質問 箱 メッセージ と は。 質問箱 peing(ピング) は本当に危険なのか?危険性について徹底解説

質問箱のPeing!【Twitter】で送り主を特定する4つの方法

質問 箱 メッセージ と は

Twitter(ツイッター) 関連記事• 「Peing(ペイング)」「質問箱」とは? 「Peing」とは、Twitter上でフォローしているユーザーに対して、気になる質問を投げることができる質問箱アプリです。 また、質問箱の設置ユーザーは質問箱を設置することによってユーザーから匿名にて質問を預かることができます。 気になることを気軽に質問できる! 「お気に入りのユーザーに対して色々聞きたいけど恥ずかしい!」なんて方でも、本アプリを使うことで気軽に質問を投げられます! 逆に質問に答えることも可能! 本アプリでは質問を送ることはもちろん、逆に自分宛の質問にもバッチリ答えることができます。 今回はPeing-質問箱-をTwitterで利用しますので、 Twitterで登録/ログインをタップします。 Peing-質問箱-用のURLをコピーしてプロフィールなどに貼り付け まずは、質問箱の利用開始するには、自分の Twitter のプロフィール欄にPeingのURLを掲載する必要があります。 そうすると、目には見えませんがクリップボードに貼り付け用のURL文字列がコピーされた状態になりますので、この状態のまま、Twitterのアプリを開きます。 ツイート後、そのツイートをタイムラインの先頭に貼る方法もある 上記でご説明した流れは、 Twitter のプロフィールに質問箱の URL を掲載するという方法でしたが、その他の手段として一度、質問箱へのURLを通常通りツイート、その後にそのツイートタイムラインの最上部に固定して貼り付けるという手段もあります。 この方法でも 他ユーザーのわかりやすい場所に質問箱URLを貼り付けることができましたね。 ここで質問の投稿は完了ですが、この質問を受け取った質問箱の設置主は、質問の投稿者のユーザー名やその他の情報を知ることはなく、完全に匿名でそのユーザーに対しての質問を行うことができます。 それゆえに 相手への誹謗中傷も簡単に行うことができてしまうツールですが、Peingで提供するツールとして、 送信者のIPアドレスが割り出せるツールが提供されていますので、誹謗中傷された側は投稿者の情報をある程度詳細に割り出すことができ、投稿する(誹謗中傷する)側は簡単に自分の特定がされてしまいますので、 中傷の用途に使用しない方が無難です。 では、到着質問をどのように確認し返信を行うかをご紹介します。 このようにしてアプリを利用して、質問に返信していくのが最もスタンダードなPeing-質問箱-の返信方法と言えます。 『Peing-質問箱-』を利用して自作自演の質問に答える方法 Peingの質問箱を設置しても、プロフィール画面のページビュー数が多くない、フォロワーの少ない方・日常的なツイートが少ない方はなかなか質問投稿が来ない日々が続きます。 そんな時は 他ユーザーの質問を投稿を促すためにも、自作自演にはなりますがまずは自分で質問を投稿してそれに対して返信をしてみましょう。 ちなみに Peing開発元がPeing-質問箱-における 「自作自演の割合」を明らかにしています。 【お知らせ】サービス開始以来、Peing-質問箱-で回答された数が1000万を超えました!ちなみに累計で質問数は1400万件ありましたので、皆さんが質問に飢えていることがわかりました。 なお、自作自演の質問が30万件ありました。 相当飢えているようです。 分析してみると自作自演をしていた人の数としては14万人以上でした。 うち約120人が100問も自分に質問を送っていました。 『Peing-質問箱-』をログアウトしてアカウントを切り替える方法 複数の Twitter アカウントを運用している場合、連動してるPeingのアカウントもその都度ログアウトしてアプリ内を確認する必要があります。 その頻繁に起こるログアウト方法をご紹介します。 Peing-質問箱-アプリ内でタイムラインを表示する方法 Peing上で「タイムライン」という機能があります。 この機能は フォロワーの中でPeingを利用しているユーザーがいる場合、且つ、それらのユーザーがPeingで質問回答を行っていた場合、 Peingアプリ内で「タイムライン」として表示される機能です。 アプリをインストールして起動した直後はタイムラインに何も表示されていませんが、以下の設定を行うことによってPeingを利用しているフォロワーのPeing利用履歴を確認することができます。 Peing-質問箱-アプリの画面解説 では、Peingアプリのその他の画面・機能についてご紹介いたします。 自分に対して質問の投稿があった場合、基本的にはこちらから返信を順次行っていきます。 ただし Twitter 上で質問投稿を行った場合は、 こちらの送信箱には表示されず、Peingのアプリ内で送信を行った場合のみこちらに送信内容が一覧で表示される形となります。 タイムライン タイムラインはホームに表示されてるタイムラインと同様にフォロワーの中でPeingを利用しているユーザーが最近投稿した回答内容がまとめて表示されています。 『Peing-質問箱-』は一般的にどう使用されている? Twitterは一般人はもちろんのこと、世界中の俳優やスターすら利用しているのは明白です。 そのうえ彼らのフォロワーやファンであれば、質問の一つや二つはあるはずです。 しかし、いざ質問しようと思うと、恥ずかしさや気まずさゆえ、中々実行できないことも多いです。 中には自分のことを知られたくない人も少なくありません。 このことから、Peingは相手に対して匿名で質問を気軽に送信できる画期的なアプリとして利用されていると考えられます。

次の

質問箱のPeing!【Twitter】で送り主を特定する4つの方法

質問 箱 メッセージ と は

Peingで迷惑なコメントを送ってくる人を何件かブロックすると送り主のIPアドレスが分かるようになるみたいです! 具体的に何件の質問をブロックしたならばIPアドレスが開示されるのかは分かりませんが、いくつかのブロックをすると、いわゆる「荒らし」対策のためにPeing運営事務局側が迷惑なコメントを送信しているユーザーをブロックするという措置を取るようですね。 これはどうやら最終的にはPeing運営事務局側の判断にゆだねるようです(汗) こちらの画像を見てみると「IPの開示についてはプロバイダ責任制限法に則り対応していますのでご確認ください」と書かれていますね(汗) 迷惑なコメントの送り主を特定するためのヒントとしてPeing運営事務局側に聞けばIPアドレスをどうにかして割り出すことは出来るみたいです。 しかしながら、データとしては住んでいる国と県までしか分からないようでそれ以上の細かいデータは分からないようになっているみたいです(汗) ツイッター(twitter)のプロフィール欄に住んでいるところの県などが書いてあればそういったところで送り主を特定するためのヒントになるかも知れませんね。 個人としてはPeingで迷惑なコメントを送ってくるユーザーを特定するのは難しいかも知れませんが、もしも警察が本気になって調べる気になってくれればIPアドレスから個人情報を割り出すこともできるようです(汗) しかしあくまでもこれは被害者側が本気でお金をかけて法的な措置を取り、そのうえで警察側のほうがプロバイダーに開示請求をした場合のケースになります。 なかなかそこまで手間とお金をかけて実行に移すユーザーさんも居ないのではないかと思います。 peingには[ 9110]として警察に相談するための専用の電話番号も紹介されています。 もしも貴方が本気で迷惑なコメントの送り主に悩んでいるようならば警察の相談専用ダイヤルに助けを求めてもいいかもしれません(汗)。 もしも迷惑なコメントの送り主が複数人のツイッターユーザーからすでに質問箱を同じようにブロックされている状態であるならば、そのIPアドレスがPeing運営事務局側からもマークされているというような話もあります。 もしもあなたと同じように迷惑なコメントに悩まされているツイッターユーザー同士で情報を交換しあってPeing運営事務局側に通報し合って協力しあったならばその送り主の個人情報がより早く特定できるように近づけるかも知れません。 絵文字の使い方などにはその人特有の癖が現れやすいので、分析をしてみることでその犯人の共通点を見つけ出すことができるかも知れません。 送り主のクセを見抜くと言う点でも有効な方法です。 ツイッターのフォロワーで同じような絵文字などを使っている人がいないか?、また文章のクセなどが似ていないかなどいろいろと分析してみることも大事です。 そうすることによって、twitterで質問箱へ迷惑なコメントを送っている犯人が誰なのか?、特定するヒントを得られるかも知れませんね。 Peingでは自作自演は運営側にはバレてる?個人を特定できるツールなどは存在しているの? ちなみにPeingではたまに自作自演などをしているユーザーもいるみたいです。 そういった場合ですが実はPeingの運営元にはそういった行動は全てバレてしまっているようです。 なのでPeingの運営元は個人を特定することはできるようになっているのでしょう。 送信元のIPアドレスが同じものばかりであれば運営元もきっと「またか」と感づいてしまっていることでしょう。 Peingに関してですが今の所ツールソフトなどでその内容を解析することはできないみたいですので、 コメントの送り主がはっきりと誰だか調べるようなことはユーザー側はできないようになっています。 もしも近い将来そのようなツールが開発されたならば有料であったとしても欲しいユーザーも出てくるかも知れませんね。 しかしながらそれでは質問箱の意味が無くなってしまいますが(笑) 一応、一般人が使えるツールとしては都道府県名までのIPアドレスを逆引きできる『確認くん』と呼ばれるツールがあります。 また、 のような地図で表示されるツールも存在しています。 これらは地域などがプロバイダ名と共に表示されるようになっていますが、これだけでは正直心もとないですね。 とりあえず今のところの対応策としてはあまりにひどい誹謗中傷に対してはPeingのブロック機能を使ってコメントを送ることができないようにしたりすることも可能ですのでとりあえずその方法で我慢してその場をしのぐしかないでしょう。 また、さらに悪質な場合にはやはり警察に相談することなどをおすすめいたします。 Peingの質問をするファンのほうでも過度なメッセージを送り続けているとその内容に共通点が見出されやすく管理人にも誰だかバレやすくなります。 相手への迷惑にもなるので過度なメッセージの送付は控えるようにして楽しくpeingを使っていけるようにしていきたいところです。 質問箱にはブロック機能が追加されました 質問箱には2018年の12月14日以降に受信したメッセージに対して送り主をブロックすることができる最新の機能が新たに加わりました!誹謗中傷やアンチな質問を送ってこられたならばそのメッセージを通してブロックすることで運営元に通報することができるようになりました。 風のウワサですが、ブロックすると、そのブロックされた質問を送ってきた人が今まで送ってきた質問も全部一瞬にして消えてしまうらしいです。 ですのでもしも誹謗中傷的なコメントの証拠などを取っておきたいと思っているならば、Peingの画面をスマホで写メなどを撮っておいてもいいかも知れませんね。 Twitterの質問箱に悪口がきたので通報してブロックしたらその後、他の質問が7個程消えました。 その消えた質問と、通報した悪口の質問は、同じ人からの質問ということでしょうか…? 分かりにくくてすいません。 うわっそういうことです、酷い人もいるもんだ、 また、ブロック機能ですが一度ブロックしてしまうとその後にやっぱり解除したいと思っても出来ないようになっていますので実行する前には慎重に行うようにしましょう。 12月13日以前に受け取ったPeingのメッセージに関しては送り主をブロックすることはできません。 質問箱のブロックのやり方ですが、Twitter画面からまずは相手のプロフィールを表示するようにします。 そうすると画面の右上のほうの3つの点があると思いますのでそちらをクリックするようにしましょう。 その後で「ブラックリストに入れますか?」みたいなことが聞かれると思いますので同意してブラックリストに入れてしまいましょう。 そうすれば相手側はPeingから質問を送ることができなくなります。 相手を特定したい時にも有効な手段です。 最大でID100個まで登録可能なので覚えておくと良いでしょう。 なお、一度ブロックした相手でも違うアカウントで新しく質問箱を作った場合にはその新しいアカウントのほうには普通に質問は今まで通りにできてしまうみたいです(汗)。 ブロックされた相手ですが、何人もの人に同じようにブロックされた場合には質問箱の管理人に対してIPアドレスが公開されてしまうようになっているみたいです!このIPアドレスが公開される条件ですが、Peingの運営元のさじ加減によるところが多いみたいですね。 質問をするほうの人は別にPeingに登録作業をしていなくても質問を送れてしまいます。 ということは冷静になって考えてみれば芸能人などの人気者であれば一日に物凄い数の質問を受け付けてしまうということになります(汗)。 これがたとえば質問箱を設置した人がフォローしている人からだけの質問を受け付けるようになっているのであればある程度、迷惑なコメントの送り主を特定することはできるのでしょうが不特定多数の人であればとてもではないですが特定することは難しいということが分かりますね(汗) よくある勘違いのパターンとしてはフォロワーさんからの質問しか受け付けないようになっていると思っている人が多いようですがそれは勘違いだと言うことです(笑)。 誰でも彼でもツイッターにログインさえする必要もなく名前も相手にバレることもなく(匿名で)質問を送ることができるのがPeingのアプリのメリットです。 ただし、鍵垢(鍵アカウント)の場合はフォローされていない人はその人に質問を送ることはできないようになっています。 このことも豆知識として覚えておくといいでしょう。 なお、質問箱へと一度送ってしまった質問に関しては送ったほうは取り消すことはできないようになっています。 ですので質問を送る際にはよく考えてから慎重に送るようにしましょう。 Peingの運営元に質問したくなったら Peingのことでどうしても困ったことがあって運営元へと質問したいことがあるならば、公式twitterアカウントのほうにメールにて質問してみるといいでしょう。 改めてまして、本サービスに関しましてのお問い合わせは、 こちらのTweetをご参照下さい。 net からのメールを受信許可しておくように設定しておきましょう。 Peingのよくある質問 Peingで答えたくない質問があった場合にはもちろん無理に答える必要はありません。 Peingでは回答していない質問に対しては第3者はその質問の内容と答えを見ることはできないようになっています。 ですので誰にも見せたくない(見られたくない)ような質問に対してはブロックするか、無視をしておくようにしておきましょう。 無理に回答してしまうと他の人からもその内容を見られてしまって自分自身が病んでしまうようになってしまいます。 質問箱のPeingはあくまでもフォロワーさんと楽しく交流するための無料ツールであることを認識しておきましょう 『 Peing』 ペイング)はTwitterから匿名で質問を送ることができる無料ツールです。 Twitterで質問を募集し、質問に答えることが流行していますがその波に乗っかって開発されたツールでもあります。 peing 、 質問箱 としてツイッター上のタイムラインでも毎日話題になっているアプリですね。 誰でも簡単に5秒で質問箱を設置することができるので、フォロワーさんとの交流などにPeingがよく使われています。 以前は『Sarahah』が流行っていたり、『お題箱』というようなものもありましたが、今は『Peing』(ペイング)のほうが人気が出てきているようで代わりによく使われているようです。 Peingですが誰でも気軽に匿名でコメントを送ることができる反面、迷惑なコメントを送ってくる人が多いため『Peing』の使い方に悩まされているユーザーさんも多いようです。 誹謗中傷を送ってくる相手を特定したいと思っていてもそれができないのでPeingが嫌になって辞めてしまう人も多いようですね。 Peingは匿名なので誰がコメントを送ってきているのか特定することはできませんが、やはり文章などに特徴が表れてしまうので文章の癖で管理人に誰だかバレる場合もあるようです。 管理人のほうも分かっていても黙認していることも多いようです(笑) まとめ Peingにはインスタグラムのストーリーのように足あと機能はないので、twitter上で迷惑なコメントの送り主を特定をすることはほぼ不可能ですが、あまりにもひどい誹謗中傷をしてくる相手に対しては、通報をした後にブロックをすることで、その相手からの質問やコメントは受け付けられないような機能も付いています。 そうすることでしか今のところヒドい質問を防ぐことはできません。

次の

【Twitter向けの匿名メッセージ】「マシュマロ(質問箱)」の使い方を解説!

質問 箱 メッセージ と は

Twitterアカウントを連携させて登録する• Peing IDを作って登録する どちらの方法で登録しても、利用できるサービスに変わりはありませんが、今回はTwitterでPeingに登録してみたいと思います。 自分のTwitter IDとパスワードを入力すれば登録完了。 実際に共有されるとこんな感じ。 質問が来ているときは、画面下部の箱のマークに質問の件数が赤く表示されます。 内容を確認して、質問に答えてみましょう! 質問の内容は、箱のマークをタップで確認できます。 また、初期設定のままであれば、Twitterアカウントを作成するときに登録したメールアドレスにメールで通知がくるようにもなっているので、そちらも合わせて確認してみてくださいね。 そのまま下へスクロールすると回答欄がでてきます。 質問に答えたい場合はここから回答しましょう。 回答欄へ回答を記入したら、「回答する」をタップで回答がTwitterへ投稿されます。

次の