絶縁テープ。 絶縁テープの種類ごとの特徴について 耐熱温度や作業性の違いなど

スコッチ® 電気絶縁用ビニールテープ 117

絶縁テープ

絶縁テープと聞くと、ほとんどの方はまずこちらを思い浮かべるのではないでしょうか? 文具店やホームセンターなどでも気軽に購入できる絶縁テープです。 ビニールテープに使用している素材は塩化ビニールで、高い電気絶縁性と柔軟性があり、伸びやすい、燃えにくいなどの特長があります。 耐寒性に優れた製品が多く、低温環境でも作業できますが、ビニールテープは実は耐熱性には優れていないため、高温になる部分では、粘着剤がべたべたになりやすいです。 一口にビニールテープとは言っても様々な種類があり、テープおまかせナビでは、ホームセンターでは手に入らない高品質のビニールテープをご用意しています。 例えば、自動車の配線 ワイヤーハーネス の結束には大量にビニールテープが使用されるため、少しでも重量を軽くするために、薄さを追求した製品などがあります。 また、配線の区別のために豊富なカラーバリエーションがあります。 アセテートテープ ガラス繊維を布状に織り込んだガラスクロス素材に、シリコーン系粘着剤を塗布したテープです。 ガラスクロスは不燃性で、耐熱性が高く、電気絶縁性や耐候性などにも優れています。 絶縁テープの選び方 前述したように、絶縁テープは様々な種類がありますので、ご使用方法や環境に応じて製品を選ぶ必要があります。 どれほどの電圧がかかるか 絶縁テープがどれほどの電圧に耐えられるかの指標として、「絶縁破壊電圧」があり、それを超える電圧では通電してしまいます。 絶縁する箇所の電圧がどれほどか、絶縁テープがどれほどの電圧に耐えられるかを確認して選びましょう。 同じ素材のテープであれば、厚いほど絶縁性が高くなる傾向です。 テープを何重にも巻き付けて貼る手段も有効ですが、使用する絶縁テープの量や、作業時間が増えてしまうばかりか、見栄えも悪くなってしまいます。 絶縁テープの燃えにくさの指標として、燃焼性試験の規格となっている「UL510」の認証を受けているかというのが判断基準の一つとなります。 高電圧となる部分や、電線の被覆が少ない部分の絶縁については、難燃性があるテープを選ぶことが必要です。 そういった場合は、粘着剤の種類が重要となります。 ゴム系粘着剤は高温に弱く、アクリル系粘着剤は比較的高温に強いです。 シリコーン系粘着剤は特に耐熱性に優れています。 例えば、自動車関係のお客様では、絶縁した後、またはがす可能性のある部分はアセテートテープで絶縁し、もうはがすことはない部分はビニールテープで絶縁するなど、使い分けをしているケースもあります。 絶縁部分の識別が必要か 絶縁テープは、目立たない色として黒がスタンダードになっていますが、絶縁箇所が複数となったりして、識別が必要な場合のために様々なカラーバリエーションがあります。 特にビニールテープでは、豊富な色があり、識別に便利です。 絶縁テープのおすすめ 一般的なネット通販とは異なり、商品を探してカートに入れて注文という流れだけではなく、様々なニーズに応える使い方があります。 「きれいにはがせるテープ」「熱に強いテープ」など、自社の使い方に「最適なテープを提案」してほしい• 製品が問題なく使えるか、事前テスト用の「サンプル」がほしい• 量をたくさん購入するなど、購入条件に応じた価格を「見積もり」してほしい• ピッタリなサイズ、少量で買えるテープがなく、作業時間や材料にロスが出るので、「テープのオーダーメイド」がしたい• クレジットカード、後払い、掛売など、「状況に応じた決済方法」で購入したい 専門スタッフが、商品の選定から、一般には流通していない特殊品のご提案や 見積・サンプルのご依頼など、お客様のテープに関する「困った」を解決します。

次の

ふつうのビニールテープは絶縁ビニールテープとちがうのですか?

絶縁テープ

絶縁テープと聞くと、ほとんどの方はまずこちらを思い浮かべるのではないでしょうか? 文具店やホームセンターなどでも気軽に購入できる絶縁テープです。 ビニールテープに使用している素材は塩化ビニールで、高い電気絶縁性と柔軟性があり、伸びやすい、燃えにくいなどの特長があります。 耐寒性に優れた製品が多く、低温環境でも作業できますが、ビニールテープは実は耐熱性には優れていないため、高温になる部分では、粘着剤がべたべたになりやすいです。 一口にビニールテープとは言っても様々な種類があり、テープおまかせナビでは、ホームセンターでは手に入らない高品質のビニールテープをご用意しています。 例えば、自動車の配線 ワイヤーハーネス の結束には大量にビニールテープが使用されるため、少しでも重量を軽くするために、薄さを追求した製品などがあります。 また、配線の区別のために豊富なカラーバリエーションがあります。 アセテートテープ ガラス繊維を布状に織り込んだガラスクロス素材に、シリコーン系粘着剤を塗布したテープです。 ガラスクロスは不燃性で、耐熱性が高く、電気絶縁性や耐候性などにも優れています。 絶縁テープの選び方 前述したように、絶縁テープは様々な種類がありますので、ご使用方法や環境に応じて製品を選ぶ必要があります。 どれほどの電圧がかかるか 絶縁テープがどれほどの電圧に耐えられるかの指標として、「絶縁破壊電圧」があり、それを超える電圧では通電してしまいます。 絶縁する箇所の電圧がどれほどか、絶縁テープがどれほどの電圧に耐えられるかを確認して選びましょう。 同じ素材のテープであれば、厚いほど絶縁性が高くなる傾向です。 テープを何重にも巻き付けて貼る手段も有効ですが、使用する絶縁テープの量や、作業時間が増えてしまうばかりか、見栄えも悪くなってしまいます。 絶縁テープの燃えにくさの指標として、燃焼性試験の規格となっている「UL510」の認証を受けているかというのが判断基準の一つとなります。 高電圧となる部分や、電線の被覆が少ない部分の絶縁については、難燃性があるテープを選ぶことが必要です。 そういった場合は、粘着剤の種類が重要となります。 ゴム系粘着剤は高温に弱く、アクリル系粘着剤は比較的高温に強いです。 シリコーン系粘着剤は特に耐熱性に優れています。 例えば、自動車関係のお客様では、絶縁した後、またはがす可能性のある部分はアセテートテープで絶縁し、もうはがすことはない部分はビニールテープで絶縁するなど、使い分けをしているケースもあります。 絶縁部分の識別が必要か 絶縁テープは、目立たない色として黒がスタンダードになっていますが、絶縁箇所が複数となったりして、識別が必要な場合のために様々なカラーバリエーションがあります。 特にビニールテープでは、豊富な色があり、識別に便利です。 絶縁テープのおすすめ 一般的なネット通販とは異なり、商品を探してカートに入れて注文という流れだけではなく、様々なニーズに応える使い方があります。 「きれいにはがせるテープ」「熱に強いテープ」など、自社の使い方に「最適なテープを提案」してほしい• 製品が問題なく使えるか、事前テスト用の「サンプル」がほしい• 量をたくさん購入するなど、購入条件に応じた価格を「見積もり」してほしい• ピッタリなサイズ、少量で買えるテープがなく、作業時間や材料にロスが出るので、「テープのオーダーメイド」がしたい• クレジットカード、後払い、掛売など、「状況に応じた決済方法」で購入したい 専門スタッフが、商品の選定から、一般には流通していない特殊品のご提案や 見積・サンプルのご依頼など、お客様のテープに関する「困った」を解決します。

次の

【通販モノタロウ】

絶縁テープ

セロハンテープは電気を通す?通さない(絶縁できる)?【電気抵抗とセロテープ】 結論からいいますと、 セロハンテープ(毛髪)は電気を通さない、絶縁性が高い材料といえます。 言い換えると、電気抵抗が低いのです。 ご存知の通り以下のようなものがセロハンテープ(テープ)に当たります。 これはセロハンテープの材質は主にセルロースと接着剤であり、これらは内部にてイオンが伝わりにくい材質であるため(イオンが移動しにくい)に、電圧をかけても電流が流れにくい状態となっているのです。 紙ガムテープや布テープは電気を通す?電気を通さない(絶縁できる)?【電気抵抗は?】 なお、身近によく見かける材料としてセロハンテープだけではなくガムテープ(紙テープや布テープ)も挙げられます。 もちろんこちらもご存知の通り、以下のようなものを指します。 そして、 結論から言いますとガムテープも基本には電気を通さない絶縁性の材料です。 言い換えると電気抵抗が高いと表現できます。 これは上述のセロテープと同じように、紙ガムテープや布テープは電圧をかけても内部でイオンが伝導しないような材料(セルロースやPETなどの絶縁性の樹脂が主成分)で構成されているからです。 ただし、布テープなどが湿って水分を含んでいるような状態では、ある程度電気を通します。 これは、水自体が通電性がある材料であるために、濡れているとガムテープも電気抵抗が下がり、通電性が増すわけです。 マスキングテープは電気を通す?電気を通さない(絶縁できる)?【電気抵抗は?】 なお、同様にマスキングテープもよく身近にみかける材料といえます。 そして、 結論から言いますとこのマスキングテープも基本には電気を通さない絶縁性の物質です。 言い換えると電気抵抗が高いと表現できます。 これはマスキングテープもその材質がセルロース等の電圧をかけても内部でイオンが伝導しないような材料で出来ているためです。 なお、こちらのマスキングテープでも濡れれば、上述のような理由から電気を通さなくなることも理解しておきましょう。 まとめ セロハンテープやガムテープやマスキングテープで絶縁できる?電気を通す? ここでは「セロハンテープやガムテープやマスキングテープや布テープがは電気を通すのか通さないのか(絶縁性があるのか)」について解説しました。 セロテープも紙ガムテープも布テープもマスキングテープも基本的には、イオン伝導性が低い材料で作られているために、電気を通さない、絶縁性の材料といえます。 言い換えると、電気抵抗が高いとも表現します。 ただ、テープが水に濡れると電気抵抗が下がり、電気を比較的通すことも併せて理解しておくといいです。 身近な科学現象を理解して毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

次の