ゲーム 実況 者 速報。 ゲーム実況とは (ゲームジッキョウとは) [単語記事]

ゲーム実況で稼ぐのは難しい!?5カ月間、ゲーム実況をしてきた結果を伝えます

ゲーム 実況 者 速報

ゲーム実況に必要なもの まずは、ゲーム実況をするにあたって必要なものを揃えましょう。 生配信でも録画でも、基本的に同じものを用意しておけば問題ありません。 パソコン• マイク• キャプチャーボード• 録画ソフト• 動画編集ソフト 最低限これだけあれば、ゲーム実況の動画を撮ることが出来ます。 では、一つずつチェックしてみましょう。 まずは、ゲームが出来る環境がなければ始まりません。 といっても、これはもう既に持っている方がほとんどですよね。 テレビはあってもなくても構いません。 ゲーム実況の際にはゲーム機とパソコンを繋ぐことで、動画を撮ることが可能です。 パソコン これもほとんどの方は既にお持ちだと思いますが、実況を撮るとなるとそれなりのスペックは必要です。 基本的にノートPCだと厳しいでしょう。 最低でも 録画した映像を保存するだけの容量と、編集作業が出来るスペックが必要です。 特に高画質のゲームになればなるほど、その録画・編集にも高いスペックが必要です。 マイク 自分の声を録音するために必要です。 マイクの音質は、視聴者に自分の声を聞き取りやすくするためにも出来るだけ良いものを選んだ方が良いです。 音が割れていたりノイズだらけだったりすると、いくら喋っている内容が面白くても視聴者には伝わりません。 途中で再生をとめられてしまうのがオチです。 マイクの性能は本当にピンキリなので、詳しくはまた別の記事で解説します。 参照: キャプチャーボード これは、ゲーム実況初心者にとっては聞きなれないものかもしれません。 キャプチャーボードとは、ゲームの映像と音声をPC画面に主力するためのものです。 通常はゲーム機とPCを直接繋いでも、画面に出力することは出来ません。 キャプチャーボードを使うことで初めて、ゲームの音声・映像をPCに出力することが出来るのです。 参照: 録画ソフト キャプチャーボードを使ってPCに出力した映像・音声を録画するためのものです。 高性能な有料ソフトも存在しますが、初心者の場合はまずは無料ソフトで構わないでしょう。 「」というソフトは使っている人も多いのでオススメです。 動画編集ソフト 録画した動画を編集するためのものです。 もちろんそのままアップすることも出来るのですが、それではあまりにクオリティの低い実況動画になってしまいます。 「」「」など優れた無料ソフトがあるので、それらを使って最低限の編集はしておきましょう。 ゲーム実況動画作成の流れ 以上のものを全て揃えれば、あとは実際に実況動画を撮って行くことになります。 機器の接続にもさほど難しい設定は必要ないので、もし行き詰まっても検索すればすぐに解決するものばかりでしょう。 動画を録画する 機器の接続・ソフトの設定などが終わったら、実際にプレイしながら録画していきます。 自分なりにあーだこーだ言いながら、まずは楽しみながらプレイしてみましょう。 自分なりにキャラを作ってもいいですし、素のままでプレイしても構いません。 とりあえず自分の好きなように録画します。 録画した動画を編集する 録画した元動画を編集していきます。 グダグダしているシーンをカットしたり、ノイズをカットしたり、動画のクオリティを上げていきます。 細かい作業ですが、 視聴者にとって見やすい動画を作ることは、ゲーム実況動画を作成する上で大切な工程です。 完成した実況動画を投稿する 完成した動画を動画投稿サイトにアップするためには、まず「エンコード」という作業が必要です。 エンコードとは、簡単に言うと動画サイトにアップ出来るようにファイルのサイズを小さくすることです。 「」というフリーソフトを使えば誰でも簡単にエンコード出来ます。 後はニコニコ動画でもYouTubeでも、自分の好きなサイトにアップロードすれば、ゲーム実況動画の完成です。 PS4のシェア機能を使えば、すぐにでも実況動画が作れる 実はこれまでに紹介した方法以外にも、PS4のシェア機能を使えば、すぐにでも実況動画を作ることが可能です。 やり方はいたって簡単。 ゲームをプレイしながら、コントローラーのシェアボタンを押すだけ。 ヘッドセットやマイクをPS4に接続すれば自分の声を入れることもできますし、動画編集も可能。 同様に生配信も行うことが出来ます。 まずはゲーム実況の感覚だけでも体験したいという方は、PS4のシェア機能を使って録画するのが一番お手軽かもしれません。 PS4のシェア機能にはデメリットも 簡単に実況動画を作成できるPS4のシェア機能ですが、デメリットもあります。 録画出来るソフトはPS4でプレイできるゲームに限りますし、録画出来る時間も上限が設定されています。 編集に関してもあまり複雑なことは出来ないので、 あくまでもお試し実況と言った感じです。 本格的にゲーム実況をやりたいなら、キャプチャーボードとPCを使って録画・配信する方法をオススメします。 まとめ 今回はゲーム実況のやり方について、大まかな流れを説明させていただきました。 これで初心者の方でも、ある程度ゲーム実況動画の作り方について理解出来たはずです。 ゲーム実況に関心があるという方は、ぜひ一度実際に動画を撮って投稿してみてはいかがでしょうか? また、各機材の詳しい解説などは別の記事でも紹介させていただこうと思います。 興味を持った方はそちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

次の

「ゲーム実況」世界で広がり 配信ゲーマーが業界動かす [ゲームの未来]:朝日新聞デジタル

ゲーム 実況 者 速報

しゃべりながらゲームをして、その様子を動画で配信する「ゲーム実況」が存在感を増している。 著作権の問題があいまいだったが、メーカー側も宣伝効果を期待して支持を打ち出す。 ゲーム文化を盛り上げる新たな動きが世界で広がりつつある。 「よし、ここは見晴らしがいい。 上から撃つぞ」。 ゲーム実況者のNinja(ニンジャ)が、自身の声を交えてアクションゲーム「フォートナイト」を堪能する。 月間1億人以上が利用するゲーム実況サイト「Twitch(ツイッチ)」にその映像が流れるや、サイトに次々と「すさまじい」「神様!」といった視聴者のコメントが届く。 Ninjaは同サイトで1400万人超のフォロワーを抱え、ユーチューブでは約2200万人のチャンネル登録者数を誇る。 世界で最も有名な「ゲーマー」の1人で、月50万ドル(約5500万円)を稼ぐとされる。 企業からのスポンサー料金や、動画の視聴者がサイトに課金してその一部が配信者に支払われる「投げ銭」が収入源だという。 ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレインの「ゲーム実況グローバルマーケットレポート2017」の推計では、2017年の世界のゲーム配信動画の市場規模は46億ドル(約5060億円)。 視聴者は21年には8・1億人に達し、17年の1・2倍になるという。 ゲーム実況は著作権の扱いがあ….

次の

【2020年最新】ゲーム実況で必要な機材と、その値段が気になる人へ

ゲーム 実況 者 速報

ゲーム実況に必要なもの まずは、ゲーム実況をするにあたって必要なものを揃えましょう。 生配信でも録画でも、基本的に同じものを用意しておけば問題ありません。 パソコン• マイク• キャプチャーボード• 録画ソフト• 動画編集ソフト 最低限これだけあれば、ゲーム実況の動画を撮ることが出来ます。 では、一つずつチェックしてみましょう。 まずは、ゲームが出来る環境がなければ始まりません。 といっても、これはもう既に持っている方がほとんどですよね。 テレビはあってもなくても構いません。 ゲーム実況の際にはゲーム機とパソコンを繋ぐことで、動画を撮ることが可能です。 パソコン これもほとんどの方は既にお持ちだと思いますが、実況を撮るとなるとそれなりのスペックは必要です。 基本的にノートPCだと厳しいでしょう。 最低でも 録画した映像を保存するだけの容量と、編集作業が出来るスペックが必要です。 特に高画質のゲームになればなるほど、その録画・編集にも高いスペックが必要です。 マイク 自分の声を録音するために必要です。 マイクの音質は、視聴者に自分の声を聞き取りやすくするためにも出来るだけ良いものを選んだ方が良いです。 音が割れていたりノイズだらけだったりすると、いくら喋っている内容が面白くても視聴者には伝わりません。 途中で再生をとめられてしまうのがオチです。 マイクの性能は本当にピンキリなので、詳しくはまた別の記事で解説します。 参照: キャプチャーボード これは、ゲーム実況初心者にとっては聞きなれないものかもしれません。 キャプチャーボードとは、ゲームの映像と音声をPC画面に主力するためのものです。 通常はゲーム機とPCを直接繋いでも、画面に出力することは出来ません。 キャプチャーボードを使うことで初めて、ゲームの音声・映像をPCに出力することが出来るのです。 参照: 録画ソフト キャプチャーボードを使ってPCに出力した映像・音声を録画するためのものです。 高性能な有料ソフトも存在しますが、初心者の場合はまずは無料ソフトで構わないでしょう。 「」というソフトは使っている人も多いのでオススメです。 動画編集ソフト 録画した動画を編集するためのものです。 もちろんそのままアップすることも出来るのですが、それではあまりにクオリティの低い実況動画になってしまいます。 「」「」など優れた無料ソフトがあるので、それらを使って最低限の編集はしておきましょう。 ゲーム実況動画作成の流れ 以上のものを全て揃えれば、あとは実際に実況動画を撮って行くことになります。 機器の接続にもさほど難しい設定は必要ないので、もし行き詰まっても検索すればすぐに解決するものばかりでしょう。 動画を録画する 機器の接続・ソフトの設定などが終わったら、実際にプレイしながら録画していきます。 自分なりにあーだこーだ言いながら、まずは楽しみながらプレイしてみましょう。 自分なりにキャラを作ってもいいですし、素のままでプレイしても構いません。 とりあえず自分の好きなように録画します。 録画した動画を編集する 録画した元動画を編集していきます。 グダグダしているシーンをカットしたり、ノイズをカットしたり、動画のクオリティを上げていきます。 細かい作業ですが、 視聴者にとって見やすい動画を作ることは、ゲーム実況動画を作成する上で大切な工程です。 完成した実況動画を投稿する 完成した動画を動画投稿サイトにアップするためには、まず「エンコード」という作業が必要です。 エンコードとは、簡単に言うと動画サイトにアップ出来るようにファイルのサイズを小さくすることです。 「」というフリーソフトを使えば誰でも簡単にエンコード出来ます。 後はニコニコ動画でもYouTubeでも、自分の好きなサイトにアップロードすれば、ゲーム実況動画の完成です。 PS4のシェア機能を使えば、すぐにでも実況動画が作れる 実はこれまでに紹介した方法以外にも、PS4のシェア機能を使えば、すぐにでも実況動画を作ることが可能です。 やり方はいたって簡単。 ゲームをプレイしながら、コントローラーのシェアボタンを押すだけ。 ヘッドセットやマイクをPS4に接続すれば自分の声を入れることもできますし、動画編集も可能。 同様に生配信も行うことが出来ます。 まずはゲーム実況の感覚だけでも体験したいという方は、PS4のシェア機能を使って録画するのが一番お手軽かもしれません。 PS4のシェア機能にはデメリットも 簡単に実況動画を作成できるPS4のシェア機能ですが、デメリットもあります。 録画出来るソフトはPS4でプレイできるゲームに限りますし、録画出来る時間も上限が設定されています。 編集に関してもあまり複雑なことは出来ないので、 あくまでもお試し実況と言った感じです。 本格的にゲーム実況をやりたいなら、キャプチャーボードとPCを使って録画・配信する方法をオススメします。 まとめ 今回はゲーム実況のやり方について、大まかな流れを説明させていただきました。 これで初心者の方でも、ある程度ゲーム実況動画の作り方について理解出来たはずです。 ゲーム実況に関心があるという方は、ぜひ一度実際に動画を撮って投稿してみてはいかがでしょうか? また、各機材の詳しい解説などは別の記事でも紹介させていただこうと思います。 興味を持った方はそちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

次の