簿記 予備校。 簿記予備校比較~口コミ6件

簿記2級に独学で合格する方法と予備校という選択肢【満点合格者の勉強法】

簿記 予備校

ちなみに、公認会計士受験生であれば、たとえ公認会計士試験に合格できない人であっても、簿記1級には楽々合格できたりします。 ) そんな感じで、簿記1級になると明らかにライバルのレベルが上がり、難易度がグッと高まります。 また、多くの簿記1級受験生は「予備校」を使いますので、 予備校よりも勉強効率の低い「独学」で合格するためには、かなりの基礎学力(頭の良さ)が必要とされるでしょう。 簿記2級までは、独学でも合格できてしまう人、結構多いですよね。 それは、ある程度(理解しなくても)丸暗記で対応できるためです。 しかし、簿記1級試験の内容は、 理解していなければ解けない応用的な問題が出題されます。 このような問題に対応するには、テキストを一人で読んで理解できる「 相当な理解力」が必要になります。 簿記1級試験の内容は、公認会計士試験における「会計学」と被っており、独学での取得は困難と言われています。 しかし、ごく一部、簿記1級に独学合格される方がいます。 共通するのは、良い大学を出ている点です。 (早稲田、慶応、東大の方が多いですね。 ) 勉強に対して抵抗がなく、効率よく学習のできる学力の高い方は、簿記1級を独学で目指す実力があるでしょう。 (土日問わず、毎日勉強した場合です。 ) 社会人の方が独学合格を目指される場合は、1年計画で勉強をした方が良いでしょう。 学生の方や、勉強に専念される方は、半年計画も視野に入りますね。 物理的に難しい方は、予備校を使うことで勉強時間を半分にすることも視野に入れてみましょう。 長丁場の受験勉強です。 そのため、 目的意識の強さが重要になります。 目的意識が弱いと、勉強を続けているうちに、 そんな時に、目的意識(つまり、なぜ簿記1級を取るのかという動機付け)が弱いと、勉強が面倒になってしまい、やがて勉強をしなくなってしまいます。 特に、独学で勉強をしていると、通常よりも「分からないこと」が多く、それ自体もやる気を削ぐ要因になってしまいます。 また、予備校に通っていると、一定のスケジュールで「授業」を受けなければならず、 強制的に学習環境に身をおくことができます。 しかし独学の場合はすべて「 自分次第」でして、かんたんに逃げることが出来てしまいます。 独学で簿記1級を取得するためには、「意志の強さ」または「簿記1級の取得に対する強い動機」が必要です。 この点は、簿記1級のメリットを知っておくと、予め目的意識を強くすることが出来ますね。 独学で勉強される場合、テキストだけしか信頼できる情報がありませんので、初めのテキスト選びで失敗すると大変です。 先述した「基礎学力の高い方」は、テキスト選びも上手な傾向にあります。 これは、過去の経験から「どんな教材が自分に合った教材なのか」を判別できるのだと思います。 なお、この点は「 万人向けの良い教材」というものが存在しますので、そちらは「」でご紹介しています。 ちなみに筆者の場合は 僕も簿記2級に合格した直後、簿記1級の独学を考えました。 しかし、書店でテキストを読んでみて「あ、これは無理だな…」と感じ、スクールを半年使って簿記1級を取得しました。 予備校を選択すると、10万円を失いますが、1年早く合格します。 独学を選択すると、お金はほとんど失いませんが、1年という時間を消費します。 僕の場合は、時間の方が大切だなと感じ、予備校を選択しました。 独学で簿記1級を取得するための勉強法 簿記1級は、簿記2級に比べて難易度がグンと高くなるので、 「効率」を意識した勉強がとっっっても大切です。 勉強が長期化すると「モチベーションが下がりやすい」というリスクも増加しますので、サクッと効率よく一発合格を目指すべきです。 ここでは、公認会計士の筆者が「おすすめの勉強法」をご紹介します。 (簿記1級専用) 独学勉強法その1 「覚え方」を工夫する 簿記1級は、 非常に範囲の広い試験です。 そのため、一度記憶した知識を、1年後・1年半後の本試験まで記憶し続けなければなりません。 「記憶し続ける」ためのコツは、2つです。 記憶し続けるコツ テキストを読み(インプット)、その後すぐに問題集を解く(アウトプット)クセを付けましょう。 たまに「今日はテキストを読む日。 明日は問題を解く日」といった感じで、 日を分けてしまう人がいますが、これは非常に効率が悪いです。 簿記2級まで合格された皆さんなら納得されると思いますが、簿記の知識は本当に すぐ忘れてしまいます。 下手をしたら、昨日暗記したことも平気で忘れます。 そのため、テキストを読んだ直後に問題集を解かなければ、テキストの内容を忘れてしまい、次回またテキストの読み直しからスタート…なんて非効率なことになってしまいます。 また、 記憶に残るタイミングで復習をすることも大切です。 簿記という学問は、なかなか1度で覚えることができません。 かといって、同じ問題を1週間毎日解き続けるのも、 やりすぎです。 (まだ忘れていない知識を覚えなおしても、意味がありません。 ) つまり、「記憶するための最適なタイミング」というものが存在します。 それが「 忘れた時に覚える」というタイミングです。 いつ忘れるのかは個人差がありますが、エビングハウスの忘却曲線や僕の経験則から、次のタイミングが一般の方にオススメできます。 オススメの復習タイミング 「え?最初から過去問?」という疑問が生まれそうですね。 重要なのは、「どんな問題が出るのかを知ること」です。 これがその後の効率的学習を大幅UPさせます。 過去問を解くのが一番労力を使いますので、モチベーションの高い初期に進めておきましょう、というお話です。 中期は、上述した勉強法(「覚え方の工夫」をご参照ください)をメインに、ひたすら学習をすすめます。 直前期は、本試験の直前3週間の期間をいいます。 この期間に「総復習」をする必要がありますので、この期間までに全範囲を終わらせることを目標にしましょう。 ちなみに、なぜ「3週間」なのかと言いますと、ヒトが連続して集中できるのは3週間が限度だからです。 つまり、 ラストスパートに3週間を使いましょう。 直前期にやるべき事は、「つまずいた部分を覚えなおす作業」です。 理解のスピードが倍になる• スケジュール管理が徹底される• モチベーションが維持できる• 教材の質が良い 最も大きなメリットは、スピーディな学習ができることです。 単純に、テキストを「読む」のと「聴く」のとでは、聴く方が圧倒的に早く進みます。 また、公認会計士や税理士の講師が分かりやすく解説するので、理解度も圧倒的に高くなり、記憶の質が高まります。 特に大手の予備校では「スケジュール管理」が徹底されているため、合格までの道筋がイメージしやすく、最後までモチベーションが継続します。 またお気付きの方もいるかもしれませんが、「独学合格できる方の特徴」で挙げた4つが、予備校に通うと手に入ります。 (逆に、独学合格できる方は、予備校のメリットを自分で生み出すことができる方です。 ) 安く予備校の授業を受けるには 大手の資格予備校(TACや大原)の費用は、大体15万円ほどです。 メリットを考えると安いのですが、現実的には一概に「安い」とも言い切れない料金ですね。 一方で、という大手予備校の場合、 10万円弱で講座が受講できます。 理由はシンプルで、「通学コース」がなく、全て「通信講座」だからです。 校舎などの固定費がかからない為、各段に安いわけですね。 今どきは、通学よりも通信で資格を取得する人の方が圧倒的多数ですし、通学するメリットはさほどないです。 僕自身もで簿記1級に合格しており、授業の内容は非常に分かりやすかったです。 今なら一部講義を 無料で試聴できるそうなので、試しに見てみるのも良いかもしれません。 まとめ:自分に合った学習スタイルを。 以上、簿記1級に独学で合格する人の特徴+独学の勉強法でした。 独学なのか、予備校なのか、ご自身に合った学習スタイルを選ぶことが、合格への近道につながります。 難易度や勉強時間など、ぜひ勉強を始める前に、しっかりと情報を集めることをオススメします。

次の

簿記1級の独学はかなり厳しい!予備校を効率的に使おう!

簿記 予備校

簿記一級の予備校について… 現在簿記2級の勉強をしており、将来的には簿記1級を取りたいと考えいるのですが、どの予備校を使うかで迷っています。 候補としてはネットスクールかCPA、大原あたりです。 Web講座です ネットの評判や会社の規模で言えばネットスクールだと思います。 しかし現在CPAのweb講座 2. 3級 を受講しており、授業時間が長かったり、サービスが大手より手薄だったりするものの、網羅的に、理論的に教えてくれるタイプであったり、テキストの例が多かったりと非常に合っています。 クレアールの3級を体験したことがありますが、あの手の必要最低限を効率的に習得していくという方式は致命的に向いていませんでした とはいえ、「1級は予備校の規模の差が顕著に出る」という意見も見かけます。 もちろん最後は自分で決めますが、皆さんのご意見を聞かせていただきたいです。 教材の分かりやすさではネットスクールだと思います。 私は3級合格時点ではネットスクールで合格しました。 ただし2級時点で事情がありTACを利用しました。 1級も同様です。 大原については私は教材に癖があり講義についても同様の癖があります。 TACについては私は教材を利用しましたが講義を受けようとする気はありませんでした。 TACの講義用のテキストはボリュームがあるのでテキスト以外からの出題はまずありえないと思いますが、講義をプラスしても決して効率がいいとは思いません。 TACは教材だけで十分だと思います。 CPAについては公認会計士試験等では結構有名ですが、簿記では有名ではありません。 実は私は全くしりませんでした。

次の

【2020最新】税理士の予備校・通信講座ランキング|主要8社を徹底比較!

簿記 予備校

web予備校: 2. 一方で、初学者の独学はやめた方が良いでしょう。 なぜなら、独学は モチベーションの維持がとにかく難しいので、ほとんどの人が途中挫折し、時間とお金を無駄にします。 また、簿記1級くらいの知識がないと、市販のテキストや問題集を購入して勉強をしたとしても、 学習が非効率になるからです。 受講料をケチるとしても、「中古サイト」や「市販テキスト・問題集」を購入することになり、少なくとも全部揃えれば 2万円くらいはします。 この金額をケチるくらいなら、スタディングを利用してモチベーションを維持しながら勉強をする方が、個人的には良いと思います。 大手の良さはにはいくつかありますが、代表的なものは下記 3つでしょう。 大手は合格レベルを知っている• こと大原とTACは、この水準を把握するのがとても上手です。 本試験を終えた後、各予備校は 模範解答を開示するとともに、「 ボーダーライン」と「 合格確実ライン」を発表します。 このラインの精度が大手はとても高いです。 一方、ネットスクールやLECなどは、ボーダーラインの設定や配点がおかしく、受験生全体のレベル感を掴めていません。 予備校が合格レベルの受験者のレベル感を把握していないと、受験生の 目標設定がおかしくなり、「 過剰」な勉強や「 過少」な勉強をする リスクが高くなり、短期合格から遠のきます。 したがって、大手予備校で勉強をしていれば、常に自分の「立ち位置や習熟度」を把握することができます。 3 サービスの水準が高い 他の予備校を受講すると分かりますが、やはり大手予備校は細かなサービスが行き届いていて、受講料が高いだけのことはあると思います。 財務諸表論は、5年も経つと微妙に内容が変わりますが、基本的に 簿記論は内容が変わりません。 また、簿記論の情報は、webや市販テキストで十分な情報が手に入ります。 つまり「情報量」という面においては、簿記論は独学も可能なほどの情報があります。 しかしながら、先の通り、初学で独学は「モチベーション維持」と「体系的理解」ができません。 それをカバーするのが、この「スタディング」であると私は思います。 知識が不十分な初学者が体系的に簿記を理解するには、紙面情報だけよりも、動画による方が良いです。 また、スタディングの講師は大手予備校出身ということもあり、説明が上手で、分かりやすく、悪くありません。 これに大手の「直前対策パック」を組み合わせれば、試験対策もバッチリなので何の問題もありません。 この「 自分ノート」を作るか否かが、その後の 簿記論の実力、勉強の負担、学習の進捗度合に大きく影響をしていきます。 なお、基本的には基礎系問題集を解くのはここで終わりです。 これ以上解くのは 時間の無駄になるため、この時点で段ボールの中などへしまった方が良いでしょう。 やるべき問題集だけを本棚に置き、不要な問題集を視界から消すことで精神的にも楽になります。 総合問題については何度も解いても良いと思いますので、勉強時間の確保ができる年末に総合問題を積極的に解くようにしましょう。 自分ノートとは? 自分ノートとは、自分が間違えたり、知識があいまいだと感じる部分をまとめたノートの事を言います。 インプット期(基礎期)では、 間違えた仕訳を単にノートに書き込みます。 例えば、次の画像は消費税の仕訳をノートに記載したものです。 したがって、 良い点を取るためにテストの実施を遅らせるのは絶対にやめましょう。 気持ち的には良い点を取りたいため、受講を遅らせたいと思うかもしれませんが、それは 試験対策としは有効ではありません。 もしある程度の実力が上がるまで受けたくないという人は、年末までテストを受けるのをやめましょう。 年末年始の過ごし方について 年末までは比較的スローペースで講義が進みますし、余裕を感じると思いますが、 年明け後は講義ペースが飛躍的にアップします。 講義後の復習量も増えるため、2月頃から少しずつフェイドアウトしていく初学者が出てきます。 そうならないためにも、年内の講義内容は年内に完結させることが大切です。 もし仕事や家庭の事情により、予備校のカリキュラムから遅れることになったら、 年末年始が挽回のチャンスです。 ほとんどの予備校では、12月の第2週(または第3週)以降から翌年1月の1週までは講義がありませんので、ここで一気に挽回します。 この数週間で総復習をかければまだまだ間に合います。 逆に、 これ以降はこれほどの挽回のチャンスはありません。 したがって、最後のチャンスと思って全力で挽回しましょう! 2. インプット後期:4月までの勉強方法 どの予備校も、年明け以降は講義ペースが上がり、講義内容もどんどん難しくなります。 この時期の目標は1つ。 直前期(5月以降)が始まるまでに インプットを完成させるです。 そのためには、前述の通り 基礎系問題集は2回解くだけ、 自分ノートを作るを厳守し、学習に時間的余裕を持ちながらの勉強を続けましょう。 なお、4月頃になるとインプットの終わりが見えてきて、徐々にテストの頻度が高まってきます。 この頃から次の問題集のどちらかを始めましょう。 通常の勉強に加え、土日祝日は次の問題を 1日1~2問解くようにします。 どちらの問題集も15問前後の問題から構成されていますので、4月初めから開始すれば本試験までに2周はできます。 本試験は魔物が住んでいると言いますが、皆さんはその魔物の正体は何だと思いますか? 私はこの魔物の正体は「 年に1度しかないという緊張感」と「 時間制限による緊張感」だと思います。 本試験は年に1度のため、勉強を一生懸命やってきた人ほど「 絶対に落ちたくない!」という思い、緊張します。 2時間という時間制限があるため、早読みしたり、思い込みで読み込みをし、普段では絶対にしないようなミスをします。 この「年に1度しかない」という魔物はある意味対策しようがありません。 むしろ勉強をした人ほどこの魔物が大きく見えるかもしれません。 しかし、これは ほぼ全ての受験生が同様に直面するため気にしてもしょうがないと思います。 一方「 時間制限」という魔物は対策をすることができます。 その対策は 模擬試験や過去問を大切に受けることです。 そもそも各模擬試験でたった1度しか経験できないものが何か分かりますか?それは「 問題を分析する時間」です。 これが「時間制限」の魔物の正体でもあります。 模擬試験の1回目と2回目以降の決定的な違いはこの「分析時間の有無」です。 この分析時間は「解く時間」と比べて圧倒的に短いですが、この 分析時間の適否が合否の半分を決すると言っても過言ではありません。 問題集を何度も、何度も解いても 分析する能力は鍛えられません。 (むしろ分析力は落ちるかもしれません。 ) ではどのように対策をするのか? それは 毎回の模擬試験を本試験さながらの緊張感で挑むことです。 では「本試験さながらの緊張感で挑むためにはどのようにするのか?」という更なる疑問が浮かびますが、その答えとしては、 模擬試験をたった1回しか受けれない試験だと認識することです。 筆者は次のことをして対策をしましたので参考にしてください。 こうすることで何気なく問題を解くよりも随分と緊張をします。• ただし、10分以上短くするのはあまり意味がないのでお勧めしません。 なお、全国公開模試などは普通に受けて自分の実力を知りましょう。• 個人的には これが一番大切だと思っています。 模試は全部解こうとしがちです。 全部解くことに慣れると、難問でも無駄に食らいつく癖が出ますし、取りどころの判断が下手になります。 なお「教室講義」のメリットは、毎回本試験のような環境で模試を受験できるので、そのような環境を求める人は「教室講義」を選択肢として持つのも良いでしょう。 自分なりの解き方の確立 本試験対策のもう1つの柱は「 自分なりの解き方の確立」です。 これは 受験テクニックとも大きく関係をする部分ですので、下記の記事を参考にしてください。 第1問・第2問・第3問の 解答順序• 各大問にかける時間(かけて良い最大の時間)• 時間がかかりやすい問題の分析• 時間をかけた割に 得点が伸びない問題の分析• 計算用紙の使い方• 分析時間や素読みの時間に充てる時間 例えば私の場合は、最終的に本試験に向けて次のような考え方を軸に、自分なりの解き方を確立しました。 第3問から解いた方が 得点が安定する• 第3問は最大で70分までかけても第1問、第2問は致命傷を負わない• 逆に第1問(または第2問)から始めると第3問で致命傷を負うことがある• 第1問や第2問は時間は掛かるけど、解けそうな問題があり 切り辛い• 推計問題は時間がかかる割に点数が伸びない• 連結会計は短時間で終わり、高得点が期待できる• 特殊商品販売は簡単なものとハマるものとが区別付きにくい• 計算用紙の使い方として、T勘定側は第3問だけで使い、第1問と第2問は極力計算用紙は使わず、問題用紙に直接書き込む• 第3問の素読み+計算用紙への転記に15分~20分かけても大丈夫 このように、自分なりの解き方を確立すると、解く問題の順番に迷うこともなく、各設問の「捨て問の判断」などもスムーズにできるようになり、ミスが少なくなります。 自分の解き方が確立すればするほど、得点は安定し、不測の事態にも強くなります。 少なくとも「消費税」や「固定資産税」のように1ミスが1発アウトに繋がるようなシビアな科目ではありません。 本試験までにしっかりと対策をし、自分なりの解き方を確立すれば9割以上合格することができると思います。 色々な意見はありますが、税理士試験は「努力が報われる試験」だと思います。 「 試験終了の声があるまで諦めない」。 これが簿記論合格(税理士試験合格)に最も必要なことだと最後にお伝えして終わります。 初学者の勉強方法 カテゴリー, タグ, カテゴリー• 22 タグ.

次の