グリンピース 保存。 グリンピースの保存方法!冷凍保存もできる?賞味期限は?|健康♡料理♡美容♡恋愛

グリーンピースの保存方法と賞味期限まとめ

グリンピース 保存

スポンサードリンク 春の味!グリーンピースの保存方法と注意点4~6月が旬の グリーンピース! 冷凍や缶詰のものは年中出回っていますが、旬の時期の新鮮なものは味も栄養も格別です! 豆ごはんやスープ、ちょっとした彩にも使い道たくさんのグリーンピース。 さやからとりだしてしまったものは、豆が乾燥してしまわないようにタッパーやボールに水と一緒に入れて保存します。 保存期間の目安は2~3日程度です。 茹でたグリーンピースの保存方法 茹でてしっかりと冷ました後、茹で汁と一緒にタッパーやボールに入れて冷蔵庫で保存します。 保存期間の目安は2~3日程度です。 生のグリーンピースの冷凍保存 さや付きのものも豆のものも、フリーザーバックなどに入れて、しっかり空気を抜いてから冷凍保存します。 使うときは解凍せずにそのまま調理します。 さや付きのものは、冷凍庫から出して数分常温においていけば簡単に中身を取り出すことができます。 しかし生のままだとスが入りやすくなってしまうので注意が必要です。 保存期間の目安は1か月程度です。 茹でてから冷凍保存 硬めに茹でたグリーンピースを、茹で汁につけたままによく冷まし、水気をよく切ってから密閉容器に入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍保存します。 さやから取り出してしまったものも同様です。 保存期間の目安は1か月程度です。 スポンサードリンク 乾燥させてもっと長持ち! 生のグリーンピースをさや付き、またはさやから取り出してザルなど通気性の良いものの上に並べます。 あとは天日干しでカラカラになるまで待ちます。 カラカラになったグリーンピースは、乾燥材と一緒に清潔な瓶に入れて常温で保存します。 使用するときは一晩水でもどしてから使います。 保存期間はなんと1年程度! 最大のポイントは冷まし方にあった!! 上記で紹介した保存方法のなかでは、すべて茹で汁のまま冷ますように紹介していますね。 茹でた後ザルや冷水にさらしてしまうとしわが寄って水っぽくなってしまうのです。 これは急激な温度変化によるもので、せっかくのグリーンピースが台無しに・・・ 硬めに茹でて、茹で汁ごと冷まし、余熱で火を通します。 このほかビタミン類やカリウムなども多く含まれており、美容はもちろんのこと、動脈硬化や糖尿病予防、がん予防や免疫力を高める働きもあるんです。 まとめ いかがでしたか? グリーンピースはえんどう豆の一種で豆が完全に熟す前の実なのですが、栄養価は高くとても未熟だとはいえません! 春の食材として代表的なグリーンピース。 ぜひ生のものを茹でて口の中ではじける触感とほのかな甘みを味わってほしいと思います。 スポンサードリンク.

次の

えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

グリンピース 保存

グリンピースの保存方法を知っていれば美味しい料理を楽しめます。 グリンピースは、中央アジア原産のマメ科エンドウ属の野菜エンドウの未熟種子です。 グリンピースが野菜エンドウの未熟の種子だとは知らない人も多いのではないでしょうか。 グリンピースは、アオエンドウやミエンドウとも呼ばれています。 グリンピースの旬は晩春から初夏になります。 グリンピースの多くは缶詰と冷凍品に加工されています。 リョクトウ(緑豆)はグリンピースに似ていますが別の植物になります。 緑色の色彩が鮮やかなグリンピースは、炊き込みご飯・サラダ・和え物・炒め物・料理のアクセントに使われています。 グリンピースの栄養成分は、 ・タンパク質・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6 ・葉酸・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンC・ビタミンE ・ビタミンK・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウム・マンガン ・リン・鉄・亜鉛・モリブデン・食物繊維などになります。 ビタミンB1の含有量は野菜類の中ではトップクラスとされています。 ビタミンB1が不足すると、食欲不振・肩こり・めまい・動悸・下肢のしびれ・イライラ・疲れやすくなるなどの症状がでます。 ビタミンB1豊富なグリンピースは栄養不足の予防・改善に役立ちますね。 ビタミンCは100g当たり19mg含まれています。 次に、グリンピースの常温・冷蔵・冷凍などの保存方法の紹介をします。 グリンピースの上手な保存方法 グリンピースには栄養成分が豊富に含まれています。 上手な保存方法を知れば美味しい料理を楽しみながら栄養成分を摂取できます。 ビタミン類・ミネラル類が豊富に含まれているグリンピースには、食物繊維も豊富に含まれています。 グリンピースに含まれている食物繊維の大部分は不溶性食物繊維です。 不溶性食物繊維は大腸の蠕動運動を促して便秘の予防・改善につながります。 グリンピースの上手な保存方法を知って健康美人つくりに役立てませんか。 グリンピースはサヤから出すとスグに鮮度が落ちるので、保存する時には冷蔵保存をおススメします。 グリンピースの冷蔵保存 グリンピースの保存方法では冷蔵保存をおススメします。 サヤに入った生のグリンピースは乾燥しないようにジップ付き袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。 サヤから取り出したグリンピースはスグに調理するか、水を入れたタッパーやボールに浸して冷蔵保存します。 冷蔵保存した場合の保存期間(賞味期限)の目安は2~3日程度です。 茹でたグリンピースの保存方法 茹でたグリンピースの保存方法には冷蔵保存と冷凍保存があります。 茹で汁のままタッパーやボール入れて冷蔵保存してください。 保存期間(賞味期限)は、2~3日程度になります。 茹でたグリンピースを長期保存するなら冷凍保存になります。 冷凍保存で長期保存したいときには、グリンピースを固めに茹でます。 茹で汁に入れたまま冷ました後に水気を切ります。 フリーザーバッグに平らに入れてから空気を抜いて冷凍保存します。

次の

春の旬グリンピースの保存方法について

グリンピース 保存

グリーンピースの上手なゆで方を徹底ガイド。 旬のグリーンピースをプリッとほくほくに仕上げるテクニックを料理研究家の吉田瑞子先生が紹介します。 あわせて、グリーンピースの保存&冷凍方法とおすすめレシピも紹介します。 2 グリーンピースに塩をまぶす さやから取り出したグリーンピース1カップ(約120g)に対し、小さじ1の塩をまぶす。 POINT ゆでる前に塩をまぶすことで色が鮮やかに仕上がり、同時にアクを抜くこともできる。 3 鍋に湯を沸かしてグリーンピースをゆでる 小さめの鍋に3カップの湯を沸かし、2のグリーンピースを入れる。 ゆで方時間の目安 ・下ゆでした後、加熱調理する場合…約2分 ・下ゆでした後、加熱調理しない場合…約3分 4 火を止めてそのまま粗熱を取る すぐに取り出さず、お湯に入れたまま粗熱を取ることで、表面がしわしわにならず、プリッとした仕上がりになる。 缶詰とはまったく別の仕上がりに! 生からゆで上げたグリーンピースは、青々とした見た目が美しく、ほくほくとした食感に。 豆の風味もしっかりしており、缶詰とはまったく別物です。 彩りとしてだけではなく、スクランブルエッグやサラダにたっぷり入れて、グリーンピースを主役にする料理もおすすめ! 【グリーンピースの保存】下ゆで後は冷凍で1ヵ月保存可能 冷凍方法 グリーンピースは下ゆでした後ざるにあげ、水けをよく拭き取る。 冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じて冷凍する。 冷凍庫で3〜4週間保存可能。 解凍方法/使い方 冷凍したグリーンピースは凍ったまま汁物や炒め物に使える。 スープや炒飯などにそのまま加え、一緒に加熱調理してOK。 少しずつ使えるので、シュウマイのトッピングなど、彩りを足したいときに重宝する。 さや付きの状態で保存する場合は 下ゆで前はさや付きの状態で冷蔵保存すると乾燥を防ぐことができ、風味も落ちにくくなります。 冷蔵保存方法 生のグリーンピースはさや付きのまま保存袋に入れて空気を抜き、袋の口を閉じて冷蔵庫の野菜室に入れて保存。 2〜3日間保存可能。 【生グリーンピースのおすすめレシピ】 【豆ごはん】シンプルながら滋味深い味わい 材料(2合分)• 米…2合• 酒…大さじ2• 塩…小さじ1 作り方• グリーンピースはさやから取り出す。 米は研いでから炊飯器の内がまに入れる。 酒を加え、炊飯器の目盛りまで水を注ぎ、塩を加えてよく混ぜる。 炊飯器にセットし。 白米と同じように炊く。 【ポテトサラダ】グリーンピースのホクホク感を堪能! 材料(2人分)• グリーンピース(ゆでたもの)…50g• じゃがいも…1個(約180g)• ロースハム(1cm角に切る)…2枚 A• マヨネーズ…大さじ2• レモン汁…小さじ1• 塩・こしょう…各少々 作り方• じゃがいもはラップで包み、電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。 熱いうちに皮をむいてボウルに入れ、フォークの背で粗くつぶす。 ハム、グリーンピースを加え、軽く和える。 じゃがいものレンチンレシピは他にもご紹介中!.

次の