メイラックス ジェネリック。 メイラックス錠1mg

メイラックスのジェネリック「ロフラゼプ酸エチル」の効果・副作用と薬価・適応

メイラックス ジェネリック

薬理特性 [ ] ベンゾジアゼピン系の中では特に作用時間が長く、作用もやや強い。 血中半減期は60~300時間の超長時間作用型である。 鎮静作用、意識水準の低下、筋弛緩作用はやや弱い反面、抗けいれん作用や抗コンフリクト作用が強い。 適応 [ ] 日本で承認されている適応は、やにおける、、、である。 錠剤:1mg,2mg• 研究事例 [ ] 現在、とともに、耳鳴りの治療薬としての効果が注目されている。 耳鳴りは、現在は、、、しか対処薬がなく、その効果もさほどではない。 治療効果があれば、耳鳴りの患者への福音となりうる。 注意 [ ] 日本では2017年3月に「重大な副作用」の項に、連用によりを生じることがあるので用量と使用期間に注意し慎重に投与し、急激な量の減少によってが生じるため徐々に減量する旨が追加され、厚生労働省よりこのことの周知徹底のため関係機関に通達がなされた。 に関して 、錯乱や興奮が生じる旨が記載されている。 からは、必要性を考え漫然とした長期使用を避ける、用量順守と類似薬の重複の確認、また慎重に少しずつ減量する旨の医薬品適正使用のお願いが出されている。 調査結果には、日本の診療ガイドライン5つ、日本の学術雑誌8誌による要旨が記載されている。 以下は添付文書の記載であり、頻度は臨床期間のものであり、より長期の使用では異なる。 一般的注意 [ ] 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、や機器の操作運転は従事しない。 自分の判断で勝手に服用を中止したりしない。 との併用は、神経抑制作用とアルコールの酩酊作用を増強するため危険。 禁忌事項 [ ] (以下の場合は投与しない)• 同種薬に対して過敏症の既往症がある場合。 急性狭隅角緑内障のある患者。 重症筋無力症患者。 副作用 [ ] まれに幻覚、呼吸抑制が現れることがある。 過去には各社から以下の名称で、が販売されていた。 メデタックス()• スカルナーゼ()• ロンラックス(--) 出典 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• 医薬品医療機器総合機構 2017年3月21日. 2017年3月25日閲覧。 日本医師会、日本老年医学会『』 pdf 日本医師会、2017年9月。 「耳鳴りに対するSSRIの治療効果に関する検討」『Audiology Japan』第54巻第5号、2011年9月、 327-328頁、 :、。 医薬品医療機器総合機構 2017-03. pdf. 医薬品医療機器総合機構PMDAからの医薬品適正使用のお願い 11. 2017年3月25日閲覧。. 関連項目 [ ]• — 本剤との相互作用がある。

次の

メイラックス錠1mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

メイラックス ジェネリック

1.持続性ならメイラックス 即効性ならデパス 強い不安を早く抑えたいのであれば、メイラックスよりもデパスを飲むほうが効果的です。 メイラックスやデパスのようなお薬を抗不安薬といいます。 精神安定剤と俗に呼ぶこともあります。 メイラックスもデパスも同じ種類の抗不安薬ですが、効果が出る時間、効果が消える時間が違います。 それに関連して副作用の出方も若干、違ってきます。 1-1. 作用時間が100時間以上ですから、3〜4日以上も効いていることになります。 強い不安を早く抑えたいときなどは不向きなこともありますが、常に心の安定を維持できる土台を作るには適しているお薬です。 1-2. デパス デパスは短時間型クラスに分類されています。 効果は早いときで30分以内に。 遅くても1時間以内には現れます。 ただ、効果は最初、強く出ても3~6時間で消失します。 メイラックスとは真反対ですね。 メイラックスとデパスは同じ抗不安薬でありながら、効果の持続時間にかなり差がありますが、これは血液の中にあるメイラックスやデパスの濃度と関係しています。 時折、強い不安が出るのであれば、デパスで対処し、いつも不安がつきまとってしまう場合はメイラックスのような作用時間の長いお薬を処方します。 また、いつも不安を感じる中で時折、不安を強く感じることがあるというときは、メイラックスで様子を見ながら、強い不安のときに頓服としてデパスを飲むという方法もあります。 メイラックスもデパスも医師が処方するお薬なので、自分で選択することはありませんが、自分に合ったお薬を処方してもらうためにわかりやすく簡潔に医師に症状を伝えましょう。 2.デパスはメイラックスよりもふらつき、転倒という副作用が出やすい 抗不安薬には筋弛緩という作用があります。 この筋弛緩作用は筋肉の緊張からくる肩こりなどの改善に効果を発揮します。 ところが、筋弛緩作用が強く出てしまうと、脱力感やふらつきの原因になります。 デパスは筋弛緩作用がメイラックスよりも強く、とくにデパスを飲む高齢者はふらつきの症状がでやすく、筋力低下のため、転倒の原因になることが多いようです。。 3.デパスはメイラックスよりも眠気が強くでやすい 強い不安があってデパスを飲んだときは、眠気に気を取られてしまうことはあまりありませんが、不安が消えかかる頃に眠気を強く感じることがよくあります。 とはいえ、飲み慣れてくるにつれ、眠気を感じなくなる人もいます。 眠気がQOL(生活の質)を低下させるようであれば、デパスの量を減らす、あるいは眠気の少ないメイラックスなど他のお薬に変更するという方法で対処します。 4.デパスはメイラックスよりも薬物依存になりやすい メイラックスやデパス、それ以外の抗不安薬を飲まれている方は下記をチェックしてみてください。 薬を2種類以上飲んでいる• 薬を6カ月以上継続して飲んでいる• 薬を飲み忘れた日にひどく眠れず、不安であった• 薬を手元に持っていないと不安である• 薬を飲まないと眠れないのではと不安になる 薬物依存には身体依存と精神依存があります。 身体依存とはお薬を突然止めると、そのお薬特有の離脱症状が出現することです。。 一方の精神依存とはお薬がないと、不安になったり、あるいは良くなって減らしているにも拘らず、以前のようにお薬を求めてしまうなど、薬がなければ通常の精神でいられない状態のことをいいます。 医師はこのような依存がでないように、また、薬物依存を少しでも緩和するために服用中は常に観察し、中止するときはいきなり中止せず、計画的に少しずつお薬の量を減量していきます。 自分の判断で勝手に薬を止めたり、量を増やしたり減らしたりすることで、さらに具合が悪くなることがあるので、必ず医師の指示に従う必要があります。 以上がメイラックスとデパスの大きな違いです。 ところで、メイラックスやデパスなどの抗不安薬はどのような作用機序で不安をやわらげ、精神の安定を保持しようとするのでしょうか? 5.メイラックスやデパスなどの作用機序 メイラックスとデパスは作用の強弱などの違いはありますが、どちらもベンゾジアゼピン系抗不安薬というお薬に分類されています。 これらの化学構造式の中にベンゼン環とジアゼピン環をもっていることにちなんで、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれています。 不安は脳で感じます。 そのため、不安を抑えるためには腕に働きかける物質が必要になります。 ベンゾジアゼピンはGABAと呼ばれる脳の神経伝達物質の働きを強める作用をもっています。 GABAの作用を強めると、不安などで過活動状態になっている脳の働きを鎮めてくれます。 高齢者は痴ほう症と間違われやすい ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用機序は記憶系統も抑えるということから、デパスのように急に血中濃度が上昇し、効果が出るようなお薬は健忘症にもなりやすいといわれています。 超高齢者がデパスを飲んで健忘症のような症状が出た場合、お薬によるものか、痴ほう症からくる健忘症なのか見極める必要があります。 その他、上記でメイラックスとデパスの違いを述べましたが、その方の肝機能の状態によっても違ってきます。 肝機能が低下していれば、解毒能力も低下しています。 そのため、副作用が少ないといわれるメイラックスでも場合によっては、副作用が強く出てしまうことがあります。 6.まとめ メイラックスとデパスの違いからどちらが良いお薬かというのではなく、それそれのメリットを活かした飲み方ができると考えれば、どちらも重要なお薬であるといえます。 とくに高齢者がこのようなお薬を飲む場合、本人任せにするにするのではなく、周囲の方もお薬の正しい特性を知って高齢者をサポートしていきましょう。

次の

ロフラゼプ酸エチル:メイラックス

メイラックス ジェネリック

1.メイラックス錠1mg・2mgの使い方 メイラックスは常用することがほとんどです。 5~2mgで使っていきます。 抗不安薬を使っていく時は、できるだけ少なく使っていくように意識していきます。 できれば、休肝日ならぬ「休薬日」が作れると理想的です。 例えば、• 普段は何ともないけれども、何かきっかけがあるとつらい方• 仕事のある月~金はつらいけど、土日は大丈夫という方• 週末だけがつらい方 こんな場合は、つらい時だけに服用する「頓服」で何とかなるかもしれません。 頓服ですと、薬に依存することもありません。 頓服向きのお薬はどのようなお薬の条件は、• すぐに効果が期待できる• 効果がある程度強くて実感できる という2点です。 メイラックスは意外とこの2つの条件を満たしています。 しかしながら作用時間が非常に長いので、不安や緊張が去っても薬が効き続けてしまいます。 このため、頓服としては使いにくいお薬です。 頓服では効果が不十分となると、抗不安薬を常用する必要があります。 そのような時に、メイラックスは安全性が高くて使いやすいお薬です。 常用していく目的は、1日を通してお薬を効かせることです。 作用時間の長いお薬の方が依存性が低く、服用の回数も少なくて済みます。 ですから常用するときは、できるだけ作用時間の長いお薬から使っていくべきです。 メイラックスは作用時間が非常に長く、1日1回の服用で効果が持続します。 さらに効果のわりに副作用が少ないです。 夕食後や就寝前に1回だけ、服用することが多いです メイラックスの用量は、0. 5mg~2mgとなっています。 1日1回就寝前や夕食後に使っていくことが多いです。 高齢者や体格の小さな女性は0. 5mgから、普通の方は1mgから始めます。 効果が不十分な方は、2mgまで増量できます。 1mg錠剤が1番小さな規格ですが、割線が入っているので半分に割ることができます。 薬局で頼んだら割ってもらうこともできます。 2.メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠での違い(薬価) メイラックスからロフラゼプ酸エチルにすると、1mg錠で37%、2mg錠で25%ほどになります。 ジェネリックになると安くなると言われていますね。 メイラックスは抗不安薬の中では高いお薬です。 ジェネリック医薬品が発売されたことで、薬価がかなり安くなりました。 具体的にみてみましょう。 <先発品> 商品名 剤形 薬価 メイラックス錠 1mg 21. 6円 メイラックス錠 2mg 38. 6円 メイラックス細粒 1% 206. 8円 ジメトックス錠 1mg 8円 ジメトックス錠 2mg 9. 8円 メイラックス1mgでは、ジェネリックにする37%ほどの薬価になります。 メイラックス2mgでは、ジェネリックにすると25%ほどの薬価になります。 先発品とくらべると、ぐっと安くなりましたね。 1mg錠2つよりも、2mg錠1つの方が経済的です。 3.メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠での違い(効果や副作用) メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠には多少の血中濃度の変化に違いがあります。 ロフラゼプ酸エチル錠を作っている製薬会社によっても異なります。 このため、同じ薬局でお薬をもらうようにしましょう。 成分が同じだからといってまったく効果が同じかというと、そういうわけではありません。 薬のコーティング、溶け方、吸収のされ方などは、製薬会社によって異なります。 とはいってもメイラックスの後発品と認めてもらうためには、ちゃんと基準があります。 ジェネリックのロフラゼプ酸エチルを服用してからの血中濃度の変化が、メイラックスと比べて誤差80~125%の間にあることが条件なのです。 だいたいは同じような効き方をするのですが、血中濃度がピークになるまでの時間(最高血中濃度到達時間)や血中濃度が半分になるまでの時間(半減期)に違いが出てきます。 即効性のある抗不安薬の場合は、作用時間のスピードが重要です。 作用時間がかわることで、効果や副作用に違いがでることがあります。 メイラックスは最高血中濃度到達時間が0.8時間、半減期が122時間のお薬です。 有効成分はまったく同じなので、効果や副作用の特徴に大きな違いがあるわけではありません。 ですが、まったく同じ薬かというとそういうわけではありません。 血中濃度の変化に違いがあるので、それに応じて効果の発現・作用時間・副作用の強さなどが多少異なってきます。 ジェネリックにもいろいろな商品があるので、製薬会社によって効き方は少しずつ異なります。 薬局にはジェネリック医薬品は決まったものしか置いていません。 ですから、ジェネリックを使う場合は同じ薬局でお薬をもらうようにしましょう。 まとめ メイラックスは常用することがほとんどです。 5~2mgで使っていきます。 メイラックスからロフラゼプ酸エチルにすると、1mg錠で37%、2mg錠で25%ほどになります。 メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠には多少の血中濃度の変化に違いがあります。 ロフラゼプ酸エチル錠を作っている製薬会社によっても異なります。 このため、同じ薬局でお薬をもらうようにしましょう。

次の