スカイマーク 羽田 空港 駅。 茨城空港VS羽田空港!路線や料金、アクセス徹底比較!

スカイマーク 時刻表/格安航空券予約

スカイマーク 羽田 空港 駅

羽田空港には3つのターミナルがありますが、羽田空港からスカイマークを利用する場合は、どのターミナルに向かえばいいのでしょう。 羽田空港をあまり利用したことがないと、ターミナルを間違えてしまわないか、チェックインカウンターまで迷わないかなど不安なことはたくさんあると思います。 また、羽田空港までのアクセスについても心配ですよね。 羽田空港からスカイマークを利用する際、初めてでもスムーズに搭乗できるように、ターミナルの場所や、アクセス方法について見ていきましょう。 スカイマークのターミナルはどこ? 羽田空港には第1ターミナル・第2ターミナル、国際線ターミナルの3つのターミナルがあります。 その中でスカイマークのターミナルは、JALと同じ「第1ターミナル」です。 ターミナル間の移動は、バスを利用して3~10分ほどかかります。 間違えないように注意しましょう。 ・チェックインカウンターの場所 スカイマークのチェックインカウンターは第1ターミナルの2階、北ウイングにあります。 時計台4の付近で、「Gゲート」の真横になります。 正面8番口から入ると最も近いです。 ・出発ロビーと到着ロビーの場所 種発ロビーはチェックインカウンターと同じ、第1ターミナルの2階です。 また、到着ロビーは第1ターミナルの1階になります。 羽田空港からスカイマークを利用した場合の料金 スカイマークの羽田空港発着便は「新千歳空港」「神戸空港」「福岡空港」「鹿児島空港」「那覇空港」があります。 ここでは各空港までの料金を見ていきましょう。 「いま得」は残席数に応じて料金が変化します。 予約のタイミングがよければ、普通運賃やその他の割引運賃と比べてかなりお得になります。 例えば羽田空港から北海道の新千歳空港までの普通運賃は21,190円です。 しかし「いま得」の場合、8,790円と普通運賃の半額以下で航空券を購入できますし、また羽田空港から那覇空港までの普通運賃は24,190円ですが、「いま得」なら9,790円とかなりお得になります。 このように羽田空港から各空港までは「いま得」で航空券を予約することで、普通運賃よりもかなりお得になります。 ただし「いま得」は席数に限りがあるので、早めに予約しておくことをおすすめします。 羽田空港へのアクセス方法 さて、お得なスカイマークが就航する羽田空港ですが、どのように行けばいいのでしょう。 ・電車を利用する場合 羽田空港まで電車を利用する場合は、「京浜急行空港線」で「羽田空港国内線ターミナル駅」へ向かいます。 第1ターミナルと第2ターミナルは同じ駅ですが、方向が真逆になるので、第1ターミナルと書かれた方向へ向かいましょう。 また、ひとつ前の駅は「羽田空港国際線ターミナル」になります。 間違えないように注意してください。 ・モノレールを利用する場合 モノレールを利用する場合、「羽田空港第1ビル駅」で下車しましょう。 第2ターミナルへ向かう場合は「羽田空港第2ビル駅」で下車してください。 ・バスを利用する場合 羽田空港までのバスは「空港リムジンバス」と「京急バス」があります。 まとめ 羽田空港のスカイマークのターミナルは「第1ターミナル」です。 チェックインカウンターと出発ロビーは2階に、到着ロビーは1階にあります。 スカイマークはお得な「いま得」という割引があります。 スカイマークを利用して旅をするのであれば、早めにいま得で予約しましょう。 スカイマークの航空券をお探しでしたらをチェックしてみてください。 お得な航空券を見つけることができますよ!.

次の

羽田空港

スカイマーク 羽田 空港 駅

初めてスカイマークの羽田空港発着便を利用する場合に、飛行機の乗り方が分からず不安な人も多いのではないでしょうか。 今回は、スカイマークの羽田空港ターミナル「出発ロビー」と「到着ロビー」についてまとめました。 スカイマークの羽田空港発着便の料金はどれくらい? スカイマークの羽田空港発着便は、「新千歳空港」「那覇空港」「福岡空港」「神戸空港」「鹿児島空港」です。 各空港の航空券の料金は次の通りです。 どの路線でも、いま得を利用すれば普通運賃や早期購入割引よりもお得な航空券を予約できます。 いま得は空席状況に応じて運賃が変動する割引です。 いま得を利用するには3日前までに航空券を予約する必要があります。 いま得は予約状況により利用できない場合もあるので、出張や帰省、旅行のスケジュールが既にきまっている場合は、できる限り早めに航空券を予約するとことをおすすめします。 いま得を利用できなかった場合は、たす得を利用しましょう。 たす得は、2018年3月から導入されたスカイマークの新しい割引運賃です。 予約受付期間は販売開始から搭乗日前日までです。 たす得といま得の最も大きな違いは、たす得であれば予約の変更ができるという点です。 正面エスカレーターから一番右側にある Gゲートのそばにスカイマークのチェックインカウンター(空港カウンター)があります。 また、カウンターの近くには4番の時計台があります。 ゲートや時計台の番号を覚えておけば、スムーズに搭乗手続きを行えます。 チェックインカウンターでは、航空券の発券や荷物の預け入れができます。 スカイマークの搭乗手続きの仕方や荷物の制限などは次の記事も参考にしてください 出発ロビーの待ち合わせ場所はどこがおすすめ? スカイマークの2階出発ロビーで待ち合わせする場合、3番~4番の時計台の下がおすすめです。 出発ロビーは人の往来が激しいので、時計台の番号を共有しておくと安心して合流できます。 羽田空港のスカイマーク到着ロビーってどこにある? スカイマークの到着ロビーは、 第1旅客ターミナルの1階にあります。 円形の大きな照明の下にプロペラ型のオブジェがあり、目印や待ち合わせ場所にも利用できます。 羽田空港に到着したあとは1階にある手荷物受取場で預けた荷物を受け取りましょう。 到着ロビーの待ち合わせ場所はどこがおすすめ? 到着時の待ち合わせ場所は、第1旅客ターミナルの地下1階にある太陽の塔・月の塔、1階にある出会いのひろば(南と北)が分かりやすくおすすめです。 羽田空港の待ち合わせ場所は次の記事も参考にしてください 各種交通機関から出発ロビーへの移動方法は? 各種交通機関から出発ロビーへのアクセスは以下の通りです。 東京モノレールを利用した場合 羽田空港第1ビル駅を下車後、地下1階の北ウイング方面へのエスカレーターまたはエレベーターを使って出発ロビーへ向かいましょう。 近くには東京スター銀行などがあります。 京浜急行を利用した場合 羽田空港国内線ターミナル駅下車後、第1旅客ターミナル改札口から空港の地下1階へ向かうエスカレーターで空港内に入り、2階の出発ロビーへ向かいましょう。 バス・タクシーを利用した場合 羽田空港第1ターミナル正面入口から、エレベーターまたはエスカレーターを使って2階出発ロビーへ向かいましょう。 ターミナル間の移動方法は? 羽田空港では、両ターミナル間を走る無料連絡バスを利用できます。 乗り場は1階ターミナルの中央付近出口にあります。 時間は潰せる? 羽田空港の6階と屋上には展望デッキがあります。 展望デッキには、もちもちのソフトフランスパンの中に、ジューシーなソーセージやポークカツを入れた「スカイドッグ」や、アルコールに良く合うおつまみメニューを用意した売店の「スカイステーション」もあり、飛行機を眺めながら食事やお酒を楽しむことができます。 さいごに スカイマークの羽田空港発着便を利用する場合、出発・到着ロビーを事前に確認しておけばスムーズに搭乗手続きができます。 スカイマークでは、手荷物検査場での手荷物検査を出発20分前までに終わらせておく必要があります。 時間に余裕をもって、出発ロビーに向かうようにしましょう。 目的のターミナルを間違ってしまった場合のターミナル間の移動はなるべく慌てずに対処することが大切です。 今回紹介したことを参考にして、羽田空港でスムーズに搭乗手続きを行いましょう! 羽田空港については次の記事も参考にしてください スカイマークを利用する場合は次の記事も参考にしてください エアトリのスカイマークの予約ページは.

次の

スカイマーク羽田空港の乗り場は?ターミナルの出発到着ロビーは?

スカイマーク 羽田 空港 駅

日本最大の「空の玄関口」である東京・羽田空港。 空港内は、ひとつの町のように広いため、何も知らずに足を運んだら、道に迷ってしまうかもしれません。 羽田空港へのアクセス方法からスカイマークのチェックインカウンターの位置まで、予め知っておくと便利です。 スカイマークのチェックインカウンター 羽田空港のスカイマークのチェックインカウンターは、「第1ターミナル2階の北ウイング」にあります。 正面8番口から入ると最も近く、出発保安検査場G付近になります。 4番時計台が目印です。 ここで搭乗手続きを行ないます。 羽田空港から発着する国内路線案内 スカイマークを使って羽田空港からアクセスできる国内の空港は、次の通りです。 札幌 新千歳 空港/神戸空港/福岡空港/長崎空港/鹿児島空港/那覇空港 羽田空港へのアクセス 都内から羽田空港へ向かう交通手段は、バスや電車、モノレールが便利です。 しかし、都内は人や車が多く、時期や時間帯によって交通網が大変混雑します。 時間に余裕を持って行動しましょう。 なお、スカイマークは「羽田空港第1旅客ターミナル」になりますので、下車駅を間違えないように気を付けてください。 いずれもターミナルに直結していますが、スカイマークは北側のP2を利用すると便利です。

次の