納豆ランキング。 納豆に合うトッピングって?ご飯のおすすめの食べ方ランキングTOP7

【409票から選ばれた!】納豆の人気おすすめランキング【2019年最新】

納豆ランキング

同報告書をひもとくと、うつ状態の人は腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが悪いことや、食物繊維の豊富な野菜を摂っている成人はうつ症状を起こしにくいこと、反対にソフトドリンクやインスタント食品など「超加工食品」を頻繁に摂っている人はそうでない人に比べ、33%うつ病リスクが高まることなど最新研究がデータとともに掲載されている。 つまり、何を食べるかは、体の健康はもちろん、心の状態にも影響することが明らかになったといえる。 1日3食、どの食品をどのくらい食べるかは、文字通り死活問題なのだ。 そこで本誌・女性セブンは、これまで8回にわたってテーマ別に専門家に取材し、作成してきた「最強食品ランキング」のポイントを再集計。 専門家の解説とともに振り返っていきたい。 これまでの取材では、「自然治癒力」「血管力」「胃腸力」「疲労回復力」「肌力」「更年期障害」「内臓脂肪」「アンチエイジング」の項目に効果がある食品を専門家に選んでもらい、ポイント制で順位を決定。 その結果を単純に合計することで「最強ランキング」を作成した。 8項目中7項目でポイントを稼ぎ、総合点数で2位に2倍以上の大差をつけた。 管理栄養士の磯村優貴恵さんが王者の所以を解説する。 「納豆は良質のたんぱく質をふんだんに含むうえ、納豆菌の力で腸内環境を整えることができます。 さらに原料の大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、更年期障害の症状も緩和が期待できる。 そのうえ、パックになっているので調理の手間がかからず、軟らかくて食べやすい。 簡単に継続して取り入れられるのも大きな利点で、あらゆる意味で最強の万能食品だといえます」 腸内環境を整えることは、便秘や肌荒れを防ぐだけでなく、免疫力を上げる、肥満を予防するなど、さまざまな健康効果につながる。 2位のヨーグルト、12位のみそと、上位に発酵食品が目立つのも納得の結果だ。 工藤内科副院長の工藤孝文さんも、納豆とヨーグルトは毎日食べていると、太鼓判を押す。 「これらの発酵食品は、腸内の善玉菌を増やしてくれる細菌がそのままの形で腸まで届く。 管理栄養士の中沢るみさんは、いわしに熱視線を送る。 「いわしは丸ごと食べられるので、骨をつくるのに欠かせないカルシウムをたっぷり摂ることができます。 さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDも多い。 しかも、青魚が含有する良質な脂質であるEPAの量においても、いわしはトップクラスです。 EPAは血液をサラサラにしてくれるので、血管力を上げる、内臓脂肪を減らす、老化を防ぐなどさまざまな効果が期待できます」(中沢さん) 8位にさばが入ったのも同じ理由。 缶詰で骨ごと食べられることで、よりパワーアップするという。 肉部門では豚肉がトップ。 そのポイントは「疲労回復ビタミン」と呼ばれるビタミンB1だった。 「豚肉はビタミンB1の含有量がダントツに多く、牛肉の10倍。 また、ビタミンB1には糖質を代謝してくれる働きもあります。 豚肉を積極的に食べて疲れを吹き飛ばしてほしい。 この豚肉と、抜群に相性がいいのが5位のにんにくだ。 「にんにくやにら、ねぎなど、においの強い食材に含まれるアリインという香り成分を一緒に摂取すると、ビタミンB1の吸収率がグッと上がります。

次の

納豆に合うトッピングって?ご飯のおすすめの食べ方ランキングTOP7

納豆ランキング

お土産にも注目のおすすめ水戸納豆 茨城といえば、やっぱり「納豆」というイメージは強く、「水戸納豆」は誰しも味わってみたいと思いますよね。 そんな水戸納豆はお土産としてもとても喜ばれます。 まずは お土産でおすすめしたい有名な水戸の納豆として、• 水戸元祖 天狗納豆• だるま納豆• 舟納豆• 水戸納豆 この4つはパッケージも水戸を推しているものが多いので、お土産には持って来いです。 各詳細は次のランキングでご紹介します。 おすすめ水戸納豆:TOP10 先ほどのお土産におすすめした納豆も含め、水戸の納豆を10個ピックアップして紹介していきます。 テレビなどでもたびたび紹介されたのでパッケージは見たことがあるかと思います。 赤い天狗に白いひげ、「元祖」という文字が印象的です。 粒が極小なのでご飯にかけて食べるのがおすすめです。 わらで発酵させているのでわらの匂いが移り、独特の良い香りがします。 また、わらが納豆の水分を適度に吸収し、旨みが凝縮され、程よい歯ごたえが味わえる昔ながらの美味しさです。 パッケージは 赤い天狗に黒いひげです。 1位と2位はどちらも天狗をパッケージにしていますが、ひげの色が違います。 こちらは小粒ですが、同じくご飯にかけて食べるのがおすすめです。 わらの香りがして昔ながらの香りと味を楽しむことができます。 お土産にも喜ばれるでしょう。 こちらはわらではなく松の経木を使用しているので、松の香りが納豆に移り、わらとは違う風味を楽しむことができます。 粒は小粒なのでご飯にかけるのがおすすめです。 納豆を発酵させるときに音楽を聞かせてみるなど、 常に努力を惜しまない姿勢も人気の秘訣です。 わらの香りが移って昔ながらの風味を楽しめるのはもちろんですが、だるま納豆は たれの美味しさにも定評があります。 だるま食品では納豆カレーや納豆ドーナッツなど、様々な食べ方を提案して、納豆をより広めようとしている努力が見受けられて好印象です。 パッケージには 「水戸納豆」と大きく書かれており、茨城県産の小粒を使用しています。 経木は松を使用していて松の良い香りを楽しむことができ、ごはんにも良く合うのでおすすめです。 水戸納豆と大きく書いてあるので水戸の納豆であることが伝わりやすく、お土産にも喜ばれるでしょう。 原料は 契約農家からの大豆のみ使用で、昔ながらの手作り製法で作られた納豆はわらの風味、昔ながらのおいしさを感じることができます。 どちらかと言うと大豆の食感はしっかりしている方なので、大豆の食感を楽しみたい方におすすめです。 小粒なのでご飯にかけて食べるのが良いでしょう。 こちらはわら納豆なのですが、納豆を作る途中の工程で大豆を水に浸すときに、通常は普通の水を使うのですが、にがり水を使って大豆を浸している納豆です。 それだけでも 他の納豆とは違ったまろやかさやふっくら感を楽しむことができます。 「にがり」の味って想像しにくいかもしれませんが、意外と食べやすいと評判です。 昔ながらの手作りにこだわって美味しい納豆を食卓に届けています。 わら納豆もありますが、この「たわら納豆」は俵を模したパッケージに入っていて、中にはフィルムに包まれた納豆が入っています。 つまり、好き嫌いが分かれる「わらの匂い」が移っていないということです。 わらの匂いが苦手な方にお土産として渡すのにおすすめです。 今は倒産してしまいましたが、その後ミツカンが引き継いで今は製品として「くめ納豆」が発売されています。 こだわって作られた伝統の味は、納豆自体も美味しいのはもちろんですが、 金ごま、のり、ねぎの入った「やくみ」が入っていてよりおいしさを掻き立ててくれます。 タカノフーズの納豆博物館という建物もあるくらいなので知ってる人は知っているかもしれませんね。 なんと言っても全国シェアでは毎年上位に入るくらいなので、 大変人気の納豆です。 子どもの頃から食べている人も多いかと思いますので、まさに安心の味です。

次の

納豆嫌いが食べやすいと思ったスーパーで買える納豆ランキングと食べ比べ感想

納豆ランキング

お土産にも注目のおすすめ水戸納豆 茨城といえば、やっぱり「納豆」というイメージは強く、「水戸納豆」は誰しも味わってみたいと思いますよね。 そんな水戸納豆はお土産としてもとても喜ばれます。 まずは お土産でおすすめしたい有名な水戸の納豆として、• 水戸元祖 天狗納豆• だるま納豆• 舟納豆• 水戸納豆 この4つはパッケージも水戸を推しているものが多いので、お土産には持って来いです。 各詳細は次のランキングでご紹介します。 おすすめ水戸納豆:TOP10 先ほどのお土産におすすめした納豆も含め、水戸の納豆を10個ピックアップして紹介していきます。 テレビなどでもたびたび紹介されたのでパッケージは見たことがあるかと思います。 赤い天狗に白いひげ、「元祖」という文字が印象的です。 粒が極小なのでご飯にかけて食べるのがおすすめです。 わらで発酵させているのでわらの匂いが移り、独特の良い香りがします。 また、わらが納豆の水分を適度に吸収し、旨みが凝縮され、程よい歯ごたえが味わえる昔ながらの美味しさです。 パッケージは 赤い天狗に黒いひげです。 1位と2位はどちらも天狗をパッケージにしていますが、ひげの色が違います。 こちらは小粒ですが、同じくご飯にかけて食べるのがおすすめです。 わらの香りがして昔ながらの香りと味を楽しむことができます。 お土産にも喜ばれるでしょう。 こちらはわらではなく松の経木を使用しているので、松の香りが納豆に移り、わらとは違う風味を楽しむことができます。 粒は小粒なのでご飯にかけるのがおすすめです。 納豆を発酵させるときに音楽を聞かせてみるなど、 常に努力を惜しまない姿勢も人気の秘訣です。 わらの香りが移って昔ながらの風味を楽しめるのはもちろんですが、だるま納豆は たれの美味しさにも定評があります。 だるま食品では納豆カレーや納豆ドーナッツなど、様々な食べ方を提案して、納豆をより広めようとしている努力が見受けられて好印象です。 パッケージには 「水戸納豆」と大きく書かれており、茨城県産の小粒を使用しています。 経木は松を使用していて松の良い香りを楽しむことができ、ごはんにも良く合うのでおすすめです。 水戸納豆と大きく書いてあるので水戸の納豆であることが伝わりやすく、お土産にも喜ばれるでしょう。 原料は 契約農家からの大豆のみ使用で、昔ながらの手作り製法で作られた納豆はわらの風味、昔ながらのおいしさを感じることができます。 どちらかと言うと大豆の食感はしっかりしている方なので、大豆の食感を楽しみたい方におすすめです。 小粒なのでご飯にかけて食べるのが良いでしょう。 こちらはわら納豆なのですが、納豆を作る途中の工程で大豆を水に浸すときに、通常は普通の水を使うのですが、にがり水を使って大豆を浸している納豆です。 それだけでも 他の納豆とは違ったまろやかさやふっくら感を楽しむことができます。 「にがり」の味って想像しにくいかもしれませんが、意外と食べやすいと評判です。 昔ながらの手作りにこだわって美味しい納豆を食卓に届けています。 わら納豆もありますが、この「たわら納豆」は俵を模したパッケージに入っていて、中にはフィルムに包まれた納豆が入っています。 つまり、好き嫌いが分かれる「わらの匂い」が移っていないということです。 わらの匂いが苦手な方にお土産として渡すのにおすすめです。 今は倒産してしまいましたが、その後ミツカンが引き継いで今は製品として「くめ納豆」が発売されています。 こだわって作られた伝統の味は、納豆自体も美味しいのはもちろんですが、 金ごま、のり、ねぎの入った「やくみ」が入っていてよりおいしさを掻き立ててくれます。 タカノフーズの納豆博物館という建物もあるくらいなので知ってる人は知っているかもしれませんね。 なんと言っても全国シェアでは毎年上位に入るくらいなので、 大変人気の納豆です。 子どもの頃から食べている人も多いかと思いますので、まさに安心の味です。

次の