仕事辞めたいけどコロナ。 新型コロナの影響で増える“退職代行”…なぜこのタイミング?担当者に聞いてみた

「新型コロナ」怖くて仕事辞めました 通勤や業務中に感染したくない: J

仕事辞めたいけどコロナ

ゴールデンウィークを迎え、緊急事態宣言の終了日目安が近づいています。 しかし、新型コロナウイルス感染症の脅威は、まだまだ収束に向かいません。 そんな中、コロナの影響で、仕事について向き合う人が増えています。 脱サラしようかな• 退職したいな• 仕事ってストレスだな• 今の職場に未来があるのかな• 家族の時間、自分の時間って幸せだな といった、考え方です。 結論から言うと、きっかけが「コロナショック」だとしても、仕事にストレスを感じるなら、脱サラ・退職を本気で考えて迷うのがいいと思います。 辞めるタイミングと言うと、コロナで苦しんでいる人には失礼かもしれませんが、せっかく向き合えたのですから、とことん考えてみるのがいいと思います。 脱サラ後、フリーランスとして稼いで生きている退職体験者として、思うことを書いていきます。 新型コロナで仕事と向き合う時間ができた 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響で、自宅待機・外出自粛の時間が多いと思います。 働き方が変わる中、今までの仕事と冷静に向き合う時間ができたのではないでしょうか?• 仕事が生きがいなのか• ストレスなのか• やりたいことを犠牲にしていないか• 賃金に満足してるか• 職場のストレスを抱えていないか はっきり言って、 今まで向き合う時間がなかったこと自体が問題です。 特に日本人は、働きすぎと言われます。 私もサラリーマンとして、朝早くから深夜遅くまで働いていた経験があります。 自分の人生を自分らしく生きるには、あまりにも時間と体力の余裕がない。 精神的にも、肉体的にも、めっちゃ疲れますもんね。 でも、人生の大半の時間をささげる「仕事」というものに対して、そもそも、考える時間がなさすぎます。 いつの間にか、会社内での自分の目標が、あたかも人生の目標のようになってしまうのです。 これって…怖くないですか?• あの上司のようにできるようになりたい• 管理職になりたい• 立派なプロジェクトに関わりたい• あの部署に異動したい• ストレスの少ないポジションで働きたい などなど。 私も、そう思って頑張ってきました。 でもそもそも、 その会社で長く勤めることが幸せですか? 人生の目標ですか? 心からやりたいことですか? せっかく、時間的な、肉体的な余裕がある現在の状況ですから、自問自答してみるのがおすすめです。 他人事だから脱サラ・退職とか言うけど…現実問題は? 人生で本当にやりたい仕事かどうかは分からないし、職場のストレスも大きい。 でも簡単に脱サラ・退職とか言うな• 他人事だから言えるんだ• 現実問題どうするんだ という声があると思います。 先に自分のことを言うと、サラリーマンを辞職した後、フリーランスとして働いて数年が経過しています。 ミニマリスト的な生活に切り替え、ブログ収益と、クラウドソーシングで稼いだお金で生きています。 家族環境や貯金の状況にもよると思いますが、 日本で生きている限り、生活は何とかなるものです。 稼ごうと思えばアルバイトでも月20万円は稼げるし、ブログやクラウドソーシングなどのネット上でも仕事は山ほどあります。 特にコロナウイルスの影響で、対面の仕事は減っています。 ネット上のアルバイトこそ、今の時代に合っているのかもしれません。 現実問題をもう少し具体的に考えてみましょう。 時給1200円のアルバイトで働けるとします。 これを月に20回勤務すればOKです。 ちょっと「ゲッ」と思いますか? 正直、私は思います^^ それならサラリーマンの仕事の方が…とか。 でも、圧倒的に自由です。 シフトは自分で組めばいいし、職場の人間関係も小さなもの。 ストレスが多ければ、辞めるのも難しくないです。 アルバイト以外にも、稼ぐ方法はあります。 自営業(お店や農業)• フリーランス• ブログ• クラウドソーシング• 株式投資• 不動産投資 などなど。 稼ぐ方法については、いくらでも情報が出てきます。 でも、こういうタイミングでないと、真剣に考えないですよね。 脱サラ・退職・転職しても、生活は何とかなるものです。 いざとなれば、何とかするんです。 どうしても、他人事っぽくなっちゃいますけどね。 ご不快な思いをされた方がいたら、すみません。 仕事を辞めない理由=言い訳・諦め 仕事を辞めたいという気持ちがあるのに辞められない人は、たくさんの言い訳やあきらめの理由を持っていると思います。 例えば、• 自分には無理だろうな• 安定収入がなくなるなんて勇気が出ない• 家族の生活はどうする• 社会的な地位がなくなる• 自分には稼ぐ能力がない• アルバイトなんてやる気にならない などなど、言い訳、諦める理由は山ほどありますよね。 どれも、慎重で、地に足がついていて、もっともな判断なのかもしれません。 自分が本当にサラリーマン人生が向いている、ぴったりだ、と思うのなら、いいと思います。 でも、このブログ記事を読み進めているということは、もしかしたら、 諦められない夢があるのか、もしくは、現状に大きな不満があるのかもしれません。 日々、仕事に追われていたあなたも、自分の人生について、やっと考える時間ができたのです。 自分の人生は一度きり。 定年になったあとに、やりたいことはできますか? 体力や意欲は衰え、お金ばかりが余る老後生活に、ワクワクしますか? 人生は、自己責任。 コロナウイルスがきっかけというのは、あまり良いものではありませんが、脱サラ・退職・転職について、真剣に向き合ってみるのは、素晴らしいことだと思います。 コロナで脱サラってあり?会社になんて言えばいいか… 長いこと、会社に勤めている人なら、コロナをきっかけに会社を辞めるなんてひどい。 会社への、仕事への、上司への、部下への、責任感がある! 確かにそうですよね。 あなたが会社と労働契約を結んでいる訳ですから、責任があります。 でも、あなたの人生を決めるのは、あなた以外にいません。 あまりにも理不尽な辞め方でなければ、会社はそれを止める権利はありません。 こういう時こそ、会社の本当の実力が問われます。 「なるほど。 コロナをきっかけに人生を見つめなおした結果、退職したいということか。 とても残念だが、今までの君の働きに感謝している。 どうかこれからもよろしく。 応援しているよ」 なんて言える上司だったら、素晴らしいですね。 なんて言って辞めたらいいかわからない、ということは、 こんな風に言ってもらえないだろう、という気持ちがあるんでしょうね。 よくわかります。 こんな素敵な会社・上司はめったにいないですよね^^; それでも、何と言われようとも、 あなたの決断が揺らぐようでは、脱サラ後の人生も失敗するかもしれません。 どうしてもやりたいことがある、とか、 どうしてもストレスだから辞めたい、とか、 会社への未練なく、自分の意志で、辞めるのが大事です。 あとは、それを、伝わるまで根気良く、正直に言えばいいだけです。 気持ちが伝われば、あなたの人生は変わります。 私も脱サラしてから振り返ると、不思議なんです。 サラリーマン時代は、職場の人間関係が「とても重要」だと思っていました。 でも辞めてみると、職場なんて小さな世界のひとつ。 ただの、ひとつのコミュニティーに過ぎなかったんです。 世界は広いし、自分という存在も無限大。 知らないことは山ほどあるし、楽しいことも山ほどある。 それに気が付くと、人生が本当の意味で変わりますよ。 ちょっとスピリチュアルっぽくなってしまいましたが、新型コロナがきっかけで脱サラするのだって、アリです。 自分の気持ちに正直に、 自分の人生に誠実に、 それが大事なような気がします。 みんな、自分の人生を軽く扱いすぎというか、優しくないです。 もっと優しい目で、自分に向き合ってあげてください。 コロナ脱サラ・コロナ退職って何?仕事を辞めてどう稼ぐ? 今回のブログ記事では、新型コロナウイルス感染症をきっかけに、脱サラ・退職を考えている人に向けて、エールを送る内容をまとめました。 いかがだったでしょうか? コロナ感染拡大のニュースがまだまだ収まらない状況で、自分の働き方に対して疑問を持つ人が急増しています。 コロナ脱サラ・コロナ退職といった言葉も聞かれるようになるかもしれません。 自分の人生を決めるのは、自分です。 普段忙しくて、考える余裕もないほど頑張っているあなたです。 こんな機会だからこそ、優しく、真剣に、考えてあげて下さい。 一応、脱サラ経験者として、何か相談に乗れることもあるかもしれません。 ご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

仕事辞めたいけど、このコロナ騒動のタイミングなので、タイミングどうするべ...

仕事辞めたいけどコロナ

「仕事を辞めたい」は甘えじゃない! 初めに言っておくと、仕事を辞めたいと考えるのは甘えではないよ。 上司や先輩の中には「仕事を辞めるとか甘えてる」とため息まじりに言ってくるような人もいるけど、 あまりに辛い状況で仕事を続ければ、ストレスから精神的に病んでしまう可能性もあるんだ。 精神的な病は怖いデジよね…。 他人の言葉のせいで「退職は甘え」という固定概念がついてる人もいるけど、それは大きな間違いだと知っておいてほしいな。 人の言葉に影響されやすい人は特に注意が必要デジ。 ただし、理由によっては仕事を辞めるのが「甘え」と判断されてもおかしくないかもしれないよ。 下記で仕事を辞めるのが「甘え」になる理由と、「甘えじゃない」理由を紹介してるから、これを参考に自分の「仕事を辞めたい」が甘えか甘えじゃないか判断してほしいな。 「甘え」かもしれない仕事を辞めたい理由とは まずは「甘え」と判断されやすい、仕事を辞めたい理由を紹介。 以下の理由に当てはまる人は退職を見直した方がいいかもしれないよ。 なんとなく仕事が面倒 ただただ 漠然と、なんとなく仕事が面倒に感じるなら、それは一時的にモチベーションが下がっているだけかもしれないし、退職を甘えと判断されてもおかしくはないよ。 「なんとなく」ってところが良くないデジね。 そうだね。 「なんとなく面倒」じゃなく、「自分のスキルに合った仕事内容じゃないから面倒」と明確な理由があるなら問題ないのさ。 仕事が面倒とかダルいと感じる時は、その理由を割り出すことが大切デジ! ただ、「なんとなく」の部分が「帰ってゲームをしたいから」「動画サイトを見る時間が減るから」など、明らかに「遊びたい心」が強い場合は仕事を辞めてしまうのは「甘え」かもしれないね。 というより、「仕事 < 遊び」という理由で退職してしまえば確実に後悔すると思うよ。 なんとなく仕事が面倒っていうのは甘えデジかね…。 仕事に飽きた、どうでもいい、めんどくさい、苦痛って人は次の記事を参考にするデジ。 寝起きが辛くて出社がダルい 寝起きって辛いよね。 特に冬場は寒さのせいで布団から出たくなくなるものさ…。 ブイブイはロボットだから寒さが分からないけど、よく聞く話デジね。 ただ、 朝起きて仕事に行くのが辛い…この理由での退職は「甘え」と見られる可能性が高いんじゃないかな。 もちろん、あまりにも労働時間が長くて起床が辛かったりする場合は別だよ。 仕事の問題から逃げ出したい 仕事をしていれば必ずと言っていいほど大きな壁にぶつかるものさ。 たとえば、プロジェクトを進める中で解決が難しい問題が出てきたり、取引先との関係が悪くなってしまったり。 仕事あるあるデジよね。 この時、 仕事を辞めてしまえば全ての問題から解放されるわけだけど、それを行く先行く先で続けてたら、少しでも問題があると逃げ出してしまう癖がついてしまうよ。 デジね。 明らかに会社が倒産寸前など深刻な問題の場合は別だけど、自分の力で解決できそうな問題なら、まずは改善に向けて動いてみるのが吉。 些細な問題で仕事を辞めてしまうのは「甘え」と捉えられる可能性が高いのさ。 少しでも叱られるのが嫌 上司や先輩に少しでも叱られるのが嫌って退職理由も・・・「甘え」になるんじゃないかな。 上司に叱られるの、嫌デジよ? 確かに人から叱られるのは精神的に堪えるものさ。 とはいえ、 仕事をしていればミスをするし、ミスをすれば叱られるもの。 叱られるからこそ次回から「ミスを無くそう」と気をつけられるんだしね。 そういう考え方もあるデジか。 それが上司からのパワハラやモラハラなら話は別だけど、本当に少し叱られただけで「仕事を辞めたい」と考えてしまうのは「甘え」と言えなくもないね。 上司だって新人のころは叱られてきたはず。 叱られるのが耐えられないほどのストレスにならなければ、もうちょっと頑張ってほしいな。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! 「甘えじゃない」仕事を辞めたい理由とは 以下のような理由があって「仕事を辞めたい」と考えるなら、それは「甘えじゃない」と考えていいよ。 積極的に転職を目指していこう! 転職をしたい明確な理由がある 漠然と理由もなく、今の仕事が面倒だからという理由は「甘え」と捉えられがちだけど、下記のように転職をする明確な目的なあるなら、それは仕事を辞めても甘えではないんじゃないかな。 明確な目的• キャリアアップ• やりたい仕事がある• 年収を上げたい などなど。 たとえば、 どうしてもチャレンジしてみたい仕事があって、それは今の職場では叶えられない。 そんな理由から仕事を辞めるのは何ら甘えじゃないのさ! しっかりと目的があるなら転職活動も上手くいきやすいデジよね。 「やりたい仕事のために辞めるなんて、甘えじゃん」って人もいるかもしれない。 けど、人生は一度きり。 自分のやりたいことをやって楽しんだもの勝ちだからね。 しっかりと理由がある人は転職を検討してみるといいんじゃないかな。 労働時間があまりにも長い 毎日のように夜遅くまで残業。 さらに休日出勤もあって、 とにかく休みが無い、心身ともにクタクタ・・・そんな職場環境なら仕事を辞めるのは当然というか・・・「甘え」には該当しないと思うのさ。 ブラックな環境で無理に仕事を続ければ、いつか無理がくるデジ!早めに次の職場を探して仕事を辞めるべきデジ! 労働時間があまりに長いようなブラック企業だと、上司が「このくらいの残業で辞めるとか甘えだ!どこ行っても同じだぞ!」なんて引き止めてくることもあるけど、世の中にはほぼ定時で帰れるホワイトな企業もしっかりあるものさ。 ブラック企業だと「退職=甘え」という洗脳もどきをしてる可能性もあるデジが、仕事があまりに辛ければ辞めてもいいんデジよ。 労働時間が長いだけじゃなく、残業代が出ないサービス残業に苦しんでいる人もいるはずデジ。 サービス残業は違法デジよ!詳しくは次の記事で紹介してるデジ。 ブイブイ 仕事内容が向いていない 新卒の人に多いのが仕事内容が向いていなくて仕事を辞めたいと感じるケース。 新卒だと、とにかく内定を貰わないと!の一心で入社してることも多いからね。 仕事を始めてみたら「全く面白くないし周りより時間もかかる…」ってことも珍しくないのさ。 仕事が向いていないと辛いデジよね…。 仕事が合わないって理由で仕事を辞めるのは、甘えとは言わないんじゃないかな。 しっかり自分に向いている仕事に就いた方が、業務内容の覚えが早いだろうし、仕事の効率もアップするはずだよ。 好きこそものの上手なれ、ってね。 向いていない仕事は面白く感じないから、どうしても向上心が薄れがちデジよね。 ただ、このケースについては2年、3年と仕事を続けるうちに面白さが分かってくるって意見もあるし、それも事実だとは思う。 とはいえ、中には根本から仕事内容が向いていない人もいるし、若ければ若いほど転職は有利って点から早めに辞めた方がいいケースもあるよ。 ハラスメントの中でも厄介なモラハラ(職場のイジメ)。 少しでもモラハラを受けている可能性があるなら、次の記事を読むのさ!解決の糸口が見つかるかもしれないよ! ガーデン 人間関係がよくない モラハラやパワハラは無いものの、職場に苦手なタイプの人が多かったり、気軽に話せる相手がいなかったり。 人間関係の悪さから仕事を辞めようと考えてる人は非常に多いのさ。 それだけに、人間関係で仕事を辞めるのが甘えか、甘えじゃないか気になる人も多そうデジ。 、と一口に言っても多種多様だから何とも言えないけど、僕は人間関係で仕事を辞めても甘えじゃないと思ってるよ。 人間関係が悪いと精神的なストレスが予想以上にかかるからね…。 ストレスは仕事の大敵デジ! ストレスに弱い人だと、体調を崩してしまったり、仕事が手に付かないこともあるからね。 中には我慢しすぎる人もいるけど、それは後が怖いから人間関係で悩んでる人は仕事を辞めることも視野に入れておくのがおすすめさ。 理由次第では仕事を辞めたいも甘えじゃない! 誰しも一度は考える「仕事を辞めたい」。 その理由が何となくダルいとか、朝起きたくないとか、言ってしまえばワガママとも捉えられるようなものなら、確かに「仕事を辞めたい」は甘えかもしれない。 ただ、今の職場では難しそうなキャリアアップを叶えたい、職場でハラスメントを受けている、人間関係が悪いといった、しっかりとした理由があるなら「仕事を辞めたい」は甘えなんかじゃないのさ。 ただ、「甘えじゃない」理由があっても仕事をすぐに辞めてしまうと金銭面などで困ってしまうかもしれないよ。 なるべく転職先を見つけてからの退職がおすすめ。 もし残業や休日出勤が多く時間が取れないなら、転職支援サービスの活用も考えてほしいな。

次の

仕事辞めたいけど言えない パートさんへ【新型コロナウイルス】

仕事辞めたいけどコロナ

ブラック企業やパワハラに悩む人たちからの需要があり、ここ数年、急速に退職代行業者は増えている。 この 退職代行サービス、実は新型コロナウイルスの影響で利用者が増えているという。 北海道、愛知に次いで、感染者の多い大阪で退職代行サービスを行う「退職代行Jobs」に話を聞いたところ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、 会社からの指示でテレワークや自宅待機する人が辞めるケースが多いという。 一体、どういうことなのか?退職代行Jobsで年間約1000件の退職代行を行う責任者の佐藤さんに詳しく話を聞いてみた。 一つ目は、いわゆる パワハラに対する脅威です。 普段から高圧的な上司に対して、言い出せないとう状況です。 二つ目は、 何度も引き止めにあっていて、ご本人様の中では、もう何度言っても無理だ、という心境になっているケースです。 退職代行というサービスの是非はよく問われるところですが、これらのケースに遭遇された方には、ご利用いただく意味は大きいと思っています。 三つめは、 ご本人様の中で言い出した後のことを想像して、「自分からは言い出したくない」と感じているパターンです。 一つ目や二つ目のような結果を想像されています。 正直、企業の方と話してみて、「普通に退職できたのでは」と感じることもあります。 例年に比べ、2月3月は2割程度増えています。 退職する人の中には、突然会社に行かなくなるケースが多いんです。 もちろん、彼らはいきなり行かなくなることで職場に迷惑をかけるので、後ろめたさを感じています。 派遣会社の正社員として他の企業へ勤務する方々です。 例えば、土木などの肉体労働されている方、彼の場合、派遣先の企業がないため、所属する会社で事務処理することになり、自分には合わないので辞めたいということでした。 今、 コロナの影響で派遣先の企業が減っているため、派遣先の企業に行けず、所属する会社で自分に合わない仕事をしている。 そういったケースで辞められる方もいらっしゃいます。 名古屋市の介護施設での集団感染や兵庫県でデイケアを利用した方が亡くなったことなどがニュースで取り上げられています。 この影響もあるのかもしれません。 「このご時世ですので…」と言って退職代行を頼まれる方もいらっしゃいました。 退職代行を依頼する人は、元々会社を辞めたいと考えている人が多いそうで、今回の新型コロナウイルスの影響による仕事減など経済的な問題もあるが、「テレワーク、自宅待機」でいきなり辞めることの後ろめたさが減り、結果として彼らの背中を押している現状もあるようだ。 【関連記事】.

次の