田畑政治 名言。 『いだてん』田畑はヒトラーと会ったのか?

田畑政治の経歴プロフィール!浜松一中出身で東京オリンピックを誘致した男!|知りたがり夫婦の交換日記

田畑政治 名言

田端政治の功績とは?何をした人? 2019年の大河ドラマ「いだてん」で、「マラソンの父」と呼ばれた日本最初のオリンピック選手「金栗四三」とともに、主役を務めているのが、「田畑政治(たばた まさじ)」。 田畑政治さんとは、いったい何をした人なのでしょうか? 「田畑政治」の功績 田畑政治さんの功績を短く解説いたします。 1964年「東京オリンピック」を実現させた。 1928年「アムステルダム」1932年「ロサンゼルス」の両オリンピックで、日本水泳選手によるメダルラッシュに「日本代表監督」などで貢献した。 「水泳連盟会長」や「日本オリンピック委員会(JOC)会長」などを歴任した。 オリンピックのみならず、日本のスポーツ界への貢献が大きい方なのですね。 田端政治の「プロフィール」と「経歴」 プロフィール 名前 田畑政治(たばた まさじ) 生年月日 1898年(明治31年)12月1日 死没 1984年(昭和59年)8月25日(享年85歳) 出身地 静岡県 浜松市 成子町 最終学歴 東京帝国大学(現・東京大学) 経歴 大学卒業後に「朝日新聞社」に入社し、編集局政治部に配属。 その後、政治経済部長、常務を歴任。 その後は水泳指導者として活躍。 1932年の「ロサンゼルスオリンピック」では、「水泳監督」として日本水泳のメダルラッシュを支えました。 ちなみに「ロスオリンピック」で日本代表は「金メダル7個」「銀メダル7個」「銅メダル4個」で、国別順位は5位。 そのうち日本水泳は「金メダル5個」「銀メダル5個」「銅メダル2個」。 実に全メダルの「3分の2」を「水泳」で獲得しているのです。 1936年「ベルリンオリンピック」では、「大会本部役員」に就任。 その後は「第日本水泳連盟理事長」、戦後には「日本水泳連盟会長」を歴任。 1948年(昭和23年)には「朝日新聞」の代表取締役に就任。 昭和27年には朝日新聞社を退社。 その後もオリンピックとの関わりは深く、「メルボルンオリンピック」の「日本選手団団長」に。 「日本水泳連盟名誉会長」 「東京オリンピック組織委員会事務総長」 などを歴任し、東京オリンピック招致に大きく貢献。 その後は「JOC委員長」「JOC名誉委員長」を歴任し、「JOC功労賞」を授与。 日本のアスリートたちに対する貢献は、半端なものではありません。 田端政治の生涯年表! 1898年12月1日 静岡県浜松市成子町で「田畑政治」誕生 1912年(14歳) 「金栗四三」が「ストックホルムオリンピック」に出場。 1924年(26歳) 東京帝国大学卒業と同時に「朝日新聞社」に入社 (同年、パリオリンピックで金栗四三がマラソン参加・途中棄権におわる) 1928年(30歳) 「アムステルダムオリンピック」 1929年(31歳) 「大日本水上競技連盟専務理事」 1930年(32歳) 「大日本体育協会専務理事」 1932年(34歳) 「ロサンゼルスオリンピック」で「水泳監督」に就任 1936年(38歳) 「ベルリンオリンピック」で「大会本部役員」に就任 1939年(41歳) 「大日本水泳連盟理事長」に就任 1945年(47歳) 終戦 1946年(48歳) 「日本体育協会常務理事」に就任 1948年(50歳) 「日本水泳連盟会長」「日本オリンピック委員(JOC)総務主事」「朝日新聞代表取締役」を歴任 1951年(53歳) 「日本体育協会専務理事」就任 1952年(54歳) 「朝日新聞社」を退社 1956年(58歳) 「メルボルンオリンピック」の「日本選手団団長」を務める 1961年(63歳) 「日本水泳連盟名誉会長」「東京オリンピック組織委員会事務総長」に就任 1964年(66歳) 「東京オリンピック」開催 1971年(73歳) 「日本体育協会副会長」に就任 1973年(75歳) 「日本オリンピック委員長」に就任 1977年(79歳) 「日本オリンピック委員名誉委員長」に就任。 「日本オリンピック委員功労賞(銀賞)」を受賞 1984年8月25日 「田畑政治」逝去。 享年85歳 田畑政治が一役買った「日本復興の奇跡」と「三宅久之」氏の名言 「私は、戦後日本の焼け野原を知っている。 その後、日本は『オリンピック』をやったし、新幹線も走らせた。 (このような奇跡の復興を成し遂げたのだから、今現在の日本がどれほど窮地に追い込まれても)私は、日本は必ず復活すると信じている」 【 2011年11月15日】、82歳で亡くなられた元「毎日新聞」の記者であった政治評論家「 三宅久之(みやけ ひさゆき)」先生のお言葉です。 平成の日本・・・政治・官僚が腐敗し、バブル崩壊後の日本が次々と力を失っていく有様をみて、三宅先生はこのようにおっしゃっておられました。 「東京オリンピック」・・・・戦争で焼け野原となった日本が、その後わずか19年でオリンピックを実現させるほどにまで復興をとげたのは、まさに「東洋の奇跡」と呼べる一大イベントだったのでしょう。 言い方をかえれば、「復興」を決定的にしたのが「東京オリンピック」だったのかもしれません。 そしてその「東京オリンピック」招致を成功させたのが「田畑政治」さんなのです。 そう考えると、田畑政治さんの功績は「東京オリンピック招致に成功した」というだけではなく、「敗戦国日本の復活を決定的にした」とも言えるのかもしれません。 『田畑政治』について、レビュー 評論 ! 2019年の大河ドラマ「いだてん」で、俳優「阿部サダヲ」さんが演じる「田畑政治」さんが主人公となっています。 阿部サダヲさんが言うには、「田畑政治」さんという人は、かなり口の回る方だったようですね。 マシンガントークで相手を説得する力を持っていたのだとか。 その反面、「策略家」としての一面もあり、数々の策略を張り巡らせて、日本のアスリートたちの実力を世界にアピールし、戦前戦後の「日本アスリート」の底上げを図っておられます。 「田畑政治」さん・・・。 もうひとりの大河ドラマ主人公。 日本最初のオリンピック選手「金栗四三」さんに比べたら、かなり知名度は低いですが、貢献度は決して「金栗四三」さんにも負けないものがあるのではないでしょうか。 まとめ 本日の記事をまとめますと• 田畑政治さんは、東京オリンピック招致に貢献した人物。 田畑さんは、オリンピック招致のみならず、水泳指導者として、オリンピックメダル獲得に貢献した。 オリンピック招致とは、戦後日本の復興を決定的にしたものであり、貢献度は計り知れないのではないだろうか。 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。 よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。 ありがとうございました 「いだてん」関連記事 よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。 これらの記事でも大河ドラマ「いだてん」登場人物の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。 「田畑政治」関連記事.

次の

【田畑政治とは】経歴・プロフィールを簡単紹介!その生涯と功績がスゴイ

田畑政治 名言

1940年東京五輪の招致運動に活用された写真集「日本」=筑波大学附属図書館所蔵 結局は戦争で「幻」に終わったが、1940年に東京で初めてのオリンピックが開かれるはずだった。 その招致運動をしていた「まーちゃん」こと田畑政治たちは、日本の良さを海外にアピールするために、分厚い写真集を作成した。 タイトルは「日本」。 それを大きな木箱に詰めて運び、1935年にノルウェーのオスロで開催された国際オリンピック協会(IOC)の総会に出席した委員たちに配った。 『いだてん』では、この「日本」を田畑が編集するシーンがあった。 朝日新聞の同僚たちを自宅に集め、麻生久美子演じる妻・菊枝が作った握り飯をほおばりながら、写真を選んでいく。 タイトルについて、いくつか意見が交わされる中、田畑は「日本」がいいと声高く言う。 ドラマのもう一人の主人公、中村勘九郎演じる金栗四三が、1912年のストックホルム五輪で入場行進するにあたって、プラカードの表記をジャパンではなく「日本とすべきだ」と強く主張した。 田畑が「日本」と決める場面は、金栗のあのシーンと対になるものだろう。 この写真集「日本」は、しかし、朝日新聞社が作成したものではない。 金栗の母校である東京高等師範学校の流れを汲む筑波大学の附属図書館(茨城県つくば市)では、所蔵する「日本」の現物を、2019年12月6日まで(11月24日除く)、「」で、様々なオリンピック関連資料とともに展示している(会場は筑波大学中央図書館新館1階の貴重書展示室、午前9時~午後5時、入場無料)。 中のページのデジタル複写画像も見ることができる。 同展図録によると、「日本」は1935年初めに東京市の市設案内所により作成された。 写真の提供元には東京朝日新聞社もあるが、他の新聞社や機関もある。

次の

田畑政治の経歴と家系図について!妻と息子は?名言もチェック!

田畑政治 名言

川島正次郎役をいだてんで浅野忠信が演じる! 戦前〜戦後にかけて活躍した大物政治家の川島正次郎役を、今回大河ドラマ『 いだてん』では、俳優であり音楽家として活躍される 浅野忠信さんが演じられます。 川島正次郎は、好んでナンバー2のポジションにいた人物で、自民党幹事長、副総裁に長く君臨した男です。 役どころは、自民党幹事長で初のオリンピック担当大臣。 浅野忠信さんは「 川島正次郎は田畑政治と違う目線でオリンピックを見ている男。 」と、役柄を紹介されています。 川島正次郎の写真を見てみると、なかなか素敵なおじさまで、人に好かれそうな感じもありつつ、どこかミステリアスな感じで、裏で何か手をまわしてる。 って言われたら見えなくもない感じのオーラがある方です。 (笑) この役は演技力があっても結構難しそうに思いますが、浅野忠信さんがキャスティングされたと聞いて、ビビッ!ときました。 合ってる!って。 浅野忠信さんて、落ち着きがあって素敵でいつまでも見とけるくらいカッコイイですし、人からもちろん好かれそうですが、 プライベートは全く想像できませんよね。 良くも悪くも想像を楽しめちゃう芸能人としては、花丸(はなまる)な方です。 (笑) ちょっと影があるというか…。 二面性があるような感じがリンクしますよね。 wikipedia. 川島正次郎は力のある政治家で、総理も夢ではないと言われていましたが、トップに拘らず、いわゆるナンバー2とか補佐役といったサブ的存在に常にいた人物でした。 しかし、トップじゃないとはいえ、 存在感を示した大物政治家です。 川島正次郎は、戦うということはせず、計算&判断を貫きました。 その時その時の勝者を見抜き、味方につく。 で、ちゃっかり…。 いや、しっかりナンバー2のポジションゲット! 川島正次郎は「 脇役に徹する中で大事なことは、本流の中の脇役であること。 傍流はダメ。 勝ち馬は誰か、それを見分ける能力が問われる」 と語っています。 そのことがわかるエピソードもたくさん残されています。 かなりデキる人だったことが伺えます。 二番手で、活躍していた川島正次郎には たくさんの呼び名がありました。 遊び人で花柳界にも通じ、日本画や歌舞伎を愛する文化人でもあったそうです。 「 政界一寸先は闇」などの語録は広く知られていますよね。 背広のポケットに手を入れ、口笛を吹きながらさっそうと歩く姿の印象があり、政界では、 陽気な寝業師と、呼ばれていたそうです。 他にも・・・ ・カミソリ正次郎 ・ひまわり。 ・トボケの川正。 ・ズル正。 ・道中師 スリ。 ・小判鮫の川島。 などなど。。。 つけられている異名からは、言い方は悪いかもしれませんが、裏工作が得意ってことが想像できますね。 きっと、先を見て計算して判断して手回しして結果を出していったのでしょう。 いわば、この呼び名は川島正次郎にとって褒め言葉なのではないでしょうか。 ナンバー2と言われますが、このポジションはかなり難しいポジションです。 自分のことをよくわかって選択し、それを恥じたり隠すことなく堂々としている生き方は本当に粋ですよね〜。 昔からよく言う、一番手よりも二番手の方が賢い。 二番手は賢くないとできない。 っていうのは、まさに川島正次郎のことですね。 といいますか、川島正次郎が生んだ言葉だったのかもしれませんね。 スポンサーリンク 川島正次郎は田畑政治と対立し失脚させた? 川島正次郎は 1964年、東京オリンピック初の担当大臣としてオリンピック事業整備を進め、高度経済成長の仕組みを作り上げました。 (池田勇人内閣の時。 ) 田畑政治がオリンピックに尽力されたのはもうご存知ですよね。 で、この当時の田畑政治は何をしている頃かというと・・ 日本がオリンピックで、もっともっと金メダルが取れるように。 と、いうことで女子バレーボール(男子バレーボールは既にありました。 )&柔道の採用を強く訴えていた頃です。 で、熱意が伝わって、じゃあ東京オリンピックの特例として採用となりました。 この頃の女子バレーは全盛期! みなさん、よくご存知「 東洋の魔女」と呼ばれた時代。 めちゃくちゃ強かった時代で、世界を驚かせることになるのです。 柔道は嘉納治五郎の頃からの尽力もあって、採用されます。 しかし順調に思えたその頃、第4回アジア競技大会で事件は起こります。 デヴィ婦人の旦那様のインドネシアのスカルノ大統領が、第4回アジア競技大会を開催しましたが、政治的な理由から招待していない国があることがわかり、 国際スポーツの精神に違反している。 ということで、田畑政治が問い合わせたのです。 しかし『 違反はしていない』という答えが返ってきたので、田畑政治は日本選手団を引き連れ、ジャカルタに向かいました。 到着すると、招待状を出していない国があること(違反)がわかりました。 世界の各国代表は、締め出された国(不参加とされた国)の台湾とイスラエスの参加を要求します。 もちろんそれに対し、日本も大会に参加するのか不参加するのかという問題になってきます。 オリンピック組織委員会の会長・津島寿一は、もし日本が参加すれば、東京オリンピックを返上させられる可能性もあるので、ボイコットすべきだと主張。 しかし田畑の思いは『 ボイコットはやってはいけない』という信念があり、悩んでいました。 そして、田畑政治と川島正次郎が話し合い、最終的には出場することを判断し、決定。 日本選手団はアジア競技大会に参加できました。 その後の記者会では、川島正次郎が『 参加を決めたのは、東や津島、田畑らだ。 』と明言しました。 すると後に、『 この騒動は問題だった』と取り上げた『 田畑政治反対派』から、当時、その問題の責任者は田畑だった。 という話になり、事務総長を辞任する事になったのです。 それは、川島正次郎の策略だったのでは?と言われています。 ドラマでは、初のオリンピック担当大臣として田畑政治と対立し、田畑失脚の引き金となるシーンもありますので、 どのような展開になるか見ものですね。 阿部サダヲさんが、どんな態度でどんな表情でそれを受け入れていくのか・・・ トントン拍子に進むより、他にあり山ありだからドラマって面白いんですよね〜。 楽しみですね。 スポンサーリンク•

次の