いないいないばあ 小島よしお。 いないいないばあっ!

小島よしお 情報: 気になる話

いないいないばあ 小島よしお

小島よしおが子どもたちの間で大ブレイク。 2007年に大ブレイクした小島よしお。 当時月100本のテレビ出演をこなし最高月収は1200万円だったという。 しかしその後はふるわず一発屋ともいわれたが、今子どもたちに大人気とのこと。 今真剣勝負のイベントが小島よしお的おゆうぎ会。 夏にかける思いがあった。 本番2日前。 この日小島よしおは最後の通し稽古に臨んでいた。 今年で7回目をむかえる子供向けの単独ライブ。 毎年新ネタを披露しているという。 今年は6つの新ネタを披露する。 そのひとつがシンクロナイズドマリオネット。 いないいないばあの要領で子どもの注意を引く戦略とのこと。 緻密な計算をするという。 過去には失敗もあり特に2年前のネタはトラウマになっているという。 今子どもに大受けの鉄板ネタ。 ごぼうのうた。 他にもピーマンのうたなど様々な野菜ソングがある。 今年も新曲を披露するという。 新ネタは野菜音頭。 子どもに野菜を好きになってもらいたいとのこと。 小島よしおを手伝う後輩たちはどう思っているのか。 後輩も子ども向けのネタでやっていくことを考えているという。 小島よしおは後輩たちに恥ずかしさを捨てることを求めているとのこと。 情報タイプ:イベント•

次の

小島よしおに共感した話

いないいないばあ 小島よしお

低学年の子が、小島よしおの「そんなのかんけいねぇ!」を連発している! 小島よしおがブームになったのは2007年ごろ。 つまりは10年前。 君たち生まれてなくない?!?! とずっと思ってたんですが、今朝その謎が解けました。 小島よしお、再び子ども達の間でブームになってるらしいのです! 朝の番組で特集されていました。 子どもの集中力が続く1時間くらいに公演時間を設定し、「いないいないばあ」にヒントを得たネタを考え… 子どもにウケるために研究を重ねている姿はすばらしかったです。 その中で、こんなことを言っていました。 「子ども達にネタを披露するときには、とにかく恥ずかしい、という気持ちを捨てること。 恥ずかしい、と思っていると子ども達にそれが伝わって、ネタを真似してくれない。 」 本当にその通りだと思いました。 私たちキャンプボランティアスタッフは、キャンプファイヤーで子ども達の前でダンスをしたり、ゲームのルールを説明したりします。 後輩達にもよく指導をしますが、子どもは絶対に自分がやったよりも大きく踊ってはくれない。 そうするとキャンプファイヤーは絶対盛り上がらないんですよね。 踊ってないほうが恥ずかしい、くらいの雰囲気にしてあげないとダメなんです。 お金をいただいて子ども達に様々な体験をさせて楽しませるキャンプで、子ども達が楽しめなかったら参加費泥棒です。 何事も子ども達に披露する際には恥ずかしがらず、オーバーに! 肝に銘じます。

次の

いないいないばあっ!

いないいないばあ 小島よしお

『 いないいないばあっ! 』は(旧、教育テレビ)で放送されている乳幼児(0 - 2歳)向けのである。 や歌、しつけなどで構成されている。 1996年4月1日放送開始。 通称は「いなばあ」。 概要 1996年に放送開始したNHKの乳幼児向け番組。 「0 - 2歳向け」としている。 NHK教育の子供向け番組としての視聴率は、に次ぎ、トップクラスを誇る人気番組である。 1996年1月15日、16日にでパイロット版が放送された。 1996年4月1日にNHK衛星第2テレビジョンで放送が開始され、その後1996年10月7日に今の教育テレビ枠に移行した。 1999年4月5日から朝と夕方の2放送体制になった。 出演はのと、おねえさん(2019年度現在は)、操り人形(2019年度現在は)をレギュラーとしている。 おねえさんにはこれまで小学生の女の子を起用、4年間(最初のみ3年)で交代している。 操り人形も不規則に交代する。 1999年4月からは朝の放送が増え、1日2回、朝と夕方に放送されているが、夕方の放送は朝の放送のであり、内容は同じである。 放送内容は1週間分がひとつの単位となっており、通常1週間を通して同じ曲が繰り返し使用される。 大抵の場合、本放送の翌々週以降に1週間分がそのまま再放送される。 また、通常の本放送や再放送の合間には過去に放送した内容を再編集したものが適宜放送され、夏・冬休みの時期および年度末にも再編集版が放送される。 その他、各種のコーナーおよび歌の映像は、先述の再編集版のみならず、新たな映像と織り交ぜて再使用されることがある。 新曲が流される週には、他のコーナーの内容も一新されることが多い。 ただし「ぐるぐるどっか〜ん!」「わ~お!」「ピカピカブ~!」などの体操や、その他のコーナーは以前放送したものを使い、曲だけ新曲を流すこともある。 2003年に大幅なリニューアルを行って以降は概ね4年ごとに番組のリニューアルを実施し 2007年、2011年、2015年、2019年 、おねえさんの交替の他、番組セットやオープニングテーマ、なりきり遊び等が刷新されている。 2005年度より、ハイビジョン放送を開始した。 2011年、別番組である「」の放送開始からしばらくの間、同番組のキャラクター 主にコロン が登場していた。 2012年10月1日より、を開始した。 字幕は主な視聴者層である乳幼児に合わせて全て平仮名と片仮名で表記されている。 放送時間 平日 (2017年4月3日 - )• 8:25 - 8:40• 放送時間変遷• 全てで表す• 同記事によると、番組はこの年齢層への配慮を踏まえている。 例えば同じ被写体を映している途中に別アングルのカメラに切り替えると、この歳の子どもは被写体が変わったと認識してしまう恐れがあるため、同一コーナー内ではアングル切替がない。 アニメーションの構成を担当した絵本作家のによれば、画像をシンプルにしてインパクトのある絵にしぼる、色や形をはっきりさせる、見ている子どもに直接呼びかける画像を多くして、バーチャルに映像の中に入っていけるよう工夫することなどを心がけているという。 また、番組プロデューサーの坂上浩子 2008年当時 は、子どもが受け身でなく能動的に見ることができる番組を追求し、子どもが集中しやすいよう映像はなるべくシンプルにし、複雑な旋律やボーカルが入る音楽も避け、キャラクターには子どもが好む赤やピンク、丸い形を多く使ったとしている。 言葉がわからない乳児にも楽しめるようにして、反応を引き出し、親がその反応から子どもの興味を把握し、上手に遊んであげられるようにすることも番組の目的であり、「この番組はテレビを消した後のほうが大事」としている。 こうした配慮はNHK内に1979年に発足した「二歳児テレビ番組研究会」の成果を踏まえたものとされる。 キャラクター 着ぐるみキャラクター おねえさん(女の子) 過去のおねえさん (現代よりから) 操り人形キャラクター 過去の操り人形キャラクター (現代よりから 先代の期間中に次代が登場した点についてもメイン・サブにかかわらず登場後順とする ) 特別編のみで登場した操り人形キャラクター 2003年1月に放送された特別編では当時のキャラクターであるくぅとダーダが登場せず、代わりにオリジナルのキャラクターが1度限りで登場した。 歴代レギュラーメンバー 特別編のみでのメンバー 子役の赤ちゃん 体操、なりきり遊びのコーナーなどに出演する。 ワンワン役のはこの子役の赤ちゃんが「いないいないばあっ!」の「主役」「主人公」であると述べている。 衣装はおねえさん交代などの番組リニューアルの度に変更され、男女によって色やデザインに違いはない。 劇団に所属する1歳半 - 2歳半 時期により変動 の子役からオーディションで選ばれており、スタジオの特殊な環境に慣れない子は泣き出してしまい撮影が困難となるため、一般公募は行われていない2019年5月現在、所属の赤ちゃんが23名出演している。 撮影に際しては、カメラの近くに父母が必ず付き添っていて、逃げ出す子は自由にしてそのまま放送し、泣いている子は親になだめてもらい、落ち着くのを待って撮影している。。 オーディションは半年に1回開催され、700〜800人が参加。 カメラ前で元気に体操できるかなどを審査し、最終的に30人が選ばれ、合格者を15人ずつの2グループに分け、各グループを交互に収録している。 番組プロデューサー 2013年当時 によれば、半年間出演すると子供たちは現場に慣れて、体操も上達するため、収録していて成長を実感できるという。 なお、本番組より上の年齢層を対象としている『』では、出演する子供の一般公募が行われている。 元・子役の赤ちゃん 学童期以降も活躍している主な出身者• 1996年• 1996年• 1997年• 1998年• 1998年• 1998年後半• 1999年頃• 2000年4月 - 9月• 2000年後半• 2001年後半• 2002年後半• 2003年• 2003年• 2005年• 2006年• 2006年• 2007年4月 - 9月• 2008年• 2008年後半• 2009年• 2010年前半 コーナー オープニング 2003年からのふうか期以降、おねえさんが代替わりするごとにオープニングが変更されるようになった。 いずれも曲の冒頭と終わりに「いないいないばあ」という歌詞が入るのが通例となっている。 2015年のゆきちゃん期から映像が実写となったほか、季節ごとに映像が変更される演出がなされるようになった。 たいそう 赤ちゃんの子役たちとワンワン、おねえさんが音楽にあわせて体を動かす。 一つのたいそうがおねえさん2代にわたって使用されるのが通例となっている。 「ハイハイ」「寝転がる」「しゃがんで立ち上がる」「走り回る」「飛び跳ねる」など、いずれの体操にも見られる共通の動作がある。 20周年にあたる2016年度には、「ちびっこマンたいそう」、「ぐるぐるどっか~ん! 」、「わ~お! 」を組み合わせた「たいそうスペシャルメドレー」が放送された。 なりきり遊び 赤ちゃんの子役とワンワン、おねえさんが動物や乗り物などになりきってものまねをする。 ふうか期の「まねまねワンワン」以降はおねえさんが交替するごとに楽曲が変更されるようになった。 コーナー 期間に「 MMXVI 」の表記があるコーナーは2016年度現在放送中。 スタジオ・ロケ アニメーション 楽曲 番組内で使用される楽曲は「赤ちゃん向けの歌をつくる」ということを一貫しており、1分から2分でつくられている。 様々な作詞家、作曲家、絵本作家、脚本家、ミュージシャンなどが楽曲を提供しており、提供した楽曲が多い人物としては、作詞は、、桑原永江、作曲は、中谷靖、などが挙げられ、、らは作詞・作曲いずれも多くの楽曲を提供している。 作詞・作曲の組合せとしては三浦徳子・つんくのコンビが最も多い。 楽曲を提供した有名ミュージシャンとしては、の、渡辺慎 ワタナベイビー名義 、の、、などが挙げられる。 番組プロデューサーの鈴木知子のインタビューによれば、「名前の知られている有名な方に」と狙っているわけではなく、つんくや北川悠仁については作詞家などの番組関係者からの紹介によったという。 また、作詞・作曲は「言葉を大切にしたい」ということから基本的に詞が先につくられる「詞先」のパターンが多い。 一方で、「わ~お! 」などのたいそうの曲については、赤ちゃんの発達を刺激する動きをベースに開発しているため、「詞先」ならぬ「動先」となるという。 楽曲はおねえさんが代わっても歌い継がれていくものが複数あり、「ピッシャンポン」については、りなちゃんからゆきちゃんまで五世代にわたって歌われている。 なお、番組中はオリジナル楽曲以外に一般的な童謡 「ぞうさん」「かえるの合唱」など も歌われるが、ここではオリジナル楽曲のみ挙げる。 オリジナル楽曲は、おねえさん、ワンワン、うーたんらが歌う曲のほか、「うーたん人形劇」でうーたんとその仲間たちが歌う生活習慣 食事、おきがえ、ごみ捨て、トイレ、ねんね、シャンプーetc. に関する歌がある。 後者はおねえさんが交替しても、基本的に映像・楽曲ともにそのまま使用される。 はるちゃん期の新曲• あんよあんよ よーいどん 作詞: 作曲:• いないいいないトマトちゃん(作詞: 作曲:)• うどんのじかんです! 作詞・作曲:平野航• かんがるー 作詞: 作曲:栗原正己• ぐにゅぐにゅにょろにょろ(作詞:三浦徳子 作曲:山下真木子)• なぞなぞレストラン(作詞・作曲:)• にじいろリボン(作詞:三浦徳子 作曲:)• ねえねえなあに(作詞・作曲:)• はるちゃんのえかきうた(作詞・作曲:加藤千晶)• バンバンザイ(作詞・作曲:)• ボタンのぼうや(作詞: 作曲:栗原正己)• ゆらゆら(作詞・作曲:) うーたんとその仲間たちが歌う曲(はるちゃん期の曲)• キャップ ポン!(作詞・作曲:)• ごみごみポイ(作詞:小峰公子 作曲:中谷靖)• ワンワンわんだーらんど』でゆうなちゃんが歌っている。 末尾に記号のついている曲は、後にリメイクまたはそのまま放送されているもの。 あっけらかんかん(作詞: 作曲:)• あわわ。 いいねいいね!(作詞:藤本ともひこ 作曲:つんく)• えらいこっちゃの おにぎりくん (作詞: 作曲:藤井宏一)• おひさま ほわわ(作詞:加藤千晶 作曲:大森俊之)• おやまにいこう (作詞・作曲:山下真木子)• かんぱーい!!(作詞・作曲:)• がんばれ がんば!(作詞・作曲:)• けけけ(作詞:すずきかなこ 作曲:)• こっこっ ころりんちょ(作詞・作曲:大塚彩)• さぁあるこ (作詞・作曲:加藤千晶)• サンキュ!ワンワン399(作詞:三浦徳子 作曲:小杉保夫)• じゃんぐるビート(作詞・作曲:)• じゃんじゃん!ジャンプ!!(作詞・作曲:北川悠仁)• シンバルシャーン (作詞・作曲 : )• ずーっといっしょ (作詞: 作曲:)• タオルでマンボ(作詞:桑原永江 作曲:馬飼野康二)• だいすきの木 (作詞・作曲:北川悠仁)• たねたね (作詞・作曲:)• チャックのうた (作詞・作曲:山下真木子)• なつなつ キラキラ! (作詞: 作曲:栗原正己)• にこにこ んぱ! (作詞:藤本ともひこ 作曲:中谷靖)• ね〜んど ねんど (作詞:すずきかなこ 作曲:イトケン)• はなのいろ (作詞・作曲 : 山本正之)• ほっぺっぽ! (作詞: 作曲:)• ポポポポポーズ(作詞・作曲:)• ほめられちゃった (作詞: 作曲:K)• マックロカゲロン(作詞:新沢としひこ 作曲:)• まる、まるっ (作詞: 作曲:)• みんなでゴー! (作詞・作曲:)• ゆきちゃんのえかきうた (作詞・作曲:)• ワンツー!パンツー! (作詞:すずきかなこ 作曲:)• ワンワンのこもりうた (作詞・作曲:チョー 編曲:山口優) うーたんとその仲間たちが歌う曲(ゆきちゃん期の曲)• 一部(しっぽしっぽ おっぽっぽなど)は『あつまれ! ワンワンわんだーらんど』でことちゃんが歌っている。 あ・そ・ぼっ (作詞: 作曲:)• おててタッチ! (作詞・作曲:)• おなまえなぁ〜に? (作詞: 作曲:)• かいじゅうオッス (作詞:桑原永江 作曲:)• カキ コキ こ・お・り (作詞: 作曲:中谷靖)• ク〜ネクネ! (作詞: 作曲:)• くるりっとっぱ (作詞: 作曲:藤井宏一)• コロコロ コロン (作詞・作曲:大塚彩)• さむいの ヘイ!チャララン (作詞: 作曲:)• しっぽしっぽ おっぽっぽ (作詞: 作曲:)• じゅわわわ〜〜ん! (作詞:石川優美 作曲:坂出雅海)• ステキな たまご! (作詞:濵田理恵 作曲:川嶋可能)• ドロリンチョ! (作詞:・鳥山あかね 作曲:鳥山あかね)• どんだけドーナツ!? (作詞: 作曲:中谷靖)• ねえ ちいさなありさん (作詞:谷口國博 作曲:)• パチパチ パレードっ! (作詞: 作曲:)• ピコタン ピコポン (作詞: 作曲:)• フー (作詞:桑原永江 作曲:)• ふわふわ ふふふ わふわふ (作詞・作曲:加藤千晶)• べじべじ・��うぃんぐ (作詞: 作曲:下田卓)• ゆうなのえかきうた (作詞・作曲:加藤千晶)• ゆめ・ぽっぽっぽっ (作詞:すずきかなこ 作曲:加藤千晶) うーたんとその仲間たちが歌う曲(ゆうなちゃん期の曲)• だっこしてギュッ! (作詞: 作曲:、)• チャプ チャプ チャップン (作詞・作曲:荒木尚美 編曲:永田太郎)• バコンってば バ・コ・ン (作詞:加藤千晶 作曲:中谷靖)• おにぎり おにぎり (作詞・作曲:加藤千晶)• キュキュキュのうた (作詞・作曲:山下真木子)• くるくるじゅーす (作詞・作曲:加藤千晶)• たんぽぽ ぽん! (作詞・作曲:大塚彩)• いもむしさんの うんどうかい (作詞・作曲:濵田理恵)• おちゃ ちゃちゃちゃ (作詞:桑原永江 作曲:)• かえる スッピョコタ (作詞:加藤千晶 作曲:小杉保夫)• くんくん ふんふん いいにおい (作詞:すずきかなこ 作曲:鳥山あかね)• ことみのえかきうた (作詞・作曲:加藤千晶)• こんにちは!ったらラッタンタン (作詞:加藤千晶 作曲:小杉保夫)• タッチしちゃおう! (作詞・作曲:濵田理恵)• てぶくろ・パッ! (作詞: 作曲:)• はしって ダアー! (作詞:三浦徳子 作曲:つんく 編曲:高橋諭一)• ハックションのうた (作詞: 作曲:中谷靖)• ぱぱぱやパン (作詞:加藤千晶 作曲:中谷靖)• ぴくぽく とけい (作詞:加藤千晶 作曲:山下康介)• ブンブン ブキューン! (作詞:三浦徳子 作曲:つんく 編曲:高橋諭一)• ぽっかぽかの のーびのび (作詞:小峰公子 作曲:井上ヨシマサ)• みかんちゃんのうた(作詞・作曲:ワンワン)• みーてみて みてみんぱぁ! (作詞・作曲:鳥山あかね)• ワッハハハ!! (作詞・作曲:濵田理恵) うーたんとその仲間たちが歌う曲(ことちゃん期の曲)• ティッシュでキュ!ティッシュでふーん! (作詞:桑原永江 作曲:藤井宏一)• いっぱい いーーっぱい! (作詞:桑原永江 作曲:)• かがみのフシギ (作詞:桑原永江 作曲:坂出雅海)• セボン・デ・めん! (作詞・作曲:パトリック・ヌジェ)• テケテケて (作詞:里乃塚玲央 作曲:上野洋子)• ふうかのえかきうた (作詞・作曲:加藤千晶)• ふわふわふうか (作詞:さねよしいさ子 作曲:)• ぼうしのひみつ (作詞:里乃塚玲央 作曲:小杉保夫)• いっしょいっしょ (作詞:津田真一 作曲:小杉保夫)• いろんなみちあるこ (作詞:津田真一 作曲:上野洋子)• おそとであそぼ (作詞:潮永光生 作曲:上野洋子)• かたかた おかたづけ (作詞:潮永光生 作曲:小杉保夫)• シャン・シャン・シャンプー (作詞:津田真一 作曲:小杉保夫)• たべるのだいすき (作詞:潮永光生・津田真一 作曲:濵田理恵)• トイレにいっといれ (作詞:潮永光生 作曲:濵田理恵)• ハラペコぐーたん (作詞:津田真一 作曲:濵田理恵)• みがけ!ハミガキマン (作詞:津田真一 作曲:濵田理恵)• みずたまチャップン (作詞:津田真一 作曲:小杉保夫)• あそぼ!あそぼっ! (作詞:濵田理恵 作曲:小杉保夫)• うれしくなっちゃう音がスキ (作詞・作曲:濵田理恵)• ぐるぐるクッキー (作詞:三浦徳子 作曲:大森俊之)• とってもとってもハクション! (作詞:濵田理恵 作曲:福田和禾子)• ママから聞いたこと (作詞:三浦徳子 作曲:濵田理恵)• マル・サンカク・シカク (作詞:東多江子 作曲:小杉保夫)• みんなでコンチッチ (作詞:雄鹿美子 作曲:濵田理恵)• かなちゃん期の曲はことちゃん期に放送されたものが一つもない。 うさぎはピョン! (作詞・作曲:濵田理恵)• バタン バタン (作詞:三浦徳子 作曲:生方則孝)• ムシャムシャおばけ (作詞・作曲:朝比奈尚行) ペンタ・くぅが歌う曲• ウキウキ ヤッホー (作詞:平方宏明 作曲:大森俊之)• パパとっと (作詞:日暮真三 作曲:福田和禾子)• ほっぺにチュッ! (作詞・作曲:濵田理恵) ほか いないいないばあっ!20周年スペシャル! ~ずーっといっしょ!~ 4月に放送20周年を迎えることから、同年1月2日(再放送は1月11日)に放送された30分間の特別番組。 番組開始からの映像を織り交ぜながら、下記の内容で放送された。 歴代のお姉さんからの 特別メッセージも、現在の写真付きで公開された。 ワンワン、ゆきちゃん、ゆうなちゃんの北海道・ロケ撮影• ゆきちゃんにとっては初のロケ• 「わ〜お!」「ぐるぐるどっか〜ん!」「ちびっこマンたいそう」スペシャルメドレー• ロープウェイ乗車、虹の見える丘、雪・木の実・葉などでつくるワンワンの誕生日ケーキ• ワンワンが描いた、お姉さんたちや自身のイラスト入り連あげ• むしむしくん• いもむしのむしむしくんが、テレビの前の子ども達に「名前は?」など話しかける3D映像• ワンワン、歴代お姉さんたちのフエルト人形劇-夢の旅行• ゆうなちゃん以外の歴代お姉さんたちはここで声のみ出演(人形操作も本人)• うーたん、くぅ、ダーダなどキャラクターも登場• 「カエデの木のうた」(人形劇と、・大峰高原の七色大カエデ定点撮影)• 20周年記念ソング「ずーっといっしょ」 (作詞:三浦徳子 作曲:つんく)• 歌詞に歴代お姉さんたちの代表曲名が織り込まれているため、合わせるように当時の映像が使用された。 番組の一部はDVD『いないいないばあっ! 20周年スペシャル』に収録された。 番組内では撮影の思い出やそれぞれの思い出の曲が放送され、歴代おねえさんとワンワンによる「体操メドレー」が披露された。 「体操メドレー」の際には全員が実際に立って踊りながら収録をおこなった。 なお、ラジオの収録の様子はDVD『いないいないばあっ! 20周年スペシャル』に収録されている。 補足・エピソード• 受賞番組名は『いないいないばぁ! ~おててであそぼう! ことちゃん期2年目に行われた北海道ロケは、後にカナダで催された教育番組部門「奨励賞」受賞作品となった。 高校野球などで夕方の放送時間が使用される時は朝のみの放送になるが、中途半端な時間に終わった(再放送の放送時間15分の内10分或いは5分だけ使用されて終了した)場合や、時間の埋め合わせで使う場合は、「いないいないばあっ! ミニ」(5分・10分版)が放送される。 1 - 3月放送分は12月までに撮り終わるので、おねえさん卒業の場合は12月に最後の収録が行われる(りなちゃん、ふうかの場合)。 オーディションは11月に行われた。 ただし、視聴者には直前まで明らかにされない。 系列の写真館「スタジオマリオ」では、ぐるぐるどっか〜ん!、わ〜お!などのたいそうのなりきり衣装やおねえさんのなりきり衣装を子供に着せてワンワン、うーたんの大きなぬいぐるみと写真撮影をする商品がある。 ベトナム語版が26本が制作されている。 制作は、制作指導は。 5分間の新作パートでは、ワンワン(WanWan)のほかに、ベトナム版のおねえさんとしてNaNaちゃん、オリジナルキャラクターのミャオミャオ(MeoMeo 2017年版は猫の着ぐるみを着た人間、2018年版は紫色の猫の着ぐるみ)が出演。 ステージショー ワンワンわんだーらんど 2010年度より『あつまれ!ワンワンわんだーらんど』の名前で年10回全国各地を回って行われるステージ番組。 くわしくは。 2019年度現在は、本放送からはワンワン・うーたんが出演。 ワンワンとあそぼう! ショー 番組の放送と併行して、関東地方を中心に日本全国でワンワンをメインとしたイベントも行われている。 大規模なホールで行われるのファミリーコンサートとは違い、会場は遊園地、百貨店、会館などさまざまで、おかあさんといっしょと比べるとその規模は小さい。 しかしショー、などの他のNHK子ども向けイベントと比較するとその人気は高い。 ショーの形態は様々だが、登場する人物は大きく分けると以下のパターンがある。 ワンワン+歌のお姉さん(阿部恵美子、、、、太田めぐみ、など)• ワンワン+体操のお兄さん/お姉さん(、藤原明美、など)• ワンワン+歌のお姉さん+体操のお兄さん/お姉さん• ワンワン+うーたん+歌のお姉さん+体操のお兄さん/お姉さん 下に行くに従い、会場も大きくなる傾向にある。 なお、ワンワンは(声の事前収録)によりチョー以外の者が操演に当たることが多いが、ワンワンの中にチョー本人が入って操演・生アテをしていることがある(「渋谷DEどーも」や「教育フェア」、「NHK文化祭」など渋谷のNHKで行うイベントに多い)。 ワンワンまつり みんなでワッショイ• ワンワン• うーたん• ジャンジャン• ジャンコ• りんたろう()• もぐちゃん(加藤萌朝) ワンワンといっしょ! 夢のキャラクター大集合 主演のワンワンをはじめとしたNHKの出演者が多数登場するスペシャルステージ。 2014年から2019年の1月下旬から2月に定期的に行われていた。 このイベントには、開催当時の当番組のおねえさんや、「」のお兄さん・お姉さんは、一度も出演していない。 魔女がおじゃましま〜ジョ! 2014年2月1日 - 2日にので公演。 2014年の出演者• ダンサー• POWERBOMB• B-flat 2014年の曲目リスト• オーバーチュア• WHAT DO YOU WANNA DO? 作詞・作曲 : エリック・ジェイコブセン• てびょうしおんがくたい 作詞・作曲 : 新沢としひこ• 2015年の出演者• ダンサー• POWERBOMB 高井大輔、吉丸修一朗、奥村大輔、脇田伸悟、原田純、高島洋樹、餃島拓馬、中島智哉、高瀬育海、村田永路• B-flat 石田望、西尾七海、矢嶋優花、星島蒼依 2015年の曲目リスト• タンポポ団にはいろう! オフロスキーのちゃっぽんぶし 作詞・作曲 : 小林顕作• やってみYO! 作詞・作曲 : シライシ紗トリ• オフロスキーかぞえうた 作詞・作曲 : 小林顕作• 風と踊ろう 作詞・作曲 : 坂田おさむ 真冬の大運動会 2016年1月30日 - 31日にので、2016年2月6日 - 7日にので公演。 の3人は現役時代最後のスペシャルステージとなり、公演開始直前の1月28日に「」への交代が発表された。 2016年の出演者 ダンサー• POWERBOMB• B-flat 2016年の曲目リスト• みんなで わ!• ドンスカパンパンおうえんだん• わ~お!• WELCOME• いくぞ!エアロボ• ゆうきのマーチ• まいにちアハハをみいつけた!• LOVEをプレゼント センターを取るのは、だれだ!? 2017年2月4日 - 5日にので、2017年2月18日 - 19日にので公演。 2017年の出演者 2017年の曲目リスト• みんながあつまれば• キミにメロメロ• 朝からいい気分• きょうからともだち• おねのねおねんど• HEAD,SHOULDERS,KNEES AND TOES• じだいげきだよ オフロスキー• 物語はつづいている• ずーっといっしょ いざ勝負! 紅白かくし芸対決 2018年1月27日 - 28日にので、2018年2月17日 - 18日にので公演。 と は、現役時代最後のステージとなった。 (2018年4月より と に交代。 ) 2018年の出演者 2018年の曲目リスト• みんながあつまれば• がんばれ がんば!• やってみYo!スペシャル• かぞえてんぐがやってきた• ジャンジャン スペシャル(のりものステーション)• じゃんじゃん!ジャンプ!! みんなで ゆめのももたろう 2019年2月9日 - 10日にので、2019年2月23日 - 24日にので公演。 『』の ミーニャは、2016年2月の「真冬の大運動会」以来3年ぶりでスペシャルゲストとして出演。 2019年の出演者 2019年の曲目リスト• みんながあつまれば• タオルでマンボ• かぞえてんぐがやってきた• おふろタイム• ももたろう• ポポポポポーズ• パンパカパン!キッチン戦隊クックルン• みんなでつくろう!• 星に願いを• オフロッケ!• おにのパンツ• おにぎり ぽん!• ずーっといっしょ• 青空のゴーサイン• わ~お!• きみはぼくのともだち• だいすきの木 オールスターコンサート イベント みんなDEどーもくん! その他 その他2 スタッフ• 構成 - 津田真一、日暮美佐• キャラクターデザイン - まついあや、、新井洋行、藤本ともひこ• 衣装デザイン - 宮下由子• 童謡作画 - よしざわけいこ• 人形操演 - ミユカ、安藤ばく、山田はるか、川口英子、南波郁恵、原田克彦、大江健司• 人形製作 - 飯田静男• 音楽 - 、中谷靖、、、、、イトケン、烏田春奈、• 体操指導 - 、藤原明美• 振付 - 、彩木エリ 池田の夫人。 この番組がきっかけで結婚した• オープニング - 作詞・作曲 、荒井牧子 人形製作• アニメーション - スリー・ディ、エム. シエロ、スタジオ サユキ クモトリ、稲葉卓也、おーのもとき• 制作 -• 制作・著作 - 過去のスタッフ (2015年度現在、スタッフロールに表示されていない者)• 音楽:旭純、岡村みどり、福田和禾子、井上ヨシマサ、、周防義和、簗田裕之、、、森省二、柿島伸次• コーナー構成:東多江子、武藤京• キャラクターデザイン:上野新司(くぅ、ダーダ)• 衣装デザイン - 桜井久美• セットデザイン - 遠藤幹子• 造形指導 - 山岡千秋、ムッシュ香月• オープニングアニメーション - アニメーション制作• アニメーション:、ノラビット! 『 いないいないばあっ! : はじめてのあそびえほん0・1・2歳』 から隔月刊で出版されている番組専門誌。 創刊、発売日は偶数月の15日。 」を応援0・1・ 2歳』 7巻3号-9巻1号 と変遷している。 に休刊した『』の事実上の後継誌であり、0~2歳児を対象としている。 同世代向けの競合雑誌としてが刊行していた『マミイ』があったが、に休刊している。 乳幼児向けであるため、同じく番組専門誌である『』と異なり、にを使用していない。 『』 講談社から出版されている月刊誌。 1~3歳を対象としており、メインコンテンツの一つとして扱われている。 『』 小学館から出版されている月刊誌。 対象年齢は1~3歳で、『マミイ』休刊後、同社の雑誌では最も低年齢層を対象としており、コンテンツの1つとして扱われている。 (2 - 4歳児向け)• (4 - 6歳児向け)• 外部リンク• - 番組公式サイト• - NHKチャリティーステージ• - NHKエデュケーショナル•

次の