王 は 愛する。 韓国ドラマ「王は愛する!」サンは誰が好き?三角関係の予想外の結末やサンの気持ちについても

韓国ドラマ【王は愛する】の相関図とキャスト情報

王 は 愛する

豊かな国を夢みる王子ウォン、彼の唯一の腹心の部下のリン、そして、彼らと運命的に出会い、二人の男性の関係を揺さぶるヒロインのサン。 少女漫画さながらの切ないストーリー展開は、胸キュン必至!そして、近年韓国ドラマのヒット要素として注目されている「ブロマンス」(男の熱い友情)はもちろんのこと、一人の女性を愛し、時には葛藤しながらも深い友情を交わす二人の美しい姿は女性視聴者を虜にする。 父親は高麗の王、母親は元皇帝の娘。 その二人を両親に持つ高麗の王子ウォン(イム・シワン)は、美しい容姿、知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、優れた姿の裏には征服欲を隠し持っていた。 彼には一生を共にすると誓った友 リン(ホン・ジョンヒョン)がいる。 民が息災に暮らせる国を夢見る同士であり、心を交わせる唯一の家族であり、死をも共にする覚悟がある友。 ある日、二人は身分を隠して王宮の外へ出る。 そこで美しい少女に出会い、不思議な感情を抱く。 少女の名前はサン(ユナ)。 高麗一のお金持ちの一人娘。 ウォンはサンの素直さに惹かれ、友情が芽生えるが、これがすべての悲劇の始まりだった…。 ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになる。 しかし、リンもサンに思いを寄せていることに気づき、激しく嫉妬する。 サンの美しさが二人の男性の心を奪い、永遠に続くと信じていた二人の友情が崩れ始め…。 ウォンの表情が豊かで、ウォンが嬉しい時は私も笑顔になるし、辛く寂しいときは涙が出ます。 ウォンが優しくてとても切ない分、幸せになってもらいたいな。 何故、王は愛するなのかが理解できました。 やっぱり王は孤独でないといけないのかな。 世子だから、リンにサンをお願いするしかないし、やっぱり女子は近くで守ってくれる人に惹かれちゃいますよね。 ウォンの「近くで守ってあげられない寂しさ」を考えたらウォン派になってしまいました。 私はイムシワンさんが好きなので、 ウォンサン派でした。 ラストはとても切なかったです。 いつまでも切なく心に残ります。 カッコイイ役者さんがたくさん出てくるドラマです。 ドラマの中盤、リンがかっこよくサンを助けるシーンもたくさんあって、リンにも惹かれますね。 主演はリンだったっけ?って何度も思いました。 シワンさんはとても魅力的な方ですね。 怒りの演技も涙の演技も素晴らしかったです。 すごくカッコいい 良かったしステキでしたが ユナと結ばれなったから 残念でした。 最後ハッピーで終わる事 楽しみにしていましたが。 木琴みたいなのをコロコロさせて心ここにあらずの顔がたまりません。 見守る系の役+友情に熱いところも。 背が高くてスタイルよいので、黒髪長髪似合っています。 観てるとなんだか苦しい。 けど、まあまあ面白かった。 他の出演者さん達も、とてもいい。 音楽、映像も美しいので見る価値あり。 ありそうでない展開で。 物語が進むに連れただの三角関係でないお互いがお互いを思いやる切なさ。 最後のシワン君の表情がたまりませんでした。 俳優人、物語にハマってしまって、一気に見てしまいました。 主役のイムシワンの演技が光ってて周りの俳優さんたちの演技も最高です。 ジョンヒョンその他の俳優も、上手で、全話、どのシーンも挿入の音楽を含め、情感に溢れ、何度観てもあきません。 名作だと思います。

次の

韓国ドラマ【王は愛する】の相関図とキャスト情報

王 は 愛する

永遠をも辞さないはずのその固い絆を、いとも簡単に崩し去る力がある!その力はあまりにも美しく、また放っておけない魅力があった。 そして男たちはすれ違い、苦渋と葛藤の日々に突入していく・・。 歴史は彼の父であるチュンリョル王、母である元のウォンソン公主の話だけ記録している。 記録によれば、彼らは祖国の違いから葛藤が深く、歴史に振り回され思うように愛することも出来ない家族だったという。 そんな家庭で生まれたチュンソン王、ワン・ウォンには記録されなかった美しく凄然な縁があった。 人を愛することを描くストーリー 二人の男性と一人の女性の物語。 愛の成功とは何だろう?一人の男が一人の女を、または一人の女を一人の男が。 他の競争者を蹴散らし所有すること?所有を超えた愛の物語を描こうと思う。 人が別の人を心から愛する方法を学んでみよう。 自分に向けた愛ではなく他人に対する愛は、より苦しく深いと思う。 あらすじ 高麗王・忠烈王の子として育ったワン・ウォンは、子供の頃から難しい人生を強いられます。 それは、実の両親が熾烈な権力闘争を繰り広げるという状況です。 父は生粋の高麗人ですが、母は元皇帝の娘であったため、施政に対する見解が一致しなかったのです。 そしてそんな二人の息子に生まれたウォンも。 ハーフの子であることから、様々な軋轢に巻き込まれたのです。 一方、ウォンには心から信頼する唯一無二の親友がいました。 それは王族の家に生まれたワン・リンですが、ウォンはいつもこのリンと行動を共にしていました。 しかしそんなあるとき、二人の前にウン・サンという娘が現れます。 彼女は高麗一のお金持ち、ウン・ヨンベクの娘でしたが、勝気な性格が魅力的で、すぐに二人を虜にします。 そしてこのことがきっかけとなり、ウォンとリンの友情は大きく揺らぐことになります。 やがてウォンとリンは本気でサンを愛するようになり、対立を深めていくのでした...。 最大の見どころは、主人公のワン・ウォンとその部下、ワン・リンの友情関係の軌跡です。 固い絆を結んでいたはずの二人が、お金持ちの娘・サンの登場によって激しく揺さぶられる姿は、せつなくも興味をそそるものがあります。

次の

韓国ドラマ「王は愛する」感想 / イム・シワン主演 若者3人の美しい恋と友情に心温まる物語

王 は 愛する

王は愛する あらすじ概要 まずは概要って事で「王は愛する」の大まかなあらすじです。 ワン・ウォンは3歳にして世子となり、皇帝の孫であるウォンは父に恐れられ、夫婦仲の悪い両親のもと、寂しい幼少期を送る。 監獄のような王宮生活でウォンが12歳のときに出会った友ワン・リン。 弱々しく泣いている世子を気の毒に思ったリンは、彼に飴玉を与え、世子と打ち解ける。 皇帝の目の色を伺い怯えた暮らしを送らなければならない忠烈王は、政治にあまり興味を示さず狩猟に興じていた。 民の土地を焼き払い狩猟場にするという蛮行を繰り返す王の評判は悪く、父王の悪口は下々の者からウォンの耳に入る。 民の暮らしを自分の目で確かめたいと願った彼は、リンに頼んで宮殿を抜け出し、生き生きとした民の暮らしに興味を持つ。 ある日、いつものようにリンと市中を駆け回っていた世子は、武器を運んでいる怪しい男を見つけ、二人の行方を尾行する。 彼らが向かった先は盗賊のアジト。 そこでは大府寺の長ウン・ヨンベクを襲う計画が練られていた。 リンは役人を呼びにいこうとするが、ウン・ヨンベクの私兵は王の宿衛軍もかなわないほど強いと聞いた世子は、自分の目で確かめたいと護衛を連れて盗賊のあとをつける。 リンの兄ワン・ジョンは世子の座を狙い、巨額な富を得るためヨンベクの娘を手に入れようとしていた。 盗賊を雇い、一行が襲われているところへ颯爽と現われてお嬢様を守るというシナリオであったが、娘ウン・サンは、荘園を見ようと輿を降りており、手薄になった私兵は全滅、輿に乗っていた奥方が斬られてしまう。 ワン・ジョンが現場についたときには、侍女を守ろうとしたお嬢様が顔に刀を受け、血まみれの状態で倒れていた。 ジョンは、重傷を負った彼女を助けウン家に連れていくが、高価なかんざしを挿し、絹衣を着ていた女性はウン・サンではなく侍女のほうだった。 妻を殺され、娘を狙われたヨンベクは、侍女ピヨンをそのままウン家の長女として育て、我が子サンは遠い地に逃がす。 現場にいたウォンは、私兵の強さに魅了され楽しく観賞していたが、盗賊が皆殺しにされたあと、黒装束の集団が舞い降り、私兵を斬殺、奥方を斬りつけてしまった。 護衛は世子から離れようとせず、世子はヨンベク商団が全滅するのを黙って見ているしかなかった。 刺客が去り、奥方を助けようとした世子だが、彼女は虫の息。 娘に遺言を伝えてほしいと世子に託し、息を引き取ってしまう。 役人を呼んでいればこんなことにはならなかったのに。 世子は責任を感じ、母親を亡くしたウン・サンに直接会って遺言を伝えようとするが、重傷のお嬢様と直接会えるはずもなく、屋敷にいた同じ年頃の女性を侍女だと勘違いし、彼女に遺言を託す。 父王に疎まれ、重臣に忌み嫌われている世子は、生きる意味が見つからず高名な学者イ・スンヒュに、この世を去るべきかと答えを求めにいく。 都から遠く離れたトゥゲ山に庵を構えていたイ・スンヒュ。 そこには、彼を慕う弟子たちが100人近く集まり、世子はひときわ輝いている女性ソファに出会う。 彼女は、7年前に会った、あの時の侍女。 美しい容姿に似合わず山猿のような彼女に、世子は俺のものだとなれなれしく振れる。 身分を隠していた世子はハンチョンと名乗り、リンはスインと名を偽って、ソファがヨンベクの娘とは知らず3人の友情は深まるが、死を望むハンチョンの心の傷に気付いたソファは彼に惹かれていく。 世子と同じようにソファに魅了されたリンもまた、思いが抑えきれなくなり視線は彼女を追ってしまう。 彼の痛々しい思いを知ってしまったソファは、リンのことも無視できなくなり、二人の間で気持ちは揺れる。 先王妃の甥であるワン・リン。 謀反を起こせば王になることも可能な家柄でありながら、世子に命を捧げてきたリン。 友情か愛情か、信頼か裏切りか。 愛する女性を手に入れるために二人のとった行動は・・・。

次の