お花 料。 供花料(お花代)の書き方※のし袋には薄墨?相場とマナーは?

お花料とはなんですか?お花料の意味

お花 料

御花料は、 キリスト教の通夜や告別式、法要の際の、弔慰金の表書きとして用いる言葉 です。 一般に「御花料」と言えば、 仏教においての「香典」と同じ意味 合いとの認識で問題ないでしょう。 日本におけるキリスト教信者の割合は大きくなく、チャペルでの結婚式に参加した経験はあるものの、キリスト教の葬儀に参列したことがあるという人は少ないのではないでしょうか。 キリスト教の葬儀では、賛美歌の歌詞の印刷が配られるなどし、信者以外の方も一緒になって祈り、歌うことことが出来るようになっています。 ですが、葬儀へ持参する御花料の準備や渡し方などは事前から知識が必要となります。 ここでは、仏教とは異なる死生観をもつキリスト教の御花料について紹介していきます。 御花料 お花料 の由来 「御花料」はカトリックとプロテスタントのどちらにおいても使用が可能な表書きです。 キリスト教ということは分かっているものの、カトリックかプロテスタントか分からない、といった場合には「御花料」としておくのが良いでしょう。 また、「御霊前」という表書きもカトリックとプロテスタント両宗派で広く通用します。 しかし、 プロテスタント系福音派の場合、霊という考え方を取らないので「御霊前」は使用することができません。 「御花料」の他に、プロテスタントの場合には「弔慰料」、カトリックの場合には「御ミサ料」と書くこともできます。 しかし、実際に使用されることは少ないようです。 ですから、 宗派に関係なく表書きには「お花料」「御花料」を使用するのが良いでしょう。 差出人の名前の表記の仕方.

次の

供花料は御霊前の袋でも使えるの?キリスト教はお花代?お花料?

お花 料

「お花料」 キリスト教式の葬儀で使用される、香典袋ですよね。 先日、祖父が他界し、通夜の席にクリスチャンで牧師でもある義父が、参列してくれたのですが、仏式の葬儀にもかかわらず、香典袋が「お花料」でした。 これには実の息子である夫が赤面・・・(夫は他の親戚とともに受付をしていました。 夫に信仰心はありません) 私は各宗教に合わせた香典袋を用意するのが常識と思っていました。 それとも自分の宗教を主張するのが当たり前なのでしょうか? 義父は牧師だから、なおさら主張!とか? また、坊さんがお経を読んでいる中、焼香の番が来ても手も触れず、祭壇の前でお祈り・・・この一連の出来事で、私以上に夫は参ったようでした。 あぁぁ宗教って難しいですね・・ ユーザーID: 私の夫は神主です。 葬儀に行くときは「ご霊前」という袋をいつも使っています。 これだとどの宗派でもOKですからね。 ただ、焼香や線香をあげるときは手を合わせず霊前にお辞儀をします。 (焼香を何回かつまんで香炉に移すのは普通に行います) 他宗教の人のことはわかりませんが、基本的にご遺族に不快な気持ちにさせないような参列方法をとるべきと思います。 ゆえに、宗教の立場は違うのですがその義父さんのなさりようはあまり褒められたものではないと思います。 宗教によって厳格な考え方とそうでないものがありますが、いくら厳格な宗教でも常識をはずしていいということはないと思うからです。 ユーザーID:• 善意に解釈できませんか? 不祝儀袋を香典袋と言いますが、そもそも香典とは「御香料」の事です。 で、仏式の香典袋の表書きですが、 ご霊前=火葬前或いは葬儀が終了する前 ご仏前=葬儀が終了している場合 お香料・ご供物料=何時でもOK 神式では「玉串料」「御榊料」「ご神前」が一般的ですね。 キリスト教式では、「御花料」が一般的だと思います。 が、私の個人的な見解ですが、仏式に「御花料」でも良いと思います。 なぜなら、亡くなった方に差し上げたい物の替わりに贈るお金なのですから・・・ また、御父様は仏式の祈りの言葉を持たないのですから、キリスト教式の祈りも仕方が無いことなのでしょう。 牧師さんが「南無阿弥陀仏」と唱えていたら、かえって変ではないでしょうか? ユーザーID:• お互い様ですから・・・ 私の実家はカトリックですが、身内の葬式に出た時に、数珠をしてくる人も、「ご冥福をお祈りします」という弔電を打ってきた人も、仏式に手を合わせていた人もいましたが、あまり気になりませんでした。 たぶん、「お香典」を持って来た人もかなりいると思いますよ。 仕方がないんです。 キリスト教を知らない人も多いですし、仏式が当たり前だと思っている人に、キリスト教のやり方を強制することはできません。 同じことがトピ主さんにもいえませんか? 先日、知人の葬式が新興宗教式でありました。 ユーザーID:• 偶像崇拝を避けるため 1 私は葬祭のことについてよく知りませんが、クリスチャンの立場から思うことを書かせていただきます。 もちろんこれがクリスチャンを代表する意見という訳ではありません。 一個人の意見としてご理解ください。 私は、葬儀は故人の信仰を尊重するものですから、故人のお気持ちに添いたいと思っております。 だけども、「御香典」や「御焼香」には故人を拝むという意味合いがあることから、偶像崇拝を禁じられているクリスチャンはそれらのことをためらいます。 しかし、故人の方の信仰を尊重するということで「心の中ではキリストの神を拝み」つつ「形式的ながらも心をこめて」御焼香をさせていただくということも許されるのではないかという考えもあるようです。 これは信徒の意見の一つであって、牧師というお立場ではそのようなことも難しいのではないかと推測いたします。 それは、信徒に神様の言葉を教える人が偶像崇拝と疑われるようなことをして、信徒やこれからキリストを信じようとしている人たちが迷う事がないようにという配慮ではないかと思われます。 (つづきます) ユーザーID:• 家族・友人・人間関係ランキング• 偶像崇拝を避けるため 2 (つづきです) 私の所属教会の牧師も、仏式の葬儀の時には御焼香をあげず、お祈りを捧げるとおっしゃっています。 キリスト教の神さま以外を拝まないということは、クリスチャンでない方には不思議に映るかもしれませんが、少しずつでもご理解いただければ嬉しいです。 故人を偲び遺族に慰めがあるように願う気持ちは、宗教の違いを超えているのではないでしょうか。 形式は違っても相手への尊敬の思いは深くありたいと私は思っています。 私の信仰ではお義父さまのお気持ちを語ることはできませんし、拙い文章で申し訳ないのですが少しでもお役てることを願いつつ…。 この機会にぽぽぽさんのご家庭でも宗教について開放的な会話がされるとよいですね。 信じる信じないは別として、宗教について話し合うということは人間の命の源や生きがいについて語り合うということだと思います。 お祖父様はそのような機会をぽぽぽさんにお与えになりたかったのかもしれませんね。 お祖父様を亡くされた悲しみが癒されますように。 お祖父様のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご家族さまのお幸せをお祈りしております。 ユーザーID:• 各人各様、自分の宗教のスタイルでかまわないのでは.. お義理で焼香し、手を合わせるだけの仏教徒よりも、義父さまの祈りの方が余程おじいさまに対する「心」が入っていたかもしれませんよ。 極端な例ですが、ヨハネパウロ2世にも焼香させますか?ヨハネパウロ2世がお祈りを捧げて下さっても不快ですか?義父さまだから不快だったのでは?故人を悼む方法に各宗教ごとの形式の違いはあっても構わないのではないかなぁとも思います。 要は心では? ところで、私も以前1回だけ仏式の葬儀に参列するキリスト教徒に会いました。 年配の女性でした。 表書きは「ご霊前」でしたが水引は黄と白(関西の法事用)でした。 仏式は「お花料」でないことは知っていたけれど、水引の色の違いまではご存知なかったそうです。 そんな年配の方にはもはや「それは間違いだ」と教える人もいなかったとか。 もしや、義父さんも仏式のことを実はよくはご存知ないのでは?息子であるご主人がそれとなく聞いてみられては?え?と思うかもしれませんが、いいおとなになっても「全く知らない事」はありますからね・・・ ユーザーID:• うーん 父が亡くなったとき、大学の恩師 クリスチャン)が電車で片道2時間かけて葬儀に出席してくれました。 お花料を頂きました。 姉の親友(クリスチャン)も、電車で2時間半かけて葬儀に出席する為に来てくれました。 お花料を頂きました。 キリスト教のことは良く知りませんが、「仏前」みたいに仏様にささげる事は出来ない人も居るのだと思うし、仏教の葬儀にそれでも時間を割いてきてくださった事、お金も自分のできる形で捧げて下さった事に感謝こそすれ、おかしいなんて私は思いませんでしたよ。 自分が信じるものを持っていないと、相手に合わせることはたやすいですが、それを「心が広い」と勘違いしていませんか。 私はクリスチャンの恩師が父の仏教の葬儀に出席してくださるとは思ってもいなかったので、お焼香はしないものの前に出て頭を垂れて黙祷して下さった事、心から感謝しています。 ユーザーID:• 甘夏蜜柑さんに賛成です さすがにお寺のご家族などの仏教徒の葬儀には考えるかもしれませんが、ある程度のマニュアルではあるけれど、お花を用意するたしに使ってください、のような気持ちは宗教に関係なく受け入れてよいと思います。 別に仏教徒でない方(毎週のお勤めなどもとくにされていないし、宗教行事、仏教のカレンダーにも特に従っていない一般的な方)かつ神道でもない方が、信者の教会での葬儀に「ご神前」など持ってこられたこともありますが、その事より参列いただいたこと、お気持ちをありがたく思います。 無難なのは「ご霊前」というのももっともなのですが、一般的な方の葬儀であればそこまで気にしなくても、という気がしました。 ユーザーID:• 大事なのは心じゃないですか? 宗教もたくさんあり過ぎて、完全に相手の方のご希望通りにするのは無理だと思います。 うちは夫側も自分の実家も宗派の異なる仏教ですが、自分たちが喪主側だとして「お花料」なる名目のものをいただいても、わざわざ来ていただいて、しかも異宗教の葬儀に参列までして下さった事、ありがたいと思いこそすれ、失礼だなんて微塵も思いません。 宗教によっては他の宗教の葬儀への出席自体、禁じられているところがあるのですから。 トピ主さんの旦那さまはご自分のお父様の宗教がお嫌いで、過去、嫌な目にでもあったのでしょうか。 過剰反応されているように感じたものですから。 問題は「お花料」ではなく、その背後のその宗教とお父様との関係なのではないかと、勝手に憶測してしまいました。 失礼があったらごめんなさい。 ユーザーID:• ゆりさんへ 義父さんのこと、そんなに失礼とは思わないのですが。 地方によると思うが、うちの辺では子供の配偶者の祖父母は関係が遠いので、特に遠方だったりしたらわざわざお参りに行かない場合もある、だのに宗教も違うのにわざわざ香典を持って参列くださった義父さんの心がまずありがたいと思うが。 私は日本人に多いとされる、「初詣は神社、クリスマスを楽しみ葬式は仏教」といった、「無宗教?」というタイプの人間です。 だから私なら多分どの宗教の式に行ってもそこでの作法を聞いてその通りにするよう心がけるのではと思う。 しかし、強い信仰心のある人なら、自分の信仰以外の宗教のやり方ですることには抵抗があるだけでなく、信じてもない宗教のやり方をすること自体が逆に先方に対して失礼という考え方もあると思う。 ましてや牧師さんなら立場もあろうし。 私も外国で礼儀のつもりでその国の宗教のやり方に従って、「信者でもないのになぜ?自分の宗教はどうしたのだ?」みたいに逆に不快な顔をされたこともある。 ユーザーID:• 気持が汲めませんか?なんか悲しい 2 「お花料」も失礼と腹を立てるような失礼なことなのか? 「ご霊前」だとどの宗教でもOKと聞いたことがあるが、「お花料」でもかまわないのでは? また、お焼香されなかった理由は、故人の冥福を心から祈るためには、自分の本当に信じる宗教のやり方の方が心がこもると思われたのでは?そういう考え方は出来ませんか? 私には、トピ主さんの怒りの?トピを見ても、あなた方や故人を思ってお参りして下さった、義父さんの誠実で真摯な気持しか感じられません。 それをなぜ? 自分の思うやり方に従わなかったからと言って、その気持を汲まずに腹立てるなんて悲しく思いました。 天国のお祖父さんも悲しんでられるかも。 相手が自分の習慣、価値観通りに行動しなかったからといって、悪いようにばかり受け止めるのでなく、気持を汲むようにすればと。 本当に貴方達に敬意を払っていなかったら、宗教も違うのにお葬式自体にわざわざ来られなかったと思う。 息子やその妻のことを大切に考え、その祖父を大切に考えてわざわざ足を運んでくださったというのに、非常識で失礼な義父呼ばわりされるなんてお気の毒。 ユーザーID:• 自然に・・ 私の住む長崎は歴史上でも証明されているようにカトリックの信徒の数はとても多い土地です。 なので、仏教徒などがカトリック信徒のまた、カトリックの信徒が仏教徒などの葬儀に出席することはごく普通です。 それぞれの形式で許される方法でお悔やみをします。 形式が違うからといってそれを恥ずかしいと思う必要はありません。 それどころか、教会での葬儀のときには信徒用と信徒じゃない人用の準備が祭壇の前にされていることがありますよ。 無理に合わせる必要もありません。 信仰をまもりつつ心を通わせればよいのです。 要するにお義父様のなさったことはぜんぜんおかしくないですよ。 私は親しくしていた信徒さんの葬儀に出席しましたが、仏教徒なので十字はきりませんでした。 それと同じだと思いますよ。 ユーザーID:• お心を受け取ることはできませんか? 私は特に信仰している宗教はありませんが、友人には色々な宗教を信仰している人がいます。 遊び仲間同士で、毎年決まった神社に初詣に行き、お寺の炊き出しを頂きに行くのが習慣となっていますが、その時に、カトリック、プロテスタント、創価学会、イスラムの信者の子は来ません。 なぜなら、彼女たちの信仰に背く行為だから。 彼女たちに「たかが初詣じゃん」と言った子もいましたが、今はみんな理解してます。 トピ主さんの義父さんは牧師、つまり聖職者ですよね。 そのお立場を考えれば、今回の葬儀でのことは当然のように思いますし、私には違和感はありません。 仏教式のお葬式の祭壇の前で祈りを捧げること自体、義父さんにとっては大変なことなのではないでしょうか? 義父さんは、ご自分のとれる精一杯のかたちで、トピ主さんのお祖父さんのために祈りを捧げて下さったのだと思います。 祈りには様々な形がありますが、大切なのは心。 トピ主さんのお祖父さんのために祈って下さった義父さんの心を素直に受け取ることはできませんか? ユーザーID:• 香典袋の表書き 香典袋の表書きは、多くの仏教では、 御霊前=49日の法要前まで 御仏前=49日の法要から です。 理由は、多くの仏教では、亡くなった方は49日間は霊としてこの世にとどまり、仏になるための準備をし、49日の法要が終わると仏の位に入ると考えるため。 表書きは、その考えに合わせたものです。 葬儀後に香典を届ける場合は注意して下さい。 御霊前はどの宗派でもOKというのも間違いです。 まず、浄土真宗は、亡くなった方は即浄土に往生したと考えて「霊」を認めていないので、御霊前は使わず、御仏前とします。 曹洞宗などの禅宗は、教義に「浄土」がなく「成仏以前」という考えがないので、御仏前が正式です。 ただし禅宗では特にこだわらないとなっているため、御霊前でも問題ないようです。 また、キリスト教でもカトリックは「御霊前」を許容していますが、プロテスタントでは否定していると聞いたことがあります。 会葬者の立場では、喪家の宗教・宗派を理解したうえで会葬するとは限りませんから、自らの宗旨で上書きを選択してもよいとする考えかたもあります。 その考えにてらせば、義父さんの「御花料」は問題ないですよ。 ユーザーID:• 悪意に取らないで 要は、葬儀に駆けつけてくれた気持ちが大事なのではないですか? 私がその場に参列していたとして、義父様の一連の行動を不快には思いません。 受付をしていたとしても、その表書きを常識はずれだとは思いません。 他の人もそうだと思います。 必要以上に意識して恥ずかしがっているのはトピ主さん夫婦だけだと思います。 周囲にクリスチャンが居ないので、正直に言うと「珍しい事(=仏式の葬儀に牧師が出席)に遭遇した」と感じるかも知れません。 だけど、それ以上でもそれ以下でもありません。 ちなみに『お花料』は全く赤面する必要のないことです。 文字どうり素直に『個人に手向けるお花のお代』と取れば良いのだし、相手の宗教がわからない場合に使用されることのある表現ですよ。 だいたい、葬儀において他人(義父)の振る舞いに目をそばだてる方がどうかと思います。 卑しい人は、他の参列者の人の黒真珠やら数珠やら喪服やらに始まり、香典の額や花輪の数、会葬御礼の中身やお弁当までチェックするらしいですが、それに通じる気がします。 服装や香典袋や立ち居振る舞いなどの対面ばかり気にせず『気持ち』を汲んであげて下さい。 ユーザーID:.

次の

供花料は御霊前の袋でも使えるの?キリスト教はお花代?お花料?

お花 料

不祝儀袋の「御霊前」と 「御仏前」の違いは? 仏式では、四十九日までは故人の霊がこの世にとどまっていると考え、通夜~告別式で霊前に供える香典は「御霊前」。 四十九日の法要からは、故人は仏になったと考え「御仏前」。 ただし浄土真宗では、霊は存在しないという考えから通夜~告別式でも「御仏前」。 仏式のどの宗派か分からない時は「御香料」か「御霊前」で。 仏式か、神式の葬儀なのか、 宗旨が分からない時は? お寺で行われる葬儀なら仏式、教会ならキリスト教式と分かりますが、斎場で行われる場合は宗旨が分からないことも。 そんな時は、銀一色の結び切りの水引をかけた無地の不祝儀袋を用意して「御霊前」とすれば、オールマイティに使えます。 礼を尽くしたいなら、忙しい遺族に訊ねるより、葬儀会場に連絡を入れて確認を。 香典の中身を、うっかり 入れ忘れた時は? あってはならないことなので、香典を持参する時は最後にもう一度確認を。 通夜に渡した香典の中身を入れ忘れたのなら、告別式にもう一度うかがい、受付で理由を話して再度香典を渡すようにします。 告別式に入れ忘れた場合は、遺族に連絡をして自宅にうかがうか、お詫びの手紙を添えて香典の郵送を。 連名が慣例ではないなら、「おつきあいが深かったので個人で出したい」と告げて、仲間から外してもらいましょう。 ひと言声をかけることを忘れずに。

次の