私たちはどうかしているキャスト。 ドラマ『私たちはどうかしている』原作あらすじ&キャスト|漫画1・2巻無料・試し読みも

【私たちはどうかしている】ドラマはいつからで何話?あらすじに影響?|napiトピ

私たちはどうかしているキャスト

今勢いに乗っている若手俳優の1人・横浜流星さん(よこはま・りゅうせい 23歳)が、7月期放送の夏ドラマ『私たちはどうかしている(仮タイトル)』(日本テレビ系 水曜22時)の主演に決定したと『東京スポーツ』(東スポ)が報じています。 東スポによれば、テレビ各局は現在、横浜流星さんのドラマ出演を巡って激しい争奪戦を繰り広げているそうなのですが、今年1月期放送の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』に続き、日本テレビがドラマ起用にこぎ着けたとの情報があるといいます。 横浜流星さんは小学校6年生のときに、大手芸能事務所『スターダストプロモーション』にスカウトされて芸能界入りし、女子小中学生向けのファッション雑誌『ニコプチ』や『nicola(ニコラ)』のメンズモデルを経て、2011年に福士蒼汰さん主演の『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で俳優デビューを果たしました。 2018年にはソロ歌手デビューし、2019年に深田恭子さん主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)に出演し注目を集め、同年にはこの他に『あなたの番です』(日本テレビ系)、『4分間のマリーゴールド』(TBS系)、映画『愛唄-約束のナクヒト-』、『LDK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。 』、『チア男子!!』、『いなくなれ、群青』などに出演しました。 こうした活躍によって、『Yahoo!検索大賞2019』では「今年の顔」に選ばれ、オリコンの『2019年ブレイク俳優ランキング』で1位に選ばれるなどしており、今年に入ってからも様々なドラマや映画、CMに出演し活躍を続けています。 そんな横浜流星さんについて日本テレビ関係者は、 「いま最もスケジュールを押さえるのが難しい俳優と言われている。 同関係者はさらに、 「『あなたの番です』の女性プロデューサーAさんは、『横浜をブレークさせた!』と自負しており、フジの月9の話を白紙にさせてしまったとか…。 横浜本人にはラブレターのような手紙を書いて、口説き落としたそうです。 横浜流星さんを主演に起用した新ドラマ『私たちはどうかしている』は、『キッチンのお姫さま』『ARISA』などの作品で知られる漫画家・安藤なつみさんが、2016年から女性向け漫画雑誌『BE・LOVE』で連載している同名漫画の実写化とのことです。 こうして七桜と椿は離れ離れとなるのですが、15年後にそれぞれ和菓子職人となってある大会で2人は再会、椿は七桜がかつての幼馴染だと気付かずに惹かれ、結婚を申し込みます。 一方の七桜は自分の人生を狂わせた椿に憎しみを抱きつつも、母親に容疑がかけられた殺人事件の真相を探るために、椿のプロポーズを受けるのだが…というストーリー展開となっており、ミステリー要素も含む作品となっています。 (『私たちはどうかしている』無料試し読みページは[コミックシーモア]) 東スポによれば、横浜流星さんの相手役となる七桜役には、女優の二階堂ふみさん、浜辺美波さんの名前が挙がっているそうです。 現在、名前が出ているのが田中圭、秋元康氏など。 まさに『あな番』のキャストが勢揃いすると言っても過言ではありません」と語っています。 そして、この報道に対してネット上では、• 相手役が二階堂ふみはないわぁ…• 7月後半から9月初めまで流星くん舞台控えてるのに、連ドラなんて撮影できるの??• これ本当なのか怪しい。 巌流島の舞台と丸かぶりで無理なんじゃ? もう日テレで連続して出てるし、しばらく遠慮して欲しいな。 個人的にはドラマならNHK朝ドラ、大河、TBSの日曜、フジの月9とかで見たいし、映画にも沢山出て欲しい。 今年の夏ドラマは、春ドラマを7月中旬までし、秋ドラマはオリンピック終わった時期からの放送という形にしている。 横浜流星さんは舞台の出演もあるし、主演となると難しいのでは?• でもどうせ最後はHuluに誘導するんでしょ。 これされると日テレのドラマを見る気が失せます。 流星くんは好きですが、なんだかなー。 横浜流星くんブレイクさせたの、TBSでしょ。 なんで、日テレは自分の所がブレイクさせたみたいに毎回言うんだろ。 見る側としても、女性がこうゆうの好きでしょ?みたいな前提の感じの演出させるのとかやめて欲しいし、ストーリーとかもっとドラマとして、ちゃんとしたもとやってほしい。 てか、そろそろ他の局で違う姿見たい。 日テレじゃなくていい。 などのコメントが寄せられています。 横浜流星さんは7月~9月に上演の舞台『巌流島』で主演し、宮本武蔵役を演じる(佐々木小次郎役は伊藤健太郎さん)ことが発表されており、ドラマ撮影とかぶることから日本テレビのドラマ起用に対して疑問の声が上がっています。 また、東スポは横浜流星さんを月9に起用しようとしていたとしているものの、月9では上野樹里さん主演『監察医 朝顔』の続編を夏から秋にかけて2クール(6ヶ月)放送することを決定しており、横浜さんの起用に名乗りをあげていたという話も怪しいと指摘されています。 ちなみに、ヒロイン役で名前が挙げられている二階堂ふみさんは、3月30日スタートのNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『エール』に出演し、主演の窪田正孝さんの相手役を演じることが決まっています。 あくまでも東スポのみが報じていることなので、よくある飛ばし記事の可能性は十分ありますが、横浜流星さんは若手俳優の中で今トップクラスの人気があり、出演した各作品の反響もかなり大きいことから、今年春以降も様々なドラマや映画に出演するのは間違いないでしょうね。 2年ほど前から数多くの作品に出演しているため、ファンからは身体を心配する声も相次いでおり、様々な人と接触することによって新型コロナウイルスへの感染リスクも高まるので心配ではありますが、引き続き様々な作品で俳優として活躍する姿を見せてほしいです。 東スポが報じている通り、『あなたの番です』のスタッフが制作を手掛け、日本テレビ系の水曜ドラマ枠で7月期に放送されるとのことです。

次の

私たちはどうかしているドラマのキャストは?あらすじや原作、ロケ地を調査!

私たちはどうかしているキャスト

椿の父が七桜の母に殺されたとして疑いがかかる事件です。 これについては確実に描かれるでしょうし、付随して七桜と椿の幼少期の出会いも外せないですよね。 幼少期の二人役はに子役で引っ張りだこのFoolinのひゅうがくん・もえのちゃんが起用される気がしてきました。 笑 15年の間に二人は色々あるのでしょうが、恐らくいきなり再会となりそうです。 何故なら、全視聴者は早いところ美男美女の和服姿かつ気合の入ったシーンを見たいからです。 笑 再会シーンは撮影もすごく気合が入っていそうですよね。 桜が舞っていたり椿が咲いている背景だったりしそうです。 原作情報によると二人はとあるお茶会で和菓子対決をする事になり、敗者の七桜に椿が声をかけるということでした。 早速二人の和菓子作りの腕前が拝めそうですね! そして、偽装結婚ではありますが椿=横浜流星さんのカッコいいプロポーズも拝めるはず…! 七桜が光月庵に乗り込み、そこで様々なドロドロ展開を迎えるというあらすじですが、果たしてどうなるのでしょう。 原作ではドロドロ展開において重要な人物「女将さん」が存在しますが、ドラマのキャストは発表されていません。 しかしこの物語、私は女将さんなしには語れないと考えています。 あまりにも重要かつ意地悪なポジションになりそうなので、キャスティングも悩むところなのでしょうか? それでも私の予想では、女将さんはどなたかが起用され、1話から七桜のことをいじめ始めると思います。 笑 登場人物は1話でどこまで登場してくるのでしょう。 なんとなく発表されている方は全員出てきそうですね。 山崎育三郎さん演じる多喜川薫の登場の仕方は絶対に絶対に絶対にカッコいいと今からとても楽しみにしています! そして、和風の家屋が並ぶ街並みからひょっこりと歌いながら(美声)出てきそうです。 笑 光月庵の事情や椿のことがわかったその後など、1話のラストくらいに出てきたりするのでしょうか? もうひとつ、これは完全に他のドラマでのイメージのせいなのですが、椿が父との過去を思うシーンも入る気がします。 思わず横浜流星さんが父の復讐に燃え、そこにいない憎い相手を睨む姿が目に浮かんでしまいました。 さらには主演お二人が横浜流星さん・浜辺美波さんの人気の二人とあって余計に反響があるようですね。 横浜流星さんファンの方が横浜流星さんのクールな跡取り息子・椿役を楽しみにしているという声も多く寄せられています。 浜辺美波さんに関してはこれまでにないシリアスな役どころという事で新たな一面が見られるのでは?と期待の声が上がっていました。 また、Twitterにてドラマ公式アカウントが気になる情報を載せていてザワついています。 公式によれば2ヶ月ぶりに撮影が再会されたそうなのですが、近々「アレ」が公開されるということ。 ドラマを楽しみにして公式アカウントをチェックしていた方は「アレ」とは…?と、ざわざわとさせられています。 中にはコロナ禍の中での撮影を心配する声も上がっていて、原作を知る人からは濃厚接触は避けられないのでは…?という声も。 また、楽しみにしているが故放送日がいつになるのか気になっているという方も多くいらっしゃいました。 撮影についてはコロナ対策等に追われている時期だと思いますが、撮影エピソードも気になるところですよね。 私たちはどうかしている(ドラマ)1話のあらすじ 15年前、私は彼の一言で、全てを奪われた——— 母の無実を証明するため老舗和菓子屋に乗り込む若き和菓子職人! 周囲に敵意むき出し!老舗和菓子屋のクールな跡取り息子! 今、最も美しい2人が、美しい和菓子の世界を生きる! 15年前。 老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。 そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。 互いに初恋の相手だったはずの七桜と椿は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに…。 そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。 そして、15年前の事件の真相とは———!? 2020年、夏。 世界に誇れる和の美しさ満載のクール・ジャパンなラブ・ミステリー!! (引用:) 私たちはどうかしている(ドラマ)1話への感想 ドラマ「私たちはどうかしている」第1話は今夏放送予定で、感想はまだ書くことができません。 椿のお父さんが殺された理由も、椿の証言があったとはいえ七桜の母が逮捕される理由もとても気になっていました。 そして、口を揃えて「光月庵の人間が全員怪しすぎる」と登場人物全員を疑っていました。 笑 中でも、女将さんは怪しく思うところだらけのようですね。 七桜と敵対する立ち位置なだけに描かれるシーンも多いせいかもしれません。 また、椿の証言も幼い子供のものなのに警察はちゃんと調べていたのか?と疑問に思う方もいました。 確かに、椿の証言だけで理由も思い当たらない、殺害にメリットのなさそうな人物を逮捕するでしょうか? この辺りにはきっと深い理由が隠されていて、最終回につれ明らかになっていく部分が多いと思われます。 1話ではドロドロ展開が強烈に印象に残っているようなので、恋愛の要素はまだまだ少ないところのようですね。 全員が怪しい光月庵、登場人物を演じる役者さんたちも注目され、新たにファンになる方も増えるのではないでしょうか。 加えてドラマならではの視覚的な効果や、主演お二人の美しい和装姿などにも歓喜の声が上がってきそうです。 恋愛ものとあって横浜流星さんのファンの方からの注目度が高い作品なので、横浜流星さんの話題も溢れることでしょう。

次の

【私たちはどうかしている】ドラマはいつからで何話?あらすじに影響?|napiトピ

私たちはどうかしているキャスト

浜辺美波と横浜流星のW主演で安藤なつみの漫画「私たちはどうかしている」を夏にドラマ化する。 この度、高杉真宙、岸井ゆきの、山崎育三郎、鈴木伸之ら個性豊かな登場人物たちを演じる11名のキャストが発表された。 本作は、可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜(浜辺さん)と、創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿(横浜さん)が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う。 老舗和菓子屋を舞台にした、クールジャパンなラブミステリー作品だ。 そんな中、今回新たに11名の出演者が一挙発表。 「賭ケグルイ」『見えない目撃者』などに出演する高杉さんが演じるのは、七桜の同僚として「光月庵」で働く見習い職人・城島裕介。 七桜とすぐに打ち解け、互いに励まし合い次第に距離を縮めていく。 『愛がなんだ』で主演を務めた岸井さんは、結婚式当日に椿に婚約を破棄されてしまう名家のお嬢様・長谷栞を演じる。 控えめで自己評価が低いが、まっすぐで芯が強く、ややおっちょこちょいな一面も。 高杉さんは「少女漫画としての七桜と椿の関係性、そして少女漫画とは思えないほどのミステリー要素に惹かれ台本を読むページが止まらずあっという間に読み進めてしまいました」と原作の印象を明かし、「城島君がどのようにしてこの光月庵で絡んでいくのか、人一倍明るく元気な子に演じていけたらと思います」と意気込む。 岸井さんは「ドラマチックな始まりですがその先を生きる彼女がどう成長していくのか。 それぞれに復讐や陰謀があり、どうかしていると自覚している狂気はしたたかで、和菓子と相まって鮮やかだと思いました。 視覚的にも楽しんでください!」とコメントしている。 また、七桜の前に突然現れ、付かず離れず七桜を温かく見守る謎の男・多喜川薫役を山崎さん。 七桜の母、大倉百合子役に中村ゆり。 何者かに殺害されてしまう椿の父・樹役に鈴木さん。 小料理屋の女将・宮部夕子役に須藤理彩。 椿の祖父であり光月庵の大旦那・宗寿郎役を佐野史郎が演じる。 山崎さんは「お茶や日舞など、日本の文化を愛する多喜川を演じる上で、美しい所作、日舞も学んでいきたいと思っています。 この魅力的な役を楽しみながら、自分なりにしっかりと向き合っていきたいです」と意気込み、鈴木さんは「高月樹役を通して原作のイメージに近く演じられたらと思っております。 和菓子だけでなく、茶道の世界も描かれていますので、先日茶道指導も受けさせてもらいました。 是非そちらの方も楽しみにしていただけたらと思います」と呼びかけている。 そのほか、「光月庵」の職人役として、和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成が決定した。 <キャストコメント> 高杉真宙 今回、「光月庵」で働く新人菓子職人、城島裕介役で参加させて頂きます。 少女漫画としての七桜と椿の関係性、そして少女漫画とは思えないほどのミステリー要素に惹かれ台本を読むページが止まらずあっという間に読み進めてしまいました。 椿役の横浜さん、七桜役の浜辺さんとは再共演ということで読みながら「こんな感じかな?」と想像していたのですが、和菓子作りの練習時や撮影での立ち姿が凛とされていてまた違った雰囲気で自分も役で現場に溶け込むことが楽しみです。 城島君がどのようにしてこの光月庵で絡んでいくのか、人一倍明るく元気な子に演じていけたらと思います。 岸井ゆきの 15年前のある事件をきっかけに人生をくるわされた人たちによって、決められた結婚を全うするはずだった長谷栞もまた、予想外の人生を突きつけられます。 ドラマチックな始まりですがその先を生きる彼女がどう成長していくのか。 それぞれに復讐や陰謀があり、どうかしていると自覚している狂気はしたたかで、和菓子と相まって鮮やかだと思いました。 視覚的にも楽しんでください! 和田聰宏 "職人"という響きに憧れがありました。 子供の頃、大工や佐官職人が自然と周りに多かったせいもあり、プロフェッショナルな仕事ぶりが好きでした。 そんな憧れの職人、しかも和菓子職人を演じさせて頂く事になり、二重の喜びと共に、プレッシャーも感じでいます。 「光月庵」という老舗和菓子店の職人として、繊細な部分を表現しつつ、人間模様をしっかり演じていきたいと思います。 よろしくお願いします。 岡部たかし 和菓子と聞くと、歴史伝統、様式格式、四季調和などなどを想像し美しい。 この美しさを伝承し築きあげてきたのは人間ですが、如何せん人間は美しさだけでなく醜さも持ち合わせているからややこしい。 ややこしいことが起きる。 でも僕はややこしいことはイヤなので和菓子職人として美しさだけを追求したい。 と思っている。 前原滉 安部大吾役で出演させていただきます前原滉です。 こんなに早く「あなたの番です」チームの方々と再びお仕事ができるなんて幸せです。 そして、このチームで再びミステリーということは、次こそは犯人なんじゃないかとドキドキしております。 原作ファンの方にも、未読の方にも、皆さんに楽しんで頂けるよう頑張ります! 草野大成 皆さま初めまして! 杉田綾人役、草野大成です! 今回、素晴らしいキャスト、スタッフの皆さまが関わる『私たちはどうかしている』に 出演できる事を心から幸せに感じております。 初めてやる役柄なので、役と共に成長していきたいと思います。 皆さんに遅れをとらないように少しでも自分の良さを出して行きますので どうぞよろしくお願いします! 山崎育三郎 この度、着物姿に髭が印象的な多喜川薫役を演じさせて頂きます。 七桜と出会い、いつも彼女を見守り寄り添う心優しい男ですが、 どこか繊細で掴みどころがなくミステリアスな部分も感じています。 そして、お茶や日舞など、日本の文化を愛する多喜川を演じる上で、 美しい所作、日舞も学んでいきたいと思っています。 この魅力的な役を楽しみながら、自分なりにしっかりと向き合っていきたいです。 「美しい和の世界」の一員になれる事をとても嬉しく思います。 須藤理彩 タイトルにある「どうかしている」。 その名の通り、若い2人のどうかしている愛の形。 憎しみ。 裏切り。 どうかしてます。 そして、登場人物もほぼどうかしている人達です笑。 そんな中、私演じる夕子は、数少ないどうかしてない人のはずです笑。 真っ黒な腹の内を覆い隠す様な、豪華絢爛なお着物。 そして、美しい和菓子も見どころのひとつです。 ザ・日本!も満喫頂けるはずです。 この夏、とことんドロドロとした愛憎復讐ドラマ。 ぜひ楽しんで頂けたらと思います。 1日も早くコロナが終息し、エンタメが皆様の力になる日常を取り戻しますように。。。 中村ゆり この度七桜の母、大倉百合子役を演じさせていただきます。 和菓子、という自分が心から打ち込める職業と出会い、本来なら純粋にその道を探究していくべき人であったはずなのに… 謎を残したまま散っていってしまった人ですが、天使のような娘を授かれた事、そんなかけがえのない輝いた時間を、忘れられない記憶として繊細に演じられたらと思います。 鈴木伸之 高月樹役で出演させていただきます!! 原作を読ませていただきましたが、一つ一つの漫画のタッチが、すごく繊細で綺麗な印象を受けました。 高月樹役を通して原作のイメージに近く演じられたらと思っております。 和菓子だけでなく、茶道の世界も描かれていますので、先日茶道指導も受けさせてもらいました。 是非そちらの方も楽しみにしていただけたらと思います。 佐野史郎 いつか和菓子屋さんの世界を演じてみたいとずっと思っていました。 舞台となっている金沢は私の故郷、松江に似ています。 日常、和菓子を食べお抹茶をいただく習慣があります。 受け継がれてきた伝統を守ろうとする和菓子屋の大旦那の心情が自分自身とも重なります。 古きをたずねて新しきを知る……。 今の世に一番大切なことかもしれません。 お菓子は心を癒し、お茶は身体の免疫力を高めるともいいます。 みなさまも是非、ご一緒に!! 佐野史郎 「私たちはどうかしている」は7月期日本テレビ系水曜ドラマにて放送予定。 《cinemacafe. net》.

次の