勝たん 意味。 ネットで○○しか勝たんって言っている人を見かけます。「勝たん」とは...

〇〇しか勝たんの意味とは?流行中の〇〇しか勝たんの使い方など徹底解説!

勝たん 意味

ちなみに、「しかかたん」と読む。 生ビールが好きなサラリーマンは、「生ビールしか勝たん!」と言えば若者から一目置かれる事間違いなし。 だがここで一つ疑問が生じた。 なぜ、「佐藤景瑚が好き」ではいけないのか。 語呂も見栄えも言い回しも、上手いとは思えないが なぜ流行っているのか? 「しか勝たん」が流行っている理由 ちなみに、最も多い使用例は 「推ししか勝たん」らしい。 2016年くらいに、誰が言い出したかははっきりと判明していないが アイドル好き界隈の一部で使われ出したのが発祥と言われている。 「推し」とは、「好きな人」である。 グループアイドルの個メンバーを強調する為に使用されるケースが多い。 そして、自分がどれほど「推し」を好きか。 推しに対しての愛情がいかに大きいか。 それを理解してもらいたいと思うのがオタクの性だそうだ。 裏を返せば、それを示す事は 「私がこんなに愛する程、推しの魅力は凄い」アピールにもなる。 ゆえに、「佐藤景瑚が好き」では足りない。 「佐藤景瑚が大好き」や「佐藤景瑚を愛してる」なんて陳腐な表現では表せない。 そんな理由で、好きの度合いを表現する大喜利大会が頻繁に開かれる。 しか勝たんの使用例 そんなオタクたちの熱意も虚しく シンプルに 「好き」の意味合いで、とりあえず使われる事が多くなった模様。 酒と可愛いと音楽しか勝たん。 流行している言葉の宿命。 「気持ち悪い」と思う層もいるみたいだが 嫌いな物や人の悪口なんかを呟くより遥かに健全である。 そんな使い勝手の良さから「しか勝たん」は広く普及した。

次の

「しか勝たん」の意味とは何なのか?元ネタや読み方は?気持ち悪いとの声が多数?

勝たん 意味

〇〇しか勝たんの意味について 「〇〇しか勝たん」の意味は、そのままの意味で 〇〇しか勝たないという意味です。 〇〇しか勝たんの由来とは? 「〇〇しか勝たん」は、由来という由来や元ネタは特になく、使い始めた人もわからないようです。 ですが、女性アイドルファンの間で使われていたネットスラングであり、2016年頃から徐々に使われだしたと言われています。 SNSが普及したことにより徐々に多くの人へ、特に十代の若年層に広まっていったようです。 そして女子高生や女子中学生に使われることが増え、今年流行った言葉、来年さらに流行る言葉と言われるようにまでなっていきました。 〇〇しか勝たんの使い方について 元はアイドルの推しに使われていましたが、現在はアイドル以外の人や食べ物、ゲームなどの物、アニメのキャラクターなどに使われるようになっています。 他にも推しの応援や握手会やコンサートなどのイベントに行った際、誕生日をお祝いする時に使われていることが多かったです。 また推しの写真を一緒に投稿する人が多かったです。 好きな食べ物が一番だと思っている方におすすめです。 他のハッシュタグもつけて、今日食べたごはんや好きなお店についてを投稿する際にも使われているので、幅広い場面での投稿にも使うことができます。 また好きな食べ物についてなら、誰でも使うことができるので初めての方でも簡単に使えます。 やっぱりラーメンしか勝たん。 — ぶらいと🌞約束の卵を目指して生きる。 またTシャツなども発売されていてお酒好きな人多いこともわかります。 アイドルの時と同様に好きやかわいいと思った時、推しの応援やイベントに行った際の投稿が多かったです。 友達とのプリクラの投稿でも使われていることがあり、〇〇に友達の名前を入れて仲良しや好きという気持ちを表すのに使われいるようです。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ニュースなどにも取り上げられていて、そのニュースについての投稿をしている方も多くいました。 流行ったからこそお試しの投稿や知らない方の投稿も増えているようです。 このランキングでは、1位は「ぴえん」、2位は「湧いた」、3位は「レベチ」でした。 このランキングは、ニュースでも取り上げられてさらに話題になりました。 他には、流行った人、こと、物などの計4つのランキングが紹介されています。 「〇〇しか勝たん」には、由来や元ネタは特にないですが、女性アイドルファンの間で使われていたネットスラングで、徐々に十代の若年層に広まっていったようです。 そして女子高生や女子中学生に使われることが増え、来年さらに流行る言葉と言われる言葉にまでなっていきました。 アイドルや芸能人に使われることが多いですが、食べ物や飲み物、二十代以降にはお酒など、さまざまなものに使われていました。 来年はどんな言葉が流行るのか、そしてまだまだ広がる「〇〇しか勝たん」のブームに乗っちゃいましょう!.

次の

「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり」

勝たん 意味

スポーツ・イラストレイテッド()という、米タイム・ワーナーが発行するスポーツ雑誌がある。 この雑誌の表紙を飾ることはスポーツ選手にとっての名誉であるとと同時に、「表紙に載ったらおしまい」とも言われているらしい。 表紙を飾るときがNo. 1スポーツ選手としてのピークであり、あとは下るしかないからだろう。 雑誌やテレビなどのメディアでもてはやされる企業や人は、なんらかの分野でNo. 1であるかオンリーワンである場合がほとんどである。 それはそれで素晴らしいことだが、No. 1になるということは、同時にメディアからは「使い捨ての消費の対象として扱われる」ことを意味する。 「勝つ」ということは、必然的にそのような状態を包含していることが多い。 多くの零細企業やこれから起業しようとする中年にとって重要なのは、No. 1になることや「勝つ」ことではなく、土俵際まで追い込まれても踏ん張ることであり、ゲームが行われている場所から退場しないこと、すなわち「負けていない=倒産していない」ことだ。 「負けていないだけのただの零細企業」はメディアが取り扱うネタとしては面白みに欠ける(=際立った特徴がない)が、当の経営者にしても、「勝つ」ことを評価するメディアから「消費の対象」として扱われることには、何のメリットも感じないだろう。 簡単に言えば「有名になってもあんまりいいことはない」ことを知っている人たちでもある。 「プライバシー」は、財産として膨らますことや徹底的に隠蔽することが重要なのではなく、自分自身のコントロール下にある、つまりプライバシー量を自分の意志で自在に増減させることができる、という状態にこそ価値がある。 徒然草の第百十段に下記のような一節がある。 「双六の上手といひし人に、そのてだてを問ひ侍りしかば、『勝たんと打つべからず。 負けじと打つべきなり。 いづれの手かとく負けぬべきと案じて、その手をつかはずして、一目なりともおそく負くべき手につくべし』といふ」 ざっくりと現代語訳してみると「スゴロク(=盤双六を指すと思われる)の名人に『なんで上手なの?』と聞いてみたら『勝とうとせずに負けないようにしようとしているだけだ。 負けるのをなるべく遅くすることが重要なのだ』と答えました」ということのようである。 零細企業を経営している人は、この言葉にまさに「我が意を得たり」と感じるのではないか。 また、超一流企業の社長として一世を風靡したような人(=勝った人)であっても、その職を解かれた後につづくであろう20年以上の時間を過ごすにあたって、勝とうとするのではなく「負けない人」に自分自身を転換させるメンタリティが残っているか、ということが重要になるはずである。 ともあれ、中年起業に必要なのは「勝つこと」ではなく「負けないこと」なのだ。

次の