道後 温泉 絶景。 絶景が楽しめる道後の温泉、日帰り温泉、スーパー銭湯おすすめ1選|ニフティ温泉

温泉+絶景ざんまい 8月にオープンしたばかり「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」

道後 温泉 絶景

ライター紹介この記事を書いた人 レンタカーで行く、愛媛県の観光スポット巡り。 しまなみ海道や道後温泉など王道観光スポットから、日常に溶け込んだ絶景や絶品グルメまで、1日で楽しめるおすすめドライブコースを2つご紹介します。 記事配信: 愛媛の基本情報と見どころ しまなみ海道や道後温泉などの観光スポット、鯛めしやポンジュースなどのご当地グルメで有名な愛媛県。 東から「東予(とうよ)」「中予(ちゅうよ)」「南予(なんよ)」という、3つの地域に分かれています。 東予は、「今治タオル」で有名な今治市を含むエリア。 近年は、しまなみ海道を目当てに多くの観光客が訪れています。 内予は、夏目漱石の小説『坊ちゃん』の舞台。 道後温泉や松山城など、全国的にも有名な観光スポットを有する松山市を中心とした人気エリアです。 南予は、日本一細長い佐田岬半島から北に伊予灘、南に宇和海が広がり、内陸部には緑深い四国山地が広がる自然豊かなエリア。 柑橘栽培や養殖業が盛んです。 愛媛のおすすめドライブコース よくばり編 しまなみ海道と松山のマストスポットを良いとこ取りしたドライブルート しまなみ海道の絶景を楽しみたいし、王道の道後温泉は外せない。 そんな人におすすめしたい、愛媛のマストスポットを午前中に出発し1日で上手に巡るドライブコースです。 6km 走行時間1時間3分)• 1キロ 走行時間41分)• 1キロ 走行時間:14分)• 8キロ 走行時間:10分)• 7キロ 走行時間:14分)• 4キロ 走行時間:1時間39分)• 4キロ 走行時間:5分)• 6km 1時間3分 【1】タオル美術館 午前中のうちに松山空港を出発して、早速、今治・しまなみ海道方面へ向かいましょう。 今治といえば、タオルの生産量が日本一。 「今治産のタオル」は世界的にも注目を集めています。 そこで最初に訪れたいのは、タオルとアートを融合した「タオル美術館」。 オシャレな洋風5階建ての建物が目印です。 美術館入口では、タオルの原料である綿で作られたアイスクリームやケーキの巨大なオブジェ「コットンロード」がお出迎え。 有料ギャラリーでは、タオルの製造工程やムーミンの世界展、その他タオルをモチーフにした作品の数々を見学することができますよ。 また、約1万坪の広大なヨーロピアンガーデンでは、四季折々の自然を楽しむことができます。 レストランやカフェも併設していて、「タオル美術館」は見どころ満載のスポットです。 お土産には、こだわりのタオルはもちろん、四国の特産品が豊富に揃います。 3階にあるタオル工房では、購入した商品にオリジナルの刺繍を入れることができますので、旅の記念にいかがでしょうか。 1キロ 約41分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【2】来島海峡展望館 タオル美術館を後にして、次に向かうのは「来島海峡展望館」です。 しまなみ海道は、愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ全長約60キロの道。 瀬戸内の美しい島々とそれらをつなぐ橋が、壮大な海の道を織り成します。 その橋の1つが、今治と大島に架かる世界初の三連つり橋「来島海峡大橋」です。 今治側のたもとにあるこの公園からは、来島海峡大橋や、日本三大急潮の1つ「来島海峡」の迫力ある潮流、そして、箱庭のような多島海景を一望できます。 潮の干満により引き起こされる来島海峡の荒々しい潮流は、時速10ノット(秒速約5メートル)にも達するほど。 展望館前のベンチに座って、橋の人工美と島の自然美が織り成す絶景を存分に味わってくださいね。 展望館内では、愛媛の名産品のほか今治市のゆるキャラ「バリィさん」グッズを販売しています。 来島海峡大橋の架橋技術を学ぶことができる展示室も要チェックです。 さらに、駐車場の奥にある入り口から徒歩で数分登ると展望台があり、360度のパノラマ風景を楽しむことができます。 ぜひここまで登ってみてくださいね。 1キロ 約14分 有料道路料金:1750円 (ETC:890円 ) 【3】道の駅 よしうみ いきいき館 しまなみ海道の絶景ドライブを楽しみ来島海峡大橋を渡ると、大島に到着です。 午前中からスタートすると、大島に着くのはちょうどお昼頃。 昼食は、大島にある「道の駅 よしうみ いきいき館」がおすすめです。 目の前に広がる瀬戸内海と来島海峡大橋を眺めながら、七輪を囲んで味わう海鮮バーベキューと「ウニ丼」や「海鮮丼」といった海鮮料理で、新鮮な魚介類を思う存分味わえます。 水槽で悠々と泳ぐ魚をその場で注文し、お刺身として堪能することもできますよ。 売店には、大島海苔や柑橘王国愛媛ならではのオレンジジュースなど特産品が充実。 お土産選びに迷うほどの品揃えです。 土日祝日には、愛媛のソウルフード「じゃこ天」の実演販売も実施していますので、お見逃しなく。 魚介料理を満喫したら、大島にある次の目的地へと出発です。 8キロ 約10分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【4】よしうみバラ公園 お腹がいっぱいになった後は、道の駅 よしうみ いきいき館から車で10分ほどのところにある「よしうみバラ公園」を散策しましょう。 広大な敷地に、世界各地のバラ約400種、3500株が咲き誇ります。 フランス随一のバラの庭園「ライ・レ・ローズ」からナポレオン皇妃ジョセフィーヌが収集したオールドローズ「ジョセフィーヌ・コレクション」など、約100種が移植されている日本でも数少ない「よしうみバラ公園」。 バラの満開時期は5月中旬〜6月上旬、10月中旬〜11月上旬です。 隣接する「ローズ館」は、ショップ&レストラン。 1階のショップでは、バラグッズなど各種お土産品を販売しているのでお気に入りのバラグッズを探してみましょう。 2階のレストランでは、バラを眺めながら優雅な気分で食事を楽しむことができますよ。 また、芝生の広場や遊具も充実しているので、家族連れにも大人気のスポットです。 7キロ 約14分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【5】亀老山展望公園 大島で最後に訪れるのは、この島1番のおすすめスポット「亀老山展望公園」です。 大島の南端、標高307. 8メートルの亀老山の山頂に設けられた展望台から見えるのは、360度のパノラマビュー。 世界初の三連吊橋「来島海峡大橋」、日本三大急潮の1つ「来島海峡」の潮流や瀬戸内海の島々といった圧巻の景色を眺めることができます。 青い空と青い海が境界線をなくし、多島美の美しさが楽しめる日中はもちろん、夕景や来島海峡大橋のライトアップも必見です。 展望台の設計は建築家・隈研吾氏。 建物自体を地中に建て、その上に樹木を植えるなど、外からは展望台が見えない設計になっています。 展望できる景色だけでなく、建物のデザイン自体の美しさも見逃せない「亀老山展望公園」。 愛媛に来たらぜひ訪れてほしい観光スポットです。 4キロ 約1時間39分 有料道路料金:1900円 (ETC:1030円 ) 【6】松山城 今治・しまなみ海道を堪能した後は、愛媛県の中心市街地・松山市へ戻りましょう。 市内最初の目的地は、松山市のシンボルとして親しまれている「松山城」です。 「松山城」は、標高132mの城山(勝山)山頂に本丸があり、裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(堀之内)がある広大な平山城。 山頂の松山城本丸へは、徒歩20〜30分で登ることができますが、ロープウェイやリフトで登ることもできます。 8合目まで運んでくれるので、約3分のロープウェイは、小さな子ども連れの家族にも安心です。 スキー場のような1人乗りのリフトは、自然を肌で感じながら約6分の空中散歩を楽しむことができて魅力的ですよ。 そこからは、徒歩10分ほどで天守に到着します。 全国で12カ所しか残っていない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭「松山城」。 城内21棟の建物が国の重要文化財に指定されています。 わが国最後の完全な城郭建築と言われている天守内には、甲冑の試着体験コーナーや歴史資料の展示なども。 最上階からは、360度眺望がひらけ、松山平野や瀬戸内海などを見渡すことができますよ。 4キロ 約5分 有料道路料金:0円 (ETC:0円) 【7】道後温泉本館 旅もいよいよ終盤です。 最後は温泉に浸って疲れを癒しましょう。 訪れるのはもちろん、愛媛を代表する観光地「道後温泉」です。 古くは古事記や万葉集にも登場し、日本最古といわれる「道後温泉」。 小説『坊っちゃん』の著者である夏目漱石をはじめ、数多くの文人墨客が訪れています。 120年を超える歴史を持つ本館は、公衆浴場で初めて国の重要文化財に指定されています。 温度が違う源泉同士を混ぜあわせて適温にしていて、加温も加水もしていない源泉100%掛け流しです。 休憩室付コースでは、浴衣の貸出や、お風呂上がりのお茶・お茶菓子のお接待など、道後ならではのおもてなしを受けられます。 2017年12月には、道後温泉本館から徒歩3分のところに、「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がグランドオープン。 館内は「太古の道後」をテーマに、「愛媛の伝統工芸」と「最先端のアート」がコラボレーションした作品で演出されています。 そのほかにも、周辺には無料で利用できる足湯や手湯もあるので、浴衣に着替えてぜひ道後の温泉街を散策してみてくださいね。 5km 走行時間44分)• 5キロ 走行時間:2時間)• 5キロ 走行時間:3分)• 3キロ 走行時間:3分)• 6キロ 走行時間:34分)• 3キロ走行時間:43分)• 5km 44分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【1】ふたみシーサイド公園 午前中のうちに松山空港を出発したら、車を南へと走らせましょう。 道は次第に海岸沿いへ。 国道378号のゆるやかな坂道を下ると、目の前に美しい伊予灘が広がりますよ。 そんな見晴らしの良い海沿いをドライブしていると、右手に海浜公園が見えてきます。 ここがこのコースの最初の目的地「ふたみシーサイド公園」です。 「ふたみシーサイド公園」は、その絶好のロケーションから、年中大勢のドライバーやライダーが立ち寄る人気スポット。 恋人の聖地にも認定されているので、デートスポットとしても人気です。 夏は穏やかで透き通るほどに美しい伊予灘で海水浴を楽しもうと、大勢の海水浴客で賑わいます。 「沈む夕日が立ち止まる町」をキャッチフレーズに、伊予灘に沈む夕日をテーマに整備されていて、レストラン、じゃこ天などの実演販売コーナーや特産品コーナーも充実。 一押しは淡いオレンジ色の夕焼けソフトクリームです。 日本の夕陽百選に選ばれている伊予市双海町ならではの味を、ぜひ食べてみてくださいね。 5キロ 約2時間 有料道路料金:580円 (ETC:580円 ) 【2】かどや駅前本店 愛媛の絶品グルメと言えば「鯛めし」が有名です。 実は愛媛の鯛めしは2種類あり、東予や中予の鯛めしは、鯛を炊き込んだもの。 南予・宇和島の鯛めしは、刺身を特製のタレにつけ込み、海藻などと一緒に温かいご飯の上にかけて食べる漁師料理です。 宇和島市に着くころ、時刻はちょうどお昼時。 昼食には、ぜひこの宇和島鯛めしを食べてみてください。 1955年、宇和島駅前通りの小さな食堂からはじまった、かどやの源流ともいえる店舗。 それが「かどや駅前本店」です。 ここでは、「宇和島鯛めし」や「じゃこ天」など、宇和島の地の魚を使った郷土料理をはじめ、一品料理や御膳料理を堪能することができます。 鯛めしに加えて、宇和島の家庭料理「さつま」や祝い料理「ふくめん」もセットになった、豪華な伊達御膳もオススメです。 この土地ならではの歴史を感じる情緒豊かな郷土の味を、ぜひお楽しみください。 5キロ 約3分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【3】名勝 天赦園 宇和島の郷土料理を堪能し、お腹を満たした後は、お店からすぐ近くにある「名勝 天赦園」へ向かいましょう。 「名勝 天赦園」は、宇和島藩第七代藩主伊達宗紀が隠居の場所として建造した池泉回遊式の庭園です。 園名は、伊達政宗が隠居後詠んだ「馬上に少年過ぎ、世は平にして白髪多し、残躯は天の赦す所、楽しまずして是を如何せん」から名付けられました。 昭和43年に「名勝」の国指定を受けた天赦園。 庭園の面積は11240平方メートルで、広すぎず、一回りするにはちょうど良い広さです。 園内には四季折々の花が咲き、多くの藤棚があります。 中でも見どころは、水面にかかる太鼓橋式の白玉藤。 この園を代表する風景です。 また、伊達家の家紋「竹に雀」にちなみ、さまざまな珍しい種類の竹が池を巡るように植栽されています。 藤や竹が織り成す天赦園独特の趣を、ゆったりと感じてみてくださいね。 ちなみに、今回ご紹介しているドライブルートには「南楽園」が含まれていますので、天赦園と南楽園のお得な共通利用券(490円)の購入がオススメです。 3キロ 約3分 有料道路料金:0円 (ETC:0円) 【4】道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場 天赦園の美しさに心休めた後は、「道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場」へ。 ここもかどや駅前本店や天赦園から程近い場所にあります。 宇和島市内中心部に位置していて、地元の人から観光客まで多くの人で賑わう道の駅です。 柑橘を代表とする農産物、宇和海の新鮮な鮮魚や宇和島じゃこ天、大番・唐饅頭など宇和島の特産品が勢揃いしています。 大番・唐饅頭は、宇和島市に古くから伝わる代表的な銘菓です。 宇和島じゃこ天は、河内屋蒲鉾きさいや広場店で毎日手造りじゃこ天が実演販売されているので、揚げたてを食べることができますよ。 きさいや広場の奥にはフードコートがあり、ここでも「宇和島鯛めし」をはじめ宇和島を代表する郷土料理を味わうことができます。 地産池消がテーマのピザもありますよ。 北海道のチョコレートメーカー「ロイズ」の通年販売店であることも見逃せません。 西日本ではきさいや広場でしか味わえないロイズのオリジナルソフトクリームもあります。 きさいや広場でお土産を見つけたり、小腹を満たしたりして、次の目的地へと向かいましょう。 6キロ 約34分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【5】南楽園 さらに南へドライブして向かう次なる目的地は、四国最大級の日本庭園「南楽園」です。 その敷地面積はなんと甲子園球場のおよそ4倍! 日本の都市公園100選にも選ばれた「南楽園」では、池の周囲を歩きながら「山、里、町、海」をテーマにした美しい景観を鑑賞できます。 深い樹木でおおわれ渓流と滝が目を引く「山」、江戸時代の農家のイメージの「里」、花に埋もれた「町」、漁村風景と瀬戸内に浮かぶ島々・石垣の家を見せる「海」。 4つのゾーンで構成された園内散策を、思う存分楽しんでくださいね 特に有名なのは初夏に咲く花菖蒲です。 毎年5月ごろになると約3万株の花菖蒲が色とりどりに咲き始め、見ると思わず立ち止まってしまうほど美しい光景が広がります。 もちろん初夏の花菖蒲以外にも、梅、桜、紫陽花、萩、椿などその時期ならではの花を愛でることができますよ。 四季折々の自然を通じて、日本の美に触れることができるスポットです。 3キロ 約43分 有料道路料金:0円 (ETC:0円 ) 【6】遊子水荷浦の段畑 南楽園で四季折々の自然を感じたら、最後の目的地「遊子水荷浦の段畑」に向かいましょう。 「遊子水荷浦の段畑」は南楽園からさらに西。 宇和海に突き出す半島にある絶景です。 そこへ行くまでの美しい海岸線ドライブもまた見もの。 真珠養殖が盛んな宇和島で、この辺りは真珠の養殖いかだが整然と並び、その向こうには大小の島々が浮かびます。 県道37号から県道346号を北に進み遊子へ。 この遊子の北端にある水荷浦の段畑が、宇和海の美しさもあいまってまさに絶景なのです。 その素晴らしさは、国の重要文化的景観や日本農村百景に選ばれているほど。 段畑の頂上は海抜80メートルにもなり、30度を超える傾斜地を下から見上げると、まるで天に上る階段のようです。 ぜひ駐車場の奥にある登り口から、景色を楽しみつつ段畑の上へと登りましょう。 豊かな緑と手入れされた畑で保たれた山、真っ青で穏やかな宇和海が、素晴らしい眺めを演出しています。 段畑の特産品はジャガイモです。 元気いっぱい葉を広げた段畑の景色を楽しむには、収穫前の2月〜3月がおすすめですよ。 「遊子水荷浦の段畑」は、そこに暮らす人々の知恵と丁寧な営みがつくり出した、日常に溶け込む絶景。 この素晴らしい景色はきっと、忘れられない旅の思い出になりますよ。

次の

道後温泉周辺のおしゃれカフェおすすめランキングTOP5!絶品グルメ&絶景に癒やされる

道後 温泉 絶景

道後温泉の歴史と魅力 道後温泉のある松山市は、夏目漱石の「坊ちゃん」に描かれて有名になっていますが、夏目漱石自身も1年間教師として過ごしています。 また、松山市は、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」でも主人公の日露戦争で活躍した秋山好古、真之兄弟が生まれ育った地としても有名です。 また、「坂の上の雲」にも登場している俳人正岡子規の生まれ故郷でもあり、彼はこの地で亡くなっています。 このように松山市は、小説の中でも描かれていますが、古代からその存在は知られ、有馬温泉、白浜温泉とともに日本の三古湯と言われてきました。 古代には大国主命とスクナビコナ命が伊予に来た際、病気にかかったスクナビコナ命を大国主命が手に乗せて道後温泉のお湯で温めたところ、たちまち元気になったと伝えられています。 スクナビコナは一寸法師のモデルなのです。 その時に、回復したスクナビコナが踊ったとされる石は「玉の石」と言われ、今も道後温泉本館の北側に祀られているのです。 道後温泉街はその道後温泉本館を中心として北から東にわたりホテル旅館街となっています。 規模の大きいホテルや旅館もありますが、昔ながらの旅館も多数残っています。 また、足湯、手湯も置かれており、誰でも自由に利用できるため、人気になっているのです。 道後温泉の温泉の特徴 道後温泉は、非火山型の地熱由来の温泉として有名であり、その泉質は「アルカリ性単純泉」となっています。 この「アルカリ性単純泉」の特徴は、われわれ日本人のきめ細かい肌には優しく感じられ、なめらかに感じられます。 刺激が少ないだけに湯治や美容向きの温泉です。 この「アルカリ性単純泉」の効能としては、神経痛、リューマチ・痛風、胃腸病、皮膚病に良く効くとされ、貧血などにも効果があります。 道後温泉には18本の源泉がありますが、それぞれに温度差があり、それらをブレンドすることにより人体にちょうど良いとされる42゜Cで提供されています。 道後温泉のおすすめ貸切温泉ランキングTOP5 道後温泉は、しまなみ海道の開通を受け、本州からの観光客の皆さんの四国観光の入り口の拠点として利用が増えていますが、カップル、家族連れで来られる方も多く見受けられます。 そこで、道後温泉においてカップル、家族で楽しく入れる貸切の露天風呂のある旅館ランキングTOP5をご紹介します。 松山市の昔ながらの風情を残した旅館を中心にランキングしています。 第1位:部屋数は7つ、貸切風呂は3つ! 「あたたかい宿 谷屋」 「あたたかい宿 谷屋」は、道後温泉で既に創業67年と老舗旅館で、全7部屋とこじんまりとしていますが、貸切の家族、カップル向けの風呂は3つあり、さらに内湯のある離れもあるため、時間を気にすることなく、ゆっくりと入ることができます。 市電の道後温泉駅から歩いて2分のところにあるのでアクセスも良好です。 その貸切露天風呂も16時から翌朝10時まで入ることができ、山の中にいるような風雅な趣で、絶景の中で二人だけの時間を贅沢に過ごすことができます。 「あたたかい宿 谷屋」の詳細情報 施設名 あたたかい宿 谷屋 住所 愛媛県松山市道後湯之町2-4 電話番号 089-921-8595 URL 第2位:くつろげる貸切風呂が4種「道後プリンスホテル」 道後温泉の「道後プリンスホテル」は、プリンスホテルグループに属した温泉ホテルで、美味な地元食材を生かした故郷懐石でも有名です。 市電道後温泉駅から9分と近く、4つの貸切風呂「檜の湯」、「陶器の湯」、「石の湯」、「桶の湯」があり、それぞれ趣の異なったお風呂です。 カップルで、家族で自分たちだけの時間を楽しむのも良いですね。 一回45分2500円で入ることができますのでリーズナブルな価格設定もまたうれしいところですよね。 「道後プリンスホテル」の詳細情報 施設名 道後プリンスホテル 住所 愛媛県松山市道後姫塚100 電話番号 089-947-5111 URL 第3位:かけ流し大浴場を貸切にできる「道後 湯の宿 さち家」 道後温泉の「道後 湯の宿 さち家」は、全8部屋と小さな温泉旅館ですが、小さなおもてなしの心が行き届いた接客サービスは評判です。 市電道後温泉駅から歩いて3分と近く、松山市周辺の観光スポットを回った後、ゆっくりと体を休めることができます。 大浴場は、21時以降、貸切風呂として利用することができますので、大家族などでの宿泊の際にはゆったりと家族全員で楽しむことができます。 また、アメニティも充実しているのもいいですよね。 大きなホテルもいいですが、アットホームな雰囲気を醸してくれる温泉旅館を独り占めもいいものですよ。 「道後 湯の宿 さち家」の詳細情報 施設名 道後 湯の宿 さち家 住所 愛媛県松山市道後湯の町13-3 電話番号 089-921-3807 URL 第4位:温泉プールを貸切で! 「瀬戸内リトリート青凪」 道後温泉の「瀬戸内リトリート青凪 あおなぎ 」は、松山市の中心街からは離れて、瀬戸内海の絶景を一望できる山の中にあり、建築家安藤忠雄氏の設計による美術館であったものをリノベーションして、リゾート温泉ホテルに生まれ変わらせたものです。 ミシュランガイド4つ星を獲得した日本でも有数のおもてなしの行き届いたお宿。 館内のアートは見事の一言で、客室はオールスイート。 この本館地下1階には、プライベート温泉プールがあり、1時間単位で貸切利用ができ、カップル、家族でゆったりとした時間を楽しむことができます。 部屋からは、瀬戸内海の眺望が望め、美味なディナーとともに至福の時を過ごせます。 たまには贅沢したいなんて人は訪れてみてはいかがでしょうか。 「瀬戸内リトリート青凪」の詳細情報 施設名 瀬戸内リトリート青凪 住所 愛媛県松山市柳谷町794-1 電話番号 089-977-9500 URL 第5位:道後温泉本館と同じ湯をかけ流しにする「旅館 常磐荘」 2年ぶりの旅館常磐荘。 築100年の建物をリノベーション。 道後温泉では数少ない掛け流しの温泉、テレビのないシンプルな部屋、温かい接客。 良い宿です — おんぱぱ 2Onpapa 道後温泉の「旅館 常盤荘」は、市電道後温泉駅から歩いて5分のところにあり、温泉街の中でも最も大正時代の風情を残した木造の宿を自認するアットホームな旅館。 旅の語らいや温泉、散策などで時の移ろいを感じてほしいと部屋にはテレビを設置しない姿勢は共感される方も多いようです。 また、主人は漁師でもあり、獲れたての新鮮な海の幸を楽しめます。 お風呂は、貸切にできるため、カップルで、家族でゆったりと優雅に過ごすことができます。 「旅館 常磐荘」の詳細情報 施設名 旅館 常磐荘 住所 愛媛県松山市道後湯月町4-2 電話番号 089-931-5520 URL 道後温泉でカップル、家族で貸切温泉を満喫! 道後温泉は、日本でも三古湯と言われる古い温泉ですが、文人たちにも愛された温泉街です。 道後温泉にはカップルで、家族で貸切の温泉を楽しめる旅館がたくさんあります。 今回はその中からTOP5をご紹介しました。 ぜひ良い旅の参考にしてください! 「道後温泉」周辺の観光情報をさらに詳しく.

次の

道後温泉周辺のおしゃれカフェおすすめランキングTOP5!絶品グルメ&絶景に癒やされる

道後 温泉 絶景

866,337アクセス• 四国ツアー2日目の夜は愛媛県の道後温泉に泊まりました。 ホテルは「茶玻瑠(ちゃはる)」。 このホテルがとても良かったです。 夕食後、温泉街を散歩しました。 有名な道後温泉本館は東西南北どこから見ても違う顔を見せる、とても複雑な造りでした。 まるで「千と千尋の神隠し」に出て来る「油屋」のよう。 とても魅力的な建物でした。 ツアーがうたう8つの絶景の中には入っていないのですが、私としては道後温泉本館を絶景の一つに入れたいぐらいです。 ちょうど午後9時、たまたま通りがかって、商店街入口に建つ「坊っちゃんカラクリ時計」のパフォーマンスを見ることができました。 ラッキーでした。 お風呂はホテルの温泉風呂を楽しみました。 露天風呂は岩風呂と薔薇風呂があり、すいていてゆっくりできたのでそれで満足し、道後温泉本館のお風呂には入りませんでした。 ツアーで本館の入浴券をもらっていたのですけどね。 では、とても楽しかった道後温泉の思い出、ご覧ください。 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ このツアーが巡る絶景8ヶ所は次のとおり。 絶景1 大歩危 絶景2 祖谷(いや)のかずら橋 絶景3 桂浜 絶景4 足摺岬 絶景5 四万十川 絶景6 金刀比羅宮 絶景7 善通寺 絶景8 鳴門の渦潮 8つの絶景のうち、7つまでは見られました。 見られなかった一つは何か? 最後まで読んでいただくとわかります。 歓迎ボードには私たちの「まるごと四国8つの絶景めぐり」以外にも、「はじめての四国」「一生に一度は目にしたい絶景11景めぐり」なんてツアーの名前も。 私たちにはこれが初めての四国であり、一度は行きたいと思って四国へやって来たので、他のツアーでもぴったりだったかもしれません。 愛媛県は今や真珠の生産量日本一なのだそうです。 「真珠会館」の名前のとおり、真珠のアクセサリーがたくさん売られていました。 セールで買いやすい値段のファッションネックレスもあり(と言っても1~2万円程度)、ちょっと心が動いたけれど、踏みとどまりました~(笑)。 買っているメンバーもいました。 よくお似合いでした。 広い売り場にはお菓子などのお土産も売られていて、どんどん試食をさせてくれるので、私たちはそっちを買いました。 ニッキーさん、こんにちは。 京都っぽい木造家屋なんだけど、決して京都にはない造り。 私は本館周りをぐるりと見てなかったんですが さすがはニッキーさん、きっちりツボ抑えておられますね。 又新殿の外側からの写真は秀逸ですっ! ホテルはさすがは道後でどこも遜色ないものですね~。 ツアーでもこういういいホテルに案内してもらうとテンション上がりますよね。 国内向けのツアーには参加したことないんですけど これからますます歳重ねていくことだし、 全部お任せもいいかもしれませんね。 お遍路巡りも色々ツアー出てますし、定年後の楽しみにとっておきましょう。 浴衣で酔っ払いながらのそぞろ歩きって、私結構好きですよ。 歩きにくいって仰るけども、歩きにくいのはある意味当然だから そこもひっくるめて敢えて歩いてくださいませ。 そうすると、ちょいとした段差につまづいて 昔の人は歩きづらかったんだなと感じることもできるってもんです。 ただ、酔っぱらって足元おぼつかないだけなのですけども。 同じ景色を違う感覚で見られるというのが、 この4トラの醍醐味でもありますし、 親しくしてもらってるトラベラーさんの切り口もまた勉強にもなりますよね。 また、他の四国編にもお邪魔します。 職場に戻るとさすがに忙しくなりますね~。 ねいちゃさんが8月に行かれた道後温泉、 私は少し前の6月に訪問しました。 本館の建物には魅了されましたよ~。 皇室専用風呂がある建物がひときわ豪華な造りになっていることは、 外から見ただけでもわかりました。 いろいろな様式の建物が渡り廊下や階段でつながっているのが 特におもしろかったです。 >同じ景色を違う感覚で見られるというのが、この4トラの醍醐味でもありますし、 まったくそのとおりです。 私もねいちゃさんの道後温泉旅行記がとても興味深かったです。 自分が訪れただけに、よくわかりますしね。 私が見なかった道後温泉駅や本館内部をねいちゃさんはご覧になり、 逆に本館の外観一周や坊っちゃんからくり時計を私が見たりと、 同じ場所を訪れても目のつけ所が違うのもおもしろいですね。 私は最近もっぱらツアー利用です。 プランニングも移動もすべてお任せ。 何も考えなくても連れて行ってもらえるのが楽で、 私のような面倒くさがり屋にはぴったりなんです。 ただ、時々宿が良くないことがあるので、 宿だけはチェックして選ぶようにしています。 やっぱり宿は旅の印象に影響しますものね。 入院していらっしゃったと聞いて心配していましたが、 職場復帰をされたということは、大丈夫なんですね。 私は四国旅行に出かけた頃、足腰の痛みを抱えていたのですが、 ようやく治ってきました。 フィットネス、ヨガ、ウォーキングとがんばり過ぎたのが 原因だったようです。 お互い体は大切にしましょう。 ニッキー.

次の