個人 年金 保険 税金。 個人年金保険の年金受け取り時には確定申告が必要!どんな税金がかかる?確定申告が不要なケースは?

個人年金保険の受け取りにかかる税金は?計算方法も解説

個人 年金 保険 税金

公的年金のシステムに対して不安が囁かれるようになった昨今。 老後の資産形成を自力で行うという人も増えてきており、将来への積立ができる金融商品への関心が強くなってきている方も多いのではないでしょうか。 自力での資産形成に用いられる金融商品の中で、真っ先に思い浮かぶのは個人年金保険でしょう。 個人年金保険は保険料に対して控除制度が定められており、将来の為に積立をしながら節税をすることが出来ます。 しかし、受取時になると、受け取ったお金に対して税金がかかることは忘れてはいけません。 今回は個人年金保険に係る税金の種類や保険料に対する控除について解説していきます。 老後に備え、個人年金保険に係る税金についてしっかりと理解しましょう。 個人年金保険に係る税金は4パターン まずは個人年金保険に係る税金の種類についてです。 個人年金保険は以下の条件によって、4通りの課税がされます。 契約者と受取人が同じ場合• 契約者と受取人が違う場合• 契約者と受取人が同じ場合 契約者と受取人が同じ場合、受け取った個人年金は所得として扱われ、所得税が課せられます。 受け取り方によって所得の種類に違いがあるのが特徴です。 雑所得は公的年金等とそれ以外で算出方法が違い、個人年金は公的年金以外に該当します。 その場合、雑所得は給与所得などと合算した上され、税金が算出されます。 給与所得や事業所得と合算されたうえで税金が計算されるため、注意しましょう。 公的年金以外の雑所得は以下の計算式で算出されます。 契約年齢:年齢35歳• 払込期間:60歳まで• 受取開始年齢:65歳• 保険料:15,000円(月払)• 保険料総額:450万円• 年金額:47. 12万円 上記条件の場合、必要経費は• この金額から更に税率を乗じた上で所得税が決定する為、実際にかかる税金は比較的少額であることが想像できますね。 一時所得の計算方法は以下の通りです。 一時所得として扱われる場合、支払った保険料の総額が必要経費に該当します。 471. 8万円(0円) 上記計算より、課税される一時所得は0円です。 50万円の特別控除のおかげで、一時所得がプラスになることはほとんどありません。 契約者と受取人が違う場合 契約者と受取人が違う場合、個人年金は契約者から受取人へ贈与された財産として扱われ、贈与税が課せられます。 年金払いで受け取る場合は「贈与された財産」としての側面と、年金による所得という側面を持つため、課税方式が複雑です。 贈与税は計算の前に、「年金受給権評価額」を決定する必要があり、以下の3つの中から、最も大きい金額のものが選ばれます。 契約返戻金の金額• 一時金で受け取った場合の金額• 年金年額、残存期間、平均余命に応じた所定の利率を用いて算出された金額 決定した年金受給権評価額に、110万円の基礎控除を適用し、特定の税率を乗じれば贈与税の算出が可能です。 (471. 契約人と受取人が同じ場合に係る所得税と比較すると、税金がかなり多いことが分かりますね。 本条件に当てはまる場合は想定より手元に残らない、というようなことのないよう注意しましょう。 まず、初年度に、保険金の評価額(一時金で受け取ったとした場合の額)について贈与税が発生します。 2年目以降は、もし、保険金の評価額が、年金で受け取る場合の総額よりも低ければ、差額を各年度に少しずつ振り分けて相続人の「雑所得」と扱われます。 この「少しずつ」の計算方法が特殊で、課税部分が年々階段状に増えていくのです。 詳しくはをご覧ください。 個人年金保険料の控除制度について 個人年金保険の保険料には、生命保険料控除制度による所得控除が発生する可能性があります。 生命保険料控除制度には3種類の分類があり、個人年金保険が該当するのは、個人年金保険料控除です。 払い込んだ保険料に応じて、一定の金額がその年の所得から差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減されます。 個人年金保険料控除の対象となる保険は、契約時に「個人年金保険料税制適格特約」を付けている上で、以下のすべての条件を満たしている場合に限ります。 年金受取人が契約者または配偶者のどちらかである• 年金受取人は被保険者と同一である• 保険料払込期間は10年以上である• 年金受取開始が60歳以降で年金受取期間が10年以上である 制度の詳細や実際に控除される金額については「」をご覧ください。 まとめ いかがでしたか? 個人年金保険は契約者と受取人が同じかどうか、受け取り方が一括か分割かで、課税される税金の種類が変わることが理解できたかと思います。 個人年金に課せられる税金の中で、最も負担が大きくなる可能性があるのは贈与税です。 特に、契約者と受取人が違う場合は、税金の多さに驚くことの無いよう、しっかりと備えておきましょう。 また、契約者と受取人が違う場合、年金払いを選択すると、贈与税と雑所得に係る所得税の2種類が関与してきます。 この場合は特に、所得税の課税方法が特殊で、算出方法が複雑になっているため注意しましょう。 個人年金は各々の老後を支える重要なお金です、保険料が控除制度によって控除されることからもそれは明白です。 大事なお金をより多く受け取れるよう、契約者・受取人の確認と、受け取り方法について今一度良く考えてみましょう。 また、これから個人年金保険に加入するという人は、係る税金の種類を把握したうえで、契約者・受取人の関係を良く考えながら契約することが大切です。

次の

公的年金や個人年金保険の税金はいくら?納税額をシミュレーション

個人 年金 保険 税金

生命保険を相続対策で活用するとき、通常は一括でお金を受け取ることで遺族へ多額の死亡保険金が支給されるように仕向けます。 ただ、生命保険でお金の受け取りをするときは一括で支払われるタイプではなく、個人年金保険として年金払い(分割払い)による支払いを受けることもあります。 そうしたタイプの生命保険に加入していた場合、どのように考えて相続すればいいのでしょうか。 一括受取タイプであれば非常に単純であるものの、個人年金だと税金の仕組みが少し複雑になります。 相続税と所得税の支払いが生じるからです。 また、いまでは是正されているものの、かつては二重課税を生じていた時期もありました。 そこで、どのように考えて年金型の生命保険を相続すればいいのか解説していきます。 もくじ• 個人年金保険は未払い分も含めて相続税支払いが必要 生命保険の受け取りでは、通常だと一括払いになります。 ただ、生命保険によっては年金払いを選択することもできます。 ただこのとき支払われる年金(死亡保険金)については税金を課せられます。 生命保険金を一括で受け取る場合、相続税を課せられるのは広く知られていますが、一括に限らず個人年金保険として分割払いでも課税されます。 どのようになるかというと、個人年金保険として受け取りをする場合、 未払いの分まで含めて相続税を支払わなければいけません。 例えば20年に分けて分割払いされる年金型保険を相続するとします。 このとき、実際には20年分を受け取ってはいないものの、相続税算出のときについては「20年分のお金を受け取ったと仮定して、相続税を支払う」ようになると考えましょう。 一括で支払われる死亡保険金とは異なり、年金型では高額なお金が入っていない状況でも相続税の支払い義務を生じます。 そのため、年金受取の総額が多いと相続税の支払いに苦労するのが年金型の生命保険の相続です。 ただ年金型の場合、少しずつお金を受け取ることになるので一気に使い込みをすることがなく、「今後の生活をどのように組み立てればいいのか、対応しやすい」というメリットがあります。 解約返戻金相当額など、年金受給権に相続税を支払う それでは、このときどのように考えて相続税を支払えばいいのでしょうか。 これについて、年金受給権(生命保険の保険金を受け取れる権利)に対して相続税を課せられると考えるようにしましょう。 年金受給権がいくらになるのかについては、いくつか計算方法があります。 ただ、年金受給権の計算方法を理解する意味はないので詳細は省きますが、ザックリと「遺族に残された生命保険の解約返戻金がどれくらいの額になっているのか」が年金受給権の額と考えて問題ありません。 例えば、以下は年金受取型の生命保険(ドル建て)での解約返戻金になります。 積み立てておいたお金が年金原資であり、書類には解約返戻金(仮に解約したときに一括で支払われるお金)が記されています。 この解約返戻金が年金受給権の額に当たり、 解約返戻金相当額に対して相続税を課せられるようになります。 一括で支払われる生命保険であれば、死亡保険金として明確な相続額が確定しています。 ただ、年金型だと支払い年数によって受け取る金額の総額は異なりますし、一概に相続額を決めることはできません。 そのため、解約返戻金などを考慮して相続税を決めるのです。 年金型の生命保険でも非課税枠がある なお、死亡保険金として受け取る通常の生命保険の場合、相続人一人につき500万円の非課税枠が認められています。 そうしたとき、個人年金保険だと一括で受け取るわけではありません。 この場合、非課税枠を利用することはできるのでしょうか。 これについては、 年金型の生命保険を相続する場面であっても問題なく非課税枠を利用することができます。 先ほどのように、解約返戻金に相当する部分に相続税を課税されるわけですが、その部分に関して非課税枠を適用させることができるのです。 一括での受取でも、年金型でも問題なく生命保険の利用によって節税できると考えましょう。 年金保険でたくさんもらえたお金は雑所得で所得税となる ただ、個人年金保険として分割払いを選択する場合、年金受給権(解約返戻金の相当額)よりも受け取るお金の総額が多くなるのが基本です。 生命保険というのは資産運用でも活用されます。 つまり、 長くお金を据え置くほど資産が増えるようになるのです。 そうしたとき、一括でお金を受け取るのではなく分割での受け取りをする場合、それだけ生命保険会社に長くお金を据え置いておくことになります。 その結果、解約返戻金よりも多くのお金をもらえるのですが、このとき 「年金保険によって多くお金がもらえた部分」については雑所得となり、所得税・住民税が課せられるのです。 お金を儲けたら必ず課税されるため、これについてはそういうものだと考えるようにしましょう。 例えば年金受給権が3,000万円であれば、3,000万円分の生命保険について相続税を支払うことになります。 生命保険会社は資産運用で儲けているわけですが、このときの儲けは保険契約者(あなた)に還元されます。 そのために保険料の支払い額よりもお金が増えていくわけですが、増えた分のお金は雑所得になって所得税・住民税が必要になるのです。 雑所得は累進課税での税金がかかる なお、このとき年金保険によってお金が増えた場合、 雑所得に課せられる税金は累進課税になります。 つまり儲けが大きいほど、所得税が高くなるように設定されています。 年金保険を受け取るのは、指定された子供や孫です。 これら子供や孫は多くのケースで社会で働いているわけですが、給料として収入があります。 そのため所得税率はそれなりに高くなっており、年金保険で受け取る雑所得についても給与所得と同様に総合課税である以上、ある程度の税金を支払うようになると考えましょう。 なお、このときは年数が経過するほど生命保険による資産運用額が大きくなります。 そのため、たとえ支給額が毎月固定であったとしても、年数が経過するほど支払う税金が多くなるようになります。 いずれにしても年金保険については、解約返戻金相当額については既に税金を支払っているので関係ないものの、それ以外の部分(保険による資産運用で増えたお金)について累進課税での所得税・住民税を支払うようになると考えましょう。 参考までに、生命保険会社での運用益は年間0. そのため、税金を支払うとはいってもそこまで高額な課税が発生するわけではありません。 所得税の二重課税は存在しない なお、年金保険を利用するときかつては二重課税が存在していました。 いまでは解消していますが、非常に不利な税制となっていたのです。 年金保険にて相続する場合、前述の通り解約返戻金相当額で税額を計算し、税金を納めることになります。 ただ、以前は 生命保険会社から受け取る年金保険のお金について、毎年支払われる年金についても雑所得として課税されていました。 例えば2,000万円の価値のある年金保険を相続するとき、ザックリ考えると「2,000万円に対する相続税を支払い、年金として分割して2,000万円を受け取るときについても所得税・住民税を支払う」という状況でした。 誰がどう見ても二重課税であり、違法な状態でしたが、以前はこれが普通でした。 ただ裁判があり、最高裁まで争った結果、原告が勝訴して「年金保険の相続について、相続税と所得税の二重課税は違法」であることが確定しました。 いまでは二重課税の問題は解消しているため、生命保険会社から死亡保険金が支払われるとき、一括ではなく年金での受け取りを希望しても問題ありません。 もちろん運用益の部分については課税されますが、昔のような高額な雑所得が発生することはないのです。 年金型生命保険の相続方法を理解する 相続のときに生命保険を利用するのは基本であり、これは単純に死亡保険金として受け取ることで大幅な節税が可能になるからです。 このとき、最も分かりやすいのは死亡保険金を一括で受け取る方法です。 ただ、年金という形で受け取ることも可能です。 この場合も同様に死亡保険金に対する節税が可能であり、無駄な税金を抑えることができます。 相続税については年金受給権として解約返戻金相当額に課せられることになり、生命保険での運用益については雑所得の対象となります。 一括受取よりも年金として受け取るほうが多くのお金を受け取れるため、その部分は雑所得として相続税とは別に納税が必要になると考えましょう。 個人年金は生命保険を相続したときでも作れますが、事前に課税関係を含めて仕組みを理解するようにしましょう。 総額としては一括受取よりも高額なお金を手にできるため、相続時は年金受取を選択しても問題ありません。 生前対策や相続税申告の場面では、依頼する専門家が非常に重要になります。 相続に特化し、さらには節税や不動産、株式などにも精通した専門家に依頼しないと相続税が非常に高額になるためです。 実際のところ、正しく相続対策を講じていないため多くの人が損をしています。 ただ、相続に大きな強みをもつ専門家を厳選したうえで相談すれば、 通常よりも税金が1,000万円も違うのは普通です。 また、当然ながら実務経験が多く知識のある専門家に依頼するほど、相続後の争いも少ないです。 そこで、当サイトでは 相続に特化した専門家を紹介しています。 生前対策や相続税申告を含め、節税によって多額のお金を手元に残しながら遺産争いを回避できるようになります。

次の

個人年金保険 受取時の税金は?計算方法と確定申告について

個人 年金 保険 税金

個人年金保険の年金を受け取ると税金がかかることが。 雑所得の金額は「総収入」から「必要経費」を差し引く 雑所得の金額は、その年中に受け取った年金の総収入から、その金額に対応する必要経費を差し引いた金額で、下記の計算式で求めます。 雑所得の金額=総収入-必要経費 計算式はいたって簡単ですが、総収入と必要経費の求め方は複雑です。 配当金があるタイプは、受け取りを開始した年は1+2を、2年目以降は1~3を合計した年金年額になります。 基本年金 契約時に決めた年金額で確実に受け取れる。 増額年金 年金の受け取りを始めるまでの積立配当金で買い増しされる年金。 現在、積立配当金の運用利率は下がっているので、あまり期待はできないかも。 また、無配当タイプの個人年金にはなし。 増加年金 年金を受け取り始めた後の配当金で買い増しされる年金。 これも、運用利率が下がっているので、あまり期待できないかも。 年金の総支給見込み額は、年金の種類によって異なります。 代表的な種類の計算式を下記に挙げておきます。 余命年数は、年齢と性別で異なる 確定年金の雑所得の計算例 計算式だけを見ていると、何だかよくわからないでしょう。 具体例で計算してみました。 04万円=23. 96万円 いずれの例も、雑所得は25万円未満なので、源泉徴収はされません。 もし、年金以外に所得がなければ、2例とも基礎控除の範囲内(38万円以下)となり、所得税はかかりません。 なお、個人年金の雑所得は25万円以上になると、保険会社が10. 21%の源泉徴収を行います。 つまり、手取りは89. 79%になるということ。 そして、源泉徴収されても、「源泉分離課税」のように課税関係が終了するわけではないので、確定申告で税金の精算が必要になります。 他の所得と合計して税金を計算し、状況によっては、税金が戻ってくることもあります。

次の