眉ティント 失敗したら。 まだ危険な眉ティント使ってるの?眉ティント無しでナチュラルな美眉になる方法

もう失敗しない!眉ティントの上手な書き方やおすすめアイテムをまとめて紹介

眉ティント 失敗したら

【目次】もう失敗しない!眉ティントの上手な書き方やおすすめアイテムをまとめて紹介 眉ティントって? 眉ティントとは、専用のリキッドを使い、眉の上に塗ることで、数日間消えずに色合いを維持できるコスメのことです。 染料を塗って一定時間置き剥がして使用するタイプと、剥がさずに塗るだけで染めてくれるタイプの2種類があります。 どちらも角質部分に色が入り込むので、一般的なアイブロウのように水や汗、皮脂で落ちてしまうといったことがないのが魅力です。 持続日数はアイテムによって異なりますが、多くのものが1~14日ほど色をキープしてくれます。 そのため、夏の海やプールといったアクティビティでも安心して使えたり、お泊りで眉すっぴんを見せたくないという方におすすめです。 眉ティントはアイブロウに比べて高密着なため、敏感肌の方は肌荒れを起こすこともあります。 パッチテストやテスターを使って確かめたり、口コミやレビューを参考にしてから購入するようにしましょう。 数多くあるコスメの中でも、商品やメーカーによって特徴が異なるため、自分に合うものを見つけることが大切です。 初めて眉ティントを買う方はもちろん、既に持っている方でも本当に自分に合っているのか確かめながら見てみてくださいね。 持続力 選ぶときは、眉ティントの最大の特徴でもある消えない時間、持続力をチェックしておきましょう。 基本的には、1~7日、長いもので14日ほど持続します。 アイテムによっては、その日のメイクで落とす1日のものもあるので、自分の生活に合った持続力のものを選んでください。 また、持続力には個人差があり、皮脂の量や水気といった外的刺激が多く加わると落ちやすいこともあります。 あくまで目安として考えておきましょう。 ペン先の形状 眉ティントは、種類によってペン先の形状が異なり、その種類は大きく分けて2つあります。 自分の眉毛の毛量や面積、理想の眉を想像して決めてください。 ペンタイプ:細筆 1つ目は、アイライナーのように先細りになった細筆タイプです。 こちらは初心者さんでも扱いやすく、失敗しにくいのが特徴。 元から眉毛が細い方にとっても使いやすい形状と言われています。 先細り部分が眉頭や眉尻など繊細な部分もしっかりと書くことができるため、微調整も可能です。 眉はメイクの中でも顔の印象を大きく左右するポイントなので、眉ティントを使うのであれば1本持っておくことをおすすめします。 ペンタイプ:平筆・太筆 2つ目は、平筆・太筆タイプです。 1つ目にご紹介した細筆の毛束が増量したものやコームタイプのものなどのことで、全体的に眉毛を増やしたり存在感を発揮することができます。 元から眉毛が薄い方に向いているでしょう。 太い筆先が広い面積を塗ることができたり、平筆がムラをなくし、綺麗で安定感のある仕上がりに。 近年人気なのも「太眉」なので、トレンドメイクをするのにももってこいです。 髪の色に合ったカラー 眉ティントに限らず、アイブロウメイクで大切なのはアイブロウカラーです。 黒髪だからといって眉ティントも黒色を選んでしまうと、どこか重たい印象に。 おすすめの選び方は、髪色よりワントーン明るい色です。 黒髪の方は「濃いめのブラウン」、茶髪の方は「薄めのブラウン」にすると大きく失敗することがありません。 そうとはいえ、メーカーによって色の違いが大きいので、選ぶときはテスターや口コミなどを確認して買うようにしてくださいね。 また、あらかじめカラーバリエーション豊富なメーカーのものだと、ヘアカラーチェンジしたときも選びやすくなり便利ですよ。 成分 一般的なアイブロウコスメよりも、高密着かつ数時間もしくは数日間付け続ける眉ティント。 敏感肌の方や皮膚が弱い方は、痒くなったり、ヒリヒリしたりすることもあるようです。 それは、配合されている成分が自分の肌・眉毛に合っていないことや高密着がゆえに乾燥してしまっていることも考えられます。 使用してみて肌・眉毛に異変が感じられたときは、使用を中止しすぐにクレンジングするようにしましょう。 また、赤みが出たりしたときには、早めに皮膚科を受診するようにしてください。 ただ、最近では肌のことを考えられた商品も多く発売されています。 乾燥から眉毛を守るために、数種類の美容液成分を配合していたり、自然由来成分を用いたりなど。 買うときは、商品パッケージ裏の配合成分をしっかりと確認しましょう。 眉ティントの正しい塗り方・手順 「眉ティントを買ったはいいけど、正しい使い方や塗り方が分からない…」という方も多いと思います。 ここからは、眉ティントを使う上で正しい使用方法をご紹介します。 より長持ちさせたり、綺麗な発色を出すポイントも合わせてチェックしてください。 眉の余計なゴミを取る 眉毛には、目に見えない皮脂やゴミがついていることもあります。 ティッシュオフするか洗顔をして、眉ティントのリキッドがのりやすい土台を作りましょう。 また、洗顔した場合はしっかりと水気を取ることで、色持ちの良さや安定感が増します。 ティッシュオフするときは、あまり力を入れすぎてしまうと、肌や眉毛を傷める原因になるので、あくまで優しくポンポンとスタンピングするのがポイントです。 なりたい理想の眉の形をアイブロウペンシルで縁取る 眉毛の土台が整ったら、次は理想のアイブロウの形をペンシルで縁取ります。 このとき、アイブロウペンシルを持っていない方は、細筆を使用したパウダータイプでも問題ありません。 理想の形をあらかじめ整えておくことで、バランスの悪い眉毛を避けられるのはもちろん、左右対称の綺麗な眉毛に仕上がります。 眉頭を塗りすぎないように塗布 これらの工程が終わったら、ようやく眉ティントを乗せていきます。 このとき注意したいのは、眉頭にリキッドを塗りすぎないことです。 塗りすぎてしまうと、いかにもメイク・眉ティントしました感が出てしまう原因に。 ナチュラルな仕上がりにするには、眉尻や眉の中間にしっかり色を乗せましょう。 2時間以上待って剥がす 塗り終わったらすぐに剥がしたくなりますが、そこはじっと我慢。 最低でも、2時間以上は待つのがおすすめです。 反対に2時間過ぎれば、どれだけ待っても染まり具合が変わることはないので、2時間置いたらゆっくりと剥がしていきましょう。 眉ティントを使う方の中には、夜寝る前に塗って朝剥がす方もいますが、寝ているときは気づかない間にこすってしまったりヨレてしまいます。 リキッドが乾いていれば良いのですが、乾ききっていないと皮膚についたり、変な形で固まってしまうこともあります。 できるだけ起きている時間の2時間で使用してくださいね。 <おすすめの眉ティント> 眉ティントの種類や使い方を知ったところで、次はおすすめの眉ティントをご紹介します。 眉ティントの定番ブランド「フジコ」をはじめ、ドラックストアやスーパー、バラエティーショップなど手軽に手に入るアイテムが目白押しです。 安定した綺麗な眉毛で、メイクも華やかにしましょう! 1. フジコ 眉ティント 特徴 アットコスメのベストコスメアワード2017年にベストアイブロウ1位を獲得したアイテムが、「フジコ 眉ティント」です。 言わずと知れた名品なので、眉ティントをしたことがある方や探したことがある方は一度は耳にしたことがあるかもしれません。 フジコは、眉ティントの代名詞的コスメブランド。 その中でも眉毛が薄い方、それでいて元から眉毛があるかのようにナチュラルな仕上がりにしたい方は、この眉ティントがおすすめです。 配合されているのは、チョウジエキスやハス花エキス、ヤマザクラエキスといった肌に優しい美容液成分で、眉毛1本1本にコシやハリを与えます。 ティント特有の粘度感が一切なく、初心者さんでもアイラインを扱うように、簡単に書くことができるのは嬉しいポイントです。 テクスチャー テクスチャーは、もったりとしており透け感がないほどの濃厚なリキッド。 大量にすくい上げても、眉毛に乗せるとがカスレができ、一見ムラになりそうですが、そのカスレが眉毛の自然なムラ感を演出してくれます。 仕上がりに違和感がなく、かえって眉毛の絶妙なニュアンスを再現できていると高評価です。 乾く速さは、眉ティントの中でもトップクラス。 こすっても取れないだけではなく、しっかりとした発色をキープしてくれます。 細筆なので強弱をつけやすく、初心者さんからずっと使っている方まで幅広く対応してくれるのは魅力的です。 フジコ 眉ティントの商品情報 価格:1,280円(税抜) 内容量:5g 色:3色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 シャープな先細りの筆が特徴的な「コジット 7daysまゆジェルティント」。 眉尻や眉頭といった細かい箇所も思いのまま調整することができます。 また、1回の使用でおよそ1週間もつ持続性が、人気の理由の一つです。 定着力が高いので、夜寝る前に塗って朝剥がす使用ができて手軽に続けられます。 リキッドに配合されているのは、トウガラシ果実エキス・ショウガ根エキス・オタネニンジン根エキスの3種類の植物由来エキス。 人工的な素材ではないのに加えて、国産メーカーからの発売なので、毎日使うものとして安心ですよね。 テクスチャー テクスチャーは、細筆でリキッドをキャッチしにくいこともあって軽めの質感。 細筆かつ先細りになっているため、微調整がしやすく、繊細なニュアンスも表現しやすいです。 また、ジェルを剥がすときにポロポロと粉状にならずにペリペリと綺麗に剥がれてくれます。 眉毛を傷めることもなく、それでいて片付けの手間がかからないのも続けやすいポイントです。 発色は見たままですが、色の展開が2色しかないので髪色と合わせにくいのが唯一の弱点。 とはいえ、1週間全くと言っていいほど色落ちしない安定力の高さがあります。 コジット 7daysまゆジェルティントの商品情報 価格:1,600円(税抜) 内容量:5g 色:2色 タイプ:剥がすタイプ 特徴 高級感のあるパッケージが目を引く「メイベリン ブロウインクジェルティント」。 「新習慣ティント」と言われており、塗って剥がすだけで最長1週間ナチュラルな色付きが続くというものです。 ラスティングティント処方で、角質層だけに色が届き、肌サイクルで自然と剥がれ落ちていくのが特徴。 速乾性にも優れており、最短20分で乾くとのことで、緊急で使う場合には手助けになってくれることでしょう。 配合されているのは、4種類のケア美容成分です。 ローヤルゼリー・アロエベラ・コラーゲン・ヒアルロン酸は、眉の色付けを邪魔せずに、ハリとコシを与えてケアしてくれます。 テクスチャー テクスチャーは、濃厚リキッドながらも滑りが良く、スルスルとした質感です。 滑りが良いからこそ、眉毛の枠を飛び出してしまうこともあるので、点と点を繋ぐようにして書くと失敗しにくいそう。 少し失敗してしまっても、すぐに綿棒で拭き取れば修正できます。 発色は強めなため、重ね塗りをしない方がベター。 乾くと力を入れずとも一回で剥がせるので、眉毛が抜けにくいです。 また、仕上がりはとてもナチュラルですが日数が経過していくうちに、発色が明るくなっていきます。 色の変化も考慮した上で購入するようにしてくださいね。 メイベリン ブロウインク ジェルティントの商品情報 価格:1,200円(税抜) 内容量:5ml 色:2色 タイプ:剥がすタイプ 特徴 自眉が濃い方や濃いものの部分的に途切れてしまっている眉毛の方におすすめなのが、書き足し用ながらもティント機能を兼ね備えた「フジコ 書き足し眉ティント」です。 手軽に使えるペンタイプのティントで、消えないことはもちろん、細かい修正や理想のラインを微調整できます。 ペン先は筆ではなく、4本に分かれたコーム(ブラシ)です。 ペンを倒して書けば太めの線を、コームを立てて使えば細い線を書け、自由自在にコントロールできます。 握りやすい太めグリップだからこそ、ブレずに安定したラインを引け、そして待ち時間がないため、気づいたときに手軽にお直しできるのは魅力的です。 コームは線の太さを操るだけではなく、元ある自眉の毛流れも整えてくれるので、よりナチュラルな仕上がりに導いてくれます。 テクスチャー テクスチャーは、ぼってりとリキッドが出ず、カスレ寄りのサラサラとした質感です。 かすれるか、かすれないかぐらいのインクの出方は、1,200円とは思えないクオリティで、自然な仕上がりになるのも納得です。 20秒ほどすると乾ききるので、それまでは失敗しても綿棒などで修正可能。 ペンのキャップを開けると薬剤っぽい香りがするものの、実際眉毛に乗せると香りは全く気にならなくなります。 また、塗る前に顔が濡れていたり汗をかいていると色がほとんど乗りません。 しっかりと水気を切り、皮脂などもない状態で塗ると発色が良くなるのに加え、色持ちといった持続力も良くなりますよ。 フジコ 書き足し眉ティントの商品情報 価格:1,200円(税抜) 内容量:2g 色:3色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 コスパ抜群!安くでハイクオリティな仕上がりが特徴の「キャンメイク アイブロウティントジェリー」です。 アイブロウティントジェリーは、1日単発で使うタイプで、1日経つと綺麗に色落ちしてくれます。 1日はしっかりと色持ちするにも関わらず、洗顔で簡単にオフすることができるのは使い勝手の良さを感じますよね。 リキッドには肌と眉毛に優しい美容液成分が配合されており、メイクしながらもしっかりとケアしてくれます。 筆は細筆でコシがあるので、細かい箇所やまばら眉のしっかりと埋めたいところをピンポイントでカバーできるのです。 テクスチャー テクスチャーは、眉ティントの中でも圧倒的みずみずしさです。 名前の通りジェリー状の液体は透明感が強く、そして薄付き。 ちゃんと付いているのか不安になりますが、時間が経って乾くと発色が強くなるので、付けすぎないように注意することが大切です。 一度眉に乗せるとジェルが眉毛をしっかりとコーティング。 クリームタイプなどに比べて、ブレずに安定した眉メイクに導いてくれますよ。 みずみずしいが故に、ムラができやすかったり、乾いたときの発色とのギャップに慣れるまで時間がかかるかもしれません。 キャンメイク アイブロウティントジェリーの商品情報 価格:594円(税込) 内容量:3. 45g 色:2色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 クチナシ果実エキスの天然色素を使った眉毛に優しい眉ティントが「ビナ薬粧 セルフタンニングアイブロウST」です。 ペン先は細く、芯にフェルトを持ってきた「フェルトペンタイプ」。 柔らかいながらもしっかりと眉毛や肌をとらえ、マーカーのように綺麗な線を実現します。 ペンような太さのグリップは、握りやすく、ブレないのも綺麗な仕上がりになる理由の一つです。 アイライナーのようにコンパクトで、化粧ポーチに忍ばせやすく、気になったときにパパっとメイク直しができます。 テクスチャー テクスチャーは、サラサラしており水気の多い質感です。 伸びが良く、少量で眉全体に付けられるので、コスパが良いのも嬉しいポイント。 はじめは筆のコシが強いため、硬く感じられますが、硬いがゆえにブレなく書くことができるのです。 カラーバリエーションは2色しかないものの、どちらもパキッと発色ではなく、くすみ色なので日本人の髪色とも絶妙にマッチします。 発色は1週間後にはだいぶ薄くなりますが、人によっては20日間ほど色持ちします。 日数が過ぎていくにつれて、色が明るくなってくるのでその点も考慮して選ぶのが良いでしょう。 ビナ薬粧 セルフタンニングアイブロウSTの商品情報 価格:1,900円(税抜) 内容量:4ml 色:2色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 韓国代表オルチャンメイクにも使われている万能アイテムが「エチュードハウス ティントマイブロウジェル」です。 ひと塗りで7日間しっかりと色持ちを持続させます。 配合されているのは、セラミド・水溶性コラーゲン・センチフォリアバラ花水といった美容液成分で、剥がした後の肌をしっかりと保湿してくれます。 また、被膜形成剤で、肌に負担をかけずに一度で綺麗に剥がせます。 筆は平筆で太筆仕様なため、細眉さんや全体的に眉毛が薄い方には特におすすめ。 熊野製の穂先を使用しているため、ブラシに弾力があり、強弱をつけた線が書きやすいです。 テクスチャー テクスチャーは、濃厚で少し粘度性のがある質感です。 多少の粘り気がある方が、眉にとどまりやすく、塗りやすさはピカイチ。 しっかりめに発色するので、元からある程度眉毛がある方は、自眉と重ね塗りするとより主張の強い眉になってしまいます。 また、薬剤っぽい香りが強めなので、香り付きのコスメが苦手な方はあらかじめテスターで確認して買った方が良いでしょう。 1週間色持ちするとなっていますが、お風呂などで強めにこすってしまうと取れてしまうとの口コミもあります。 持続力を維持したい方は、水気のあるところではできるだけ眉に触れないなどして対策をしてくださいね。 元から眉毛が薄い方や形に満足がいっていない方でも、理想の眉毛がまるで自眉かのように演出できます。 また、眉ティントの魅力は理想的な形になれることはもちろんですが、メイクもかなりの時短になるということです。 一度使うと、その便利さにリピートする人が多いのも納得できます。 理想の眉型が定まらない方や上手く書けない方は、眉専用のテンプレートもあり、眉型にくりぬかれたプラスチックを塗りつぶすだけでプロ級の眉型になることができます。 自分に合う眉ティントで、どんなときも手を抜かない綺麗眉を手に入れてくださいね。

次の

【眉ティントって?】危険性の有無は?オススメのやり方も解説!

眉ティント 失敗したら

この記事のもくじ• フジコ眉ティントの製造国は?なぜ日本製だと思われているのか? 画像出典: バーコードの上、この部分をみてみると… 「 韓国コスメは心配……」というユーザー心理に配慮してか、フジコ眉ティントを取り上げているWebサイトやブログの記事では、どこも「日本製の眉ティントなので安心!」というふうに書かれています。 ですが、実際は 日本製ではないようです。 そのため、取り寄せて初めて気づくユーザーが多いようです。 気にしない方はそれでもよいかもしれません。 ただ、この商品については 「 眉ティント 日本製」というキーワードで辿り着くケースが多いので、ストナビ読者のあなたは間違った情報に惑わされないでほしいと思います。 フジコ眉ティントは、日本の会社(株式会社かならぼ)が販売元になっている、 韓国製のコスメです。 ネット上で多くの記事が「日本製」だと 誤認して取り上げているうえ、 公式サイトでも製造国は伏せられています(ちなみにフジコの唇用ティントは「製造国は韓国」と公式サイトで記載されています)。 こんな曖昧な宣伝がなされていては、商品の信頼性にもかかわる気がしてしまいます。 フジコの眉ティントでよくある失敗5つ その便利さと目新しさで人気のフジコの眉ティントですが、失敗してしまうこともあるようです。 実際、どのような失敗があるのかご紹介します。 薄く塗りすぎてしまう 「もったいないから…」なんて眉ティントを薄く塗りすぎてしまうと、眉下の肌に色が付かなかったり、固まった時にジェルがちぎれて剥がしにくくなります。 また、一気に塗ろうとせず、眉ティントを乗せていくように厚めに重ねると良いようです。 塗った直後に落ちてしまった これには大きく以下の3つの理由があります。 また、フェイスパックをした後だと保湿成分が浸透していて色のつき具合が良くないケースもあるようです。 (約3日程度) 出典:公式サイト フジコ眉ティント公式サイトにもあるように、10分程度でティントは乾燥します。 そのため「もういいだろう」と1時間も経たないうちに剥がしてしまう人も少なくないとか。 それでは十分な色は浸み込みません。 いくらなんでも早すぎます。 カラーをきちんと定着させるためには、眉ティントした日はクレンジングはしない。 また指でこすったりもしないことです。 塗ってから剥がすまで人と対応できない 眉ティントを乾かしている間は、芸人のイモト状態になってします。 そのため、作戦決行の時間帯やタイミングには注意が必要です。 人が訪ねてきそうな時間、Amazonからモノが届いたりするような昼間の時間帯は危険です。 メイクオフ後、寝る前に眉ティントを使ってから朝剥がす派もいるようです。 寝ている間に目の周りを触らなければ良いので、あなたの寝相が良い場合にはこれが良いかもしれません。 この際に指などで触れないようにしなければなりません。 予想とは違った仕上がりになった これにはいくつかパターンがあります。 一般的な眉メイクと共通する失敗パターン• 眉毛の濃淡がなく均一べた塗りで不自然• 眉毛の立体感が皆無で横から見たら不自然 左右で眉の形が違う、眉の長さが違う、眉の太さが違うなど。 そして繰り返し修正を重ねるうちに、ケンシロウみたいな極太眉になってしまいがちです。 しかも、眉ティントの場合には最大で1週間落ちないというリスキーな条件つき。 さらに、眉ティントは眉頭〜眉尻まで微妙な 濃さの変化をつけることができません。 また、 眉毛の地毛がある程度ないと、平面にペンキを塗ったようになります。 横から見られてしまうと思っている以上に不自然です。 これらについて少し詳しく見てみましょう。 そのため、やり方によっては不自然になるリスクもあります。 ・友達が使っててその友達があんま上手くないだけかもだけど、 すごいのっぺりしてて不自然だった… ・これってやっぱ 毛がないとだめだよね。 まゆマスカラとおなじで。 まろのまゆげはだめだよね。 ・アートメイクもティントも のっぺり貼り付いた顔になるからやだ。 遠目にはいいけど、 横から見たとき超不自然。 ・病気で脱毛してしまった方とかにはいいかもしれない。 でもパウダーとかで描いたより 立体感ないというか、 ノッペリして見える。 出典: 実はこの「 ペタッと貼り付けたような不自然さ」が嫌で、眉ティントをすぐにやめたという人も少なくないのです。 真横から見られるとものすごく不自然…ある程度地毛がある人なら良いのでしょうが、マロの場合「 地毛がない」という事実は変わっていないわけですから、平面に色をつけただけのお絵描き状態です。 そういう場合には まず眉の土台作りが大切ですから、眉ティントではなく「眉毛美容液」で 眉毛を育てる方が優先です。 眉毛専用美容液なら、モデル御用達、メディアでも繰り返し取り上げられている「」がおすすめです。 こちらは医薬品と遜色ない水準で製造管理された 国内工場で製造される 日本製。 人気芸能人も多数愛用しているようですよ。 Sora Fujikiさん sorafujiki が投稿した写真 — 2016 8月 17 7:20午前 PDT は肌に優しい成分でできており、毛乳頭や毛母細胞を活性化させて眉毛が生えてくるようになるので、地毛が増えて眉の土台が出来上がります。 そうすると、 眉ティントを使った仕上がりも自然なものになってくるでしょうし、そもそも眉ティントを使わなくても眉メイクが楽に決まるようになるかもしれません。 なのに、なかなか眉毛が生えてこず。。。 これを使ってからは変化が見えてきました!6ヶ月ほどかけて生えそろえばと思っていたので、早い段階で効果が実感できたと思います。 死んだ毛根だと思っていましたが、何もしない時と比べると明らかにふさふさしてます。 そんな中、マユライズのことを聞いて、すぐに購入を決めました。 肌トラブルを起こしてしまった 話題のフジコ眉ティントですが、敏感肌の人にとっては「避けたい成分」や「 毒性の高い成分」が使われていることはあまり知られていません。 これらを 皮膚に染み込ませたまま1週間近くいるのですから、影響が出てもある意味当然かもしれません。 【成分表示】水、エタノール、BG、ポリビニルアルコール、ジヒドロキシアセトン、PVP、1,2-ヘキサンジオール、黃5,ポリソルベート80、塩化Na、香料、フェノキシエタノール、赤227、クエン酸、青1、EDTA-2Na 出典:フジコ眉ティント公式ページ ちなみに、成分表示については「 配合されている量の多い成分」から表示されることが法律で義務付けられています。 上に「 毒性の高い成分」と書きましたが、具体的にはフジコ眉ティントに含まれる以下の2つの成分がそれです。 PVP• (中略) 本症例において アナフィラキシー症状を呈する条件は、皮膚や血管に損傷がある部位へのPVPの接触であったと考察している。 出典: ただし アナフィラキシー症状発生の危険性が否定できないため、アレルギー発生予防に努める必要があるとしている。 国が危険とする表示指定成分で 発がん性が懸念されています。 エデト酸・エデト酸塩〈EDTA・EDTA-2Na・EDTA-4Na 金属イオン封鎖剤として化粧品、洗剤などの多くの日用品に使用されています。 経皮吸収すると、皮膚、粘膜を刺激し、 アレルギーを誘発することもあります。 カルシウム欠乏症、血圧降下、腎陵能障害を引き起こすおそれもあります。 出典: 経皮毒は 時間をかけて体内に蓄積されていく怖さがあります。 また、敏感肌の人にとっては「避けたい成分」とはこれです。 その高い殺菌効果から防腐剤・殺菌剤として使用されるアルコール成分で、殺菌力が強いため、配合量は製品中1%以内と制限されています。 厚生労働省がアレルギーの危険性のある成分を対象に「表示指定成分」として表記を義務付けたのが1980年。 2001年以降、化粧品の全成分の表示が義務付けとなり、これらの成分は「 旧表示指定成分」と呼ばれるようになりました。 フェノキシエタノールはパラベンに比べると比較的新しい防腐剤であるため、旧表示指定成分には該当しません。 しかし、配合量が 制限されていることからも分かる通り、肌への刺激や毒性に関し、 パラベンとほぼ同程度の危険性が指摘されています。 眉ティントを使うにしても、こうした成分が使われていることを知った上で使用するのと、知らずに使用するのとでは大違いです。 不安を煽るわけではないのですが、まだ流通後間もない商品です。 絶対に安心だという保証もありません。 韓国コスメの場合、アレルギーや肌荒れについての情報が届きにくいので、「使ってみるまでわからない」というリスクもあります。 これらの成分を配合しているフジコ眉ティントを長期継続使用する場合には、各自の責任で判断するしかなさそうです。 アットコスメでの眉ティントの口コミを紹介します。 お風呂に入り、洗顔をするとうっすらよくみないと分からない状態。 朝起きて剥がして洗顔しても同じくです。 朝は水洗顔のみですが、やはり落ちます。 メイククレンジングをすればさらになくなります。 3日消えないは言い過ぎですね。 (23歳 女性) 出典: 剥がしてすぐはいいかんじ!濃すぎなくてナチュラルに色づいて。 でもその後お風呂入ったらほぼとれました。 よく見たらうっすら残る程度。 海とか行く前日の夜にやって朝剥がして、1日もたせるってゆう使い方ならいいのかもだけど、箱にかいてあった 3日とゆうのは偽りあり。 (30歳 女性) 出典: ただ、眉毛が密集しているところはいいのですが、眉尻はすぐ落ちやすい気がします。 最初はきれいなレッド系ブラウンなのですが、夕方になると眉尻がなんだかグレー?になって薄い感じに。 夜はクレンジングなどは極力優しくして、翌日はほとんど目立たず、かなり明るい赤茶になっていて描き足さなきゃ頼りない感じに。 3日目になると眉尻はほとんどなくなっています。 (29歳女性) 出典: いずれの方からも• 色素沈着しないか心配• 韓国製なのが不安• 失敗したら1週間地獄• 逆に3日ももたない• 不衛生・痒くなりそう• 肌に悪そう・ダメージが心配• 少ない眉毛が余計なくなりそう 色素沈着しないか心配 「韓国産の眉ティントで使われている色素は、繊維を着色するものと同じらしい」という意見も散見しますが、それは噂であって根拠がありません。 しかし、ティントが3日も落ちないのは色素沈着させているからというのは事実です。 したがって色素沈着の有無については、現段階では「分からない」というのが編集部の結論です。 今年バカ売れしたばかりのフジコ眉ティント。 ある程度時間が経ってからでないと、「色素沈着した」という報告は出てこないでしょう。 韓国製なのが不安 韓国コスメの安全性が不安視されている理由は次の2つです。 日本と韓国では薬事法が違うから• 日本と韓国では薬事法が違うため、配合できる成分や謳える効果も異なる• 日本よりも薬事法が緩いため、添加物の心配がある 事実、前述したとおりの安全とはいえない成分も含まれています。 情報が不確かで届きにくいから• 韓国コスメのトラブル情報が日本のユーザーに届きにくい• 「じつは 表示成分が入っていなかった」「その商品が原因の 肌トラブルが多く報告されている」「問題が発覚し 回収命令が出ている」といった情報が入りづらい さらに注意したいのは、問題があり回収命令が出たいくつかの韓国コスメの中には、回収率が異常に低く 回収されないまま市販され続け完売した例もあるという事実です。 私たちの感覚からすると、これはちょっと考えにくい状況かもしれません。 肌に悪そう・ダメージが心配 「いつか皮膚にまだらができそうで怖い」「この薬液がしみこんだままの肌で寝られる神経がわからない」といった声も見受けられました。 眉ティント自体がまだ新しい製品ということもあり、長期間使うとどんな影響があるのかまだデータがないのです。 もしかすると、発売直後は「これはいい!」とバカ売れしたのに、数年後毛穴が広がって後悔する人が続出した小鼻の角栓シートみたいにならないとも限りません。 少ない眉毛が余計なくなりそう 「剥がすときに眉毛が一緒に抜けそう」「毛根に負担をかけて眉毛が余計ハゲそう」という声は多く見られます。 さいごに 出典: 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 人気の韓国コスメ・フジコ眉ティントですが、成分を見れば継続使用することによるリスクもないとは言えません。 発売後間もない商品であることから、色素沈着をはじめ今後どのようなことが起きるかわかりません。 また、 使用するにしても真横から見られても平気な自然な眉毛にするには 地毛の量が重要になってきます。 もしも上の画像のようなマロ状態で眉ティントをしてしまうと、罰ゲーム級の仕上がりになります。 あなたがマロの場合にはティントの前にまず、こちらの記事をご覧ください。

次の

人気のフジコ眉ティントは日本製?!よくある5つの失敗とは?

眉ティント 失敗したら

眉ティントは、眉の形に沿って塗って時間をおいて剥がすと 角質に色が定着し、1〜7日ほどその色をキープしてくれるアイテムです。 なかには剥がさずに塗るだけで色をつけてくれるものも。 眉ティントは肌の一番外側に色をつけてくれるので、通常のアイブロウのように水や汗で落ちにくいのが魅力です。 海やプールなど水を浴びる場面はもちろん、すっぴんを見せたくないときにも使えます。 また、 眉が薄くて悩んでいるという方にもおすすめのアイテムです! 色素沈着するという話を耳にしたことがあるかもしれませんが、ターンオーバーによって 日が経つにつれて角質が垢となって剥がれていくので色素沈着の心配はありません。 人によっては肌荒れを起こす可能性があるので、肌が弱い方はパッチテストをおこないましょう。 眉ティントを7日間腕に塗っていて、もっとも色持ちがよかったのは「かならぼ|フジコ眉ティント」、次点が「ベリサム|マイブロータトゥーパック 眉毛ティント」でした。 フジコとベリサムの眉ティントは 1週間経っても色がはっきり残っていたので、安心して使えそうです。 また、1Dayのキャンメイクは1日目はずっと定着していましたが、洗顔をしただけでキレイに落ちてくれました。 一方、ノーブルの1Day眉ティントは3日経ってもうっすら残っている状態。 朝起きて眉を描こうか描くまいか悩んでしまう状態は困るので、特に1Dayは色持ちだけでなくしっかり落ちるかも重要ですね。 もちろん個人差はありますが、1週間しっかりもたせたいならフジコ、1Dayでよければキャンメイクがおすすめです! 使用感の検証で 評価が低かったのは、液量の調整が難しくムラになってしまうものでした。 塗れば塗るほど内側の色がなくなってしまったり、逆に大量についてしまって対処法が分からず慌ててしまうものなどは、総じて低評価に。 また、実際に使ってみたスタッフからは、筆先が細すぎても太すぎても使いづらいという声が多く上がりました。 ちょうどよい描き心地と 好評だったのは「ミシャ|セブンデイズ アイブロウティント」や「メークソリューション|セルフタンニングアイブロウ」など、筆ペンのようなタイプのものです。 アイライナーのような筆先をしているため、眉尻の細かいところまでしっかり描けるのが勝因。 数日間同じ眉で過ごさなければいけないので、ムラなく描くためにも細すぎず太すぎない筆先のものを選ぶようにしましょう。

次の