おりもの 白い塊 妊娠。 妊娠初期症状☆おりもののにおいと状態の観察と対策の大切さ

妊娠(超)初期のおりものはどのように変化する?生理前との見分け方は?

おりもの 白い塊 妊娠

妊娠初期のおりものの量 妊娠初期のおりものは、妊娠前のおりものとは異なるものが出やすい時期です。 これは、妊娠初期に入ると、ママの体が赤ちゃんを育てていく環境作りを始めるからです。 ママの体は、妊娠すると、赤ちゃんを育てていく環境作りのためにホルモンバランスが変化し、プロゲステロンというホルモンの分泌量が増加し、それに伴っておりものの量が増加します。 プロゲステロンホルモンは、子宮の収縮を抑えて、胎児が大きくなるのを助けるためのとても大事なホルモンです。 プロゲステロンホルモンが多く分泌されることにより、おりものの量も増加しますが、胃腸の働きを抑える作用も働くため、便秘や下痢、腹痛などの症状もこの時期に出てきます。 ホント、ママの体は、赤ちゃんを育てていくことを最優先してフル稼働しています。 妊娠前のおりものの量と比べると、量が増えた経験をされているママが多いようですが、妊娠前のおりものの量と比べてあまり変わらないママもおられます。 スポンサーリンク 妊娠初期の白い塊のおりもの 上述のように、妊娠初期は、おりものの量が増加しやすい時期です。 そして、そのおりものは、白い塊状のようなまとまった状態で出てくることもあります。 塊状のおりものの色は、個人差や体調などにより、必ずしも白いものとは限りません。 透明でゼリー状のような塊で出てくることもありますし、乳液のような色をした塊で出てくることもあります。 また、白色にうっすらと黄色が混ざったようなクリーム色の塊で出てくることもあります。 ですから、妊娠初期に、無色透明や乳液のような白色、クリーム色のような塊のおりものが出たからといって、 必ずしも流産や病気の心配をする必要はありません。 白い塊のおりもののにおい 妊娠初期に出た白い塊のおりものは、酸っぱいようなにおいか、ほとんど無臭に近いにおいをしています。 白い塊のおりもので病気の疑いがある特徴 白い塊のおりものは、妊娠初期には出てくることがありますが、以下のような特徴を有する場合には注意する必要があります。 粉チーズのような状態 無色透明や乳液のような白色、クリーム色のような塊のおりものが、粉チーズのような粉状である場合は、膣炎など感染症の疑いがあります。 悪臭のにおいがある 塊状のおりものが、酸っぱいようなにおいではなく、魚が腐ったような悪臭がある場合にも、膣炎などの感染症の疑いがあります。 魚が腐ったような悪臭は、普段の正常なおりもののにおいとは明らかに異なります。 普段よりもにおいがきついなと感じられたら、膣炎などの感染症の可能性がありますので注意が必要です。 スポンサーリンク デリケートゾーンがかゆい 膣炎などの感染症にかかると、デリケートゾーンがかゆくなります。 おりものシートの肌触り感からくるかゆみとは異なり、炎症したときのかゆさに似たかゆみが生じます。 膣炎などの感染症 膣炎などの感染症の例としては、細菌性膣炎、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症などが挙げられます。 細菌性膣炎・カンジタ膣炎 細菌性膣炎やカンジタ膣炎は、膣内の自浄作用が低下するが原因で引き起こされる症状です。 正常である場合、膣内の自浄作用によって、外部からの細菌が膣内に侵入するのを防止して赤ちゃんを細菌から守っていますが、ストレスが溜まって疲れたときなどに免疫力が下がると、この自浄作用が弱まってしまい、外部からの細菌が膣内に侵入するのを防ぐことができなくなり、細菌性膣炎やカンジタ膣炎にかかってしまいます。 細菌性膣炎やカンジタ膣炎にかからないためには、なるべくストレスを溜めないようにし、免疫力を高く保つことが大切になってきます。 トリコモナス膣炎 トリコモナス膣炎は、主に性交渉によって感染するものですが、妊娠中の性交渉をしていない場合には、不特定多数の人が使用する不衛生な場所を利用した際に感染した可能性があります。 公衆トイレや温泉施設などは、不特定多数の人々が使用し、必ずしも衛生上清潔であるとは限りませんよね。 不衛生な公衆トイレなどを使用した場合には、トリコモナス膣炎に感染する可能性があります。 特に妊娠中は、不特定多数の人が使用する公衆トイレなどはなるべく使用を控えるようにしましょう。 淋菌感染症・クラミジア感染症 淋菌感染症やクラミジア感染症は、主に性交渉によって感染するものです。 妊娠中に性交渉をした場合には、淋菌感染症やクラミジア感染症になる可能性はゼロではありません。 淋菌感染症やクラミジア感染症にかかると、デリケートゾーンが痒くなります。 また腹痛や発熱などの症状も同時に引き起こされる場合もあります。 スポンサーリンク 膣炎などで流産や早産になる可能性もある 細菌性膣炎、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症になり、そのまま放置していると、胎児に影響し、早産や流産の可能性が高まります。 ですから、白い塊のおりものが、悪臭があったり、粉状であった場合などには、早めに病院に行って検査を受けるようにしましょう。 感染症にならないようにするためには 上述のような感染症にならないようにするためには、 ・妊娠中は性交渉を控える ・不特定多数の人が利用する不衛生な場所を使用しないようにする ・ストレスを溜めずに免疫力を高く保つ ・デリケートゾーンを清潔に保つ などの注意が必要となります。 感染症にかかると、ママだけではなく、ママのお腹にいる赤ちゃんにも影響する可能性があります。 赤ちゃんはママに守ってもらうしかありません。 赤ちゃんを守ることができるかどうかは、ママの日ごろの気配りにかかっています。 妊娠から出産まではホント精神的にも肉体的にもメチャクチャ大変ですが、妊娠中は、自分の体のため、ママのお腹にいる赤ちゃんのために、感染症にかからないように過ごしましょう。 最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

生理前と妊娠初期のおりものの違いや特徴

おりもの 白い塊 妊娠

現在、妊娠5w〜6wと思われます。 病院に行きエコーで見てもらいましたが、まだ初期でそれらしき反応はあるけどよく分からないのでまた来週来てと言われました。 妊娠していることは確実のようですが、出血や腹痛・腰痛があり、流産するのではと心配です。 病院では、「この時期は出血や腹痛があっても、何をしてもしなくても流産する時はするし、育つときは育つから」と言われました。 実際色々調べてみても、その通りなんだろうとは思いますが、不安です。 生理予定日頃から茶色の少量の出血があり、いったん止まったものの、またすぐ少量の出血があり、今も薄い茶色の状態で少量ですが続いています。 生理予定日頃から、いろんな種類の腹痛がありました。 ここ2,3日はかなりおさまっています。 一番心配なのは、朝トイレに行くと、1cmくらいの白いふわふわした塊が出ることです。 繊維のような感じです。 白の中に赤い血や灰色っぽい色が混ざっていることもあります。 トイレットペーパーにつく茶色い血やオリモノの中に繊維っぽいものが混ざっていることもあります。 以前TVで見た、胎児の袋の周りにあるふわふわした白い繊維のようなものに似ていて、それがはがれているのか、流産の始まりなのか、と考えてしまいます。 病院で聞いても「わからない」と言われてしまいました。 色々ネットで調べましたが、ゼリーのような白い塊や、10センチぐらいの大きな白い塊が出て流産してしまった、という方はいらっしゃったのですが、白いふわふわした繊維のような塊が出た方はいらっしゃいませんでした。 同じような経験をされた方はいらっしゃいますか? こんな状態でも無事出産したよという方や、逆に、流産してしまったという方でもかまいませんので、教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 5093100638 これは妊娠に限らず一般論ですが、人間って情報の信憑性や正確さではなく実は「信じたい」情報ばかり選んで特に強く信じてしまうことがよくあります。 不思議ですよね(でも事実です)。 さて、無事出産を願うから「正常な妊娠だと信じたいだろう」と思いがちです。 ところが、もし流産してしまったらという恐怖のあまり、悪い情報に強く興味を持ち「もしものとき」の自分の心を守ろうとするようなこともあると思うんです。 いまのエマさんは「大丈夫でした」よりも流産した情報のほうに強く引き寄せられ信じてしまう状態にあるように見えます。 安心したくて訊いたはずなのに、それじゃいくら質問しても逆に不安が増すだけでちっとも安心はできません。 「何をしてもしなくても流産する時はするし、育つときは育つ」 これだけが信用できる正確で大事な情報です。 今は「わからない」だけが正解なんです。 不安を除くため無駄な調べ物をするより、気晴らしに楽しいことして美味しいものでも食べて過ごしたほうがいいですよきっと。 赤ちゃんも心配ですが、まずはエマさん、あなたの「心」の健康を自分で守らないと。 さあ、ケーキとか食べちゃえ! ユーザーID: 4971180620• それは みなさま、ありがとうございます。 経験談もアドバイスもありがたく読ませていただきました。 妊娠は人それぞれで、様子を見るしかない、と頭では分かっているのに、ダメですね・・ きの子さんのおっしゃるように、最悪を想定して傷つかないようしているところはあると思います。 私は母親を亡くしていて相談や参考にできる人がおらず、今のあやふやな段階では友人や親戚に話して相談することもできず、ついついネットで体験談を読み漁ってしまう日々です。 でも結局は、同じような経験をされた方でも、無事出産された方も流産されてしまった方もいる、というのが結論なのかもしれません・・・ 出血や腹痛など全体に体調も悪く、1日1日がこれほど長く感じることはありません。 考えないようにするのはなかなか難しいですが、がんばってみます。 ユーザーID: 5093100638• それは…ぢぬしさまでは… エマさん、こんにちは。 もう見ていらっしゃらないかな? 体調はいかがですか? 私は3度の流産経験(9Wケイ流流産、部分胞状奇胎、6W自然流産)があり、 現在は、不育症の治療を受けながら来月出産予定の者です。 さて、ご質問にありました「白いふわふわした塊」ですが… 「粘膜便」の可能性はありませんか? 粘膜便は、痔になった際に腸の粘膜が少し剥がれて出てきてしまうものらしいです。 妊娠すると便秘になりやすく、ひいては痔になりやすいですから。 私は3度目の妊娠中から、イボ痔になりました…。 初めてトイレで、そのふわふわを見たときは驚きましたね…。 今も出ますよ〜。 まだ粘膜便に関しての情報は出ていなかったようなので投稿させて頂きました。 不安な日々だと思います。 精神的にも体力的にもつらいときは、何もせず、ゆっくりしてくださいね。 ユーザーID: 0793067345• ぢぬしさま レスありがとうございます! なんと、ぢですか〜! 一応、まだいぼ時ではないと思うんですけど、覚悟はしておきます。 その後、出血が徐々に減ってきて、塊も見られなくなりました。 たまに、繊維みたいなのは出ます。 時々茶色いオリモノが出たりしますが、先日の検診で胎児と思われる影が見られ、今のところは育っているようで少し安心しました。 でも、次の検診までが、長いこと長いこと・・・ 腹痛があったり、胸のはりがなくなったり、体温が下がってきたり・・・ほんの少しのことでハラハラしている自分が情けないです。 みなさんが励ましてくださったように、楽しいことをして、体を暖かくして、のんびりしたいと思います。 できるだけ・・・ ユーザーID: 5093100638•

次の

妊娠超初期のおりものは白くてベタベタ?生理前との違いは色と水っぽさと体験談

おりもの 白い塊 妊娠

妊娠初期のおりものの量 妊娠初期のおりものは、妊娠前のおりものとは異なるものが出やすい時期です。 これは、妊娠初期に入ると、ママの体が赤ちゃんを育てていく環境作りを始めるからです。 ママの体は、妊娠すると、赤ちゃんを育てていく環境作りのためにホルモンバランスが変化し、プロゲステロンというホルモンの分泌量が増加し、それに伴っておりものの量が増加します。 プロゲステロンホルモンは、子宮の収縮を抑えて、胎児が大きくなるのを助けるためのとても大事なホルモンです。 プロゲステロンホルモンが多く分泌されることにより、おりものの量も増加しますが、胃腸の働きを抑える作用も働くため、便秘や下痢、腹痛などの症状もこの時期に出てきます。 ホント、ママの体は、赤ちゃんを育てていくことを最優先してフル稼働しています。 妊娠前のおりものの量と比べると、量が増えた経験をされているママが多いようですが、妊娠前のおりものの量と比べてあまり変わらないママもおられます。 スポンサーリンク 妊娠初期の白い塊のおりもの 上述のように、妊娠初期は、おりものの量が増加しやすい時期です。 そして、そのおりものは、白い塊状のようなまとまった状態で出てくることもあります。 塊状のおりものの色は、個人差や体調などにより、必ずしも白いものとは限りません。 透明でゼリー状のような塊で出てくることもありますし、乳液のような色をした塊で出てくることもあります。 また、白色にうっすらと黄色が混ざったようなクリーム色の塊で出てくることもあります。 ですから、妊娠初期に、無色透明や乳液のような白色、クリーム色のような塊のおりものが出たからといって、 必ずしも流産や病気の心配をする必要はありません。 白い塊のおりもののにおい 妊娠初期に出た白い塊のおりものは、酸っぱいようなにおいか、ほとんど無臭に近いにおいをしています。 白い塊のおりもので病気の疑いがある特徴 白い塊のおりものは、妊娠初期には出てくることがありますが、以下のような特徴を有する場合には注意する必要があります。 粉チーズのような状態 無色透明や乳液のような白色、クリーム色のような塊のおりものが、粉チーズのような粉状である場合は、膣炎など感染症の疑いがあります。 悪臭のにおいがある 塊状のおりものが、酸っぱいようなにおいではなく、魚が腐ったような悪臭がある場合にも、膣炎などの感染症の疑いがあります。 魚が腐ったような悪臭は、普段の正常なおりもののにおいとは明らかに異なります。 普段よりもにおいがきついなと感じられたら、膣炎などの感染症の可能性がありますので注意が必要です。 スポンサーリンク デリケートゾーンがかゆい 膣炎などの感染症にかかると、デリケートゾーンがかゆくなります。 おりものシートの肌触り感からくるかゆみとは異なり、炎症したときのかゆさに似たかゆみが生じます。 膣炎などの感染症 膣炎などの感染症の例としては、細菌性膣炎、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症などが挙げられます。 細菌性膣炎・カンジタ膣炎 細菌性膣炎やカンジタ膣炎は、膣内の自浄作用が低下するが原因で引き起こされる症状です。 正常である場合、膣内の自浄作用によって、外部からの細菌が膣内に侵入するのを防止して赤ちゃんを細菌から守っていますが、ストレスが溜まって疲れたときなどに免疫力が下がると、この自浄作用が弱まってしまい、外部からの細菌が膣内に侵入するのを防ぐことができなくなり、細菌性膣炎やカンジタ膣炎にかかってしまいます。 細菌性膣炎やカンジタ膣炎にかからないためには、なるべくストレスを溜めないようにし、免疫力を高く保つことが大切になってきます。 トリコモナス膣炎 トリコモナス膣炎は、主に性交渉によって感染するものですが、妊娠中の性交渉をしていない場合には、不特定多数の人が使用する不衛生な場所を利用した際に感染した可能性があります。 公衆トイレや温泉施設などは、不特定多数の人々が使用し、必ずしも衛生上清潔であるとは限りませんよね。 不衛生な公衆トイレなどを使用した場合には、トリコモナス膣炎に感染する可能性があります。 特に妊娠中は、不特定多数の人が使用する公衆トイレなどはなるべく使用を控えるようにしましょう。 淋菌感染症・クラミジア感染症 淋菌感染症やクラミジア感染症は、主に性交渉によって感染するものです。 妊娠中に性交渉をした場合には、淋菌感染症やクラミジア感染症になる可能性はゼロではありません。 淋菌感染症やクラミジア感染症にかかると、デリケートゾーンが痒くなります。 また腹痛や発熱などの症状も同時に引き起こされる場合もあります。 スポンサーリンク 膣炎などで流産や早産になる可能性もある 細菌性膣炎、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症になり、そのまま放置していると、胎児に影響し、早産や流産の可能性が高まります。 ですから、白い塊のおりものが、悪臭があったり、粉状であった場合などには、早めに病院に行って検査を受けるようにしましょう。 感染症にならないようにするためには 上述のような感染症にならないようにするためには、 ・妊娠中は性交渉を控える ・不特定多数の人が利用する不衛生な場所を使用しないようにする ・ストレスを溜めずに免疫力を高く保つ ・デリケートゾーンを清潔に保つ などの注意が必要となります。 感染症にかかると、ママだけではなく、ママのお腹にいる赤ちゃんにも影響する可能性があります。 赤ちゃんはママに守ってもらうしかありません。 赤ちゃんを守ることができるかどうかは、ママの日ごろの気配りにかかっています。 妊娠から出産まではホント精神的にも肉体的にもメチャクチャ大変ですが、妊娠中は、自分の体のため、ママのお腹にいる赤ちゃんのために、感染症にかからないように過ごしましょう。 最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の