不 活化 ポリオ と は。 不活化ポリオワクチンの接種時期・回数・副作用 [予防接種・ワクチン] All About

ポリオとポリオワクチンの基礎知識|厚生労働省

不 活化 ポリオ と は

概説 [ ] 1952年、最初のポリオワクチンは、によって株に使用された臨床が初の試みとされている。 1955年4月12日、トーマス・フランシス・ジュニアによって不活性化した(死んだ)ポリオウイルスを注射したと世界中に公式に発表され 、によって開発された経口生ポリオワクチンは、ポリオウイルスをしたものが使用された。 サビンワクチンのは1957年に開始され、1962年にワクチンとして認可される。 ポリオワクチンの接種対象は、生後3か月以上90ヵ月未満であるが、乳幼児が主に罹患するため、生後3〜18ヵ月が標準の接種年齢として示されている。 ワクチン接種によって、人から人へのウイルス感染を防止することは、規模の根絶のために重要である。 なぜなら免疫を得たヒトの体内ではポリオウイルスは短期間しか保因状態になりえず、霊長類以外が保有宿主になることは決してなく 、また宿主から離れた環境で、ウイルスが長期間生きることはない。 二種類のワクチンによって、世界のほとんどの地域からポリオは根絶され 、1988年には350,000件発生していたポリオは2012年には223件に減少した。 一般的に予防接種は、免疫原と共にを賦活するために行われる予備刺激を働かせ、免疫応答を刺激する事で、感染因子から免疫性を与えるとされる。 野生株のポリオウイルスからの感染(人から人)を防ぐために効果的な免疫性の開発こそが、ワクチンを受けた接種者と免疫集団を保護する。 で、(50年)から(昭和52年)に生まれた人は、ポリオ3型に対する免疫(抗体)を持つ割合が、ほかの年齢層に比べて低いため、は流行地域の渡航に関わらず再接種を勧奨しているが、ワクチン接種はの任意接種である。 ポリオワクチンは、基本的医療システムで必要とされる最も重要な医薬品を列挙したに含まれている。 ポリオウイルス [ ] 「」も参照 ポリオウイルスは、のエンテロウイルスに属する。 ピコルナウイルス科は非常に小さい(直径30)。 エンベロープはなく、多面体のカプシドをもつ(+)センスRNAウイルスである。 ポリオウイルスは、経口的に人の体内に入り、咽頭や小腸の粘膜で増殖し、リンパ節を介して血液中に入る。 その後脊髄を中心とする中枢神経系に達して、脊髄前角細胞や脳幹の運動ニューロンに感染し、これらを破壊する事でポリオの症状を生じる。 感染後、ウイルスは素早く宿主細胞のDNAやRNAの全ての機能を妨害する。 もし宿主の防御機構で不活性化されなければ、ウイルスは血管やリンパ管に侵入し、身体全体、特に中枢神経に拡がる。 公衆衛生が貧弱であると、エンテロウイルスは増加し、人口が過密であると広がりはひどくなる。 このような環境下では、幼少期にこのウイルスに頻繁に曝されるので、大抵の子供達は乳児期に感染を受ける。 この時期だと麻痺を起こす事は少なく、年長や成人ではより麻痺に至りやすい。 従って麻痺性ポリオは、ではあまり流行していない。 ポリオウイルスは、血清型から3種類(1型、2型、3型)に分類され、3種類ともポリオを発症させる。 野生株によるポリオ発症は1型によるものが多く、次いで3型である。 ポリオの診断は、咽喉スワブや便からウイルスを分離して、その細胞変性効果を診ることによって行われる。 不活性化ワクチン [ ] ソークワクチン、もしくは 不活性化ポリオウイルスワクチン IPV は、3種類の野生株の毒性血統ウイルス、マホーニー(1型)、MEF-1 2型 、ソウケット(3型)を、猿のの培養細胞 系統 を用いて培養し、によって不活性化させたウイルスを注射するワクチン。 ソークワクチンの注射で、血液中ののによる免疫によってポリオウイルスによる感染を防ぐことで、の進行を防ぎ、を保護することで、例えば延髄ポリオやのリスクを回避することが可能となった。 不活性化ワクチンは4回接種が通常であり、4回目の接種で免疫を賦活するためである。 アメリカ合衆国では、、、の治療を含めた三種混合ワクチン と、小児科で使われてるワクチンが開発された。 2002年にはの原子価を組み合わせたIPVを含んだワクチン(商品名:ペディクス)がで使用が認可された。 不活性化ワクチンにより、誘導された免疫の記憶は一生持続するが、感染防御以上の抗体持続期間には限りがある。 不活性化ワクチンは血清中抗体は誘導できるが、腸管免疫を誘導できない。 このため、ポリオウイルス感染による急性弛緩性麻痺発症予防は可能であるが、経口生ポリオワクチンより流行を阻止する力は劣っている。 感染防御レベル以上の免疫持続期間も短期的であり、一生免疫を持続させるためには、定期的な接種が必要で、そのために接種費用が高くなる。 経口生ポリオワクチン [ ] 1963年のこのポスターはの国際的象徴とされている。 マスコットの名は"ウェルビー" 経口生ポリオワクチンの接種キャンペーンの公共のマスコットである。 経口生ポリオワクチン(OPV)は、された生ワクチンである。 ヒト以外の培養細胞で培養され、ヒトの体温より低い温度で馴化されたことによって、ウイルスゲノム内で自然突然変異が誘発され、それてよって弱毒化されている。 経口生ポリオワクチンは、咽頭と腸管での局所免疫と全身免疫の両者を誘導する。 によるポリオ根絶には経口生ポリオワクチンが優れているが、腸管で増殖したワクチン株ウイルスは 便中に排泄され、周囲の人に感染し、周囲の感染を繰り返す中で強毒化する危険性がある。 経口生ポリオワクチンはポリオワクチンを研究するいくつかのグループ(その内の1グールプにはがいる)で開発がなされ、他のグループにはヒラリー・コプロウスキーやH. コックが指揮するもあり、グループ独自のワクチンが研究開発されていた。 1958年、はポリオワクチンの特別委員会を創設する。 あまたあるワクチンの、動物実験において、猿の神経病原性の低発生率を維持し、ウイルスの及ぼす免疫誘導効果を慎重に評価した。 1950年後半から1960年前期によるソビエト連邦の大規模な治験は、ミカイル・チュマコブとその同僚によって、ワクチンの効果と安全性が実演された。 これらの治験の結果に基づき、アルバート・サビン達は世界中に経口生ポリオワクチンを配布した。 サビンワクチンは、57個あるDNAやRNAを構成する塩基置換(ヌクレオチド)を、ポリオウイルスの有毒原(マホーニー血清型)の中から、ウイルスを弱毒化をしたサビン1系統と、2つの塩基置換になる弱毒化サビン2系統と、10の塩基置換になる弱毒化サビン3系統をそれぞれ区別させた。 この弱毒化要因の共通する3種類のサビンワクチンは、ウイルスの IRES において突然変異を起こし 、RNAやDNAのヘアピン様二次構造の(stem-loop)構造を変化させ、ポリオウイルスの繁殖力を低減させる事で、主細胞のRNAへの感染を防いだ。 サビンワクチンの弱毒化したポリオウイルスは、腸の中でとても効果的に増殖し、ポリオウイルスの細胞への感染と複製を阻止したが、組織においては複製することができなかった。 経口生ポリオワクチン(OPV)は管理することが容易で、無菌の注射器や大規模なワクチンキャンペーンのために、持ち運ぶ必要がなかった(経口生ポリオワクチンは、角砂糖に溶かして接種できる)ため、ソークワクチンよりもの観点から、長く提供がされていた。 ポリオワクチンの種類と特徴 [ ] 項目 OPV IPV ウイルスの型 1型、2型、3型 1型、2型、3型 投与方法 経口 注射 投与回数 2回以上 4回 免疫の持続 終生 一過性 血中中和抗体の誘導 あり あり 腸管免疫の誘導 あり なし ワクチン関連麻痺 あり なし 周囲への感染 あり なし 集団免疫効果 あり なし コスト 安価 高価 免疫不全宿主への接種 禁忌 可能 一価ポリオワクチン [ ] 経口生ポリオワクチンは、通常、薬を入れるバイアル(小瓶)にワクチンを10-20回分詰める。 経口生ポリオワクチン1回分(2錠)は、サビン1系統で1,000,000感染単位を含み、サビン2系統では100,000感染単位、サビン3系統では600,000感染単位が含有されている。 ワクチンには、から(アミノグリコシド系抗生物質)とまで含まれるが、は含まれない。 経口生ポリオワクチンは、野生株のポリオウイルスの主感染細胞において、消化器中の免疫の生産が優れており、野生株のウイルスによる感染をほぼ防ぐ事ができる。 1961年に1型と2型の一価経口ポリオウイルスワクチン MOPV が認可され、1962年には3型のMOPVが認可される。 1963年には、3価経口生ポリオワクチン(TOPV)が認可され、アメリカと世界中の多くの国においてワクチンの病状に適したワクチンの選択が可能となったため、不活性化ポリオワクチンからとって代わり主流となる。 イミュニゼーション(免疫性を与える事)の大きな第二の波は、ポリオという病気の数をより大幅に減少させる事となる。 事実、の病気の多くが減少し、ソークワクチン接種の後でさらなる減少に繋がる事となった。 ワクチンで使われる生ウイルスは、公衆衛生が低い便器とウイルスが広がっているコミュニティの中で発生する。 生ウイルスは温度の高い地域と人里離れた場ところでの発生が起こりやすいという問題があるため、厳重に保管され輸送される。 経口生ポリオワクチンは生ウイルスワクチンとして、ほぼ永久に、免疫性の獲得のため利用されるだろう。 1967年にので行われた、角砂糖に1回分の経口生ポリオワクチンを加える図 歴史 [ ] ポリオは大変古い病気である。 数千年前のエジプトの壁画にもはっきりとその疾病によって引き起こされた様子が描かれている。 今日、アメリカで感染するのは大抵が予防接種を拒否している宗教集団か、ワクチンによって守られていない不法入国した外国人である。 麻痺性急性灰白髄炎(ポリオ)は、1979年のアメリカにおいて、野生株のポリオウイルスが原因による風土病として、にあるいくつかの州のドイツ系移民の宗教集団()の間で発病されたケースが、アメリカにおける麻痺性(ポリオ)の最後のケースになった。 1936年 [ ] 1936年、の研究助手のモーリス・ブロディは、すりつぶした猿のを使い、で不活性化したポリオワクチンの生成を試みた。 ブロディによる当初の試みは十分な量のウイルスを得られず、うまくいかなかった。 まずブロディ自身と、何人ものアシスタントがワクチンの実験体となり、それから3000人の子供にワクチンを施したが、子供達の多くにアレルギー反応が顕れただけで、ポリオの免疫を獲得した例はなかった。 同年、フィラデルフィアの病理学者ジョン・コルマーはポリオワクチンを開発したと主張したが、そのワクチンではポリオの免疫性の獲得ができないばかりか、麻痺性ポリオの原因となった事で非難された。 ジョン・コルマーのワクチンを投与した内の9人には致命的な麻痺が発症した。 1948年 [ ] 1948年、で働いていたの研究グループにより、ポリオウイルスが様々な身体組織で増殖することを新発見する。 それまで神経細胞でしか培養できなかったポリオウイルスの大量培養を可能にした。 このグループは、近年の研究では細胞培養によって流行性耳下腺炎(おたふく風邪)を発症させることに成功。 1948年3月、は肺組織において、水痘ウイルス(みずぼうそうを発病させるウイルス)の培養に成功。 続けて、トーマスは試験管にポリオウイルス培養のため、ウイルスを植え付けたが、観察が終わった後に試験管の中が使われていなかった事に気がつく、ポリオウイルスとテスト用の試験管に残ったものを加えたものによって、実験用マウスの脳ではポリオウイルスの感染が確認できて、わずかだったがポリオウイルスを培養させることに成功した。 この成功はワクチン研究に多大な成果を促し、エンダースとその同僚達、とは1954年にを受賞した。 この年には、3種類のポリオウイルスが証明されている(ポリオウイルス1型:PVもしくは、マホニー、PV2:ランシング、PV3:レオン) ポリオウイルスは血液に存在し、中風(麻痺)を引き起こすタイプが検出され、ガンマグロブリンが麻痺性ポリオウイルスに対抗しウイルスが中和されることによって、抗体による保護がなされる。 右 と, およそ1985年 1952-1953年 [ ] 1952年-1953年のイギリスでポリオウイルスが原因とされる病気が93,000件起こった、このイギリスのポリオによる伝染病の最中に、広告利益の中から数百万ドルが、ワクチンのマーケティングとポリオワクチンの研究に投資された。 コックの指揮するニューヨークのレダール研究所にも投資され、レダール研究所で働いていた、ポーランド生まれで者であり、者でもあるヒラリー・コプロウスキーによって、1950年に世界初であるポリオワクチンが成功したと発表された。 コプロウスキーのワクチンは弱毒化された生ウイルスを口から投与するワクチンだったが、まだ研究段階にあり使用するにはジョナス・ソークのポリオワクチン(不活性化ウイルス注射ワクチン)の発表の後、5年を待たなければ市場には出せないものであった。 コプロウスキーの弱毒化ワクチンは、継続的にスイスのアルビノ種マウスの脳を実験し続け、7度目で実験で麻痺を引き起こさずに、ポリオウイルスの神経組織への感染を防ぐ事に成功した。 その後1回〜3回のラットによる実験を行った後、ワクチンのヒトへの使用の安全性を確証していった。 1950年2月27日、コプロウスキーの生きた弱毒化ワクチンはレッチワース村で生活する8歳の少年で最初のテストが行われた。 コプロウスキーはニューヨークの施設では肉体的、精神的に実験を行う事ができず、実験後8歳の少年には副作用は起こらなかった。 その後、コプロウスキーは実験の対象を19人(子供)に広げていった。 ポリオワクチン接種本部,1957年の とソークのチームがワクチンを開発した 1952年、最初の効果的なポリオワクチンを開発したの だったが、臨床試験には何年もかかった。 長い期間の忍耐により、ソークはCBSラジオで、1953年3月26日に大人と子供の小集団におけるテストが成功を収めたと報告している。 この2日後、(米国医師会雑誌)に結果が公表された。 1954年2月23日、ワクチンはピッツバーグのアーセナル小学校と障害者児童のためのD. ワトソンの家で投与が開始された。 ソークワクチンのテストは、トーマス・フランシスJrが指揮を執った事から、通称フランシス・フィールド・トライアルと呼ばれ、歴史上最大規模の医療実験とされている。 実験の当初、ヴァージニア州マクリーンのフランクリン小学校の子供達4,000人を対象として開始され 、最終的にはからカリフォルニア州に及ぶ全米44州、延べ1800万人に及ぶ子供達が参加するという広大な規模で行われた。 治験(実験)の終わりまでに、子供達にはおおまかに見積もっても、44万回に及ぶワクチン注射を1回、もしくはそれ以上投与し、約21万人の子供達には(プラシーボ)が投与され、無害なとして比較するため、120万人の子供達のグループには予防接種と臨床の工程を受けさせないよう管理し、ポリオウイルスへの感染状態を観察した。 フランシス・フィールド・トライアルの結果が、1955年4月12日に公表される。 (同日は大統領の死後10年と同日。 ソークワクチンは同年には子供予防接種キャンペーンとして、すぐにその認可が降りた。 NGOのマーチ・オブ・ダイムスの大規模な予防接種キャンペーンが促され、アメリカの記録ではポリオウイルスが原因となる病気は、1953年の35,000件から1957年には5,600件と大きく下落し 、1961年に至っては、たったの161件と記録されている。 の男の子に不活性化ポリオウイルスワクチンを投与している写真 , 1993 1987年 [ ] 不活性化ポリオウイルスワクチン(IPV)の薬理学的なの増加にともなって、1987年11月にアメリカで正式にポリオワクチンと認可された。 ポリオワクチンの予防接種は生後から始まり、最初の注射は生後まもなく(生後1-2か月の間)投与され、2度目は生後4か月 、3度目の注射のタイミングとしては、生後6か月から18か月の間に投与すべきだとされる。 追加の予防接種としては、年齢としては4歳から6歳が目安となり、学校に入るまでのに全部で4度受けることが公式的な予防接種とされる。 国によっては5度目の予防接種はの間となっており 、発展途上国の大人(18歳かそれ以上の歳)の予防接種としては必要に応じて受ける。 これは、発展途上国において、ほとんどの大人はすでに野生株ポリオウイルスに曝される危険性が非常に小さいためである。 1988年 [ ] 1988年、ポリオ根絶が世界的な動きをみせ、、や基金が主導となり、アルバート・サビンが開発した経口生ポリオワクチンが各国へ広がる。 1994年 [ ] 1994年までには、でポリオは根絶された。 2000年に入ると、オーストラリア、中国を含む西太平洋の36ヵ国も公式に根絶を宣言し 、2002年、でも根絶したとされた。 ポリオが原因による病気が2年以上発生されたなかった国は、ポリオフリーとみなされ 、2011年1月、インドでのポリオによる病気がなくなったと報告され、それにより2012年2月には世界保健機関(WHO)のポリオ感染国からインドが外される。 2008年には、としてポリオが流行している国は、たった3国(、、)となった。 世界中のほとんどの地域で、ポリオウイルスによる伝染が防がれたが、しかし、野生株のポリオウイルスによる、ポリオの輸入には継続的に感染リスクは高まるものの、仮にポリオウイルスが輸入される事で人による感染者が出ても、が発生するのは、発展途上国の未発達な医療技術と貧困による不衛生な限られたエリアとされているが、その反面、野生株のポリオウイルスの輸入(および伝染)を防ぐための高度な医療技術による予防接種は維持されなければならない。 ワクチンによるポリオ感染 [ ] 経口生ポリオワクチンについて、神経学的感染と麻痺性ポリオに対して、ワクチンの普及が達成されると、経口ポリオワクチンの副反応である、ワクチン株により発症する急性弛緩性麻痺(ワクチン関連麻痺:vaccine associated paralytic poliomyelitis:VAAP)と、ワクチンを受けた人から周囲の人に感染し、感染を受けた人が発症する急性弛緩性麻痺(ワクチン接触例:vaccine contact case:VCC)が問題となった。 臨床では、急性弛緩性麻痺が発病しても、それが生ワクチンによるポリオウイルスが原因となったのか、野生株のポリオウイルスが原因になったのかは判別ができない。 ワクチン投与による麻痺性の発病や、生ワクチンのポリオウイルスが原因となる発病が報告されたが 、これは、経口生ポリオワクチンが普及した一部の地域に起きている事で、経口生ポリオワクチン自体が原因によるものだと思われる。 野生株ポリオによる病気の減少と、経口生ポリオワクチンによる発病のため、安全性の観点からもポリオワクチン由来株の方が優れている。 不活化ポリオワクチンを接種した時、野生株ポリオウイルスに曝される小さなリスクは残るものの、不活化ワクチンは、経口生ポリオワクチンに比べて胃腸免疫性の獲得が少ないが、神経系組織からのウイルスの感染を防ぐ要因は高く、1950年代中期のポリオワクチンの広がりは、多くの工業国の間での減少となった。 2000年のアメリカ、2004年のイギリスの経口生ポリオワクチンの使用が中止されたものの、世界中の多くの国では使用され続けていた。 2013年のインドでは、経口生ポリオワクチンの副反応による急性弛緩性麻痺が4件起こっている。 副反応による急性弛緩性麻痺は、地域により異なるが750,000あたり1件のワクチン接種者が発病した事例もある。 また、副反応は子供より大人に多く発病が見られ、子供でも免疫不全に侵されている子供の中では急性弛緩性麻痺にかかるケースは7000件以上ある、特に症状(無ガンマグロブリン血症と低グロブリン血症)と共に顕れ、抗体による保護が低下する。 VAAPとVCCは、高品質の予防接種を複数回受ける事で、免疫性の獲得を促して、発生を阻止することが可能であり 、は予防接種による恩恵は、仮にワクチンが原因となりポリオが発病するリスクと比較しても、予防接種を受けないよりも予防接種を受けた方が良いと考えている。 汚染関係 [ ] 1960年、ポリオワクチン製造のため使われていたの腎臓細胞がSV40ウイルス(シミアンウイルス40)に感染していたことが判明した。 SV40は、1960年にサルに自然発生したウイルスとして感染が発見され、1961年には、SV40はネズミ目 にできた腫瘍とされていた。 近年、ウイルスは人間の癌として決まった形で発見されており、と、、中皮腫、 の何種類かがウイルスによるものとされているが、SV40が癌の原因となると判明した訳ではない。 SV40は1955〜1963年の間、不活性ワクチンの副作用 蓄積 として発見された。 経口生ポリオワクチンでは発見されず 、1955年-1963年の間にワクチンを9800万を超えるアメリカ人が一回からそれ以上接種し、SV40によって汚染されたワクチンを1,000,000-3,000,000人のアメリカ人が接種したとされ 、分析後、汚染ワクチンが1980年まで(、中国、、アフリカ諸国の複数国)で使われた可能性がある。 これは何億人がSV40に曝されていた事になる。 1998年、が大きな治験を始めて、汚染されたワクチンが癌情報(SEERデータベース)に加えられた。 治験によって、SV40を含んだワクチンを接種した人が癌と診断されなかったため、汚染ワクチンによる癌は増加していないことが公式に発表され 、1957年後半の汚染されたワクチンを接種した700,000人の癌発生率を、スウェーデンの大規模な治験では調査したところ、治験によってSV40を含んだポリオワクチンを接種した人の癌の増加はないと発表された。 SV40が原因とされる癌については疑問が残るが、人の身体組織の中でSV40の発見は長期に渡る論争の解決になるとされる。 1958年から、米国国立衛生研究所は、経口生ポリオワクチンがサビン系統に対して最も安全であると決定を下した。 1957〜1960年の間、ヒラリー・コプロウスキーは世界の至るところで、自分のワクチンを投与し続け、アフリカのベルギー領地(現在の、、)において、そのワクチンはおよそ100万人に投与された。 治験の結果によりある議論が持ち上がる。 経口生ポリオワクチンが原因でAIDSを発症したのではないかという仮説(AIDS仮説)は、危険性を顧みずに長年ワクチンを投与し続けたという非難となり 、チンパンジーから人へのSIV感染を起こしたという状況が、今のAIDS問題に繋がる。 しかし、これらの仮設はいくつかの治験により仮説が誤りであることを明らかになっている。 2004年、アフリカにおいて急性灰白髄炎のケースは減少しているものの、(アフリカ大陸の西部の孤立した地域では、現在でも時々発症する)近年、ポリオワクチン予防接種キャンペーンの反対活動が活発化しており 、その原因はワクチン接種によるとされている。 急性灰白髄炎が、ナイジェリアで再び猛威を振るい、アフリカの他の国にも及んでいる。 これを受けて疫学者達は、アフリカの一部地域の人々が、自分の子供にポリオワクチンを受けさせることを拒んでいるためだと信じている。 脚注 [ ]• School of Public Health, University of Michigan. 2015年1月16日時点のよりアーカイブ。 2013年10月6日閲覧。 PBS 1998年. 2008年11月29日閲覧。 Am J Epidemiol 150 10 : 1001—21. Koike S, Choji T, Takeshi K, Shinobu A, Iku I, Hiromichi Y 1991. Proceedings of the National Academy of Sciences 88 1 : 951—955. 2014年3月1日閲覧。. Aylward RB 2006. Annals of Tropical Medicine and Parasitology 100 5? 6 : 401? 2009年1月2日閲覧。. Schonberger L, Kaplan J, Kim-Farley R, Moore M, Eddins D, Hatch M 1984. Rev. Infect. Dis. 6 Suppl 2: S424? Centers for Disease Control and Prevention. 2013年9月4日閲覧。 World Health Organization 2013年4月. 2013年9月4日閲覧。 感染症発生動向調査週報 IDWR 2002年第16週. 国立感染症研究所 2002年. 2019年5月24日閲覧。 World Health Organization 2013年10月. 2014年4月22日閲覧。 Annu Rev Microbiol 59: 587? 635. 2008 PDF. 10th ed. 2nd printing ed. Washington, D. : Public Health Foundation. の2008-09-24時点におけるアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 PDF. Immunisation Against Infectious Disease. Edinburgh: Stationery Office. 313? の2007-06-15時点におけるアーカイブ。 The Immunological Basis for Immunization Series. Geneva, Switzerland. 2006年3月24日時点のよりアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 Sabin A; Ramos-Alvarez M; Alvarez-Amezquita J et al. 1960. JAMA 173 14 : 1521? Sabin AB 1987. Perspect. Biol. Med. 31 1 : 57? Benison S 1982. Bull Hist Med 56 4 : 460? Conquering Polio. SA 2007年2月2日. 2007年10月7日時点のよりアーカイブ。 2015年10月14日閲覧。 Ochs K; Zeller A; Saleh L et al. January 2003. Virol. 77 1 : 115? Gromeier M, Bossert B, Arita M, Nomoto A, Wimmer E February 1999. Virol. 73 2 : 958? Poliomyelitis Eradication: Field Guide. Washington: Pan American Health Organization. 2006. Pediatrics 99 2 : 300? 1997. J Neurol Neurosurg Psychiatry 75 11 : 1552. Rainsberger M 2005年6月27日. The University of Texas at Austin. 2011年6月1日時点のよりアーカイブ。 2015年10月14日閲覧。 Enders JF, Weller TH, Robbins FC; Weller; Robbins January 1949. Science 109 2822 : 85? The Nobel Foundation. 2008年11月29日閲覧。 Hammon W, Coriell L, Wehrle P, Stokes J; Coriell; Wehrle; Stokes Jr 1953. J Am Med Assoc 151 15 : 1272? Public Health Rep 62 41 : 1467? 1498. October 1947. Koprowski, Hilary 2010年10月15日. 2010年10月15日閲覧。 Offit, Paul A. 2007. The Cutter Incident: How America's First Polio Vaccine Led to the Growing Vaccine Crisis. Yale University Press. Teri Shors 14 March 2008. 294?. 2011年2月22日閲覧。 "Miracle Workers," American Heritage, Winter 2010. News Desk 2004年4月26日. 2014年11月14日閲覧。 Smith, Jane S. 1990. Patenting the Sun: Polio and the Salk Vaccine. Sorem A, Sass EJ, Gottfried G 1996. Washington, D. C: University Press of America. Hinman A 1984. JAMA 251 22 : 2994? Mastny, Lisa 1999年1月25日. Worldwatch Institute. 2008年11月29日閲覧。 Morbidity and Mortality Weekly Report Centers for Disease Control and Prevention 43 39 : 720? 722. , 2001. PDF. Health Educ Res 16 1 : 109? 114. D'Souza R, Kennett M, Watson C; Kennett; Watson 2002. Commun Dis Intell 26 2 : 253? プレスリリース , European Region of the World Health Organization, 2002年6月21日 , 2008年8月23日閲覧。 Ray, Kalyan 2012年2月26日. Deccan Herald• The Telegraph. 2012年2月26日. 2012年2月26日閲覧。 Centers for Disease Control and Prevention CDC October 2006. MMWR Morb. Mortal. Wkly. Rep. 55 40 : 1093? Rafael, Pedro 2012年12月20日. 755978;-73. 990396: Nytimes. com. 2013年1月3日閲覧。 Shimizu H; Thorley B; Paladin FJ et al. December 2004. Virol. 78 24 : 13512? Vaccine-Preventable Disease Surveillance Manual. 2011年10月22日時点のよりアーカイブ。 2015年10月14日閲覧。 2015年9月6日閲覧。 Kew O et al. 2002. Science 296 5566 : 356? Yang CF; Naguib T; Yang SJ et al. August 2003. Virol. 77 15 : 8366? The Hindu. 2013年7月29日. 2013年7月30日閲覧。 Racaniello V 2006. Virology 344 1 : 9? Vaccine Safety. Centers for Disease Control 2004年4月22日. 2013年5月22日時点のよりアーカイブ。 2013年5月22日閲覧。 Eddy B, Borman G, Berkeley W, Young R 1961. Proc Soc Exp Biol Med 107: 191? Carbone M 1999. J Cell Biochem 76 2 : 189? Vilchez R, Kozinetz C, Arrington A, Madden C, Butel J 2003. Am J Med 114 8 : 675? PDF. Expert Rev Vaccines 4 2 : 197? 206. の2006-09-23時点におけるアーカイブ。 Bookchin D 2004年7月7日. New Scientist. 2004年7月20日時点のよりアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 Strickler H, Rosenberg P, Devesa S, Hertel J, Fraumeni J, Goedert J 1998. JAMA 279 4 : 292? Olin P, Giesecke J 1998. Dev Biol Stand 94: 227? ; Plotkin, S. 2001. Clin. Infect. Dis. 32 7 : 1068? Koprowski H July 1960. Br Med J 2 5192 : 85? Collins, Huntly 2000年11月6日. Philadelphia Inquirer. Section D, page 1. の2004年4月5日時点におけるアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 Africa BBC News. 2002年6月27日. 2008年11月29日閲覧。 Dugger CW, McNeil DG 2006年3月20日. New York Times. 2008年11月29日閲覧。 Africa BBC News. 2005年5月12日. 2008年11月29日閲覧。 Jegede AS March 2007. PLoS Med. 4 3 : e73. [ ] 参考文献 [ ]• 加藤 達夫『『予防接種マニュアル』』株式会社新興医学出版社、2006年。 神谷茂、高橋秀実、林英生、俣野哲朗、池田 和博『『ブラック微生物学 第3版』』、2014年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 、、 - ポリオウイルスの生育に関してノーベル賞受賞。 後のワクチン開発に貢献。 - 不活性ポリオワクチンの開発者。 - ジョナス・ソークがポリオワクチン開発のために利用した細胞株• - HeLa細胞のドナー• - 経口生ポリオワクチンの開発者。 - 超法規的措置により、より生ワクチンの輸入を決断した、当時の厚生大臣。 - ポリオの根絶に尽力した元NHK記者。 外部リンク [ ]• ポリオ排除の最終計画(2018)• ワクチンの歴史 a project of the• '人々と発見:ソークのポリオワクチン1952'• [ ],スミソニアンマガジン、2015. , ドリーム2047マガジン. 2004. - この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

ポリオワクチン

不 活化 ポリオ と は

急性灰白髄炎(ポリオ) 流行地 エンテロウイルス属に分類されるポリオウイルスによる感染症で、ヒトにのみ感染します。 2000年にWHOは、日本が属する西太平洋地域での根絶宣言を出しましたが、パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアなどポリオウイルスが常在する国では、依然として流行がみられ、他の国や地域への感染波及が問題となっています。 感染経路 経口的にヒトの体内に入ったウイルスは、咽頭や小腸の粘膜で増殖、血流を介して中枢神経系へ達し、脊髄運動神経に感染、典型的なポリオ症状(かつては「小児マヒ」と呼ばれていました)を示します。 感染後症状がなくても糞便中に数週間にわたりウイルスが排泄され、新たな感染源となります。 とくに5歳以下の小児は感染しやすい傾向にあります。 潜伏期 3~21日です。 症状 感染者の90~95%は症状が出ません(不顕性感染)が、約5%には発熱、頭痛、咽頭痛、悪心・おう吐、倦怠感、頚部硬直、下肢痛などの症状が見られます。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。 わが国では、2012年9月から生ポリオワクチンによる定期予防接種は中止され、単独の不活化ポリオワクチンが、また、同年11月からはジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチンの4種混合ワクチン(DPT-IPV)が定期接種に導入され、接種回数も4回になりました。 1975(昭和50)年から1977(昭和52)年の間に生まれた方は、ポリオに対する免疫能が他の年齢層に比べ低いとされています。 この期間に生まれた方が、ポリオウイルス常在国に渡航する場合には、ポリオワクチンの再接種が望ましいでしょう。 また万一、その方のお子さんがポリオ生ワクチンを接種する場合には、お子さんの腸内で病原性を回復したウイルスが排泄され、その方に感染する可能性がありますので、その場合にもポリオワクチン再接種をお勧めします。 欧米へ留学される際には、要求される接種回数が異なる場合がありますので、事前に確認しましょう。 2014年1月更新.

次の

■NEWS 三種混合とポリオの就学前追加接種を推奨─小児科学会、接種スケジュール改訂|Web医事新報

不 活化 ポリオ と は

ポリオとワクチン ポリオは、別名「小児まひ」と言い、突然、主に足が動かなくなります。 … ポリオの原因は、ポリオウイルスで、ポリオになってしまうと特効薬はありません。 ポリオを防ぐために、ワクチンがあります。 ウイルスを弱毒にして口から投与する生ワクチンが今まで行われてきました。 しかし、ポリオワクチンによるポリオの発症の危険性とワクチン以外のポリオの発症が見られないことから、一刻も早い不活化ワクチンが望まれていました。 2012年9月より定期接種として、生ワクチンから不活化ワクチンに変わることになりました。 そこで、この不活化ワクチンについて説明したいと思います。 … 不活化ポリオワクチンの接種時期 不活化ポリオワクチンは、生ワクチンに変わって、2012年9月より定期接種となり、医療機関で接種する個別接種になります。 さらにDPT3種混合ワクチンとの混合ワクチンが2012年11月に接種が可能になり、個別接種になりました。 ただし、地域によってはまだ集団接種になっていますので、保健所や保健センター、住んでいる地域の「市民だより」などで接種場所や接種日を確認してください。 定期接種は、国が法律に基づいて、時期、接種スケジュールを決めて行う接種です。 経口から皮下注射になりました 不活化ポリオワクチンの接種は、注射で行います。 1回の接種量は0. 5mlです。 接種年齢、接種回数、間隔もDPT3種混合ワクチンと同じです。 DPT3種混合ワクチンとの混合ワクチンがあるためです。 初回接種と言って、生後3か月から12か月の間に、3回接種。 接種間隔は20日以上です。 追加接種は1回で、初回接種の3回目が終わってから12か月から18か月後です。 最低6か月は空けます(現時点では定期接種ではありませんが、定期接種になる予定です)。 この期間でなくても、90か月(7歳半)までなら、定期接種として接種が可能です。 生ワクチンでは春と秋でしたが、不活化ワクチンは1年を通して可能です。 次のページでは一部ワクチンを接種した場合と副作用について説明します。

次の