パソナ 竹中。 RAPT

竹中平蔵はなぜ日本国民の生活を破壊しようとするのか「生産性の低い人に残業代を出すのはおかしい」

パソナ 竹中

データの取得に失敗しました。 ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 データの取得に失敗しました。 ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 みなさん、見事に煽られています。 竹中氏は正直な人です。 経団連、および上級国民優遇政策をとる政権の本音を隠そうともしない人です。 彼の発言はつまり 「時間内に仕事が終わらない奴ってザコじゃん? そんなザコにお金あげてどうするの? そんな奴どうなったっていいじゃん」というものだと思います。 資本家の本音そのまんまです。 大抵の人が不愉快になるでしょうが、経営者の多くは似たようなことを考えています。 使えないバカにはビタ一文払いたくない、そして仕事のデキる奴もできれば安値で長時間こき使いたい、それが普通なんだと洗脳して転職や起業の選択肢を奪いたいと。 「使えないバカ=仕事ができない人の給料が低い」のは多くの人が「まあ、そらそうなるわな」と納得すると思います。 ただ問題は、経団連の求める水準を世の中にあてはめるとたいていの人が「使えないバカ」に分類されちゃうということです。 いま普通のサラリーマンって年収400万円とかですよ。 税金と年金引いたら多分300万円あるかないかってところです。 こんなので生活できないですよね。 でも経団連はもっと安く買い叩いたうえにすぐクビにできるようにしたいということです。 いずれにせよ竹中氏の発言は経団連に入るような経営者がどういう事を考えているかを知る上で非常に役に立つ方ではあると思います。 竹中平蔵の問題点はパソナ取締役会長である点 日本人を貧困に陥れようという野望に燃える竹中平蔵氏の問題点は、自らが人材派遣会社パソナのトップだということです。 つまり政治の世界に入り込んで日本の派遣社員を爆発的に増やしてきましたが、それが自らの利益でもあったと。 データの取得に失敗しました。 ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 ガッツリ陰謀論でドン引きする人もいると思うんですけど、否定はできない面があるからこの手の陰謀論が蔓延するわけで。 まあ日米関係が90年代後半からおかしくなったのと時を同じくして政権に近付いているというタイミングもあると思います。 管理人のコメント このようにネット民、いや日本国民のヘイトを買いまくっている竹中平蔵センセイですが、不思議なのは身近に「竹中先生、さすがにその発言は飛ばし過ぎじゃないすか?w」とたしなめる人がいないのかということです。 まあいないんでしょうね。 竹中氏もネット民を煽ろうとか、半端な覚悟で発言しているわけではなく心から思っていることを言っているのだと思います 一方で竹中氏に共感する層というのもいると思います。 いわゆる意識高い系というか。 末端の社員なのになぜか経営者目線の面倒くさい人たちです。 竹中氏の主張に賛成すると自分が偉くなったような万能感があるんですよね。 「竹中先生は言ってることは正しいよね」というと、自分がとても理知的で優れた人間であるということを周囲に示す効果があります。 少なくてもSNSなどでは。 欧米のように上級国民と一般国民による階級闘争にならず、こういう意識高い系竹中シンパが一般国民の中から出てきてしまうのが日本の真の問題なのかなあという気がいたします。

次の

トップメッセージ

パソナ 竹中

もう一つ、竹中平蔵ネタです。 本当にこの男、次から次へと面白いネタを提供してくれます。 つい先日、竹中平蔵がパソナに利益誘導しているとの日刊ゲンダイの記事をこのブログでもご紹介させていただきましたが、実はこの件について、竹中平蔵があるテレビ番組で真正面から追及されていた模様です。 しかも、その色をなして言い訳する姿は、明らかに「墓穴」を掘っていたとのことです。 (以下、より転載) 竹中平蔵パソナ会長 TV出演で顔を真っ赤にして逆ギレ 利益相反」批判に… いつもながら、この男の詭弁には呆れ果てる。 慶応大教授でパソナ会長の竹中平蔵のことだ。 人材派遣会社の経営者が政府の会議で雇用に関する政策を左右する。 その際の色をなして言い訳する姿は、明らかに「墓穴」を掘っていた。 学者や知識人、芸能人が10人ほど登場し、「安全保障」「雇用問題」「安倍政権」など比較的堅いテーマを討論する。 TVタックルみたいな番組だ。 そこで経済評論家の三橋貴明氏がこう問いただしたのだ。 「なぜ諮問会議などで民間議員という名の民間企業の経営者が、自分の会社の利益になるような提案をするのか」 これに竹中はシレッとこう答えた。 「それ(その考え)はおかしい。 企業の代表としてではなく、有識者として入っているんですよ」 「ならば企業の代表を辞めたらどうか」と突っ込まれると、「どうしてですか?」と逆質問。 揚げ句に自分のことを棚に上げてこう言い放った。 「(自分が入っている)経済財政諮問会議や産業競争力会議は違うが、政府の審議会は利益代表を集めた利益相反ばかりなんです。 「私はそれ(労働規制緩和)に対して何も参加していない。 派遣法について何も言っていない。 根拠のない言いがかりだ。 失礼だ!無礼だ!」 だが、この竹中の反論はウソだ。 竹中は昨年3月の産業競争力会議の場で、「労働移動支援助成金」の予算大幅アップを主張。 <今は、雇用調整助成金と労働移動への助成金の予算額が1000対5くらいだが、これを一気に逆転するようなイメージでやっていただけると信じている>と発言した結果、前年度の2億円が今年度は150倍の300億円に増額されたことを、先日、日刊ゲンダイ本紙は伝えた。 再就職支援のための巨額の税金がパソナなど人材サービス会社に流れるような発言をしながら、よく言うよ、である。 民間議員選考のシステム是正が急務です」(ジャーナリスト・佐々木実氏) これ以上、竹中に大きな顔をさせてはいけない。 (転載ここまで) しかし、こうまで怒りを露わにするということは、やはり内心、自分が悪いことをしていると分かっているという証拠でしょうね。 しかも、国民の目をうまく欺いていたつもりが実は全く欺けていなかったと知り、自分の無能さが露わになってしまった。 プライドの髙い彼からしてみれば、相当な屈辱だったことでしょう。 彼が国家的な詐欺師であることはもう国民の誰もが気付いています。 しかも、それがテレビでも堂々と報じられ、皆から袋叩きにされたということは、彼が半ば金融ユダヤ人から見放されつつあるという証なのではないでしょうか。 やはりパソナの麻薬接待の話が外に漏れたのがまずかったのかも知れません。 それこそ、お前は脇が甘いと言って金融ユダヤ人から陰でさんざんお叱りを受けているのではないでしょうか。 となると、竹中平蔵もまた近いうちに渡辺喜美のごとくあっさりと首を切られる可能性もなきにしもあらずです。 しかも、竹中平蔵の場合、渡辺喜美以上に逮捕できるネタが幾つも揃っているので、徹底的に叩きつぶすことができる。 もしかしたら、パソナにあからさまに利益誘導するような政策を作らせたのも、全ては竹中平蔵を罠にハメるための金融ユダヤ人の陰謀だったのではないでしょうか。 なんとなくそんな気がしてきました。 三橋貴明がラジオで竹中平蔵の暴露話をしたのも、金融ユダヤ人からの命令を受けてやったことだったのかも知れません。 ……ちょっと面白い展開になってきましたね。 - 716,084 views• - 513,419 views• - 433,368 views• - 376,524 views• - 373,353 views• - 371,480 views• - 327,826 views• - 315,535 views• - 310,777 views• - 308,159 views• - 289,812 views• - 274,007 views• - 255,941 views• - 255,032 views• - 254,062 views• - 253,438 views• - 246,384 views• - 244,557 views• - 237,353 views• - 234,827 views.

次の

竹中平蔵

パソナ 竹中

が今月末に打ち出す成長戦略第2弾に、早くも怪しい動きだ。 目玉政策のひとつ、女性登用促進策が政権メンバーの関連企業によって、すでに利権化している実態が分かった。 絡んでいるのは財務相と、産業競争力会議の民間議員で、人材派遣会社パソナの会長(慶大教授)。 成長戦略第2弾には女性の活躍促進のため、さまざまな新制度が盛り込まれる見込みだが、中でも派遣業界を喜ばせているのは、育児休暇中の代替要員の確保や復職の環境整備を行う企業への支援制度の拡充だ。 実はこの制度を先取りした国の事業で、麻生財務省や竹中氏と関係の深い派遣企業が利益を得ている。 その事業とは、経産省の外局、中小企業庁が昨年度から始めた「中小企業新戦力発掘プロジェクト」だ。 主婦をインターンとして受け入れた中小企業に1人あたり5000~7000円の助成金を支払う制度で、実務は民間に委託している。 昨年度は6社、今年度は7社が受託し、2年続けて竹中氏のパソナと、アソウ・ヒューマニーセンターが選ばれた。 アソウは麻生大臣の弟・泰代表が率いる福岡の人材派遣大手だ。 まるで、竹中氏と麻生大臣の関連企業が利権を山分けしているような構図である。

次の