ネズミ 駆除 口コミ。 必読!一軒家でのねずみ駆除を依頼した方々の口コミ評判(体験談)

必見!プロが教えるネズミ駆除グッズの真実。超音波やバルサンの効果は?

ネズミ 駆除 口コミ

宮城|福島|山形|秋田|青森|岩手|東京|神奈川|埼玉|千葉|茨城|栃木|群馬|山梨|長野|愛知|岐阜|静岡|滋賀|福井|石川|富山|新潟|大阪府|兵庫|京都|奈良|滋賀|和歌山|岡山|鳥取|山口 ロイ株式会社のいい評判・口コミ ロイ株式会社の評判や口コミは、どのようなものがあるのでしょうか。 まずは良い内容からご紹介します。 総合リフォームも対応可能 害虫・害獣の種類と被害状況によって異なりますが、屋根裏・雨どい・軒下・屋根・外壁などに修繕が必要となる場合があります。 あまりにも被害が深刻化していると大規模な修繕が必要となるので、駆除業者と修繕・リフォーム業者を別々に依頼すると手間と費用がかかります。 一方、ロイ株式会社は屋根・外壁・雨漏り工事や総合リフォームも行っているため、大規模な修繕が必要なときは一貫して依頼できるとして評判となっています。 全国に支店があるから当日対応も可能 ロイ株式会社は、東北本社と全国に6支店(東京・名古屋・北関東・静岡・関西)、さらに4営業所(大阪・大阪南・兵庫・千葉・栃木)があるので、九州をのぞく全国各地で当日対応も可能です。 しかし、駆除依頼の混雑具合や対応エリアによっては当日対応が難しいこともあるため、駆除依頼を検討されている場合は、早めに問い合わせて確認しておきましょう。 ロイ株式会社の悪い評判・口コミ 続いては、ロイ株式会社の評判や口コミの中で悪い内容をご紹介します。 再発保証期間が設定されていない 害虫・害獣駆除では、再発保証期間を設定している業者が多いですが、ロイ株式会社は再発保証期間が設定されていません。 ロイ株式会社は、さまざまな害獣・害虫を駆除対象としているので、一律で保証期間を設定するのは難しいという点もあるかもしれませんが、やはり依頼者として再発保証期間があると安心できるということもあり、保証期間がないという点がちょっと不安という評判もあるようです。 駆除料金の最低価格しか記載されていない ロイ株式会社の公式ホームページでは、各害虫・害獣の最低価格の駆除料金は記載されていますが、駆除完了までの料金詳細(糞・尿の処分や消毒、封鎖工事など)は記載されていません。 最終的な総額費用は、現地調査後の見積もりで確認できますが、やはり依頼者として現地調査前にある程度の概算を知りたいという声も多いです。 ロイ株式会社の料金・特長 ロイ株式会社の料金と特長をまとめました。 依頼する際の目安にしてください。 駆除をおこなう場合、ほとんどの現場で「侵入口封鎖工事、糞の清掃、殺虫処理、殺菌消毒・消臭処理、断熱材の撤去」の作業項目が必要なので、追加費用がかかります。 ロイ株式会社の会社概要 ロイ株式会社の企業情報は以下の通りです。 会社名 ロイ株式会社 一級建築士事務所 ROY株式会社 本社所在地 神奈川県川崎市高津区坂戸3-16-1 代表者 大石 竜次 電話番号 044-328-9227 設立 2009年1月23日 事業内容 建築、土木工事、害虫害獣駆除、総合リフォーム、ワランティ事業、造園 負荷点検、電気工事、空調設備工事、給排水衛生設備工事 他事 まとめ 以上、ロイ株式会社のサービス内容や口コミ評判についてご紹介しました。 今回の記事をまとめると以下の通りです。 ロイ株式会社は、害虫・害獣駆除から総合リフォームまで行っている会社• 全国に支店があるから当日対応も可能• 大規模な修繕が必要なときは一貫して依頼可能• 再発保証期間が設定されていない• 駆除料金の最低価格しか記載されていない 全国対応と大規模な修繕も一貫して依頼可能という点はいい評判となっていますが、再発保証期間が設定されていない・24時間受付ではない点はデメリットとなるでしょう。 受付時間外に電話相談したい方は、別記事『おすすめ駆除業者』の中から24時間受付の業者を選んで問い合わせてみてください。 もしお急ぎではない方は、ロイ株式会社も含めて複数業者に相談し、見積もり金額・サービス内容・スタッフ対応をしっかり確認したうえで、一番信頼できる駆除業者を選んでみるといいでしょう。

次の

東京でネズミ駆除ができる業者を探しました。口コミ・評判の良いところ

ネズミ 駆除 口コミ

ドブネズミの次に大きい家ネズミが、クマネズミです。 屋根裏におけるネズミ被害の多くがこのクマネズミによるものです。 ・体長 クマネズミの体長は15〜23cm、体重は100〜200g程度です。 ・特徴 クマネズミはしっぽが長く、耳が大きいのが特徴です。 攻撃性は低く、臆病な性格をしていますこで、クマネズミの方から人を襲ってくることはほとんどないでしょう。 警戒心が強いのも特徴で、わたしたちの前にほとんど姿を現すことのない家ネズミです。 ・生息場所 クマネズミは狭い場所を好みます。 屋根裏や壁の隙間などに生息することが多く、高いところや綱渡りを得意とします。 ・フンの形状 クマネズミのフンの色は茶色、もしくは灰色で、1cm弱の細長い形をしています。 家ネズミの中で最も安全なのが、ハツカネズミです。 体が小さく、おとなしい家ネズミです。 ・体長 ハツカネズミの体長は6〜10cm、体重は15〜30g程度です。 ・特徴 ハツカネズミはしっぽが長く、耳は小さく、おとなしい性格をした家ネズミです。 身軽なためジャンプが得意、高いところもへっちゃらです。 ・生息場所 ハツカネズミは主に川原や田んぼ、草むらなどに生息します。 基本的には外に生息していますが、寒くなってくると人家に入ってくることも。 キッチンなどで遭遇して、わたしたちを驚かせることもあります。 ・フンの形状 ハツカネズミのフンは茶色く、米粒程度(4〜7mm)の大きさをしています。 先端が尖っているのが特徴です。 ネズミを駆除するために、まずはじめにネズミがどこから侵入してきているのかを探す必要があります。 ネズミが住宅にいるということは、必ず出入り口が存在するはずです。 ネズミの出入り口となりやすいのは、屋根下の通気口や壁の隙間、壁の穴などです。 出入り口を見つけるには、「トタトタ」「カリカリ」といったネズミの音を頼りにネズミが存在する証拠(ラットサイン)を見つけましょう。 黒い汚れやかじられた跡、小さなフンなどがラットサインの例としてあげられます。 ラットサインが見つかれば、そこはネズミの通り道である可能性大。 その周辺に小麦粉を撒いておくことでネズミの足跡が残り、出入り口や通り道を特定させることができるでしょう。 バルサンなどの燻煙材は、広範囲に隅々まで効果を発揮するのが特徴です。 屋根裏にバルサンを焚くことで、そこに住み着いているネズミをすぐに追い払うことができるでしょう。 ただし、バルサンを焚いたことで屋根裏からネズミを一時的に追い出すことができたとしても、完全にネズミの駆除に成功したとは言い切れませんので注意が必要です。 バルサンは即効性が高いという長所を持つ反面、その効果が持続しないという短所を持っています。 つまり、バルサンの煙が消えてしばらくすると、またネズミは屋根裏に戻ってきてしまう可能性があるわけです。 バルサンを使って屋根裏のネズミを追い出す場合は、バルサンを焚いたあとにネズミの出入り口を徹底的に塞ぐなどの対処をしっかりと行なっておくことが重要です。 ネズミなどの動物が嫌う音波を発生させてその場から追い出す「超音波駆除機」を屋根裏に設置し、ネズミを撃退する方法もおすすめです。 ネズミは警戒心が強いため、いつもはしない不快な音波を発生させることで、かなりの高確率で屋根裏から追い出すことができるでしょう。 しかし、ネズミを追い出すことに成功したからと単純に喜んではいられません。 超音波駆除機の効果は即効性がありますので、最初のうちこそ効果を感じるものの、しばらくするとネズミがその音に慣れてしまい、再び侵入してくるようになります。 バルサンを使ってネズミを追い出す場合と同様、超音波駆除器を使ってネズミを追い出したあとは、ネズミの出入り口を徹底的に塞ぎ、再び侵入してくるのを防ぐ必要があります。 殺鼠剤を使ったネズミの駆除方法は、ネズミの死骸を探して始末をしなければなりませんので、まずはそのことを理解した上で行う必要があります。 ネズミの死骸を始末する自信がないと言う方は、そもそもこの方法でのネズミ駆除は実行しない方が無難でしょう。 殺鼠剤を使ったネズミの駆使方法は、一度追い出したネズミが再び戻ってきてしまうことがありませんので、確実な駆除を期待できます。 殺鼠剤を使う際は、ネズミの警戒心を解くために、まずは殺鼠剤を含まない餌を屋根裏に置いておき、「置かれた餌を食べても安全である」という学習をさせます。 そして、ネズミが餌を食べた痕跡が確認できたら、つぎに殺鼠剤を含んだ餌を置きます。 殺鼠剤をネズミが食べた痕跡を確認しても、エサや殺鼠剤が減っているうちは続けてエサや殺鼠剤を減った分だけ追加していきましょう。 エサや殺鼠剤がいよいよ減らなくなってきたら、ネズミは死んでいるはずです。 ネズミの死骸をそのまま放置しておくと腐ってしまい、悪臭や病原菌の原因となりますので、速やかにネズミの死骸を探して処分しましょう。 害虫対策のイメージが強い「バルサン」ですが、実はネズミ駆除専用のものも販売されています。 バルサンによるネズミの駆除方法では、ネズミが嫌いな成分を含んだ煙を室内に充満させることでネズミを追い払います。 バルサンを使ったネズミ駆除の利点は、なんと言っても家の隅々にまで効果を発揮する点でしょう。 屋根裏の隅々までしっかり成分が行き渡りますので、屋根裏にいるネズミにも高い効果を期待できます。 ただし、バルサンは人体やほかの動物にも悪影響を及ぼす可能性があり、特に小さなお子さんやペットを飼育しているご家庭では注意が必要です。 また、バルサンを焚く前の準備は少し手間がかかるため(AV機器や食料品、植物などの保護)、面倒と感じる方も多いかもしれませんね。 バルサンのニオイにネズミが慣れてしまうケースもあります。 ネズミ駆除にバルサンを使用する際は、忌避剤を併用したほうが確実な効果を期待できますよ。 ネズミは、線香のニオイも苦手です。 線香を焚くことで、ネズミが近寄らない効果を期待することができるでしょう。 普通の線香や蚊取り線香でもそれなりの効果を期待できますが、より強い効果を求めるなら「獣よけ線香」がおすすめです。 獣よけ線香は害獣対策用としてつくられた線香ですので、トウガラシ成分などが配合され、ネズミをより効果的に駆除することができます。 ただし、獣よけ線香は基本的に屋外用として作られていますので、室内での使用はおすすめできません。 獣よけ線香を室内で焚くと、強烈なトウガラシ成分が室内に充満してしまい、強い刺激を感じます。 屋根裏で使用する際にも、室内に成分が漏れてくることがありますので、十分に注意しながら使用しましょう。 ネズミ用粘着シートは1枚数百円と安価で購入することができ、安全性も高いため、手軽に使用することができます。 しかし、普通に置いておくだけだと、ネズミ用粘着シートにひっかかりやすいのは、警戒心の弱い子ネズミばかり。 ネズミの高い繁殖力を考慮すると、親ネズミを捕まえないと、ネズミの完全駆除は期待できません。 警戒心の強い親ネズミを捕獲するには、粘着シートを隙間なく敷き詰めることが大切です。 また、ネズミの肉球にホコリや汚れが付着していると足が粘着シートにうまくくっつきませんので、粘着シートの周囲に新聞紙を敷き、ネズミの足の汚れが落ちるように対策しておきましょう。 また、ネズミは弱っている方が粘着シートにひっかかりやすくなります。 したがって、家の中の食料をネズミに食べられないよう密閉容器などを利用して徹底的に保管し、ネズミを空腹な状態にしておくことでネズミをより捕まえやすくなります。 なお、捕獲したネズミは自分で処理する必要がありますので、ネズミを見たくない方は別の方法を試した方が無難でしょう。 ネズミ捕獲器では、ネズミをエサで誘い出して捕獲するネズミ駆除グッズです。 駆除に成功したらネズミが戻ってくることもありませんので、確実な駆除効果を期待できます。 ネズミ捕獲器によるネズミ駆除は捕獲器を置くだけと一見手軽に感じますが、問題は捕獲したあとのネズミの処理です。 ネズミ捕獲器には、バネ式(おびき寄せたネズミの頭をバネで挟むタイプ)と箱型(ネズミを箱におびき寄せて捕獲するタイプ)の2種類があります。 いずれも殺鼠剤のように死骸を探す手間はありませんが、死骸の処理を行う必要はあります。 ネズミの死骸は放置してしまうと悪臭や病原菌の原因となり大変不衛生です。 速やかに処理をしましょう。 ネズミ捕獲器によるネズミの駆除は、そもそも警戒心の高いネズミを相手にしていますので捕獲自体が難しく、一匹一匹捕獲していくものですので、効率が良い捕獲方法とは言えないでしょう。 忌避剤を使ったネズミの駆除方法には、スプレータイプや置き型タイプがあります。 忌避剤にはネズミの嫌いなニオイの成分が入っていて、忌避剤を噴射した、もしくは設置した場所にネズミが寄り付かなくなる効果が期待できます。 スプレータイプの忌避剤の効果は一般的に短くて12時間、長くて1ヶ月ほどで切れてしまいますので、こまめなスプレーが必要です。 そのため、屋根裏などの手の届きにくい場所での使用には向かないかもしれません。 また、ネズミに直接吹きかけて撃退することも可能です。 設置タイプの忌避剤は、即効性は低いものの、効果は数ヶ月間続くため持続性は高めです。 ほかのネズミ駆除方法で一度ネズミを追い出してから忌避剤を設置してネズミ避けをするなど、ほかの方法と併用して使うことで、より高い効果を感じられるでしょう。 ネズミは明るい場所を好まず、暗い場所を好みます。 だからと言って屋根裏を常に明るい状態にしたところで、ネズミが明るさに慣れてしまうかもしれません。 ネズミの駆除に効果を発揮する光を使ったグッズは、防犯用ライトです。 防犯用ライトとは、人や動物が横切るとライトが点く防犯用のグッズのことです。 ネズミの気配をセンサーがキャッチすることでライトが点き、ビックリしたネズミが逃げ出す効果を期待できます。 防犯ライトを設置の際は、ネズミのような小さい動物でもセンサーが気配をしっかりキャッチできるよう、床に設置したほうが良いでしょう。 光の強さは強ければ強いほどネズミが驚きますので、低い位置に設置した方が効果的です。 ネズミ駆除を業者に依頼した場合の料金相場は、12万円〜20万円程度と覚えておきましょう。 ネズミ駆除作業に10万円以上かかるのは一見高額過ぎると感じるかもしれませんが、ネズミの駆除をしっかり行ってくれる業者は出入り口を塞ぐ作業を行ってくれることもありますので、妥当な金額と言えそうです。 ネズミ駆除業者の中には数千円〜と低価格の料金を提示してくる場合もあります。 しかし、この場合のネズミ駆除とは、罠や毒エサなどの駆除グッズを適当に設置するだけのケースが多く、それでは根本的にネズミを駆除することができず、数日もしたらまたネズミは戻ってきてしまうことがあります。 ネズミ駆除業者は安いからという理由だけで選ばずに、どのような作業を行い、その作業による効果はどのくらいの期間続くのかなどをしっかり確認し、納得した上で選ぶことが重要です。

次の

ねずみ110番の口コミと評判はこうだった!実際に利用した人の感想|【ネズミ駆除物語】ネズミがいなくなる方法はコレ!!

ネズミ 駆除 口コミ

1.自分の住んでいるエリアはサービスの対象区域かどうか 2.見積もりは無料かどうか 3.駆除実績は豊富かどうか 4.見積もり後の追加料金はあるかどうか 5.施工後の再発保証はあるかどうか 6.過去に依頼したことのある人の口コミや評判は良好かどうか サービス対象のエリアが首都圏に限られていることが多い 無料見積もりの有無や、施工費が安いかどうかなどを見る前に大切なのが「 サービスの対象区域」です。 「おすすめのネズミ駆除業者」などのワードで検索すると、いくつかネズミ駆除業者が見つかるのですが、意外と首都圏に限られていたりすることが多く、場合によってはお住まいの地域がサービス対象区域から外れていることが少なくありません。 都会にもネズミが多くいますが、我が家のような昔ながらの気密性の低い田舎の家にこそ、ネズミが侵入してきて困っている人が多いのですよね。 山奥の田舎の家にも見積もりに来ていただけるかというのは大きなポイントになります。 そして、今回おすすめのネズミ駆除業者としてご紹介するのは、ネズミにお困りの方の居住区域がしっかりとカバーされるような「全国展開している業者」です。 業者選びに頭を悩ませるのは価格の幅と見積もり後の追加料金の有無 自分でネズミ駆除をするよりも確実なネズミ駆除業者への依頼ですが、頭を悩ませるのは「 価格が高額」であることと「 不透明な料金設定」ではないでしょうか? 不透明な料金設定と言うとやや語弊がありますが、提示されている価格帯に幅があることが多く、見積もりをしてもらわないといくらぐらいかかるのか見当もつかないというのが嫌ですよね。 当然「被害の程度」や「家屋の状況 隙間が多い・範囲が広い 」によって、作業量や使用する罠の数も増えるので仕方がない所です。 状況によって価格が変動するケースで注目すべきポイントは「 見積もりの内訳をしっかりと説明してくれるかどうか」という点と「 見積もり後の追加料金が発生しないこと」です。 ただ「ネズミ駆除業者 安い」などで調べても、現場の状況によってそれぞれ見積額は違うので、本当に満足いく業者が見つかるかは別の話になります。 結局のところ見積もってもらわないとどの程度かかるのかわからないので、「見積もりが無料の業者」を選んで一度見積もってもらってからがスタートと考えた方が良いでしょう。 東証上場企業である「 シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しているサービスなので安心感があります。 全国どこでも365日24時間対応していることもあり、離島や山奥など加盟店が無い場所や現場状況によっては見積もりに費用がかかる場合があるようですが、その場合は事前に告知があってからとのことなので問題は無いでしょう。 施工後3か月以内であれば、ネズミが再発生した場合でも保証があるので心配いりません。 オペレーターがあまり強く勧めないので好感が持てた。 施工スタッフは説明がとても分かりやすく丁寧に教えてくれて助かった。 料金も高いとは思わなかった。 自分でできること 床下の通気口をメッシュ網でふさぐなど は料金が高くなるのでやり方を教えてくれた。 60代 男性 夜中の12時だというのに親切に対応していただきとても安心しました。 不安でいっぱいの中、安心できる対応でとても心強かったです。 60代 女性 屋根裏など、見えないところを写真を撮って見せてくれたのでわかりやすかった。 予想よりも値段が少し高めだったが、すぐに施工してもらえて助かりました。 50代 女性 どの業者に依頼しても「数日後にこちらから連絡します」などなど言うのみで理不尽な対応ばかりでした。 初めて親身になって対応下さった方で、心からお礼申し上げました。 とてもいい対応で良心的でした。 本当にありがとうございました。 またこのようなことがあればぜひお願いしたいと思います。 50代 男性 こちらの要望を全て聞いてくださり、アドバイスをいただけてとても助かりました。 親切に対応いただきありがとうございました。 20代 男性 ねずみ110番のサイト内にあるお客様の声のすべてに目を通しましたが、金額に関しては「良心的」という声と「思ったより少し高かった」という声が半々くらい。 好印象な口コミとして挙げられていたのが、• 現地施工スタッフの清潔感が無かった• 現地施工スタッフによる施工内容と費用面についての説明が不十分だった• 数日にわたっての作業になったので1日で済ませてほしかった 対応の良さや迅速な対応については高評価な口コミが多い一方で、現地施工スタッフの清潔面や説明内容についての不満の声も見受けられました。 これに関しては、ネズミ110番は多くの加盟店を有する総合サイトなので、ネズミ駆除のお問い合わせがあってから依頼されたエリアにある加盟店につなぐという形をとっているので 同一の業者が日本全国のネズミ駆除を担当しているわけではありません。 そのため現地施工スタッフの清潔感などに関しては、正直そのエリアごとに当たり外れがあるのかもしれません。 ネズミ駆除業者の費用相場はどのくらい? ねずみ110番では、 一戸建てやマンションなどの個人住宅の場合は 8,000円から 飲食店などの店舗の場合は 20,000円から と最低料金を設定しています。 当然、現場の状況やどのような作業をするかによって見積額は変動します。 例えば、ネズミの駆除をするために仕掛ける罠は「 ばね式」にするか「 粘着シート」にするかでも値段は変わりますし、侵入口を塞ぐのにも「 パテ」でふさぐのか「 パンチングメタル加工 金属の板 」なのかでも違ってきます。 塞ぐ箇所が多かったり、被害に遭った設備の状況 ガス管の取り換えや電話線の配線工事などが発生するような被害 によっては高額になるのも理解できます。 まとまったお金がかかるものとしては 、ネズミ駆除後の清掃・消毒費用で1~2万円程度かかるのは普通ですし、被害範囲によってはもっとかかることもあります。 被害状況によって価格相場は幅広いので、一般的に個人住宅の場合で 5~20万円という価格相場が妥当なところで、普通の駆除業者であればそこまで差は無いと言われています。 ねずみ110番での個人住宅の最低価格は8,000円からとなっていますが、それ以上にかかるのは確実で、実際は現地で屋根裏に潜ってみてもらわないと正確にはわからないでしょう。 ただし、オペレーターに電話相談した際に、 「大体の家の間取り・広さ・被害状況」 を伝えることで大体の料金を教えてもらう事は可能なようですので、聞いてみても良いかもしれません。 ねずみ110番に依頼した際の施工手順は?• 無料相談• 現地での見積もり• 実際にお願いするか検討• 作業日確定• 作業開始• 無料見積もり後のキャンセルについて費用は一切かからないので、365日24時間連絡可能な無料相談窓口へお電話してみると良いでしょう。 また、電話相談では一気に見積もりまで進んでしまいそうで不安だという方は、サイトの下の方にメール相談フォームがあるのでそちらを使ってもやり取りができます。 今現在ネズミ被害でお悩みの方は、まずは「ねずみ110番」で無料見積もり相談を行ってみることをおすすめします。 まとめ 自宅や店舗にネズミが発生した時に取る対策として「ねずみ駆除専門業者」は一番確実な方法です。 しかし、いざ業者を選ぼうとするとどこが良いのかわかりずらいので、今回は私がおすすめする「ねずみ110番」をご紹介しました。 24時間対応しているので、すぐにでもご連絡して対策を取ることも可能なのは嬉しいですね!.

次の