クワガタ カブトムシ 強さ。 初夏の訪問者から「クワガタ・カブトムシ・ホタル」の人気を探る!|studio untrapの「めでたい思考回路」

国産カブトムシとクワガタムシのギネス記録!大きさは?基準は?

クワガタ カブトムシ 強さ

カブトムシ。 男の子にとってはクワガタと並び憧れの昆虫です。 そんなカブトムシの魅力はやはり、エサ場や雌をめぐっての雄同士の激しいバトルでしょう。 今は昔と違い国内でも様々な外国産のカブトムシを手に入れることができますが、一体どのカブトムシが最強なのでしょうか。 世界の強豪カブトムシ 世界には様々なカブトムシがいます。 大きい種では日本のカブトムシの倍以上の大きさで、ツノの形も様々です。 世界最大のヘラクレスオオカブト、重量級のゾウカブト、3本のツノと長い前脚が特徴のコーカサスオオカブト。 実に多種多様な世界のカブトムシの中、バトルにおける重要な要素別に検証してみましょう。 体長 世界のカブトムシの中で最長を誇るのはヘラクレスオオカブトです。 ブリードされた固体では最大で17cm以上になります。 ボクシングや空手など人間の格闘技においてもリーチが長い方が有利であるように、やはり自然界の闘いにおいてリーチは重要な要素です。 例えば日本のカブトムシがヘラクレスオオカブトの体の下にツノを刺し込み投げ飛ばそうと思えば、まずヘラクレスの長いツノをかいくぐる必要があります。 人間で例えるなら170cmの人と200cmの人が殴りあった場合、パンチの届く範囲も違えば顔までの距離も違います。 リーチの差があるということがどれほど有利に働くか想像に難しくありません。 しかも大きな胸角と頭部から生える頭角に挟み込まれるとダメージはかなり大きいでしょう。 体重 世界最重量のカブトムシ。 それはゾウカブトです。 成虫の体重は50g、幼虫時の体重は最大でなんと200gを越える固体も存在します。 相撲や柔道でそうであるように重さもまた、バトルにおいて大きな武器となります。 体重60kgの人が150kgの人を投げ飛ばす。 人間で考えるとどれほど困難なことかわかりますね。 カブトムシは体重の100倍以上の重量を引っ張ることができるほどの力持ちですが、それでも体重差が大きな武器になることは間違いありません。 ツノの形状 カブトムシ最大の特徴といえば立派なツノです。 世界のカブトムシは形状も本数も様々なものが見られます。 中でも目を引くのは5本のツノを持つゴホンヅノカブトムシですが、体長は大きいもので9cmほどとヘラクレスやゾウカブトと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。 3本のツノを持つカブトムシとしてはアトラスオオカブト、コーカサスオオカブトが挙げられます。 しかし、アトラスオオカブトは産地によっては11cmに達するものも存在しますが、一般的には日本のカブトムシと大差ないサイズです。 その点、コーカサスオオカブトは13cmを超えるものも多く、また、相手に絡みついたりしっかりと地盤を掴んだりできる長い前脚は大きな武器であり、他の大型カブトムシとも十分戦える力があるでしょう。 ネプチューンオオカブトもヘラクレスオオカブトに似た形状に加え、左右に小型ながらも一対のツノが特徴的です。 体長もヘラクレスに次いで2番目に大きく16cmに達します。 唯一の弱点といえば暑さに弱いということでしょうか。 闘争心 好戦的な性質を持つカブトムシで真っ先に名前が挙がるのはコーカサスオオカブトです。 コーカサスオオカブトの凶暴性はヘラクレスオオカブトやゾウカブト等の他の大型カブトムシとは一線を画しており、同種や他種の昆虫との闘争はもちろん、交尾相手の雌ですら攻撃対象となることもあります。 また、相手を投げ飛ばすだけではなく、死骸すらも攻撃対象となりバラバラにしてしまうこともあるそうです。 成虫はもちろん、幼虫でさえ非常に好戦的な性質で近づくものはすぐに噛み付こうとし、顎の力も強く一生を通して非常に凶暴な性質と言えます。 以上のことから、闘争心に関してはコーカサスオオカブトが群を抜いています。 テクニック カブトムシ同士の戦いは主に樹上が舞台となるため、地の利を得ることは非常に重要です。 また、ひとくちにテクニックといっても個体差があり、簡単に優劣をつけられるものではありません。 しかしながらネット上では一時、コーカサスオオカブト、ヘラクレスオオカブト、ネプチューンオオカブトと闘い、そのすべてを投げ飛ばした種の動画が話題となりました。 特に大型でもないその種が大型種を投げ飛ばす姿には、驚きと賞賛のコメントがたくさん書き込まれました。 その種とは、なんと日本のカブトムシです。 最強のカブトムシは…? カブトムシのバトルにおける重要要素を項目ごとに検証しましたが、総合的に判断するとやはりサイズ、三本の大きなツノ、前脚の長さ、闘争心と多くの要素で優れているコーカサスオオカブトが最強に一番近いカブトムシと思われます。 しかしながら、最強といえど百戦百勝といかないのが戦いの世界。 小さな日本のカブトムシでも最強に勝ち得るのですから真剣勝負はおもしろいですね。

次の

カブトムシの餌は100均ダイソーのでも大丈夫?おすすめ昆虫ゼリーは?

クワガタ カブトムシ 強さ

皆さんは、野外採集(昆虫採集)に行く時、どんな時に行かれますか? 例を挙げるとすれば、 ・仕事がお休みの時 ・天気が良い時 ・何だか自然と触れ合いたい時 ・クワガタ&カブトムシと出逢いたい時 ・子供さんと一緒に採集を楽しみたい時 と、色々と理由はありますよね。 折角計画していたのに行ってみたら採集地が雨で全然採れなかった。 ってことはありませんか? そんな時、あくまで私のやり方になるのですが、私は採集に行く前には必ず以下の事項を調べてから行くようにしています。 ・採集地に近い地域の今現在の「天気」を調べる ・採集地に近い地域の「これまでの天気、降水量」を過去数時間さかのぼって調べる ・採集地に近い地域の「これからの天気」を、特に今後の雨雲の動きを調べる ・採集地に近い地域の「気温と、風の強さ」を調べる 雨と霧につつまれた採集地の天候 野外採集(昆虫採集)に行くにあたって採集地の今現在の天気は重要です。 今いる場所は晴れていても、採集地に行ってみて雨が降っていないとは限りません。 それゆえ採集地の天気は事前に調べておくのが得策です。 では、そこにいないのにどうやってそんなことが分かるのか?ご心配なく。 今の時代にはインターネットという強い味方がいます。 あくまで私のやり方ですが、私は野外採集に行く前は必ずインターネットで採集地の情報を調べてから行動するようにしています。 そこで一番頼りになるのが、インターネット内にある各種のお天気サイトの中の 「」のというサイトです。 このサイトを見ると、採集地自体のピンポイントの天候を知るのは無理かもしれませんが、それでもその採集地に近い地域のおおよその天候、これまでの雨量、今後の雨雲の動き、気温、風の強さ等の情報が分かることが出来ます。 これらのサイトを有効に利用しながら、上記のポイントを調べて採集に行くようにしています。 では上記に書いた調べるポイントについて、なぜそれを調べる必要があるのか?の理由などをご紹介してみたいと思います。 【採集地に近い地域の今現在の「天気」を調べる】 インターネットの 「」のサイトで天気を調べます。 晴れ、もしくは曇りならばOK。 雨ならばNG。 【採集地に近い地域の「これまでの天気、降水量」を過去数時間さかのぼって調べる】 今現在は雨が降っていなくても、数時間前までに雨が降っていれば、採集地の木々達はとても雨で濡れた状態にあります。 そういう樹が濡れた状態の時は、樹の樹液も雨によって流れてしまっている可能性が高いので、虫の集まりもよくありません。 また蹴り採集をする際にも、樹を蹴っても虫がいたとしても、虫と一緒に雨も一緒に落ちて来てしまうので落ちたポイントを特定するのが難しくなります。 そういう意味でも非常に効率が悪いと考えられます。 そんな時はネットの 「」のサイトで、雨雲の動き、 「これまでの動き」でこれまでの雨雲の流れをチェックすると良いと思います。 同時に 降水量もチェックしておきましょう。 最低でも3~4時間前まで雨が降っていない方が良いでしょう。 もし過去に雨が降っていても、降水量がほんのわずかの場合ならば、そこまで採集に影響しない場合もあるかもしれません。 逆に降水量が多い場合にはより難しいと言えるでしょう。 【採集地に近い地域の「これからの天気」を、特に今後の雨雲の動きを調べる】 今は雨が降っていなくても、採集地に行ってすぐに降り出しては元も子もありません。 そんな時は同様に 「」のサイトで、雨雲の動き、 「これからの動き」で今後の雨雲の流れをチェックすると良いと思います。 後数時間もすれば雨雲がやってきそうな予報が出ていれば、思い切って中止するのも賢明だと言えます。 【採集地に近い地域の「気温と、風の強さ」を調べる】 気温が低いと虫の活動は鈍くなります。 逆に気温が高いと虫の活動は活発になり、樹にもよく飛んでくるようになります。 また風の強さも結構重要だったりします。 風が強いと、木々が風で揺れてしまっているので、クワガタ達も落とされまいとガッチリと掴まっています。 それゆえ、人が蹴った位では全然落ちて来ません。 蹴り採集をメインに考えている方には強風は大敵だと言えると思います。 そんな時もネットの 「」のサイトで気温や風の強さを確認します。 如何でしたでしょうか? 上記が私が野外採集(昆虫採集)に行く前に必ずチェックしておく天候対策です。 勿論、万全に対策を練って行動しても、天気には裏切られることもよくあります。 実際、過去にも2日連続で現地についた途端に雨が降り出し、採集を中止したこともありました。 なので絶対的ではないということをご理解の上、ご参考程度にして頂ければ幸いです。 少しでも皆様の採集が快適なものになり、採集率がアップすることをお祈り申し上げます。 あらかじめご了承下さいませ。 採集する場所が私有地の場合は、 無断では入らないようにしましょう。 必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。 あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。 (^^).

次の

カブトムシとクワガタは、どっちが強いの?

クワガタ カブトムシ 強さ

『カラス先生のはじめてのいきもの観察』 松原始 小学生男子の真夏の一大イベントといえば虫取り。 カブトムシやクワガタを探して雑木林や裏山を駆け回り、手にした獲物を戦わせた思い出は生涯忘れられない楽しい思い出だが、彼らの永遠の悩みは「カブトムシとクワガタはどちらが強いのか?」というものだ。 幼少期、やはり同じ疑問を持ったという動物行動学者の松原始氏は、動物観察についてつづった『カラス先生のはじめてのいきもの観察』(太田出版)で、こう解説している。 * * * 男の子が小さい時に夢中になるムシといえば、そりゃもうカブトムシとクワガタである。 もちろん私も例外ではない。 実家は山が近かったので、当然、カブトムシもクワガタもいた。 取りに行かなくても、勝手に窓辺に飛んで来たりしたものだ。 ただし、来るのはカブトムシとコクワガタくらいで、あまり大物は来なかった。 カブトは十分大物ではあるが、「すごいけどイマイチ」だった。 コクワは「クワガタなのはいいけど小さくて普通」だった。 私はクワガタ派だったからである。 カブトムシが好きかクワガタが好きかは、人によって意見が割れる。 この溝はなんとも根源的で埋め難いものである。 私はカブトムシの「でかい、丸い、どう見ても強い」より、クワガタの低く構えた姿勢や、開閉する大顎という武器を備えたカッコよさが大好きだった。 ノコギリクワガタやミヤマクワガタの複眼の上にある隆起も、キリッとした表情を作っていてカッコよかった。 カブトムシはあんな顔はしていない。 子供の頃、カブトムシとクワガタが喧嘩したらどっちが強いか、は仲間うちの永遠のテーマであった。 まあ、実際にやると体重の大きなカブトムシがだいたい勝ってしまうのだが、うまいこと相手を掬す くい上げることができれば、クワガタがカブトムシを投げ飛ばすこともある。 小学校に「自慢のムシ」を持ち寄って勝負させることもあった。 この辺に魅せられて研究した上に本まで書いてしまった大学院の後輩もいる。 彼はとにかく、「ツノが生えている奴はカッコええ」という情熱で研究者になってしまったという、極めてピュアな人だ(見た目はちょっといかついが)。 彼によるとカブトムシは上下の角で相手を挟んで捻ひねり倒すか投げ飛ばすのが決め技だという。 クワガタの場合、素早くバックして有利なポジションを取れるかどうかも重要だとか。 子供の頃、私にとって身近なクワガタはコクワガタとノコギリクワガタだった。 コクワガタはかわいくて好きだが、自慢するには小さくて、あまり強そうでなかった。 ノコギリクワガタは強いことは強いが、なんだか「いかにも」な感じがちょっと……だった。 金色の毛に覆われ、ノコギリクワガタよりも上品かつ強そうなミヤマクワガタは私の憧れだったが、残念なことに、家のあたりにはいなかった。 悔しい事に、隣県に住んでいる同級生はミヤマクワガタばかり取って来て自慢していた。 その辺りではごく普通にいるという話だった。 少なくとも私の小学校では、ノコギリクワガタは「水牛」と呼ばれることがあった。 全校で呼ばれていたわけではないので、それこそ町単位なんかの、きわめてローカルなあだ名だったのだろう。 グイと曲がった大きな大顎が、スイギュウの角を連想させるのはよくわかる。 ノコギリクワガタは大きくて乱暴で、捕まえるとすぐ指を挟む奴だが、その辺の荒っぽさも、暴れ牛っぽかった。 ノコギリクワガタの中には、赤みの強い色をしたものがいる。 私の住んでいたあたりではせいぜい、ちょっと赤褐色程度だったが、友達が取って来る中には、前翅の真ん中がくっきりと、エアブラシを吹いたように赤いやつがいた。 こういうのは赤牛と呼ばれていた。 友人の中には「赤牛の方が強い」と主張するのもいて、確かにスペシャル感があって強そうだった。 実際に戦わせると別に強いわけでもなかったが。 裏山に虫取りに行って、一度だけ、見た事もないクワガタを見つけたことがある。 それはずんぐりとして平べったく、なんだかノッペリと真っ黒い奴だった。 コクワタガをもっと幅広くして大きくしたようだ。 大きさはかなりある。 もしやオオクワガタ? 「オオ」とつくのはそれだけで正義だ。 「大クワガタ」なのだ。 友達が「捕まえたことがある」と自慢していた、あのオオクワガタか? だが、こいつはオオクワガタというほど大きくなかった。 今考えればクワガタの大きさは幼虫時代の餌量でかなり変わるから、小さいからといってオオクワガタでないという根拠にはならないのだが、大きさ以外にもなんだかオオクワっぽくなかった。 おそらく、大顎の形が違うのに気付いたせいだろう。 それはともかく、捕まえていじりまわしていたら、ガキッと親指を挟まれた。 痛い! とんでもなく痛い。 大顎の根元近くに、はっきりと棘とげのように突き出した歯があり、これが見事に爪に食いこんだのである。 クワガタがいたら爪を挟ませてどれくらい強いか試してみる、というのは皆やっていたし、そのせいで爪に歯がめりこんだ跡が残っているのもしょっちゅうだったが、これは別格。 なんとかもぎ離したが、爪にはくっきりと穴が残り、その下が内出血で赤黒くなっていた。 この謎のクワガタ、持って帰って図鑑で調べたらどうやらヒラタクワガタらしかった。 学校に持って行ったら「こんなの見た事ない」と話題にはなったが、それ以上に「すごい」にはならなかった。 あの頃は、ヒラタクワガタといえば「オオクワガタのパチもん」扱いで、どうってことなかったのである。 名前からして「平たいクワガタ」では「大」だの「ノコギリ」だの「深山」だのには勝ち目がない。 結局、もとの山に逃がしてしまった。 今考えれば、ヒラタクワガタは野生状態ならオオクワガタに迫る大きさになるし、パワフルで喧嘩っ早いことも知られている。 あのまま飼っていれば、校内で無敵のクワガタとして君臨しかもしれないのだが、まあ、個体数も多くないことだし、逃がしてやって正解だったろう。 このほか同書では、「双眼鏡事始め」「図鑑の使い方」「空飛ぶものへの憧憬」「台風の夜」「足もとの昆虫学」「水たまりの生態系」「獣道の見つけ方」などについてつづられている。 『カラス先生のはじめてのいきもの観察』 の詳細・購入リンクはこちら.

次の