ギャラルホルン 評価。 【モンスト】ギャラルホルン(獣神化)の評価と適正のわくわくの実!|ゲームエイト

【モンスト】ギャラルホルン(獣神化)の評価と適正のわくわくの実!|ゲームエイト

ギャラルホルン 評価

概要 [ ] 角笛の名前は「gala」という言葉に由来する。 この言葉は「叫ぶ」あるいは「歌い出す」という意味である。 また、によれば「galla」に由来し、「鳴り響く」「響きわたる」という意味であるという。 『』第一部『』の中でギャラルホルンという名前は、が「」から知識と知恵を高める水を汲んで飲むときに用いる、角でできた杯()の名前としても用いられている。 『巫女の予言』でのギャラルホルン [ ] 『』の『』は、ギャラルホルンに2度言及する。 1度目は、ミーミルの泉に「ヘイムダルの角笛」が隠されているということを示す。 2度目では、ラグナロクが到来した時にヘイムダルがギャラルホルンを高らかに吹くことを描写する。 戦士の父(=)の担保(=眼球)から水がわき出している。 まだ、知りたいか?) 『ギュルヴィたぶらかし』では、ミーミルは自身が守る泉の水をギャラルホルンで飲んでいるため賢いとされている。 その泉の底には、が泉の水を飲むためにとして差し出した眼球が沈んでいるとされ、よって『巫女の予言』の当該箇所は、「ミーミルの泉がある、 聖なる樹の根元に、ヘイムダルの角笛が隠されている」と理解されるのが一般的である。 ギャラルホルンが、世界が衰滅する最後の戦いの始まりを告げる、いわば「危険な楽器」であるためである。 その理由としてノルダルはまず、ラグナロクが迫った時にヘイムダルの手元にギャラルホルンがなければ意味がないことを挙げる。 したがってこの節は、ギャラルホルンではなくヘイムダルの「聴覚」がオーディンの眼とともに担保に入れられたのだと解釈できる、としている。 ノルダルはさらに、の板囲いの修理を請け負った工匠の巨人に対して約束の報酬を払わなかった誓約違反によって訪れた運命から救われる方法として、が選択したのが、ミーミルの知恵の泉の一口分を得るのに、オーディンの視力とヘイムダルの聴力をミーミルに渡すことであったと推論している。 つまり神々は賢さの代償に、外部に対する感覚を失ったのだとしている。 一切が混乱する前にヘイムダルがギャラルホルンを吹かなかったのは彼の聴力が弱化したためだとは断言できないものの、これらのことが神々の滅びの新しい段階であると、ノルダルは述べている。 もちろんこの説を不自然として退ける研究者もいる。 脚注 [ ] [].

次の

【モンスト】ギャラルホルンの最新評価!適正神殿とわくわくの実

ギャラルホルン 評価

ラスタル・エリオン [ ]• 登場作品:• 声優:大川透• 年齢:• 所属:• 役職:艦隊総司令• 座乗艦: 概要 [ ] 『鉄血のオルフェンズ』第二期に登場する月外縁軌道統合艦隊「アリアンロッド」艦隊の総司令官。 銀髪に碧眼、黒く太い髭と眉を蓄えた初老の男性で、軍服の上着に袖を通さず羽織っていることが多い。 豪快な性格で出自を問わず有能な人材を登用する柔軟さを持つ反面、目的のためなら犠牲や卑劣さを顧みない冷酷さも持ち合わせている。 彼自身はの一つであるエリオン家の当主であり、高い地位を持って生まれた人材だが、それに十分見合う戦術家・戦略家・政治家としての才覚を持っているため部下や周囲からの信頼は厚い。 ギャラルホルンと五大経済圏を軸とした世界統治体制には肯定的であり、の失脚によって地に落ちたギャラルホルンの権威を回復させることで世界の安定を望むとともに、父である彼を排除した張本人であるの急速な勢力拡大や彼の側についたを脅威と捉えて警戒している。 登場作品と役柄 [ ] イオクやジュリエッタを従え、マクギリスや鉄華団に立ちふさがる強敵として登場。 旧友であるガランを使って分裂を誘うなど様々な謀略を張り巡らせる一方、イオクの功名心や鉄華団の強大な戦闘力など想定外の事態に直面することもあった。 クーデターを起こして本性を現したマクギリスと全面対決を宣言。 密かに助け出していたガエリオの協力に加え、禁忌の兵器であるダインスレイヴも駆使し、マクギリス派の青年将校と鉄華団を徹底的に叩く。 マクギリス派が壊滅し、オルガが降伏を打診してきても拒否し、あくまでマクギリスと鉄華団(厳密にはその象徴と言える)を「倒した」という事実を掴むことでギャラルホルンの復権を狙い、それを成し遂げた。 マクギリスと鉄華団討伐には成功したもののイオクを喪い、他のセブンスターズも日和見主義や心労、お家断絶が祟って、維持することが難しくなり、貴族的な制度を廃止。 民主的な組織として再編されたギャラルホルンの初代代表となり、火星の代表となったクーデリアと共に火星の地位向上やヒューマンデブリの根絶に乗り出している。 鉄華団に関しては、基地壊滅と共に死亡したと思ったのか、最大の障害である三日月とバルバトスを排除したことに満足したのか、残党の生死は把握しなかったらしく、残党がいたことやクーデリアのスタッフとして働いていることには驚いた様子だが、悪戯に事を荒立てることはなかった。 人間関係 [ ] ギャラルホルン [ ] 平民出身だが、MSパイロットとしての腕を買ってガランを通じて入手した部下。 恩人である彼に「人間」として全幅の信頼を寄せる彼女に対してラスタル当人は「兵士」として全幅の信頼を寄せており、非常に使い勝手の良い存在だった。 とはいえ雑に扱っていたわけではなく、セブンスターズの会議に同行させたりガランの死に涙する彼女を励ましたりと彼女の心情への配慮も多く、最終的にはギャラルホルンの代表となった自身の後継者と呼ばれるまでに育て上げる。 クジャン家の当主で本来なら同格なのだが、親子や上司と部下のような関係であり、第二艦隊を任せている。 イオクのことは出来の悪い子ほど可愛いと思っていることや先代当主の存在感から将来に期待はしているが、下手に指導や処分をしたら、自分に味方しているクジャン家と衝突する恐れがある為、対応に甘さが見られ、イオクの成長の妨げにもなっている。 その結果、イオクはハシュマル事件の原因の1つとなり、独断でタービンズ壊滅に乗り出した際には、無策でダインスレイヴを使用してしまい、マクギリスやマクマードに有利な政治状況を作ってしまう。 それでもイオクを見限ることなく、直々に指導者教育を行い、彼を少しは成長させたが、パイロット教育を疎かにしていたこと が災いして、戦死を招く。 エドモントンでマクギリスに敗れた彼を極秘に回収し、治療と乗機の修復を行うとともに対マクギリスで利害が一致、手を組んでいた。 元々の地位やMSパイロットとしての腕、何よりマクギリスへの執念と「マクギリスに殺された親友」という事実を買ってのことだったが、「マクギリスの目的を確認し、自らの手で決着をつけたい」という意思も多分に尊重している。 整備主任。 新鋭機であるだけでなくも整備を一任するなど、整備の手腕だけでなく人物としても信頼していたことが窺える。 最大の政敵。 イズナリオに虐待されている幼少時のマクギリスを気遣った際に彼の危険性を感じ取る。 マクギリスがクーデターを起こしたことを機に対立を表面化。 カウンター・クーデターによって打倒した。 だが、マクギリスのせいでギャラルホルンが弱体化してしまい、彼の理想の一部を叶える形で組織を改革することになる。 鉄華団 [ ] 単機でモビルアーマーすら倒す「鉄華団の悪魔」であり、同組織の象徴でもある。 彼のバルバトスを倒すことで鉄華団の撃滅とギャラルホルンの復権を世に知らしめる。 鉄華団の団長。 鉄華団を急成長させた手腕やテイワズとの繋がりを警戒。 オルガの降伏を認めずに鉄華団を壊滅させるが、最重要の排除対象は、三日月とバルバトスだった為、オルガがノブリスの部下の独断で死んだ際には軽く流した。 グシオンリベイク(フルシティ)のパイロット。 彼の手で親友ガランと我が子同然のイオクを喪うことになる。 戦後、皮肉にも仇である昭弘と同じヒューマンデブリの廃止運動にも心血を注ぐことになった。 MSパイロット。 マクギリス派との総力戦では船を盾にする奇策で座乗艦を狙われたが、ジュリエッタによって間一髪救われた。 その他 [ ] 士官学校時代からの親友。 ラスタルの為に軍を辞め、傭兵として非合法な手段も含めて協力し、死に際にラスタルとの関係を示す情報を全て消し彼の名を呟いていることから相当に信頼は厚い。 火星の実力者。 鉄華団を追い込むに辺り、手を結び、情報統制を担った。 テイワズを率いる圏外圏最大の権力者。 イオクのタービンズ襲撃の件で密約を結ぶことになる。 この件も火星の独立に繋がることになった。 マクギリス・ファリド事件後に火星連合の代表となった人物。 鉄華団と繋がりが深い人物だが、知名度や人気が高く自身やギャラルホルンにとって実害のない彼女を排除するはずもなく、地球圏と火星の代表としてヒューマンデブリ根絶に向け、手を結ぶ。 名台詞 [ ] 関連用語 [ ] 座乗艦。 通常のを上回る巨艦である。 所属組織。 自身が率いる艦隊。 練度が高く、装備も最新である。 脚注 [ ].

次の

【モンスト】ギャラルホルン(獣神化)の評価と適正クエスト

ギャラルホルン 評価

SS1段階目が16ターンと短く、クエスト中に2回使うことができる。 回復弾でHPを補填できる ギャラルホルンの回復弾は、ハートパネルの出現しない第4ステージで特に重宝する。 本来は前ステージでの回復が不十分だと難易度が大幅に上がるが、回復弾があれば立て直しが可能になる。 運枠を複数積む場合は優先度が低い ラウドラ【轟絶】においては弁財天>ギャラルホルン>他キャラという立ち位置。 弁財天を持っており、運枠を複数積むなら編成の優先度は低め。 ソロか弁財天を持っていない場合に採用する形になる。 聖騎士3体の同時処理が面倒なボス1開幕で使い、ボス3覚醒後で再度使うのがおすすめ。 出現頻度の高い重力バリア、ワープに対応できるため連れていけるクエストの数が多い。 またと相性の良い性能をしている。 SSの詳細 自強化倍率 敵の加速状態 継続ターン 1段階目 1. 10倍 3ターン 2段階目 1. メテオは1発の威力が高く、回復弾はサポートとして優秀。 しかしメテオはランダム性、回復弾はキャラの配置次第では敵にヒットしない。 そのため友情の火力は安定がしない。 ギャラルホルンの総合評価と使い道 汎用性の高いアビリティを持っているため、多くのクエストに連れていくことができる。 で最適の活躍が期待できるため、入手した場合は優先して育てよう。 55 タス後限界値 23384 22559 406. 38 ゲージショット 成功時 - 27070 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 19855 20621 371. 60 タス後Lv120 24755 23496 425.

次の