車 検証 見方。 車検証の基礎知識!種類・見方などを徹底解説!│車の修理・交換・板金のことならシュリナビ

車検証の見方とは? 各項目を詳しく解説!

車 検証 見方

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。 そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。 「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。 楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、やエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。 ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。 もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。 車検証の項目と見方 車検証にかかれている内容は、車に関する基本情報だけではありません。 今さら人には聞けない車検証の見方を、それぞれの項目ごとにわかりやすく解説していきます。 ・自動車登録番号または車両番号 車検証は正式には「自動車検査証」といいます。 車検証の先頭にかかれているのが「自動車登録番号または車両番号」の欄です。 ここにかかれている数字や記号は、あなたの車に取り付けられているナンバープレートの番号になります。 ですから車検証がなくてもナンバープレートにかかれている内容を控えておけば、「自動車登録番号または車両番号」が分かります。 ・登録年月日/交付年月日 「自動車登録番号または車両番号」の右隣にかかれているのが、「登録年月日/交付年月日」です。 これは「新車を購入した場合」と「名義変更した場合」で異なります。 新車を購入した場合は、新規で登録した日付が記入されています。 これに対して名義変更した場合は、現在の所有者(あなた)の名義に変更された日付が記入されています。 ・初年度登録 「登録年月日/交付年月日」の右隣にかかれているのが、「初年度登録」です。 初年度登録というのは、現在あなたが所有している車が最初に登録した日付のことを言います。 新車で購入した場合は「登録年月日/交付年月日」と「初年度登録」は同じになります。 中古車を購入した場合は、あなたが今所有している車が新車登録された日付が記入されています。 ・自動車の種別 「自働車の種別」は、車検を通すときに確認する部分です。 車の種別は「小型」「普通」「軽自動車」のほかにも「大型特殊」があるのですが、この種別によって車検登録の際に印紙代にかかる費用が異なります。 そのためユーザー車検の場合は、「自動車の種別」を見ることによって車検登録に必要な印紙代がいくらになるのかがわかります。 ・用途 「自動車の種別」の右隣にかかれている「用途」は、「乗用」「貨物」のほかにも「乗合」と「特殊」の4種類に分かれます。 ここで書かれている用途の内容は、自動車重量税を計算する際に必要になります。 あらかじめ費用を準備する際は、あなたの車がどのような用途で区分けされているかを確認する必要があります。 ・自家用・事業用の別 この項目では「自家用」と「事業用」の2つに分けられます。 車検を通す時や登録を行う際には「自家用」と「事業用」では法定料金に違いが出ます。 そのため車検を通す時は特に注意して確認する必要があります。 ・車体の形状 あなたの車の形の特徴をわかりやすく表示したものです。 箱型やバン型のほか幌型などで表示されます。 ・車名 あなたの車を製造したメーカー名が書かれています。 そのためこの欄には「トヨタ」「ホンダ」などのようにメーカー名が書かれています。 ただしここで書かれているのはあくまでも「メーカー名」なので、あなたの車の車種名ではありません。 ・乗車定員 乗車定員は、あなたの車に乗ることが出来る最大人数がかかれています。 乗車定員は車種によって変わるので、あらかじめ確認しておきましょう。 ・最大積載量 最大積載量の表示があるのは、貨物車両の場合になります。 貨物車両は荷物を運搬することが目的の車なので、「どれだけの荷物を載せることが出来るのか」が表示されています。 ちなみに貨物車両の場合は、車検証にかかれている最大積載量と車体の後ろ側に張られたステッカーの数値が同じである必要があります。 また車体に最大積載量が記入されたステッカーが貼られていない場合はNGです。 ・車両重量 車全体の重さを数値にして表しています。 ここでの数値は車検の法定費用の1つである「自動車重量税」を計算する際に必要になります。 車に人や荷物が乗っていない状態の重さを表すのですが、ガソリンは満タンに入っている状態を想定して計算します。 ・車両総重量 車を実際に走らせたと仮定した場合の総重量を数値にして表示しています。 ・車台番号 車には、必ず車体番号がつけられています。 車体番号はあくまでも車を識別するために個別に割り振られているため、所有者が変わったとしても車体番号が変わることはありません。 ・長さ 車の長さを表しています。 「長さ」の数値は車庫証明を発行してもらう際に必ず必要になります。 ・幅 車体の幅を数値で表しています。 「幅」も車庫証明を発行してもらう際に必ず確認する項目です。 ・高さ 地面から車体の高さを図った数値が記入されています。 車庫証明をとる際も必要ですが、高さ制限がある道路や橋を通過する上でも目安となりますので、車の所有者は必ず確認しておきましょう。 ・前前軸重 前輪のみの軸にかかる重量を表示しています。 ・前後軸重 前後軸重の記載があるのは、タイヤの数が5本以上のものの場合に記載されます。 ちなみに前後軸重は、前から2列目の軸にかかる重量を表しています。 ・後前軸重 後輪のみの軸にかかる重量を表示しています。 ・後後軸重 後前軸重の記載があるのは、タイヤの数が5本以上のものの場合に限られます。 ちなみに後前軸重は、後ろから2列目の軸にかかる重量を祓わしています。 ・型式 あなたの車を特定するために個別に発行されている記号です。 インターネットなどの一括見積などで確認を求められることが多いです。 アルファベットで始まる記号で表示されます。 ・原動機の形式 原動機とは「エンジン」のことをいいます。 そのため車検証に書かれた「原動機の形式」というのは、「あなたの車がどのようなエンジンを載せているのか」がかかれています。 ・排気量又は定格出力 あなたの車の排気量を数値化して表示しています。 ・燃料の種類 車の種類によって使うことが出来る燃料は決められています。 一般的には「ガソリン」と表示されていますが、車によっては「軽油」「LPガス」などの表示の場合もあります。 ・型式指定番号 よく間違えやすいのが「型式指定番号」と「種別区分番号」です。 この2つの番号は自動車取得税の計算と関係があります。 ちなみに「型式指定番号」というのは、車のグレードを「メーカー別に数値化」したものです。 ・類別区分番号 車には様々な装備品がついていますが、それらを細かく分類して数値化したものが「類別区分番号」となります。 ただし後付した装備品は含まれません。 そのため、あくまでもメーカーのオプションが数値化されます。 ・所有者の氏名又は名称 車の所有者であるあなたの名前が書かれます。 ただしローンで車を購入した場合は、ローンが完済するまではローン会社の名称がかかれています。 ・所有者の住所 車の所有者であるあなたの現住所が書かれます。 ただしローンで車を購入した場合は、ローンが完済するまではローン会社の所在地がかかれています。 ・使用者の氏名または名称 所有者と使用者の名前が異なる場合に書かれます。 ローンで車を購入した場合は、使用者の氏名が「あなたの名前」になります。 ・使用者の住所 所有者と使用者の住所が異なる場合に書かれます。 ローンで車を購入した場合は、使用者の住所が「あなたの現住所」となります。 ・使用の本拠の位置 所有者と所有者が違う場合は、本拠の位置も異なります。 ローンで購入した場合に記入します。 ・有効期間の満了する日 車検の有効期限を表しています。 フロントガラスに張られているステッカーの日付と同じです。 ・備考 あなたの手元にある車検証が「どのような手続きによって登録されたのか」が分かります。 新車購入の場合は「新規登録」となりますし、2年毎の車検によって登録されたものであれば「継続検査」となります。 他にも引っ越しなどによって住所が変更になった手続きを行う場合は「移転登録」と書かれます。 ・QRコード 車検証の下部分につけられているQRコードは、主に「偽造防止」として取り付けられています。 内容の偽造を行ったとしてもQRコードから情報を取り出せばすぐに見破れるようになっています。 また陸運支局などの検査のデータ化や各種車検工場などでも活用されています。 75歳以上の方の車検証の見方 75歳以上になると、運転免許証の更新の際に「認知機能検査」と「高齢者講習」を受けることになっています。 ただし車検証に関して言えば、75歳以上だから特別な車検証が発行されるということではありません。 ただし近年、高齢ドライバーによる死亡事故が多発しています。 そのため認知機能検査で認知症と診断されない場合でも、自主的に返納することが勧められています。 その上でも75歳以上の方の場合は、車検証に記載されている「有効期間の満了する日」を確認することがポイントです。 車検を通せば2年間は車をそのまま乗り続けても法律上は問題ありませんが、その間に75歳の誕生日を迎える場合は「免許証の返納を考える良いタイミング」としておらえておくべきです。

次の

車のグレードの見分け方と確認方法|中古車なら【グーネット】

車 検証 見方

車のグレードの調べ方!車検証でグレード名はわかる? 「マイカーのグレードを 知りたいのだけれど、 どうやって調べたらよいのか わからない・・・」 という方は、結構いらっしゃると思います。 そんな車のグレードの調べ方について 詳しくお知りでない方のために、 車検証を見れば 車のグレードがわかるのかと、 車のグレードを調べる3つの方法を 以下にご紹介させて頂きますね。 エンジンルーム内のコーションプレートを見る 車のエンジンルーム内の コーションプレートを見ると、 車の外装色や内装色、車体番号、 車のグレード、車の主要装備品などが わかります。 インターネットで車体番号を検索する 上記でご紹介しましたように 車のエンジンルームの コーションプレートを見れば、 その車のグレードがわかるのですが、 他にどんなグレードの車があるのか、 また、現在自分が所有している 車のグレードが どの位置に属するのかはわかりません。 そんな時は、インターネットで 車のメーカーや カーショップのホームページの 車のグレード情報検索サービスの ページで コーションプレートや 車検証に記載されている車体番号を 入力して検索すれば、 マイカーのグレードを 確認することができます。 メーカーのお客様相談室に問い合わせる 車検証を見るだけでは 車のグレードを知ることは できませんが、 車検証に記載されている 型式指定番号や 類別区分番号がわかれば、 車の メーカーのお客様相談室に 問い合わせて、 この車検証に記載されている 型式指定番号や類別区分番号、 コーションプレートに記載されている 車体番号を担当者に伝えて 調べて頂けば、 マイカーのグレードはもちろん、 グレードの違いによる、 車の内装や装備の違い、 排気量の違いなども 詳しく教えてもらうことができます。 車のグレードの意味とは? ひとくちに 車のグレードっていうけれど、 車のグレードって どんな意味があるのかについて 詳しくご存知の方は、 そういらっしゃらないかと思います。 そんな車のグレードの意味について 詳しくお知りでない方のために、 以下に 車のグレードに使用される アルファベットの意味や、 そもそも車のグレードとは 何なのかについて 詳しく解説させて頂きたいと思います。 車のグレードに使用されるアルファベットの意味 車のグレードにはCやG、LやDなどの アルファベットが使用されています。 それらの アルファベットには どのような意味があるのか、 以下に代表的なものを ご紹介させて頂きますね。 快適仕様。 特に特徴はないが お求めやすい価格帯の 車のことをさします。 一般仕様。 トルクフルなエンジンを搭載している車。 足回り強化仕様。 気品のある仕様。 豪華かつ快適仕様。 特別仕様。 ディーゼルエンジン搭載車。 最強バージョンの特殊車。 そもそも車のグレードとは何? そもそも グレード(grade) という英単語には、 等級や階級、段階といった 意味がありますが、 車のグレードもそれと同じ 等級といった意味をあらわしています。 例えば、車のグレードアップなどは、 等級をアップさせる、 つまり格上げするという 意味合いを持ちます。 各自動車メーカーは様々な 車種の車を販売していますが、 同じメーカーの同じ車種であっても 装備や内装に違いを持たせており、 それらの違いでそれぞれを ランク分けしているのが 車のグレードなのです。 車のグレード選びはとても重要で、 人気の車種の下位のグレードなら 予算的に購入できる場合であっても、 車種を変えれば、人気車種より 上位グレードで 燃費もよい車が購入できたりします。 さらに 、同じ車種を車の 買取り査定に出した場合も グレードの上位の車の方が 高く査定してもらえます。 車の購入時には車種にだけにこだわらず 車のグレードの良さも 車を購入する際の条件に 組み込むことをおすすめします。 youtubeにてトヨタのプリウスアルファの 4種類のグレードの車外観を 比較している動画を見つけました。 グレードによって外観が どれくらい異なるのか見ておきたい方は、 ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。 まとめ いかがでしたか? 車のグレードがわからない場合の 調べ方には、以下の 3つの方法があります。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには ネットの車査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 \ SNSでシェアしよう! / ドライブファクトリーの 注目記事を受け取ろう•

次の

車検証とステッカーの正しい見方とは|知っておくべきことを解説

車 検証 見方

そんな大切な車検証ですが、いつどのように受け取れるのでしょうか? 新車で購入した場合は、車の製造番号が記載された「 完成検査修了証」がメーカーから発行された後、公道で使用できるようにするための新規検査を行うことができます。 検査終了後、陸運局から車検証と車検ステッカーが交付されます。 この新規検査ですが、ほとんどの場合はディーラーなどの販売店が代行して行ってくれるため、車検証はお店から受け取るケースがほとんどです。 車検の有効期限を更新するための継続検査の場合も同じく、陸運局で車検を受け、合格すると新たな車検証と車検ステッカーを受け取ります。 検査場まで自分自身で持ち込む「ユーザー車検」の場合は即日交付ですが、代行業者に依頼した場合や、指定整備工場で車検を受けた場合などは発行まで時間がかかるため、後日受け取りになります。 車検証には以下のような車のあらゆる情報が記載されています。 ここでは基本的な車検証の見方をご説明します。 これを見れば「この車が何年経過したか」が分かります。 ガソリン車の場合、と税金が高くなりますので買い替えのポイントの1つと言えます。 軽自動車の場合は一律です)。 例えば 「トヨタ」「ニッサン」「ホンダ」「マツダ」「スバル」「スズキ」などです。 車をローンで購入した場合には、この欄は販売店であるディーラーやローン会社が記載され、支払いが終了するまではずっとそのままです。 そして「使用者の氏名又は名称・住所」の欄は、基本的には所有者と一緒ですが、ローンで購入した場合には、所有者欄が販売店等、使用者欄が購入者で記載されることになります。 この日付の1ヶ月前より車検を受けることが可能になります。 「車検はいつだったかな〜?」と不安になった時は、車検証を取り出してこの欄を確認しておきましょう。 結婚や相続などによって車の使用者情報が変わった場合は登録されている情報を変更する必要があります。 この項目では名義人の「氏名」と「住所」が変更になった場合をお話します。 自動車検査証• 印鑑…姓が変わったあとのもの。 代理申請の場合は所有者の印鑑が押印された委任状も必要• 戸籍謄本…発行から3ヶ月以内のもの これらの必要書類を用意し、該陸運局もしくは自動車検査登録事務所にて名義変更を行いましょう。 なお申請する場合に申請手数料として350円がかかります。 最後に注意すべき点として、上記の方法は車の所持者と使用者が同一の場合です。 車の所持者はそのままで使用者を変更する場合はさらに「所有者の委任状」「新しい使用者の住民票(もしくは印鑑証明)」「新しい使用者の委任状」「新しい使用者の車庫証明書」「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税の納税申告書」「申請書」などの書類が増えますのでご注意ください。 自動車検査証• 印鑑…姓が変わったあとのもの。 代理申請の場合は所有者の印鑑が押印された委任状も必要• 戸籍謄本…発行から3ヶ月以内のもの• 住民票…発行から3ヶ月以内のもの• 車庫証明書…発行から1ヶ月以内のもの これらの必要書類を用意し、住所変更後の該陸運局もしくは自動車検査登録事務所にて氏名・名義変更を行いましょう。 なお申請する場合にこちらも申請手数料として350円がかかります。 また名義変更を業者委託する場合などのほうほうをもあります。 でも詳しく記述していますのでご参考ください。 車検証の再発行には以下の書類が必要となってきます。 自動車検査証…紛失・盗難以外の汚損等で原本を所持している場合は自動車検査証が必要• 申請書…車両が登録されている当該陸運局もしくは自動車検査登録事務所で配布、もしくはインターネット上でダウンロードすることも可能• 理由書…自動車検査証を紛失・盗難より所持してない場合は理由を明記• 手数料(軽自動車の場合。 普通自動車は自動車登録印紙)…300円• 車の使用者の印鑑…再発行の手続きを使用者以外が申請する場合は代理人への委任状が必要• 身分証明書…運転免許書、保険証、パスポートなどの申請者の顔写真付きで氏名・住所を確認できる証明書 以上が必要な書類です。 数は多いですが、300円ほどで再発行できるので、車検証不携帯の違反になる前に当該陸運局もしくは自動車検査登録事務所にて再発行を受けましょう。 海外赴任などで自動車の使用を一時的に中止する場合や、災害等が原因で使用できなくなったり自動車の解体を行ったりして永久的に使用しない場合には、「抹消登録」という手続きを行います。 その際には、車検証を管轄の運輸支局に提出する必要があります。 その他に必要な書類としては、• 所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)• 所有者の委任状(代行業者に手続きを依頼する場合のみ)• ナンバープレート(前後2枚) があります。 これらは、車検証とともに事前に準備しておきます。 このほか、手続き当日に運輸支局で入手し、提出するものとしては以下の通りです。 手数料納付書• 一時抹消登録申請書• 自動車税・自動車取得税申告書 永久抹消の場合のみ、に記載されている「移動報告番号」と、解体終了の旨を業者から連絡を受けた「解体報告記録がなされた日」のメモ書きを提出する必要があります。

次の