豆腐 グラタン カロリー。 グラタンのカロリーは高いがやせる?ダイエット中でも食べる方法

あつあつとろとろ 豆腐グラタン 作り方・レシピ

豆腐 グラタン カロリー

豆腐クリームでカロリーオフグラタン NHKの「あさイチ」で紹介されていた『豆腐クリーム』。 名前から予想できるように豆腐を使っているのですが、クリームソースの代替えになるんですって。 本当にクリームソースの代替え品になるのか、実際に作ってみました。 豆腐クリームとは 豆腐クリームとは、その名の通り、豆腐を使ったクリームソースのこと。 「ヘルシーだけどおいしい」と、最近話題になっているそうです! 私はたまたま見ていたNHKの「あさイチ」でその存在を知りました。 さらに後日、別の番組でも紹介されていて興味を持ちました。 豆腐クリームはバターや生クリームを使わないから、カロリーが低いのが魅力!ダイエット目的はもちろん、マクロビを目指す人や乳製品にアレルギーのある方でも食べられるのも魅力です。 グラタンやマヨネーズなどお料理系のものはもちろん、スイーツにも使えるというのも面白いですよね。 豆腐クリームの魅力• 低カロリー• 低アレルギー• 赤ちゃんでも食べられる• 作り方が簡単 生クリームの代わりとしても使えるので、甘いものが好きな人のダイエットのサポートにも心強いですね! あさイチの豆腐クリームレシピ しかし、いくらヘルシーだと言っても、豆腐がクリームソースの代わりになるなんて正直信じられません。 でも他の番組でもやっていたし、ネットで検索しても話題になっているのは本当みたいだし。。。 半信半疑で、豆腐クリームを作ってみることにしました。 ネットで検索すると豆腐クリームのレシピはいくつかヒットしましたが、どれがいいのかわかりません。 今回は私が豆腐クリームを知るきっかけになった「あさイチ」レシピを使用することにします 謎のNHK信仰。 あさイチで紹介されたレシピはお料理向き。 スイーツ向きの豆腐クリームではないので、スイーツを作る場合はスイーツ用のレシピを参考にした方がいいそうです。 ネットの情報によると木綿豆腐だともったり感のあるクリーム、絹豆腐だとなめらかさのあるクリームに仕上がるそうです。 料理によって使い分けれるとベストですね! 作り方手順• 豆腐を電子レンジ 500w で2分加熱• キッチンペーパーを敷いたザルにとり、粗熱をとる• 材料すべてをボウルに入れる。 ニンニクは茹でておく• ハンドブレンダーやフードプロセッサーで2〜3分、かくはんする• しっとりしたら出来上がり 特に難しい手順はなさそうですね!では早速スタート! 今回使ったのは半丁ずつパックに入っている豆腐です。 計量の手間が省けました。 厳密には160g入りなので、レシピより10g多かったです 豆腐を皿に乗せて、電子レンジで加熱します。 写真ではわかりにくいですが・・・。 水分が出て、豆腐の背丈も心なしか縮んだような気がします。 キッチンペーパーを敷いたザルに乗せて、粗熱を取ります。 ここまでは要するに水切り作業ということですね。 粗熱をとっている間に、ニンニクを茹でて次の工程の準備します。 家にあったニンニク。 やたらデカイ・・・ ので、包丁で半分に切っちゃいました。 ニンニクを茹でている間に、ボウルに材料を入れていきます。 白みそ。 我が家では普段白みそは使わないのですが、珍しくありました!白みそを使うのは、赤味噌に比べて甘みがあるからかな? それにしても一般的なクリームソースには味噌なんて使わないのに、豆腐クリームには使うんですね。 ちょっと不思議。 豆腐と味噌で原料が同じだからかな? そして、牛乳を投入! 牛乳と味噌・・・何を作っているのか、自分でも訳がわからなくなります。 続いて、ニンニクを入れます。 フードプロセッサーを使うならそのまま入れて問題ないのですが、我が家にはフードプロセッサーがありません。 今回は電動ハンドミキサーを使うつもりで作っています。 なのでそのままニンニクを入れてはいけないと思い、擦りおろすことにしました。 しかし茹でてあるニンニクなので、擦りおろしにくいです! できるけど、ニンニクがぐにゃっと逃げちゃうんだよね・・・ 試しにスプーンで潰してみた。 うん、ラクにできる! けど、繊維が大きめに残っちゃうなぁ・・・ 結局おろし金で頑張りました。 小さじ1弱程度の分量になりました。 ボウルに投入! 豆腐の粗熱もとれたと思うので、豆腐も入れます! 気持ち的に、ちょっとちぎって入れました。 ハンドミキサーでやるから、少しでも細かくしておく作戦。 ということで、ハンドミキサーの登場です。 多分15年くらい前のものだと思います。 でももうちょっとハンドミキサー使ってみて・・・ まぁ、こんなところですかね。 本当はハンドミキサーではなく、泡立て器で手動で混ぜる予定でした。 仕上げだけ手動の泡立て器を使ってもいいかと思います。 豆腐クリームのうまみの出し方 通常のクリームソースの場合、コクを出すためには生クリームやバターを使います。 しかし豆腐クリームは生クリームやバターを使わないのが特徴。 かと言って豆腐のみでは味にコクが足りず、クリームソースの代用としては使いにくくなります。 あさイチのレシピではうまみを補うために味噌とニンニクを入れています。 別日のあさイチで別のレシピの紹介で使っていた豆腐クリームでは、オリーブオイルを使用していました。 ネットでの検索も合わせて、豆腐クリームにうまみを出す食材としては• ニンニク• オリーブオイル• コンソメ などがあるみたい。 全部まとめて入れるわけじゃないですよ! 他にもコクを出すためには• アボガド• くるみ• ごま などもいいそうです。 これらの食材はカロリーは高めですが、ビタミンEなどの栄養が豊富なので、ダイエット時の栄養サポートに適しているそうです。 豆腐クリームでグラタン作り 豆腐クリームが完成したので、グラタンにしてみようと思います!ちょうどほうれん草も残っていたし、最適料理。 マカロニも残ってたよねー、と取り出したら賞味期限が1ヶ月ばかり過ぎていました・・・。 まぁ、使うけどね! ほうれん草、ベーコン、マカロニ。 具材の準備OK。 豆腐クリームを乗せます。 グラタン皿2つ分と、ちょい小ぶりのお皿1つの合計3つ分。 これでもお玉一杯分くらいのクリームが残りました。 とろけるチーズを乗せて、オーブントースターで焼きます。 見た目はきちんとグラタンです! 豆腐クリームから水分が出る お玉一杯分残った豆腐クリームの使い道に悩んで、オムレツを作って、ホワイトソースとしてかけることにしました。 オムレツを作って、いざクリームをかけようとしたら・・・ 水分が出てました。 どうやら豆腐の水切りが不十分だったようです。 豆腐クリームを作る時は、豆腐の水切りはできるだけしっかり行った方がいいと思います。 水分の存在は気になりましたが無視して、オムレツの豆腐クリームかけ完成です! 豆腐クリームの味の感想 姉と父にも味見してもらいました。 豆腐クリームグラタン まずくはないけど、うまくもなく・・・というのが姉と父の感想でした。 豆腐で作っていることを知っていたので、ちょっと味に物足りなさを感じていたようです。 チーズも少しケチっちゃったしな。 豆腐クリームオムレツ 意外にもこちらの方が好評でした。 グラタンでは少し違和感を感じたみそ味が、いいアクセントになったのかも? グラタンを作っている間に豆腐クリームから水分が出てしまいましたが、そのまま混ぜてかけました。 ちょっと水っぽく感じたので、出てきた水分は素直に捨てた方がよさそうですね。 豆腐クリームのバリエーション 実際に食べてみて「本当のクリームソースとは違うけど、それっぽいモノにはなる」ことがわかりました。 豆腐だと思っているから豆腐感を感じるだけで、豆腐を使っていることを知らなければ『こんなもんかな?』というぐらいで食べられると思います。 今回作ったのはグラタンとオムレツだけでしたが、クリームソースを使う料理なら基本的に豆腐クリームに置き換えちゃって大丈夫と思います。 グラタン• クリームパスタ といった定番メニューはもちろん、• マヨネーズ• キッシュ• ポテトサラダ にも応用ができるそうです。 挑戦してみたいものです! でも一番やってみたいのは、やっぱり豆腐クリームスイーツかな。 カロリーオフでスイーツが楽しめるのは心強くて、気になります。

次の

へルシーでも食べ応えばっちり!人気の「豆腐グラタン」レシピ8選

豆腐 グラタン カロリー

グラタンのカロリーは、食べるお店や種類によって大きく異なりますが、一般的なマカロニグラタンは一食あたり 322g だと、「約490kcal」ほどです。 グラタン以外の食品のカロリー 1食あたり• ドリア:約600kcal• ピザ:約600kcal• スパゲティミートソース:700kcal グラタンに似た食品に、ご飯を入れたドリアがありますが、ドリアはご飯のカロリーがプラスされるので、少しカロリーが上がります。 このようにグラタンのカロリーを見てみると、決して低くはありませんが、他の生クリームやチーズを使っている食品と比べればカロリーは低いと言えます。 グラタンのカロリーは、外食で摂取しても、レトルトやインスタント食品で摂取しても、あまり変わりません。 グラタンの糖質量は? グラタンの糖質量は、1人前 322g あたり「39. 2g」です。 グラタン以外の食品のカロリー 1食あたり• ドリア:約60g• ピザ:44g• スパゲティ:約70g グラタンと他の関連食品を比べた場合、グラタンの糖質は低めということになりますが、一般的な食品と比べると、グラタンの糖質は少し高めと言えるでしょう。 グラタンが糖質のほとんど含まれていないチーズを使っているにも関わらず糖質が高いのは、生クリームやミートソース、マカロニやじゃがいもの糖質が高めだからです。 糖質制限ダイエット中は、グラタンは種類よってはOKとなりますが、ご飯入りのドリアは基本的にNGとなるので、注意しましょう。 ダイエット中のグラタンの注意点 マカロニグラタン・ドリアはNG グラタンといえばマカロニグラタンですが、マカロニはカロリー・糖質が高めなので、ダイエット中は避けるようにし、できれば「えびグラタン」などの低糖質なものにしましょう。 また、ご飯が入っているドリアもNGです。 その他にも、じゃがいも、明太子ソース、お肉などが入っているグラタンは注意が必要です。 グラタンだけで満足しづらい グラタンは、一品料理としては、肉、炭水化物、野菜等、栄養のバランスが取れている食品です。 しかし、一品だけでは物足りず、ついついパンやスープなどを追加して食べがちです。 そうなるとカロリーも高くなりますし、糖質も多く摂ってしまいます。 グラタンにパンやご飯という組み合わせでは、炭水化物が多くなってしまうので、ダイエット中は控えましょう。 グラタンは意外にも塩分が多い そこまで塩っ気を感じませんが、グラタンは塩分が多く、乳製品でもあるので、薄味にすると極端に不味く感じられます。 そのため、塩分を調整しにくい食品なのです。 塩分を多く取ると、体の塩分濃度を下げようと、喉が渇き、水分を取りすぎてしまい、むくみの原因になります。 体がむくむと、代謝が悪くなり、肥満へと繋がる可能性もあるのです。 グラタンにもダイエット効果はある! こうして考えると、あまりダイエットに向いてないようにも思えるグラタンですが、グラタンにもダイエット効果はあります。 種類と食べ方さえ気を付ければ、ダイエット中もOKなのです。 チーズは内臓脂肪を燃焼する働きがある グラタンに多く使われているチーズは、内臓脂肪を燃焼し、代謝をよくする働きがあります。 さらに、チーズは、脂肪がたまりにくい身体を作るとも言われているので、チーズたっぷりのグラタンはダイエット的にも良いと言えるでしょう。 グラタンは満足度が高く、腹持ちも良い グラタンは、カロリーや含まれる糖質の量以上にこってりする感じがあるので、日頃、あっさりした低カロリー食品ばかりを食べている人には、満足感を与えやすいメニューです。 また、腹持ちがよいというメリットもあり、多少グラタン自体にカロリーがあっても、腹持ちがよければ、間食が減り、ストレスも少ないので、ストレスからくるイライラや、やけ食いなども避けやすくなります。 グラタンは「低糖質ダイエット」に最適 カロリー・糖質ともに決して低くはないグラタンですが、実は向いているダイエット法があり、それは「低糖質ダイエット」というダイエット法です。 有名な糖質制限ダイエットとは少し異なります。 通常の糖質制限ダイエットは、短期間で減量しやすいというメリットはありますが、一定期間が経つと体重が停滞しやすくリバウンドしやすいというデメリットもあります。 これに対して、低糖質ダイエットは、緩やかに制限をし、糖質も最低限摂取するダイエット法なので、リバウンドのリスクが低く、体重減少も停滞しづらいという、良いところどりのダイエット法なのです。 グラタンの糖質は、基本的には40gまでの範囲に収まり、栄養満点で腹持ちがいいので、低糖質ダイエットにはうってつけなのです。 太りやすいグラタンの種類は、マカロニやじゃがいも、お肉、お餅、明太子ソースなどが入っているグラタンです。 この場合は、カロリーもそうですが、特に糖質が高くなってしまい、じゃがいもやお肉、お餅が入っていると、低糖質ダイエットにも使えなくなってしまいます。 もちろんドリアになってしまうと完全NGなので注意が必要です。 反対に、ダイエット中に太りづらく低糖質ダイエットに最適なのは、「えびグラタン」です。 海老は、糖質が低く、えびグラタンなら全体の糖質も15g程度になるのです。 豆腐グラタンもおすすめ よりカロリー・糖質を抑えたい場合は、冷凍でなく自分で作るという選択肢もあります。 牛乳のかわりに豆乳を使ったり、牛乳と小麦粉の代わりに、裏ごしした豆腐を使うことも出来ます。 特に豆腐グラタンなら、カロリーも糖質もおよそ半分なり、味自体もコクがありおいしいのです。 自宅で作る際は、具にほうれん草やブロッコリーなどの野菜をたくさん入れて、栄養価も高いグラタンにすると良いでしょう。 グラタンは工夫次第でダイエット向きなメニューになる グラタンのカロリー・糖質、グラタンのダイエット効果、太りやすい種類と太りづらい種類などを紹介しました。 グラタンは、カロリー・糖質共に決して低くはないのですが、満足感があり腹持ちも良いというメリットがあります。 また、マカロニグラタンではなく、えびグラタンなら糖質は半分以下になり、低糖質ダイエットにぴったりになります。 さらに、よりダイエット向きに変えるには、市販のものや冷凍のものではなく、自宅で豆腐やおからを使ったグラタンを作れば、カロリーも半分にすることが可能です。 ダイエット中は、あっさりしたものばかりを食べていると、満足感がなく、イライラしたり、始終食べ物のことばかりを考えてしまい、ダイエットの失敗の原因にもなります。 今回紹介した工夫を実践すれば、グラタンも立派なダイエットメニューになるので、ぜひグラタンを上手に活用することでダイエットを成功させましょう。

次の

マカロニグラタン

豆腐 グラタン カロリー

豆腐クリームでカロリーオフグラタン NHKの「あさイチ」で紹介されていた『豆腐クリーム』。 名前から予想できるように豆腐を使っているのですが、クリームソースの代替えになるんですって。 本当にクリームソースの代替え品になるのか、実際に作ってみました。 豆腐クリームとは 豆腐クリームとは、その名の通り、豆腐を使ったクリームソースのこと。 「ヘルシーだけどおいしい」と、最近話題になっているそうです! 私はたまたま見ていたNHKの「あさイチ」でその存在を知りました。 さらに後日、別の番組でも紹介されていて興味を持ちました。 豆腐クリームはバターや生クリームを使わないから、カロリーが低いのが魅力!ダイエット目的はもちろん、マクロビを目指す人や乳製品にアレルギーのある方でも食べられるのも魅力です。 グラタンやマヨネーズなどお料理系のものはもちろん、スイーツにも使えるというのも面白いですよね。 豆腐クリームの魅力• 低カロリー• 低アレルギー• 赤ちゃんでも食べられる• 作り方が簡単 生クリームの代わりとしても使えるので、甘いものが好きな人のダイエットのサポートにも心強いですね! あさイチの豆腐クリームレシピ しかし、いくらヘルシーだと言っても、豆腐がクリームソースの代わりになるなんて正直信じられません。 でも他の番組でもやっていたし、ネットで検索しても話題になっているのは本当みたいだし。。。 半信半疑で、豆腐クリームを作ってみることにしました。 ネットで検索すると豆腐クリームのレシピはいくつかヒットしましたが、どれがいいのかわかりません。 今回は私が豆腐クリームを知るきっかけになった「あさイチ」レシピを使用することにします 謎のNHK信仰。 あさイチで紹介されたレシピはお料理向き。 スイーツ向きの豆腐クリームではないので、スイーツを作る場合はスイーツ用のレシピを参考にした方がいいそうです。 ネットの情報によると木綿豆腐だともったり感のあるクリーム、絹豆腐だとなめらかさのあるクリームに仕上がるそうです。 料理によって使い分けれるとベストですね! 作り方手順• 豆腐を電子レンジ 500w で2分加熱• キッチンペーパーを敷いたザルにとり、粗熱をとる• 材料すべてをボウルに入れる。 ニンニクは茹でておく• ハンドブレンダーやフードプロセッサーで2〜3分、かくはんする• しっとりしたら出来上がり 特に難しい手順はなさそうですね!では早速スタート! 今回使ったのは半丁ずつパックに入っている豆腐です。 計量の手間が省けました。 厳密には160g入りなので、レシピより10g多かったです 豆腐を皿に乗せて、電子レンジで加熱します。 写真ではわかりにくいですが・・・。 水分が出て、豆腐の背丈も心なしか縮んだような気がします。 キッチンペーパーを敷いたザルに乗せて、粗熱を取ります。 ここまでは要するに水切り作業ということですね。 粗熱をとっている間に、ニンニクを茹でて次の工程の準備します。 家にあったニンニク。 やたらデカイ・・・ ので、包丁で半分に切っちゃいました。 ニンニクを茹でている間に、ボウルに材料を入れていきます。 白みそ。 我が家では普段白みそは使わないのですが、珍しくありました!白みそを使うのは、赤味噌に比べて甘みがあるからかな? それにしても一般的なクリームソースには味噌なんて使わないのに、豆腐クリームには使うんですね。 ちょっと不思議。 豆腐と味噌で原料が同じだからかな? そして、牛乳を投入! 牛乳と味噌・・・何を作っているのか、自分でも訳がわからなくなります。 続いて、ニンニクを入れます。 フードプロセッサーを使うならそのまま入れて問題ないのですが、我が家にはフードプロセッサーがありません。 今回は電動ハンドミキサーを使うつもりで作っています。 なのでそのままニンニクを入れてはいけないと思い、擦りおろすことにしました。 しかし茹でてあるニンニクなので、擦りおろしにくいです! できるけど、ニンニクがぐにゃっと逃げちゃうんだよね・・・ 試しにスプーンで潰してみた。 うん、ラクにできる! けど、繊維が大きめに残っちゃうなぁ・・・ 結局おろし金で頑張りました。 小さじ1弱程度の分量になりました。 ボウルに投入! 豆腐の粗熱もとれたと思うので、豆腐も入れます! 気持ち的に、ちょっとちぎって入れました。 ハンドミキサーでやるから、少しでも細かくしておく作戦。 ということで、ハンドミキサーの登場です。 多分15年くらい前のものだと思います。 でももうちょっとハンドミキサー使ってみて・・・ まぁ、こんなところですかね。 本当はハンドミキサーではなく、泡立て器で手動で混ぜる予定でした。 仕上げだけ手動の泡立て器を使ってもいいかと思います。 豆腐クリームのうまみの出し方 通常のクリームソースの場合、コクを出すためには生クリームやバターを使います。 しかし豆腐クリームは生クリームやバターを使わないのが特徴。 かと言って豆腐のみでは味にコクが足りず、クリームソースの代用としては使いにくくなります。 あさイチのレシピではうまみを補うために味噌とニンニクを入れています。 別日のあさイチで別のレシピの紹介で使っていた豆腐クリームでは、オリーブオイルを使用していました。 ネットでの検索も合わせて、豆腐クリームにうまみを出す食材としては• ニンニク• オリーブオイル• コンソメ などがあるみたい。 全部まとめて入れるわけじゃないですよ! 他にもコクを出すためには• アボガド• くるみ• ごま などもいいそうです。 これらの食材はカロリーは高めですが、ビタミンEなどの栄養が豊富なので、ダイエット時の栄養サポートに適しているそうです。 豆腐クリームでグラタン作り 豆腐クリームが完成したので、グラタンにしてみようと思います!ちょうどほうれん草も残っていたし、最適料理。 マカロニも残ってたよねー、と取り出したら賞味期限が1ヶ月ばかり過ぎていました・・・。 まぁ、使うけどね! ほうれん草、ベーコン、マカロニ。 具材の準備OK。 豆腐クリームを乗せます。 グラタン皿2つ分と、ちょい小ぶりのお皿1つの合計3つ分。 これでもお玉一杯分くらいのクリームが残りました。 とろけるチーズを乗せて、オーブントースターで焼きます。 見た目はきちんとグラタンです! 豆腐クリームから水分が出る お玉一杯分残った豆腐クリームの使い道に悩んで、オムレツを作って、ホワイトソースとしてかけることにしました。 オムレツを作って、いざクリームをかけようとしたら・・・ 水分が出てました。 どうやら豆腐の水切りが不十分だったようです。 豆腐クリームを作る時は、豆腐の水切りはできるだけしっかり行った方がいいと思います。 水分の存在は気になりましたが無視して、オムレツの豆腐クリームかけ完成です! 豆腐クリームの味の感想 姉と父にも味見してもらいました。 豆腐クリームグラタン まずくはないけど、うまくもなく・・・というのが姉と父の感想でした。 豆腐で作っていることを知っていたので、ちょっと味に物足りなさを感じていたようです。 チーズも少しケチっちゃったしな。 豆腐クリームオムレツ 意外にもこちらの方が好評でした。 グラタンでは少し違和感を感じたみそ味が、いいアクセントになったのかも? グラタンを作っている間に豆腐クリームから水分が出てしまいましたが、そのまま混ぜてかけました。 ちょっと水っぽく感じたので、出てきた水分は素直に捨てた方がよさそうですね。 豆腐クリームのバリエーション 実際に食べてみて「本当のクリームソースとは違うけど、それっぽいモノにはなる」ことがわかりました。 豆腐だと思っているから豆腐感を感じるだけで、豆腐を使っていることを知らなければ『こんなもんかな?』というぐらいで食べられると思います。 今回作ったのはグラタンとオムレツだけでしたが、クリームソースを使う料理なら基本的に豆腐クリームに置き換えちゃって大丈夫と思います。 グラタン• クリームパスタ といった定番メニューはもちろん、• マヨネーズ• キッシュ• ポテトサラダ にも応用ができるそうです。 挑戦してみたいものです! でも一番やってみたいのは、やっぱり豆腐クリームスイーツかな。 カロリーオフでスイーツが楽しめるのは心強くて、気になります。

次の