山本 太郎 山田 太郎。 山田太郎氏の票と山本太郎氏の票を誤認か 静岡県で発覚の経緯

選管ミス、山田太郎氏の票が0に 山本太郎氏へ計上、静岡・富士宮 | 共同通信

山本 太郎 山田 太郎

「あれ、わたしの清き一票はどこに... ?」 山田氏は旧みんなの党に所属し、10年参院選で落選したが、繰り上げ当選で12年に参院議員に。 16年の参院選では旧新党改革から出馬し29万票超を得たが、党が議席を得られず落選した。 漫画・アニメなどを含む表現規制への反対を掲げ、今回の参院選ではツイッターや動画サイトなどを活用した選挙活動を展開。 比例では党内で2番目、全体でも3番目の約54万票を獲得し、当選をはたした。 しかし、ツイッター上では富士宮市での票数が不可解だと多数言及されている。 静岡県選挙管理委員会の発表によれば、同市での山田氏の票数は「ゼロ」。 人口約13万人と決して少なくない市で、たしかに「ゼロ」は不自然だ。 「当方富士宮市の投票所で山田太郎さんに投票しましたので0は明らかにおかしいです」 「あれ、わたしの清き一票はどこに... ?(富士宮市民)」 「はっ?俺富士宮在住土曜日市役所で不在者投票して山田太郎に入れた。 しっかり見直した」 と、富士宮市民で山田氏に投票したという声もある。 富士宮市選挙管理委員会は23日、J-CASTニュースの取材に、比例区で落選した山本太郎氏(れいわ新選組)に全515票を配分してしまったと話す。 山本氏は1453票獲得したが、そこには山田氏へ投じられた票も加わっていた。 選管は「開票作業時に(候補者ごとに)束ねた票が、同じ方として処理に流れてしまった」と説明。 「あってはならいことなので、再発防止を考える」とし、人員配置やマニュアルなどを見直すとした。

次の

山田太郎と山本太郎の違いは何ですか?

山本 太郎 山田 太郎

それぞれの思いを託した清き一票。 選挙離れが進む今、こんな「うっかりミス」が許されるはずがない。 静岡県富士宮市で7月21日に行われた参院選比例代表の開票作業で、自民党の山田太郎氏=当選=に投じられた515票が誤って、れいわ新選組の山本太郎氏=落選=の票に計上された。 「思い込み」「ヒューマンエラー」。 市選挙管理委員会はこう釈明するが、山田氏に投票した市民からは徹底的な再調査を求める声が上がる。 ミスは「氷山の一角」なのだろうか。 「私もオタク」人生初の投票で… 《投票が死票になった》 《山田さんに入れたのにおかしい》 投開票翌日の22日から、SNS上では不可解な得票を指摘する声が相次いでいた。 根拠となったのは、県選管が公表した県内の自治体別の得票結果。 全国で50万票以上を集めたはずの山田氏の得票が、人口約13万人の富士宮市で「0票」になっていたためだ。 指摘を受けた富士宮市選管が調査を開始し、間もなく集計ミスが発覚。 当初、山本氏が1453票、山田氏は0票としていたが、山本氏938票、山田氏515票に訂正した。 2人の当落に影響はなかったが、「せっかくの一票。 選管には大切に扱ってほしかった」と話すのは、山田氏に一票を投じた女性(19)。 漫画やアニメの「表現の自由」を守ると訴えた山田氏の姿勢に共鳴したといい、「私もいわゆる『オタク』。 山田氏の政策に感銘を受けた」という。 女性にとって、今回が人生で初めての投票だった。 「選管が早く再集計したことはよかった」としつつ、「他の自治体でも同じミスが起きている可能性がある。 全国的に調査してほしい」と求めた。

次の

百田尚樹氏「山本太郎は今回の選挙で絶対に落選させたい」→誰にいれるのも個人の自由。

山本 太郎 山田 太郎

それぞれの思いを託した清き一票。 選挙離れが進む今、こんな「うっかりミス」が許されるはずがない。 静岡県富士宮市で7月21日に行われた参院選比例代表の開票作業で、自民党の山田太郎氏=当選=に投じられた515票が誤って、れいわ新選組の山本太郎氏=落選=の票に計上された。 「思い込み」「ヒューマンエラー」。 市選挙管理委員会はこう釈明するが、山田氏に投票した市民からは徹底的な再調査を求める声が上がる。 ミスは「氷山の一角」なのだろうか。 「私もオタク」人生初の投票で… 《投票が死票になった》 《山田さんに入れたのにおかしい》 投開票翌日の22日から、SNS上では不可解な得票を指摘する声が相次いでいた。 根拠となったのは、県選管が公表した県内の自治体別の得票結果。 全国で50万票以上を集めたはずの山田氏の得票が、人口約13万人の富士宮市で「0票」になっていたためだ。 指摘を受けた富士宮市選管が調査を開始し、間もなく集計ミスが発覚。 当初、山本氏が1453票、山田氏は0票としていたが、山本氏938票、山田氏515票に訂正した。 2人の当落に影響はなかったが、「せっかくの一票。 選管には大切に扱ってほしかった」と話すのは、山田氏に一票を投じた女性(19)。 漫画やアニメの「表現の自由」を守ると訴えた山田氏の姿勢に共鳴したといい、「私もいわゆる『オタク』。 山田氏の政策に感銘を受けた」という。 女性にとって、今回が人生で初めての投票だった。 「選管が早く再集計したことはよかった」としつつ、「他の自治体でも同じミスが起きている可能性がある。 全国的に調査してほしい」と求めた。

次の