ブリーチ なし ブルー ブラック。 透明感が欲しいならこのカラー!ブリーチなしのブルーブラックにしたくなるヘアスタイル特集

【2020最新】次のヘアカラーはブルーできまり! 『暗め・明るめ』種類別ブルーカラー11選|MINE(マイン)

ブリーチ なし ブルー ブラック

ブルーアッシュにおすすめの市販ヘアカラー剤は、「カラーバター」です。 このカラーバターはほとんどの成分がトリートメントでできているため、染めるときの悩みでもある髪の痛みが全く気になりません。 使い方は一般的なトリートメントと同様で、シャンプー後にタオルドライしたあとに使い、一定時間後に洗い流します。 すぐには染まらないかもしれませんが、これを数回繰り返すことによって、きれいなブルーアッシュに仕上げることができます。 髪を染めるのに痛まないところが嬉しい点ですよね。 青系のブルーアッシュのヘアカラーに挑戦してみよう! いかがでしたでしょうか。 今回は、青系のブルーアッシュのヘアカラーについてご紹介しました。 ブルーアッシュは、今年の夏にぴったりと最近人気のヘアカラーです。 ブルーアッシュでも、ブリーチなしで暗めのブルーアッシュにしたり、または明るいブルーアッシュにしたりとさまざまなヘアカラーがあります。 今回ご紹介したブルーアッシュのヘアカラーを参考にして、是非ブルーアッシュを試してみてくださいね。 さまざまな女性の雰囲気を演出できて、毎日が楽しくなるはずですよ。

次の

ブリーチなしで黒髪からアッシュブルーにできた!ヘアカラー剤はコレ!

ブリーチ なし ブルー ブラック

ブルーブラックってどんなヘアカラー? ブラック(黒)という色のイメージには、絵具などのイメージから「他の色に染まらない」「他の色と混ざりあわない」という印象を持たれてしまいがちですが、ヘアカラーのカラー剤としてのブラックは配合の量によって色合いを出すことが可能です。 このブルーブラックというカラーはブラックとブルーの配合量を調節し、一見黒く見える髪色でも青みがかった色合いが特徴で、透明感やヌケ感を表現することができます。 ブルーブラックは黒染めにおすすめなヘアカラー 黒染めとは違ってブルーブラックは色味を調節できるため、黒染めよりも自然な仕上がりのカラーになります。 また、単色のブラックカラーでは表現できない色味も特徴で、光や照明の加減で青みがかった黒色になり、真っ黒い髪の色とは違って柔らかい印象を与えることができ、肌の色とも馴染ませやすいのが特徴です。 ブルーブラックは社会人にもおすすめなヘアカラー パッと見の見た目は黒い髪色ですが垢ぬけた色合いに仕上がるため、仕事柄ヘアカラーを楽しめない社会人にとっても気軽に染めることができるのがポイントで、きつくなりがちな黒髪も爽やかで清涼感のあるイメージに仕上げることができます。 また、地毛の色が赤みが強い場合は赤みを抑えることもでき、落ち着いた印象を創り出すこともできるのはブラックカラーならでは。 あからさまに染め上げるカラーとは違ってカラーリングをしていることが分かりにくい色なので、規則があるけどオシャレも楽しみたいという人にピッタリです。 就活中だけどオシャレしたい学生さんにも人気です。 ブルーブラックは透明感と軽さがウリのヘアカラー ブルーブラックブラックは独特の透明感と軽さが特徴で、重くなりがちな印象を軽いイメージにすることができ、黒髪ではどうしてもきつくなりがちなイメージを柔らかく見せることができます。 男性の場合ではブルーブラックの髪色にすることでヘアスタイルにこなれ感が出て、やわらかな髪の質感を表現するのにもピッタリです。 最近流行りのウェットな質感との相性も良いので、ヘアワックスやジェルなどで濡れ感を出すことでいつもの髪型をよりオシャレに見せることもできますよ! 白髪染めこそブルーブラックヘアカラー 白髪が気になってはいるものの、真っ黒くするのも嫌、かといって茶色くしたら色落ちしたときに変な色になる、そんな方にこそブルーブラックおすすめです。 真っ黒くしないので自然に染まり、なによりオシャレです。 時代とともに白髪染めは白髪を染めるだけでなくオシャレの1つとしてするものになって来ています。 この夏ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 ブルーブラックは色落ちしても気にならない 明るい髪色の場合は髪が伸びてくるとプリンが気になったり、色抜けによるカラーの変色が気になるものですが、ブルーブラックは地毛の髪色に近い色味のため色落ちや退色をしても気になりにくく、頻繁にカラーを繰り返す心配もありません。 染めたての髪色は黒の色味が強いですが、退色してくるとだんだんと透明感も出てくるので長くヘアカラーを楽しむことができるのがメリットでもあります。 ブルーブラックヘアカラーの注意点 ブルーブラックにするときはダメージに注意 ブルーブラックではブリーチを一度行うことでより青みを表現することができますが、髪へのダメージは一般的なブリーチと同じです。 よりオシャレに仕上げたい場合はブリーチをするのはオススメですが、カラーダメージを軽減したいという人はブリーチなしで注文しましょう。 一度ブルーブラックにしたらしばらくは明るくできない 一度髪に黒い色素を入れると、次にカラーリングを行う場合やハイトーンにカラーチェンジさせたい場合に染まりにくいのがデメリットと言えるでしょう。 また、ブルーブラックを入れると次回明るい髪色にするためにブリーチをしても明るい色が入りにくく、黒い色素が自然に抜けていくのを待つことになるので、染める場合にはしばらくハイトーンカラーができなくなることを頭に入れてカラーをすることをオススメします。 スタイリング剤でエアー感や立体感を出すことで軽い印象になり、毛先の表現もより強調することができます。 髪色だけでマッシュヘアーもこなれ感を出すことができるので、ヘアセットが苦手な男性にもおすすめですよ!.

次の

2020年夏に流行るのはブルーブラックで決まり!青系ヘアカラーは社会人男性にも◎

ブリーチ なし ブルー ブラック

青系ヘアカラーは難しい? 大切なことなので初めにお伝えしますが、 ヘアカラーの中でも「青、ブルー」系ヘアカラーは発色がとても難しい色です。 数あるヘアカラーの中でも、トップクラスに色が出にくい色なのです。 「黒髪に青を染めればブルーブラックになるんじゃないの?」と考える気持ちすごくよく分かります。 しかし、黒髪に青を染めても絶対に「青色」にはならないのです。 メラニン色素がない髪は白髪。 真っ白です。 メラニン色素には大きく2つ種類があり、ユーメラニンという黒、茶。 そしてフェオメラニンという黄、赤の色素があります。 色のバランスは人それぞれ違うので、ブロンドの方もいれば真っ黒の方、こげ茶、赤毛の方などさまざまなのです。 「青」というのは寒色系といい、赤や黄色など暖色系と真逆の色です。 寒色と暖色をまぜると色が打ち消しあってしまいます。 同じように黒や茶色も、他の色が混ざっても黒や茶が強く出て色がわかりにくい、なので青系のヘアカラーは発色が難しい色なのです。 キレイに発色させるにはブリーチが必要 青を発色させるには、色を打ち消してしまう黒、茶、赤、黄色のメラニン色素を薄くする必要があります。 邪魔する色を少なくすることで青を出しやすくするのです。 しかし、ブリーチをしてしまうと髪が傷んだり、すぐ色が抜けてしまうデメリットがあります。 ブリーチなしの青で染めてみた 「ブリーチしたくない!でもブルー系ヘアカラーにしたい!」と考えている方に分かりやすいように実際に染めてみました。 使うヘアカラーはこの2色。 ネイビーブルーとディープブルーを混ぜて暗めの青系ヘアカラーを作ります。 暗めのトーンですが、真っ黒すぎないブルーブラックのイメージです。 染める前の髪はこのような色。 前回染めた明るめのヘアカラーが抜けて、毛先は茶色になっています。 根元は新しく生えているので黒髪です。 そしてコチラがヘアカラー後。 染める前と比較するとこのような色の違いです。 近くで手に取って確認するとこのような色。 暗めのヘアカラーですが、正直「青」は感じにくいですよね。 屋外で見るとこのような色。 色がハッキリ分かりやすい外で見ても青は感じにくいです。 ちなみに、同じヘアカラーの薬でブリーチを繰り返した髪に染めると この写真のように、濃いめの青がハッキリわかるほど染まります。 手元が染める前の明るさです。 ブリーチを2回しているので、メラニン色素がかなり少なくなっています。 発色の邪魔になる色がほとんどないのでキレイな青が出るのです。 「青」を感じるためにはブリーチが必要。 というのが分かっていただけたかと思います。 ブリーチを入れた部分はハッキリと色が出るので、髪全体に色を感じることができます。 ブリーチされていない部分がほとんどなので、傷みも感じにくいのが特徴です。 カラーシャンプーで色を補おう ブリーチした部分は色の抜けがとても早いです。 ネットには「ブリーチした髪は1ヵ月しか色が持たない」なんて書いてあったりしますが、絶対に1ヵ月も持ちません。 黒染めなど、極端に暗い色出ない限り1週間もすればヘアカラーのほとんどが落ちてしまい明るくなります。 そのため家でのカラーケアが長持ちには必須。 カラーシャンプーやカラートリートメントであれば、洗うだけで色を補えるのでおススメです。

次の