吉田沙保里名言。 吉田沙保里の名言格言集│名言格言.NET

吉田沙保里伝説まとめ!ほぼ全てが事実という伝説のレスリング選手!

吉田沙保里名言

吉田沙保里の戦績と山本聖子の関係とは?霊長類最強の名言集 吉田沙保里の戦績と山本聖子の関係とは?連勝開始と因縁の終止符 吉田沙保里は、日本が世界に誇るレスリング女子選手。 「霊長類最強女子」の異名をもつ吉田沙保里の強さは桁外れで、その連勝記録は3ケタに及んでいます。 そんな吉田沙保里の因縁ともいうべきライバルの1人に、山本聖子がいます。 山本聖子は、1980年生まれで、吉田沙保里より2歳年上のレスリング女子選手です。 父も、姉も、兄も元レスリング選手という、レスリング一家の末っ子として育ちました。 これまでに世界選手権で4回優勝している山本聖子ですが、オリンピックへの出場経験はありません。 オリンピック代表の座を目指す山本聖子の前に立ちはだかっていたのが、吉田沙保里でした。 吉田沙保里の怒濤の連勝記録は、2002年のジャパンクイーンズカップで、当時の世界王者だった山本聖子を破ったところから始まります。 2002年は、山本聖子打倒から勢いづいた吉田沙保里が、アジア大会、世界選手権、全日本選手権で優勝。 2003年も世界選手権、ワールドカップで優勝します。 そして迎えたのが、2004年のアテネ五輪レスリング女子代表選考会でした。 山本聖子は、代表選考会を兼ねたジャパンクイーンズカップの55kg級に出場し、同じ階級の吉田沙保里が、再びこれを破ります。 順当にアテネ五輪代表の座を獲得した吉田沙保里は、その後も連勝が止まらず、金メダルラッシュが続きました。 ところが2016年、リオオリンピックで、吉田沙保里の連勝記録がストップしました。 吉田沙保里に逆転勝ちし、念願の金メダルを獲得したのは、アメリカのヘレン・マルーリス。 実は、山本聖子の元教え子でした。 山本聖子を破って始まった吉田沙保里の連勝記録が、山本聖子の元教え子によって止められたのです。 メディアでも、その関係がフォーカスされ、大きな話題となりました。 吉田沙保里、霊長類最強の名言集!「負けて強くなってきた」 吉田沙保里のレスリング一筋の人生は、多くの名言も生み出しています。 ここまで打ち込んできたからこそ言えるという言葉や、吉田沙保里だからこそ、味わい深い言葉など、数ある名言の中から5つご紹介。 1つめは、「目標や夢は、早い内からあるとチャンスが広がります。 最後まで諦めない人になってください」。 3歳からレスリングを始めた吉田沙保里。 最初のうちは、自分の意志というよりも、日課として与えられた練習に過ぎませんでした。 しかし、続けているうちに、柔道の「ヤワラちゃん」こと谷亮子の金メダルを見て、「自分も金メダルが欲しい」と思ったそうです。 目標や夢の実現には、それを達成するための努力と時間が必要です。 だからこそ、後回しにしていないで、すぐに始めること。 そして、最後まで諦めないことが肝要なのだと教えてくれます。 2つめは、「私は、負けて強くなってきたんです」。 3ケタに及ぶ連勝記録などのギネス記録ばかり注目される吉田沙保里ですが、その強さの本質は、負けることにあったといいます。 とても負けず嫌いな性格だという吉田沙保里。 山本聖子を打ち破って樹立した連勝記録の前には、実は山本聖子に敗北したこともありました。 山本聖子に負けて、それをバネにしたからこその強さだったのですね。 3つめは、「勝ちたいという感情ですら邪念」という名言です。 練習でも試合でも、とにかくそこに集中することの重要性を説いています。 レスリング女子日本代表の合宿は、外国人の代表選手が音を上げて帰国してしまうほどの過酷さです。 その過酷な練習に、非常に高い集中力で臨み続けるときには、「勝ちたい」というアスリート本来の感情ですら邪魔とは驚かされます。 4つめは、人気の高い名言。 「カワイイ外国人選手と戦うときは集中力が上がりますね……ブン投げてやるって」。 日頃は「かわいい」や「きれい」以前に、「強い」が前面に出てしまう吉田沙保里ならではの言葉です。 そうした世間の目線をよく理解し、ユーモアにくるんで表現する吉田沙保里には、愛らしさはもちろんのこと、頭の良さも感じさせられます。 5つめは、怖いものは何かと聞かれた時の回答です。 曰く、「おばけとかジェットコースターとかダメです」。 あまりにもありがちな回答には、聞いていた皆が「えっ?」となることでしょう。 霊長類最強女子と呼ばれる吉田沙保里を、試合以外で倒したいならば、お化け屋敷かジェットコースターに連れていけば良いということになりそうです。 連れ込む前に張り倒されてしまいそうではありますが。 吉田沙保里のプロフィール!亡き父・栄勝への想いが熱かった! 吉田沙保里のプロフィール!3歳から始めたレスリングで世界制覇 吉田沙保里は、1982年10月5日、三重県に生まれました。 元レスリング選手で、その後は指導者となった父親・栄勝の指導のもと、3歳でレスリングを始めます。 三重県立久居高等学校を卒業した後は、中京女子大学(現在の至学館大学)へ。 大学卒業後も、練習拠点を同大学に置いてきました。 吉田沙保里の圧倒的な戦績は、言わずと知れたものです。 レスリング女子の個人戦では、世界大会16連覇、206連勝を飾っています。 さかのぼって2012年9月の時点で、すでに、史上最多となる世界選手権10連覇および世界大会13大会連続優勝という記録を打ち立てている吉田沙保里。 これは、「霊長類最強の男」と言われたカレリンの記録を上回るもので、そこから、吉田沙保里は、「霊長類最強女子」という異名を得ました。 これらの実績が認められ、吉田沙保里は、国民栄誉賞や紫綬褒章も受章しています。 吉田沙保里の連勝記録がストップしたのは、2016年のリオオリンピックです。 連覇ならず銀メダルとなり、吉田沙保里も対戦相手のマルーリスも、それぞれの思いでマット上に泣き崩れていた姿が印象的でした。 現在、吉田沙保里は、現役を続けながらも、レスリング女子日本代表コーチも務めています。 また、2016年11月より、母校である至学館大学の副学長にも就任しました。 吉田沙保里の亡き父・栄勝への想いが熱かった!親子で勝ち取ってきた金メダルと東京オリンピック 吉田沙保里の父・吉田栄勝は、高校時代にレスリングと出会い、専修大学に入学してからは、フリースタイル57kg級の選手として活躍しました。 大学卒業後は、ジュニア向けの道場を開き、多くの子供たちにレスリングを指導。 吉田沙保里も、その子供たちの1人でした。 2009年にレスリング女子日本代表コーチに就任した父・栄勝は、翌2010年にはアジア選手権で女子チーム監督を務めます。 吉田沙保里が出場した2012年のロンドンオリンピックにも、女子代表チームのコーチとして参加しました。 そんな矢先、吉田栄勝が急逝したのは、2014年3月11日。 クモ膜下出血でした。 知らせを受けた吉田沙保里は、東京での代表合宿参加を中止して帰省し、父・吉田栄勝の姿を見て、「ただ泣くだけの状況」だったといいます。 家族からも、日本レスリング協会からも、取材自粛要請があり、約1週間後に予定されていた大会への出場、ひいては現役続行を危ぶむ声すらありました。 しかし、蓋を開けてみれば、レスリング国別対抗団体戦女子ワールドカップで2年ぶりの圧勝。 吉田沙保里は、父・栄勝直伝の高速タックルを父の形見として戦いました。 2016年のリオオリンピックで敗れた際は、父・栄勝と約束したオリンピック4連覇を達成できず、「金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」と号泣した吉田沙保里。 時間をおいて気を取り直した吉田沙保里は、父・栄勝に、「私をここまで育ててくれてありがとう」と感謝の言葉を贈り、2020年の東京オリンピック出場を目指して現役続行を表明しています。 吉田沙保里が時代劇に登場?!ドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」で着物姿を披露 吉田沙保里が、NHK・BSプレミアムで放送されるドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」に出演します。 代表選手のユニフォーム姿や、シングレット姿ではなく、なんと着物姿の吉田沙保里が登場します。 「幕末グルメ ブシメシ!」の原作は、土山しげるのマンガ「勤番グルメ ブシメシ!」。 料理侍・酒田伴四郎(瀬戸康史)が、高野藩藩主・松平茂照(草刈正雄)の参勤交代で江戸を訪れ、殿や同輩、町娘などの悩みを料理で解決していくという物語です。 吉田沙保里が演じるのは、江戸の人気店である鶏鍋「きじや」の常連客であり、その看板娘・お羽(草刈麻有)の幼なじみでもあるお里。 軍鶏鍋が好物で、大店の後継娘として婚活中でもあります。 時代劇初挑戦ながら、共演者の草刈正雄から演技のアドバイスをもらい、奮闘したと語りました。 ドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」は、2017年1月10日より、毎週火曜日、午後11時15分から全8回の放送です。 「演技も、タックルも、勇気を持って挑む気持ちは同じ」と言う吉田沙保里は、「ORICON STYLE クイーン・アワード 2016 好きなスポーツ選手」の女性部門で、1位を獲得するなど相変わらずの人気ぶり。 2017年の初春は、着物姿の吉田沙保里とともに、温かい季節の訪れを待ってみるのも素敵ですね。

次の

吉田沙保里

吉田沙保里名言

吉田沙保里は55kg級の女子レスリング選手で、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンのオリンピック3大会で金メダルを獲得。 さらに世界選手権は2002、2003、2005〜20015年と13回優勝。 世界大会を16回制し、2004年アテネ・オリンピックから2015年世界選手権まで世界大会を13連覇するという偉業を達成した。 光速の異名もある弾丸タックルを得意とする。 1982年三重県津市に生まれる。 父吉田栄勝はレスリングの元全日本王者で、アジア選手権で銀メダルを獲得している。 父はレスリング道場を開いており、吉田沙保里はその影響で3歳からレスリングを始めた。 三重県立久居高等学校在学中の1998年、全日本選手権51kg級で準優勝する活躍を見せ、レスリングの強豪校・中京女子大学(現・至学館大学)に進学。 2000年と2001年の世界ジュニア選手権を58kg級で2連覇する。 2002年にはジャパンクイーンズカップ、アジア大会、世界選手権、全日本選手権の55キロ級に出場して、全てで優勝を果たすという躍進を遂げ、一躍トップ選手となった。 2003年にも世界選手権、ワールドカップで優勝した。 大学卒業後は綜合警備保障 ALSOK に所属してレスリングを続ける。 2004年のアテネオリンピックでは決勝でカナダのバービークを下して金メダルを獲得した。 そこから吉田沙保里は快進撃を続け、翌2005年から2015年まで世界選手権を10連覇。 2008年の北京オリンピック、2012年のロンドンオリンピックでも金メダルを獲得し、世界大会を13連覇するという驚異的な活躍を見せた。 2012年のロンドンオリンピックでは日本選手団の旗手も務めた。 2012年には国民栄誉賞も受賞した。 2016年リオデジャネイロオリンピックでは、決勝でアメリカのヘレン・マルーリスと対戦して敗れ、準優勝に終わり、オリンピック4連覇の夢がついえるとともに、世界大会の連勝記録は13でストップ、個人戦の連勝記録も206で途絶えた。 リオデジャネイロオリンピック後、去就が注目されたが、2020年東京オリンピックを目指して現役続行を表明。 一方で女子レスリングの日本代表コーチにも就任した。 2016年からは2018年までは母校の至学館大学で副学長も務めた。 Copyright C コトバのチカラ. JP ALL RIGHTS RESERVED.

次の

吉田沙保里伝説まとめ!ほぼ全てが事実という伝説のレスリング選手!

吉田沙保里名言

吉田沙保里とは、の選手であり、 である。 の階級はkで、 選手権13連覇中(2002・2003・~) 、4連覇中(2002~)、本選手権12連覇中(2002~、2002・・は最優秀選手として受賞)。 加えて、 3連覇(2004アテネ・・)、個人戦連勝(2~)を果たした。 にはを受賞している。 「 霊長類」「 女」などの異名を誇る。 概要 ・栄勝が導者であったため幼少からを始め、頭を現す。 ・のカデット選手権、・の選手権と連覇し、のズ で当時のとして君臨していた子を破ると、破の勢いで選手権、選手権でもして新時代のとなった。 その後10年以上経っても「新時代」のままなのは秘密である。 その後選手権は、・・・バ・・ニング・・・ススントリー・ト・タシュ・でそれぞれし、11連覇している。 においても初出場となったアテネ大会を圧倒的な強さですると、大会、大会として3連覇を達成した。 のでは選手団の将 を務め、のや競泳のらと並んで獲得の筆頭に挙げられていた。 加えて自身の競技前日には「王者の苦しさ」を共有し続けてきた調がkにおいて人初・競技初・選手初となる4連覇を達成し、他の2選手もを獲得したことでへの期待とは計り知れないものとなっていた。 そして(現地時間)、今年最初の試合となったでは圧倒的な強さを発揮して順当に決勝まで進んだ。 決勝の相手はの選手権k王者の・マ()である。 の制したkこそ、からまで選手権を連覇し続けてのグラウンドである。 の決勝では当時20歳の俊英マにを連覇したがル勝ちして返り討ちにしていた。 選手権どうし、4年ぶりの対決となった決勝は前半がしたものの、後半逆転され1-4でした。 大会の個人戦では初めてのである。 かつて較されてきたと同じく、の強さを誇りながら4連覇を賭けたで尽きたのであった。 そして、最初の大会でしてに名を刻んだ選手の一人こそ、吉田沙保里その人である。 がで敗れた2年強後の、自身のにて現役を発表。 高速タックル 圧倒的なを持つの中でも代表的な技とされるのが、の高速である。 一般的にのは崩し、すかしなど虚を突く動作が必要なため、ほんのわずかだが小さな前兆のモーションが生まれる。 しかしのなう高速は、ほぼ全なモーションでのとなる。 のモーションがい上、を始めた間から相手の足をつかみ懐に飛び込むまでの時間が他の選手よりも圧倒的にい。 この二つの要素から成り立つ高速がの強さの徴である。 強すぎるはごろから中のから研究しつくされ、たどり着いた結論が「自分から攻めず、守りにしてのみを狙う」であった。 のは相手の動きに条件反射の様に飛び込むであるため、通常の攻めの状態では間違いなくに入られてしまう。 よって、はじめから守ればを取られる事はくを取れるだろうという結論に至ったのである。 、ではの対戦相手は時間やで焦っているときを除きまったく攻めに来ない状態であった。 攻めに来ない相手に前の大会で一度苦杯をなめたは対策を練り、ではその強さをいかんなく発揮してを飾った。 強い!絶対に強い! 連勝記録や数などを見るものがあり、あまりの強さに相手はを恐れて守ることしかできなくなってしまう。 負けがあるにしても受け皿の広いkで他の選手との違う強さを見せ、勝ち続ける姿は驚異的であった。 その姿はkで3連覇・選手権9連覇ととして君臨したを彷彿とさせる……と言われてきたが、 3連覇はに並ぶ偉業であり、選手権連覇数は既に抜いて記録をし続けている。 というあまりに高すぎるのために、他の階級に移った選手は少なくない。 調は露出の少なさからの陰に隠れがちだが、こちらもまた「化け物」である。 調は時代にに苦戦し 、kに階級を上げた。 やがてこちらも「不敗」と称されるようになり、 ではアテネ大会から大会まで初、選手初、なに選手初の4連覇を達成し、の選手権で11連覇してを全に駕した。 連勝記録もまで個人・団体戦通じて連勝を達成している(不戦敗を除くと連勝)。 日登美などは極端な例で、自身の階級であるkがになかった上、下の階級であるkにはがいたことがあってに出場するためにはのkに挑まざるを得なかった。 自身の階級では6度の選手権を誇りながらもkではに破れ続け、出場はかなわずにした。 しかし、のを受けてにkで現役復帰し、0・の選手権を連覇した上翌年のでしている。 更に言えば、kでを獲得した紗子もkに調がいるがゆえに階級を移した結果のであり、こちらも間接的にのを受けているといえよう。 このように、に勝てずに階級を変更した結果選手権やを制する選手、そしてもちろんにあこがれてに励む選手がこの10数年の間に多数存在し、自身の階級のみならずの全体を高なものに押し上げていると言っても過言ではないだろう。 に開催されたでは もに勝てないことがになったための出場選手を増やして種として存続を図るためにの階級が増え、kが消滅して周辺の階級はkg・kg・kgとなった。 更に、大会では、kg・kg・56kgにされることが際連盟において提案されている。 一般的に減量・増量は選手にとって苦しいものであるが、従来kgの規定より少ない体重で勝ち続け、むしろ増量に苦しんできたというにとってはkgへの移行はむしろ好都合であり、選手にとって大きなとなりうる階級変更ですら敵ではないようである。 、階級移行後初めての選手権となったタシュ大会でもすると、大会でも連覇した。 なお、とを突き合わせて数え上げてみると、までの生涯戦績は 勝15敗=0. 2となる。 負けの内訳は3敗の年が1年(2)、2敗が4年(19・19・1・)、1敗した年が4年(19・・2・6)であり、 年のうち13年は敗であった。 また、決勝以前に個人戦でしたのはの本選手権決勝における子戦までさかのぼり、以後 個人戦連勝を達成した。 なお、 世紀に入ってからまでの競技成績は勝6敗=0. 10である。 また、以降 個人戦・団体戦含めてに勝った選手は4人、3人と、で7人しかいない。 このうち最も負け数が多いのが子で、が選手権に初出場した以前の対戦が多いとはいえ5勝5敗と戦を繰り広げており、のズでの一戦は自身がに挙げている。 ここまでつらつらとの強さを述べてきたが、は10年以上にわたって中のからも付け狙われる存在であり続け、そのは常人の想像の及ぶものではないだろう。 その左に、の選手権ではしたにもかかわらず試合後のでは苦しさを吐露してを流し、でも決勝終了から表式に至るまで人をはばからずを流しという栄誉にもかかわらず号泣しながら謝罪した。 もリート以前に一人のであり、の時に見せるさもではなくの持つ本来の一面なのである。 また、では想像もできないが、が一線を退くことで界にも地殻変動が起きるだろう。 その他• に所属していたときにはを勤めており、やを出す場面はの間でもおなじみであった。 また、にはも果たした。 出な強さを持つだが、時代には 左腕を折した状態で大会に出場ししたことがある。 関連動画 関連コミュニティ 吉田沙保里に関するを紹介してください。 関連商品 関連項目• (2人がすればそのは……とされてきたが、室伏は一般とした)• ( どうしリートとして親交があり、の際にはもをめられた)• (・栄勝は部の1学年である) 脚注• は大会が開催されなかった。 はと統合されて本選抜選手権• 選手団の将は直近5大会連続でが獲得できないというがあった。 は初の将を務め、なしのを打ち破った。。 の千がに1勝しているが、自身は0勝2敗である。 からの除外であり、選手権などでは存続している。

次の