大 アドリア 大陸。 アトランティス大陸発見か?地中海に沈んだ大アドリア大陸の謎!!

失われた大陸 その名は「大アドリア大陸」

大 アドリア 大陸

(CNN) 地中海地域の地質を調べていた研究者らがこのほど、グリーンランドと同等の大きさを持つ失われた大陸が存在することを突き止めた。 今月刊行の学会誌に論文が掲載されている。 「大アドリア大陸」と名付けられたこの大陸は2億年以上前に北アフリカから分裂したが、約1億4000万年前には南ヨーロッパの陸地の下へと沈み込んだ。 かつて大西洋に存在し、海に沈んだとされる伝説上の巨大な島「アトランティス」とは異なるという。 地中海地域における山脈の形成の研究が、大アドリア大陸の発見につながった。 同大陸が南ヨーロッパのプレートの下にのみ込まれる際、削り取られた上部の岩石がアルプス山脈やアペニン山脈のほかバルカン半島、ギリシャ、トルコの山岳地帯を形成したとみられる。 論文著者の蘭ユトレヒト大学のダウエ・ファンヒンスベルゲン教授によれば、現在この大陸の名残として認められるのはイタリア北部のトリノからアドリア海を経由してイタリア半島の「ブーツのかかと」に至るごく限られた地域にとどまる。 リゾート地として人気の高いこれらの地域について、ファンヒンスベルゲン教授は「そうとは気づかず、毎年大勢の観光客が失われた大陸の上で休暇を過ごしている」と述べた。 失われた大陸の存在が明らかになるのは今回が初めてではない。 2017年1月には、研究チームがモーリシャス島の海底で超大陸「ゴンドワナ大陸」の一部とみられる大陸を発見したと発表した。 ゴンドワナ大陸は2億年前に分裂を開始したとみられている。 グリーンランドの方が地中海より大きいだろ? 」と一瞬思った俺はメルカトル図法に毒されているかもしれないw• すんげーことがあるもんだなぁ これで財宝とか文明とかあればもっとすごいけど• 少し残念な気が。 夢がある興味深いことですね。 ワクワクしてきます。 アトランティスじゃなければルルイエかな?• それ程広くもない地中海の中に、そんな大きな島があったと言われても、イメージしにくい。 地図でもつけてくれたら、少しは分かり易いのだが。 でもそうすると、クレタとかキプロスとか東地中海の島の多くは、実はその島の一部だったと言う事なのかな?• グリーンランドとアイスランドは地名を入れ替えろ• アトランティスのようなファンタジーではなく、地質学的に実在した大陸の話でしたかw• 大陸は、隆起と沈殿を繰り返している訳だから当たり前の話。 発見などと大層な話題ではない。 沖縄沖の海中遺跡も解明してほしいな。 ということはいずれその周辺地域も、、、警戒しないと• 地中海は元々アフリカ大陸とヨーロッパ大陸が陸続きで、そこへ海水が流れ込んでできた海と聞いてますので、当然都市や村落があったと思いますけれどねえ。 温暖化とか気候変動によってできた海で、その割にきれいだしいいリゾート地を周辺に作ってますよね。 でも、文明は無かったよね!• 地球から見たら、哀しいかな小さな領土を奪い合っている人間なんて滑稽なんだろうな!• グリーンランドがアトランティスでムー大陸が南極大陸です。 巨大隕石の衝突により自転軸が90度変わり、地球内部のコイルに相当するマグマの流動軸も変更され、地磁気も現在の位置になった。 アフリカから独立した大陸が南欧州のプレートの下に呑まれる形で沈み、 呑み込まれず上にせり上がった部位が現存する山脈や有名都市の一部地盤として顔を出す形で残っているという事か 人間の生きる時間軸で考えると果てしなく長い時間をかけてそうなっているんだものね• 失われた超古代文明がどこかに眠ってるといいな。 ダムの底に沈んだ村みたいな感じに消えた文明があったらすごい話だね。 さてと!会社に行くか。 グリーンランドと同等なら島じゃん。 グリーンランドは大陸とは言われてないから。 いつか日本も海溝に沈む運命だしね。 失われた文明なんてヨタ話よりもーー グリーンランドと同じ大きさの島が地中海の中に収まる、ときいて驚いた。 メルカトル地図の印象で、この島の大きさや形を、ずいぶん勘違いして捉えていることに、あらためて気づきました。 「地球も生き物」って感じですね。 アートディンクはこれに基づいた新しいシナリオでNeoAtlasをプロデュースしなくてはならない• 日本列島もユーラシア大陸から毎年何センチづつ離れていると言うが、出来れば1㍍づつにして欲しい!• 近いうちに韓国も沈みます• セーシェルは大陸の破片、インド亜大陸がユーラシア大陸に衝突しヒマラヤが形成。 さもありなん! スポンサーリンク.

次の

大陸棚(たいりくだな)とは

大 アドリア 大陸

アメイジア大陸と呼ばれる超大陸が形成中であるという学説は新しいものではない。 だが、カーティン大学の地質学者、李正祥博士は、インド・プレートがすでにユーラシア・プレートに接触しているにも関わらず、毎年数cmほど北へ移動を続け、地殻活動を起こしているという事実を現地で確認した。 そして、他の大陸もまたお互いに接近しつつある。 太平洋は毎年数cmずつ狭くなり、やがてアメリカ大陸はユーラシア大陸に衝突するだろうし、オーストラリア大陸もアジアへ向かって毎年7cmずつ移動しており、最終的にはアメイジア大陸の一部となる。 「新超大陸が完成するには、少なくとも数千万年か、ひょっとしたら数億年がかかるでしょう」と李博士。 高解像度断層撮像法および地理情報システムという新技法と、演算能力の向上したコンピューターが、この大陸の変化を前代未聞の方法で追跡することを可能とした。 例えば、こうした変化とかつて存在した超大陸、ロディニア大陸やパンゲア大陸との比較など、地球表面の現在のプレート理論とマントル深奥のプロセスや太古の地質データを結びつけることができる。 新超大陸が形成される正確な場所については、いくつかの説が提唱されている。 アフリカの周辺とする説がある一方で、2012年にはイェール大学の研究者が北極が中心とする説を発表している。 この研究によれば、南北アメリカは1つに融合し、カリブ海と北極海が消失する。 さらに、アジアがこの融合したアメリカに加わるという。 こうした変化は5千万〜2億年のうちに起こるようだ。 下の地図からはネパールがインドとアジアの境界に位置することが分かる。 ここでは2つのプレートが衝突し、一方の中へめり込み続けている。 北へ移動するインド・プレートの地殻活動が地震の原因となる。 これが現在の7大陸に分裂し、大西洋が生まれたのはそれから1億年後のことだ。 パンゲア大陸は地球史上、3か4番目の大きさを有していたと考えられている。 パンゲア大陸が分裂して、今日の大陸へと形成された様子を説明するイラスト その前にあった超大陸が約10億年前に形成されたロディニア大陸で、さらに18億年前にはヌーナ大陸が存在した。 大陸移動説は、1912年ドイツ人の気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが、ジグソーパズルのようにぴったりと一致する陸地の形状を説明するために提唱したものである。 地球の表面は、7つの主要な固い岩盤(プレートと呼ばれる)といくつかの小さな岩盤で形成されており、人間の爪の成長とほぼ同じ、年に数mmから数cmほどの速さで移動している。 このプレートが移動する際に生じる摩擦が地震の原因となる。 アメイジアは「アメリカ」と「アジア」を繋げたもの。 この超大陸は、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸の合体によって形成される。 その際太平洋は消滅し、そこに大山脈が出現する。 直後には太平洋の跡からの大規模なプルーム現象が起こると予測されている。 なお、東ユーラシアと北アメリカが直接衝突し、その南にオーストラリアが衝突する形になるか、オーストラリアが両者の間に割り込むところまで北上するか、南極大陸がオーストラリアの南側に衝突するか単独の大陸のままで残るかなどについては予想が分かれている。 一方で、イェール大学のミッチェル博士らは、北極を中心に形成されるとしている。 また、アメイジア大陸とは逆に、大西洋が消滅するような形で超大陸が形成されるという説もあり、この超大陸はパンゲア・ウルティマ大陸またはパンゲア・プロクシマ大陸と呼ばれている。

次の

新たなる超大陸 「アメイジア大陸」形成が進行中。地殻プレートの活性化とネパール大地震に関連性(オーストラリア研究) : カラパイア

大 アドリア 大陸

陸棚ともいう。 や大きな島の周辺の深さ約 200mまでのがきわめてゆるやかな。 しかし,は地域によって多様である。 全海洋面積の約 7. 大が平坦な原因として,第四紀氷河時代の,間氷期の海面変化による波食やのがあげられる。 大陸棚の基盤はの延長部にあたり,石油,など地下資源も埋蔵されている。 ,の開発はおもに大陸棚地域で行われている。 またのである場合が多い。 大陸棚は,1958年ので国の天然資源のと開発のためのを認められたが,その範囲は第3次において,のまでに拡大される傾向にある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 陸棚とも。 大陸周縁にある浅い平らな海底。 面積は全海洋の7. 外縁水深はかなり一定だが,これは第四紀の最終氷期の海水準低下の際に波浪により平たん化されたもの。 陸上河川に続く溺れ谷 おぼれだに や旧線を示す,粗粒堆積物が分布する。 大陸棚各深度からの堆積物中の 1 4C年代測定では外縁形成は1万8000年前で,その後6000年前までに急速な海水準上昇があったという。 第2次大戦後各国は大陸棚の天然資源に対する権利が沿岸国に留保されるという宣言を相次いで発し,1958年の海洋法会議で採択された大陸棚に関する条約も公海自由の原則と調和を保ちつつ大陸棚に対する沿岸国の排他的権利を認めた。 さらに1982年新海洋法条約が成立。 〈大陸棚とは沿岸国の領海をこえてその領土の自然の延長をたどって大陸縁辺部(コンチネンタル・マージン)の外縁まで延びている海面化の区域の海底およびその下部をいう〉と定義。 ただし〈大陸縁辺部の外縁が領海の幅を測定するための基線から200カイリの距離まで延びていない場合には,当該基線から200カイリまでの海面下の区域の海底およびその下部を大陸棚とする〉,逆に〈大陸縁辺部が当該基線から200カイリを超えて延びている場合には,次のいずれかの線を大陸棚の外側の限界線とする。 堆積岩の厚さが基線から大陸斜面(コンチネンタル・スロープ)脚部までの最短距離の少なくとも1%であるような最も沖合側の定点を結ぶ線。 大陸斜面脚部から60カイリを超えない定点を結ぶ線〉,また〈限界線は,当該基線から350カイリ,または水深200mの等深線から100カイリ(のいずれか遠い方)を超えてはならない〉と定められた。 地理学上の大陸棚を超えて大陸縁辺部まで含むものが国際法上定義されたが,二つ以上の国が向かいあっているか,隣接している場合の大陸棚の境界画定については,新海洋法条約でも明確な解決はなされなかった。 非常に傾斜が緩やかで、傾斜角は平均でわずかに0度7分にすぎない。 深さの傾斜が急増する所(大陸棚外縁)の深さは、場所によって30メートルから600メートルぐらいまであり、大陸棚の幅も、ほとんどないに等しいものから1400キロメートルにも及ぶ所まである。 平均すると大陸棚の幅は72キロメートル、外縁の水深は140メートルとされている。 海底は非常に平坦 へいたん で、比高20メートルを超える凹凸はほとんどないが、ときには海底谷や海底凹谷などが刻まれていることもある。 大陸棚の成因については、氷河期が関係していることが定説となっている。 もっとも一般的には、いちばん最近の氷河期、ビュルム氷期(約2万年前)のおり、海水は雪氷となって大陸上に滞留したため海面が低下し、その過程で波食により平坦面ができ、ふたたび海面の上昇により水没して大陸棚になったと考えられている。 ビュルム氷期最盛期の氷河の広がりや厚さの推定を基にして、海面の低下を計算すると、現在より100~150メートル低かったことになり、大陸棚外縁の平均の深さと一致する。 氷期の海面低下時に、河口部に発達した沖積平野が、海面の上昇により水没して大陸棚になったと考えられる場合や、氷河期に海に押し出された大陸氷河が海底を氷食して平坦面をつくり、氷河が溶けたあとに大陸棚となったと考えられる場合もある。 大陸棚は、これまでも底引漁業や沿岸漁業の好漁場として利用されてきたが、最近ではさらに養殖漁業の場として活用される一方、海底油田や海底炭鉱などの海底資源の場、海上空港や埋立てによる臨海工業地帯の造成など海洋空間としての利用など、ますます価値が高まってきた。 この大陸棚を自国の権益のもとに置こうとして、大陸棚の専有を宣言する国も相次いだ。 しかし、その定義がまちまちで混乱がおこっているため、国連海洋法会議において統一が図られつつある。 大陸斜面脚部の勾配 こうばい 変化の最大の所を基点とし、外側に60海里まで、または堆積 たいせき 層の厚みが基点からの距離の1%に減少する所までのいずれかとされている。 ただし最小でも海岸から200海里まで、最大でも350海里または水深2500メートルの外側100海里以内とされている。 [安井 正] 【海洋法】より …最近の海洋利用は質量ともに目覚ましいものがあるが,それを反映して海洋法の規制する範囲も多岐に及んでいる。 すなわち, 1 公海,領海,排他的経済水域などの水域で構成される海洋秩序, 2 海洋や海峡における航行や上空飛行の問題, 3 生物資源や鉱物資源などの開発の問題,これに関連して大陸棚や深海底などの新たな法制度, 4 海洋汚染,海洋環境保護の問題, 5 海洋の科学的調査,海洋技術の開発と移転の問題などである。 海洋法は,国際法のなかでも最も古い歴史をもつ分野であるが,〈海洋法Law of the Sea〉という言葉が用いられたのはごく最近である。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の