芦屋 自衛隊。 「共に前へ」航空自衛隊芦屋基地を訪問しました

「航空自衛隊芦屋基地」(遠賀郡芦屋町

芦屋 自衛隊

陸海空の基地や駐屯地は全国各地に点在しますが、その規模は、たとえば人員数で、5000人近いところから100人に満たないところまで多種多様です。 そうしたなかから、広大な面積を誇る上位5か所を見て行きます。 広大な基地 駐屯地 一般開放のない場所も 日本全国に点在する自衛隊の基地や駐屯地。 その広さは千差万別ですが、演習場や訓練場、弾薬支処(弾薬集積場)などを除いたなかで、特に広いところを今回、形式で5か所あげてみました。 なお、それぞれの所在部隊や装備などの説明は、2020年5月現在のものです。 また、在日米軍と自衛隊が共同使用する基地は、あくまでも日本側が使用するエリアに限定した数値になります。 ちなみに日本最小面積の市町村は富山県舟橋村で、約3. 47平方キロメートルです。 今回ランクインした基地や駐屯地はいずれも、舟橋村よりも広いところばかりです。 福岡県芦屋基地で運用される第13飛行教育団のT-4練習機(柘植優介撮影)。 5位は福岡県芦屋基地 玄界灘に面する教育の場 九州の北端、北九州市に隣接する福岡県芦屋町にあるのが航空自衛隊芦屋基地です。 ここには航空自衛隊の調達会計業務や輸送、消防などの教育を担う第3術科学校や、T-4練習機で操縦訓練を行う第13飛行教育団、ペトリオット地対空ミサイル装備の第2高射群などが所在します。 芦屋基地は、滑走路自体は1640mとそれほど長くありませんが、広さは約4. 32平方キロメートルと自衛隊全体で5番目、航空自衛隊では3番目の広さを誇ります。 その広さは、基地祭などで開放する飛行場地区や学校地区だけ見ているとなかなか気が付きません。 滑走路を挟んだ反対側、基地の西側に広がる訓練場を兼ねた森林地帯やぺトリオット陣地などがある方も敷地面積に含まれるからこその広さです。 4位は茨城県百里基地 日本の「ファントムII」終の棲家 首都圏唯一の戦闘機部隊所在地が、茨城県小美玉市にある航空自衛隊百里基地です。 ここには、F-2とF-4EJ改の2種類の戦闘機を運用する第7航空団などが所在します。 基地面積は約4. 57平方キロメートルあり、2700mの滑走路を2本有しています。 また北側には民間機が使用する茨城空港も併設されています。 百里基地は、2000年代前半までは5位の芦屋基地よりも面積が狭かったのですが、2本目の滑走路ができ、茨城空港が開港したことで芦屋基地を追い抜き、全国で4番目の広さを持つ基地/駐屯地になりました。 戦車が滑走路を行進する駐屯地が第2位 米軍専用エリアを除いてもランクインしてくるほどの、広大な基地もあります。 3位は山口県岩国航空基地 国産飛行艇US-2の拠点 山口県岩国基地をホームベースとする第71航空隊のUS-2救難飛行艇(柘植優介撮影)。 3位は海上自衛隊の基地のなかで最も広い岩国航空基地です。 この基地は山口県岩国市に所在し、アメリカ海兵隊と共同使用されています。 基地の一角には、民間航空用の岩国錦帯橋(きんたいきょう)空港が設けられているほか、横須賀基地を事実上の母港としているアメリカ海軍の空母「ロナルド・レーガン」が入港する際には、搭載する艦載機部隊が岩国基地を駐機場所として使用します。 前述したように岩国基地は日米共同使用のため、基地(飛行場)自体は約7. 93平方キロメートルの広さがあるものの、自衛隊の専用区域はその内の約0. 03平方キロメートルしかありません。 しかし、滑走路などの「米軍管理自衛隊共同使用区域」が約5. 62平方キロメートルあるため、合計すると自衛隊の使用区域は約5. 65平方キロメートルになります。 ちなみに「米軍専用区域」は約2. 28平方キロメートルです。 2位は北海道東千歳駐屯地 戦車部隊の中心地 北海道千歳市の東千歳駐屯地、ここは陸上自衛隊の駐屯地のなかでは最も広いところです。 もともとジャガイモ農地として開拓された場所を、太平洋戦争開戦後に旧日本海軍の飛行場へ転用した場所であり、戦後アメリカ軍が使用したのち、自衛隊の駐屯地になりました。 そのため一角には往時の滑走路が残されており、駐屯地記念行事などはそこで行われます。 面積は約6. 72平方キロメートルあり、陸上自衛隊で最大の戦車保有数を誇る、第7師団の司令部が置かれているほか、北海道の防空を担う地対空ミサイル部隊の第1高射特科団などが所在します。 ちなみに東千歳駐屯地は人員数も約4500名と多いため、隊員専用の食堂および浴場、そのほかにコンビニや商店などが入る厚生施設が、各々3か所ずつ設置されています。 けた違いの広さを持つ北海道の戦闘機基地 最も広い自衛隊の基地ないし駐屯地は、2位の東千歳駐屯と同じ北海道千歳市にあります。 1位は北海道千歳基地 政府専用機の運用拠点 北海道千歳基地に配備されている第201飛行隊のF-15J「イーグル」戦闘機(柘植優介撮影)。 自衛隊基地ないし駐屯地で最も広い面積を誇るのは、北海道にある航空自衛隊千歳基地です。 その広さは約10. 6平方キロメートルと、2位である陸上自衛隊東千歳駐屯地に比べ1. 5倍以上、5位の航空自衛隊芦屋基地と比べると2. 5倍近くにもなります。 千歳基地は、北海道の空の玄関口といわれる新千歳空港に隣接して設けられている航空基地で、道内唯一の戦闘機配備基地です。 そのため、冷戦時代は旧ソ連に一番近い最前線の戦闘機基地として、常に緊張状態にあり、年間のスクランブル回数が200回以上にもなったことがあるそうです。 ちなみに隣接する新千歳空港とは法的には別の飛行場であり、運用は厳密に区分されているものの、管制業務については航空自衛隊が一元的に担っています。 またその敷地の広さから、航空自衛隊が運用する政府専用機ボーイング777-300ERの拠点にもなっており、運航する際は、ここから羽田空港などに出向いて要人を乗せ目的地にフライトしています。 なお浅草や上野などを抱える東京都台東区が約10. 1平方キロメートルなので、航空自衛隊千歳基地はこれとおおむね同じ広さといえるでしょう。 外部サイト.

次の

航空自衛隊の隊員食堂(九州の芦屋基地)

芦屋 自衛隊

航空ファン・飛行機好きのFlyTeamメンバーさんが撮影した 芦屋基地の航空フォト 飛行機 写真・画像 一覧です。 現在、の航空フォト 飛行機 写真・画像 が投稿されています。 素敵な飛行機写真を楽しんだり、飛来機チェックが可能です。 航空ファン・飛行機好きのみなさんからの写真をお待ちしています。 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:• 航空会社:• 機材:•

次の

芦屋基地航空祭 2020

芦屋 自衛隊

芦屋基地で撮影された米軍の()• (昭和20年) - 敗戦によりアメリカ軍が接収。 時はやの基地として使用。 1947年(昭和22年) - 国鉄が進駐軍専用側線として開設。 芦屋基地へ建築資材、燃料、ジープ、トラックなどの物資を輸送するために用いられた。 (昭和35年) - 芦屋基地隊が新編。 (昭和36年) - 芦屋基地開設。 西部航空施設隊、芦屋管制隊が発足。 から第3術科学校が移転、芦屋救難分遣隊が新設。 国鉄が廃止される。 (昭和37年) - から第13飛行教育団が移動(使用機)。 (昭和41年) - 第2高射群(本部・)の新編により、第5・第6高射隊が編成。 (平成6年) - 第5・第6高射隊、装備をからに更新。 (平成13年) - 第13飛教育団、使用機をに更新。 (平成21年) - 第5高射隊に弾道ミサイル迎撃能力をもつパトリオットPAC-3を導入(九州では初の配備)。 翌年には第6高射隊にも配備。 配置部隊 [ ] 隷下• (T-4) 隷下• 整備補給隊• 第5高射隊• 第6高射隊• 第1作業隊 隷下• (飛行群)• (U-125A・) 隷下• ()芦屋管制隊• ()芦屋気象隊 直轄部隊• ()芦屋地方警務隊 航空祭 [ ]• 毎年、秋頃に行われる。 時期は基地ホームページやの飛行スケジュールを参照のこと。 前から臨時バス(有料)が運行される 関連項目 [ ]• - かつて自衛官として所属、後にへ。 - の製作の映画。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の