早急 対応。 早急とはどういう意味?どれくらい早くするべきなのかを調べてみました

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

早急 対応

「なるべく早く対応します」の敬語の種類は1つだけではありません。 そのため、別の種類の敬語表現を理解することによって、自分の言葉のバリエーションを増やすことが可能になります。 「なるべく早く対応します」の敬語を使ったどんな種類のフレーズがあるのか詳しく紹介します。 早急に対応いたします 例えば「早急に対応いたします」という敬語表現を作成することができます。 「なるべく早く対応します」と全く同じ意味を伝えていますが「早急に」という言葉が使われることによって、早い対応をしたいという思いの真剣さを相手に伝えていることになります。 使い方 「なるべく早く対応します」の敬語表現を理解することができていたとしても、それなのフレーズを使うことのできる具体的な状況について理解していなければ、普段の会話の中で使うのは難しいでです。 「なるべく早く対応します」の敬語表現を、どのような状況の中で使用することができるのか詳しく紹介します。 素早い対応をアピールしたいときに使う 「素早い対応をアピールしたい時」に「早急に対応いたします」という敬語の使われているフレーズを使用することができます。 「なるべく早く対応します」でも、同じような意味を伝えることができますが、相手に与える印象が違うことに気づかされます。 「なるべく早く対応します」の「なるべく」という言葉が使われていることによって「何か難しい状況が生じたら、対応してくれないのではないか」という不安を相手に対して抱かせてしまう可能性があります。 しかし「早急に対応いたします」では「なるべく」ではなくて「早急に」物事に取り組むことを示すことができているので、このフレーズを聞いている人は安心に感じることができます。 ある物事に取り組むことが確実であるならば、このフレーズを選択した方が賢明です。 不必要に相手を心配させることのないためです。 メールでの使い方 早急に対応させていただきます メールの中で「早急に対応させていただきます」という敬語表現を使用することができます。 何かのクレームに対する返信のメールを打たなければならない時に、非常に実用的なフレーズになります。 クレームの内容が正当なのであれば、そのクレームに対して、早く対応して誠意を伝えなければなりません。 そのような繊細な問題を抱えているとしても「申し訳ございませんでした。 早急に対応させていただきます」という謝罪のフレーズと組み合わせながら「なるべく早く対応します」の敬語表現を使用することによって、相手に対する申し訳ない気持ちを伝えることができます。 早い対応を心がけていることを、このメールで相手に対して伝えることが可能になるので、メールを受け取っている人も安心するはずです。 「なるべく早く対応します」を敬語表現するときの例文 「なるべく早く対応します」を敬語表現した時に、いろんな例文を作成することができます。 どのフレーズであったとしても、自分の考えを正確に敬意を込めて表現するのに役立つことになりますので、いろんな例文について理解しておくことができます。 これから「なるべく早く対応します」の敬語表現が使われている例文を詳しく紹介します。 なるべく早く対応させていただきます 例えば「なるべく早く対応させていただきます」という敬語表現を使うことができます。 他のフレーズより示されている敬意が少なく感じる可能性もありますが、信頼関係のある人に対しては、このフレーズを使用することができます。 例えば、長年一緒に働いている職場の同僚がいるとします。 その人が自分に対して「この案件について早めに対応してくれませんか」とお願いをしてきたとします。 親しい仲間からお願いをされているのですから「はい、なるべく早く対応させていただきます」という敬語表現を使ったとしても何の問題もありません。 むしろ、このようなフレーズを使った方が、相手も親しみ深いと感じてくれるはずです。 信頼関係がある人に対して、あまりにも堅苦しい敬語を使ってしまうと、かえって違和感を与えてしまう可能性があるからです。 「なるべく早く対応します」の別の敬語表現の例とは? 相手に対して、何よりも早く対応したいと考えていることを伝えなければならない時に役立つのが「第一優先で対応させていただきます」という敬語が使われているフレーズにです。 「なるべく早く対応します」と同じ意味を伝えていますが、相手に伝わる真剣さが変わります。 「なるべく」という言葉ですと、早く物事に取り掛かろうとしているものの、第一優先なのか、そうでないのかわかりません。 しかし「第一優先で対応させていただきます」という敬語表現なら、他の物事を行う前に対応したいということを相手に伝えることができます。 早急に すでに「早急に」というフレーズが使われている敬語表現を紹介しました。 他にも「早急な対応をしてきたつもりですが」という敬語が使われているフレーズを作成することができます。 自分達は早い対応をしていたと感じていたとしても、相手からすると遅い対応をしていたということもあります。 そんな複雑な場面でも「早急に対応してきたつもりですが、ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」という敬語が使われているフレーズを使用して、相手に対する謝罪をすることができす。 言い訳をすることはあまり良くありませんが、今までも早急な対応を心がけていたという自負があれば、このフレーズを使用することができるでしょう。 相手の人が誠実なのであれば、こちら側が努力していたということを認めてくれる可能性があるからです。 相手が怒っている時には避けるべき しかし、連絡を取っている相手が怒っているのであれば、このフレーズを使用することは避けるべきです。 なぜなら「早急に対応してきたつもりですが」 というフレーズを使うことによって、言い訳をしているように聞こえてしまう場合があるからです。 もちろん言い訳をするつもりで相手に対して、このメッセージを送るわけではありませんが、実際問題として、相手を怒らせてしまうようなフレーズになってしまう可能性もあるということです。 そのため、落ち着いた話ができる人に対してのみ「請求に対応してきたつもりですが、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という謝罪のフレーズを使用するとよいでしょう。 「なるべく早く対応します」を使いながら謝罪をすることは難しいので、このフレーズは非常に便利です。 「なるべく早く対応します」の敬語で誠意を示す 物事を遅らせる人は周りの人の信頼を勝ち得ることが難しいですが、物事を遅らせずに行う人は周りの人の信頼を勝ち得ることができます。 しかし、自分が物事に早く取り組もうと感じていたとしても、周りの人にそのことについて敬意を込めて伝えることができなければ、誤解されてしまう可能性があります。 そのため「なるべく早く対応します」の敬語表現を上手に使うことが非常に大切です。 そうすることで物事を遅らせずに、すぐに仕事をしようと考えていることを、目上の人に対してもしっかり伝えることができます。 職場の上司も「なるべく早く対応します」の敬語を使いながら表現されている考えを聞くと安心するはずです。 予定どおりに仕事が行われることを、確信することができるからです。 「なるべく早く対応します」の 敬語を使いながら、仕事に取り組む姿勢や誠意を上手に伝えることができるようになりましょう。

次の

「早速のご対応」はメールで使っていいの?不自然でない使い方を解説

早急 対応

2.「早速のご対応」をメールで使うのは失礼? 「早速のご対応」という表現をメールで使っても失礼には当たらないのでしょうか? 結論を述べると、 メールで使っても失礼には当たりませんので、安心して使いましょう。 「早速のご対応」が失礼に当たらないのは、感謝の意味が込められているからです。 「早速の対応」だと語が使われていないので失礼にあたってしまいますが、「ご対応」と丁寧語が使用されているので、メールで使用する上でも失礼にあたるということはありません。 また、 上司のような目上の人に使っても失礼当たることはありません。 たとえば、社内で上司に何かを依頼したときにメールの文頭で使用するという場合が考えられるでしょう。 また、初対面の人にも使える表現なので、同僚や部下であってもまだ知り合って間もない時にはメールで「早速のご対応」を使っても不自然ではありません。 次からは、「早速のご対応」の具体的な使い方と例文について見ていきましょう。• 以上の3つの類語・言い換え表現について、順番に解説していきます。 「速い」と「早い」は読み方は同じであるものの、意味が異なっていることに注意しましょう。 「早い」の場合は、ある時点を基準にした時に、それよりも時間的に前の時点にあることを意味しています。 、夜の8時に集合なのに7時に到着すれば「早い」と言えますし、平均初婚年齢が30歳の時代に20代前半で結婚すれば「早い」と言えます。 その一方で、「速い」とは物理的な速度を表しています。 例えば車の速度は時速40kmよりも時速60kmの方が「速い」と言えますし、キーボードで1分間200語打てる人は100語打てる人よりもタイピングの速度が「速い」と言えます。 そのため「迅速なご対応」とは物理的な速度が速いと言うニュアンスが込められており、 こちらの依頼や要望に対する対応の速度がきわめて速い場合に使われる言葉だと言えるでしょう。 たとえば納期が1週間後であるにもかかわらず2日後に納品してくれたのなら、「迅速なご対応」と使っても違和感はないでしょう。 「早々」とは、 ある状態が成立した直後に、といったニュアンスがあります。 「早々」を使った例文としては以下のようなものが考えられます。 生まれて 早々に言葉を喋れるようになった。 就職して 早々、新卒で入った会社を辞めてしまった。 結婚して 早々に子供が生まれた。 「早々のご対応」を使うときも、こちらの依頼や要望などの直後に相手方が対応してくれた場合などに使うと違和感がありません。 ただし、どのようなタイミングであれば「直後」であると言えるのかは仕事の種類によります。 メールでファイルを添付するなど、即日対応可能な仕事もあれば、1ヶ月くらいかかってしまう仕事もあります。 自分が依頼した仕事の種類に応じて使い分けるようにしましょう。 そのため、 どのような場面で使ったとしても違和感のない無難な表現であると言えます。 「素早い」とは文字通り速いという意味ですが、「迅速」ほどには速いというニュアンスはありません。 また、「素早い」は「早々」のように、仕事を依頼した直後に対応してもらった場合のような、依頼から対応までの時間的間隔を表すニュアンスもありません。 そのため、どの表現を使うか迷ったら「早速のご対応」か「素早いご対応」が無難であると言えます。 5.「早速のご対応」の間違った使い方 「早速のご対応」はそれほど難しい表現ではありませんが、間違った使い方もあるので注意しましょう。 「早速のご対応」を自分なりにして使っているうちに、思わず相手に対して失礼な使い方をしてしまっているかもしれません。 ここでは「早速のご対応」の間違いやすい使い方について解説します。• 注意点1. 「早速の対応」は間違い 「早速のご対応」は、こちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現なので、 丁寧語であることが必要です。 そのため、「早速のご対応」の「ご」を抜いて「早速の対応」としてしまったら、相手方に対して失礼な表現となってしまうので注意しましょう。 ただし、いかなる場合にも絶対に使ってはいけないわけではなく、使う場面にもよります。 例えば上司が部下に対して「早速の対応、感謝します」と使うのであれば問題ないでしょう。 注意点2. 「早速のご対応いただき」は間違い 「早速のご対応いただき」と書いてしまいがちですが、 この表現は日本語として不自然になってしまいます。 「早速のご対応」は「早速」と「ご対応」を「の」で繋いでいることから、「ご対応」が名詞的に使われていることがわかります。 そのため「ご対応いただき」ではなく、「ご対応をしていただき」と、「対応」のあとに助詞の「を」を入れないと不自然な日本語になってしまいます。 正しい使い方に変えるとしたら、「早速の」が「する」の変化形「して」を修飾することになるので、「していただき」に続けても不自然にならないようにしなければなりません。 その場合は、「早速、ご対応をしていただき」か「迅速にご対応をしていただき」と表現すれば不自然にならないでしょう。 6.「早速のご対応」の英語表現 「早速のご対応」の英語表現は、「早速」をどの英単語を使うかによって変わります。 「早速」は英語だと 「quick」「speedy」「immediately」「now」「instantly」など多様な表現があります。 また、「I 〜」で始めるか「Thank you for」で始めるかでも変わってきます。 以下では「早速のご対応、感謝いたします」の英語表現の4つのバリエーションをご紹介します。 I your swift reply. Thank you for your quick response. Thank you very much for your quick response. I am grateful for your speedy handling. どの表現を使うか迷ったら、 もっとも無難な「Thank you for your quick response」を使うといいでしょう。 まとめ 「早速のご対応」はこちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現です。 メールで使っても上司に使っても決して失礼な表現ではありません。 ただし、意味としては難しくないものの、使い方には注意しましょう。 特に「早速のご対応」を自分でアレンジして使うときは、ニュアンスの違いによく注意する必要があります。 どのような表現を使うか迷ったら、「早速のご対応」か「素早いご対応」を使うのが無難ですので、不安な時はこのような表現を使って見てください。

次の

「早急なご対応」の意味と使い方・類語と例文4つ・敬語表現

早急 対応

「早々のご対応」の意味と敬語 「早々」の読み方は「そうそう」「はやばや」 「早々」は「 そうそう」「 はやばや」という二つの読み方が存在します。 「早々」は「はやばや」と読むのが、古くからの慣用読みで、「はやはや」と読むこともありますが、かなり稀です。 このように、「早々」は漢字の読み方によって、使い方に少々違いがありますが意味は同じです。 「早々ご対応」の場合は「そうそう」と読みます。 「早々」の意味は「すぐ・直後」「できるだけ物事を行おうとする気持ちを表す 「早々(そうそう)」の場合は、名詞と副詞の二つの品詞があります。 「早々のご対応」の場合は、副詞として使用されています。 「ご対応」は「対応」の尊敬語なので社外でも使える 「ご対応」は、「 相手や周囲の状況に応じて物事を行う」という意味の言葉です。 「対応」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」をつけた尊敬語であるため、目上の人や、社外でも使用することができる言葉です、 また、話し言葉としてだけではなく文章でも使用することができる丁寧な言葉なので、ビジネスメールでの返信の際にも使用できます。 「早々のご対応」のメールでの使い方と例文 「早々のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早々」は、「 早々のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 例文 「ご多忙の折、早々のご対応ありがとうございます。 大変助かりました」 「早々のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただき今週中にお返事いたします」 「早々のご対応、感謝申し上げます」 「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早々にご対応ありがとうございます」は、「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、「 〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早々にご対応を頂き」とも書かれることがありますが、「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの 動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「先日は、お忙しいところ早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「予期せぬトラブルだったにも関わらず早々のご対応とアドバイスをいただき誠にありがとうございます」 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 例文 ・早々のご対応感謝いたします。 ・突然の依頼にも関わらず早々にご対応いただきお礼申し上げます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 例文 ・お忙しい中早々のご対応ありがとうございます。 ・ご多忙の折早々のご対応いただき感謝申し上げます。 「早々のご返信」もよく使う 「早々のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 例文 ・お忙しい中早々のご返信ありがとうございます。 ・突然の連絡だったのにも関わらず早々のご返信感謝申し上げます。 自分が目上に対応するときは「早々にご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「 早々に対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早々にご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 例文 「恐れ入りますが早々にご対応いたしますので少々お待ちいただけますか」 「何か問題があった場合は早々にご対応いたしますのでご安心ください」 「お客様からのご期待に応えられるよう、早々にご対応いたします」 「早々のご対応」の使用上の注意点 「早々の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早々の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に 尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早々のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早々のご対応いただき」は誤った日本語 「早々のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早々のご対応をいただき」または「 早々ご対応いただき」になります。 「早々[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早々のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早々のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早々のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早々のご対応」の類語・言い換え 早速のご対応 「早速」の読み方は「 さっそく」です。 「早速のご対応」の場合の「早速」は、「対応」という動詞を修飾している副詞として使用されています。 副詞での「早速」の意味は ・すぐに ・直ちに ・すみやかに ・対応が早いさま となります。 つまり、「早速のご対応」は「 対応が素早いこと」を意味する言葉であるといういことがわかります。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 迅速なご対応 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することが可能です。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「 早急のご対応」は「非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早々のご対応」の英語 「早々の」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「早々の対応」の英語の例文.

次の