきことに追われていませんか。 頭の中が焦りや不安でいっぱいいっぱいになって仕事に手がつけられないのなら、まずは、一度落ち着いてください。 「やらなくてはいけない」とか「早く終わらせないと」などと思う必要は全くありません。 今、あなたが全てをこなさなくたって実際は なんとかなります。 焦ってミスを引き起こすくらいならあなたがやらないほうがかえって良いのではと私は思います。 焦りや不安を抱えている状態ではあなたの心は休まっていないはずです。 まずは追われているものから離れて、十分な休息をとりましょう。 現実逃避も時には大切ですよ。 焦りや不安を肯定する 焦ってしまう・不安を感じてしまうこと自体を悪いことだと勘違いしていませんか。 でも、そんなに悪くないはずです。 肯定してあげても良いのではないでしょうか。 よく考えてみてください。 あなたが焦りや不安を抱えてしまうのは、あなたがそれだけ責任感があるということです。 適当に仕事しているような人間は、仕事が手につかないといって悩みません。 真面目に働いているあなたはどう考えたってえらいじゃないですか。 「私はこのような状態でも頑張っている。 えらい」と肯定してあげましょう。 あなたが焦ってしまう・不安を感じてしまうこと自体は何も悪くないのです。 絶対に焦ってしまう自分自信を責めないようにしてくださいね。 悩みを明確化する 紙やスマホのメモ帳などに悩みを書き出してみましょう。 あなたが抱えている問題を書き出してみると何に悩んでいるのかが見えてきます。 書き出すと客観的に自分の悩みを捉えられます。 その悩みを整理していくとより明確になっていくはずです。 悩みを書き出してみましょう• 書き出した悩みを分析しましょう• その悩みを解決して、 どのような未来にしたいのか考えましょう そうすることで、改善のための糸口が見えてくるはずです。 手につかない仕事と向き合うきっかけになりますよ。 周囲の人に相談 誰かに相談したらスッキリすることもあります。 他者を頼るというのは当たり前のことのように感じますが、結構、難しいものです。 苦手という人もいるのではないでしょうか。 ですが、自分で解決できないことがあるのであれば、他者を頼らなければどうにもなりません。 私も迷いに迷って仕事の対応をどうするべきか迷うことがよくあります。 自分で考えても、調べても、 わからないことはわからないものです。 他者を頼ったら迷惑なんて思う必要はないのです。 むしろ、頼らずに仕事に失敗してしまくるほうがよっぽど迷惑になります。 だったら周りの人も頼ってほしいとはず。 自分だけで悩むのは、せまい世界で物事を見てしまっている状態です。 なので解決に時間がかかってしまいます。 どうしても判断ができないことがあったら相談をしてみましょう。 他者からの視点で意見をもらうことで、素早い解決につながることは結構ありますよ。 優先順位の低いことは切り捨てる なんでもやり遂げようとするのをやめてみましょう。 そうしないと気が済まないという気持ちは痛いほどよくわかります。 ですが、たくさんのことに追われていると心に余裕がなくなってしまうんです。 今、やらないといけない仕事が多すぎて、いっぱいいっぱいになってしまっていませんか。 時には 諦めも肝心です。 あなたが抱えている仕事や用事について優先順位の高いものを抜き出し、それをこなすようにしましょう。 優先順位の低いことにまで手を回していたら大変です。 優先順位の低い仕事はあとに回し、自分のスケジュールを確保しましょう。 専門家に相談 どうしても改善の見通しがない場合には、専門家への相談が必要です。 心療内科や精神科を受診しましょう。 まとめ 今回の記事のポイントを簡単にまとめます。

次の

不安障害|こころの病気について知る|ストレスとこころ|こころもメンテしよう ~若者を支えるメンタルヘルスサイト~|厚生労働省

不安 で しょうが ない

不安とは、「とりつかれる」という言葉がぴったりなくらいしつこい感情です。 意外に気づきにくいのですが、「とりつかれる」という言葉がぴったりなくらいしつこい感情です。 というのも、不安という感情は、もともと人間が危険を察知するために磨き上げてきた、一種の予知能力のようなものであり、人間の「生命」を守ることに直結する感情なので、理性で抑え込もうとしても、すごく難しいのです。 太古の昔、人間は外敵に対して非常に弱い生き物でした。 虎が目の前に現れてから逃げるのでは遅い。 生き残るためには、どんなところに虎が現れる可能性があるか、将来を予測し、シミュレーションする力=不安力を磨く必要があったのです。 その一方で、不安はモチベーションを高める原動力にもなります。 不安を感じるということは、このままでは将来厳しいぞ、と予測すること。 不安を感じるからこそ、人は能力を高める行動を起こすことができるのです。 ただ、現代を生きる私たちにとって、不安は必ずしも前向きな行動の原動力ではなく、むしろ、マイナス方向に引っ張られる要因になることが多い。 なぜなら、原始人モードで発動する「過剰な不安」は人のエネルギーを消耗させるからです。 不安があると、常にそのことが頭に引っかかり、すべきことに集中できない、という状態になります。 いわば、パソコンに重たいデータを延々とダウンロードし続けているようなもので、作業スピードは落ち、心身は消耗していきます。 また、不安は雪だるま式に拡大していくという性質も持っています。 たとえば「私は嫌われている?」と不安を抱くと、本能は危険な兆候を見逃さないようにしようと、周囲のものすべてを「自分に危害を与えるのではないか?」と不安モードで見つめるようになります。 すると、だんだん、世の中の人すべてが自分をうとましく思っているように思えてくるのです。

次の