よろしく お願い し ます 類語。 「よろしくお願い申し上げます」の例文・使い方・類語・返信方法

「お願い」の敬語表現は?ビジネスメールの使い方、類語、英語表現など徹底解説!

よろしく お願い し ます 類語

「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、社会人として働いていると、頻繁に耳にしたり口にしたりする機会がある言葉だと言えるでしょう。 また、メールや文書などでも使われるケースが多く、業界や職種に関係なく、多くの方が使用している表現だと言えそうです。 そんな「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズですが、あまりにも多くの人が使う身近な表現となり過ぎてしまい、正しい使い方や目上の人への使い方などがよくわからないという方もいらっしゃると考えられます。 そこで今回は、「今後ともよろしくお願いいたします」という言い回しをテーマにして、さまざまなシチュエーションにおける使い方や目上の人に対しての使い方などをご紹介していきます。 「今後ともよろしくお願いいたします」の基本的な意味・使い方 「今後ともよろしくお願いいたします」という言い回しと深く向き合っていくためにも、まずは基本的な意味や使い方について確認していきましょう。 「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、多くの人がさまざまなシーンで使用していることもあり、普段は深く考えずに使用しているという方も多いでしょう。 この機会にぜひ、意味や使い方について、見直してみて下さい。 「今後ともよろしくお願いいたします」の意味 早速、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズには、どのような意味やニュアンスが含まれているのか考えていきましょう。 そもそも、「よろしく」という言葉には、以下のような意味があると、「コトバンク」で解説されています。 人に好意を示したり、何かを頼んだりするときに添える語。 上記の解説から、「今後ともよろしくお願いいたします」の「よろしく」には、相手への好意を示す意味があると考えることができます。 上記の見解をもとに考察していくと、「今後ともよろしくお願いいたします」には、これからの相手との関係性などを良好に保つことや発展させていくことをお願いしている言い回しだと言えそうです。 「今後ともよろしくお願いいたします」の使い方【1】:メール 上記で考察した「今後ともよろしくお願いいたします」の意味を意識しつつ、実際にはどのように使うのか、基本的な使い方についても考えていきましょう。 「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、メールなどでも頻繁に使用されています。 特に、締めの挨拶として使用されるケースが多く、相手との関係性の維持や発展を願う気持ちを表現することができます。 メールの相手としては、取り引き先の会社やクライアント、社内の上司など幅広い相手が考えられ、特にお世話になっている人物に対して使うケースが多いと予想することができます。 また、新年の挨拶などでは、「本年もよろしくお願いいたします」などの表現へと言い換えて、使用される場合もあります。 「今後ともよろしくお願いいたします」の使い方【2】:社内 上記でも触れましたが、「今後ともよろしくお願いいたします」という言い回しは、取り引き先の企業やクライアントなどの他、社内の人物に対しても使用することができる言い回しとなっています。 特に使用するケースが多い相手としては、上司や先輩などが多いと言えそうです。 今後とも、ご指導のほど、よろしくお願いいたします」などの形で使用されることもあります。 また、社員の前で挨拶やスピーチをする際にも、用いられることがあるフレーズです。 事業や企画の進捗の報告や経営・業績などの報告の際などに、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズが挨拶として使われるケースもあるでしょう。 「今後ともよろしくお願いいたします」の使い方【3】ビジネスメール 上記では、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズが、メールの締めの挨拶として使われるケースがあることをご紹介しました。 続いては、ビジネスメールに注目して、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズの使い方を考えていきます。 ビジネスメールの場合も、「今後ともよろしくお願いいたします」は、締めの挨拶として使われるケースが多いでしょう。 メールの内容が、契約や協力、提携などに関するものだった場合は、特に「今後ともよろしくお願いいたいます」という言い回しを使うケースは多いでしょう。 とはいえ、ビジネスメールでは建前とも言える表現を使用するケースも少なくありません。 ですから、例えメールの内容が、契約の不成立などに関する内容であったとしても、「今後ともよろしくお願いいたします」という挨拶をすることもあると予想できます。 「今後ともよろしくお願いいたします」の目上の人への使い方 続いて、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズを、目上の人に対して使う場合、どのように表現すれば良いのか、敬語表現などについて考察していきます。 結論から申し上げると、「今後ともよろしくお願いいたします」という言い回しは、既に十分丁寧な言い回しだと言えるでしょう。 「いたします」という言葉は、「いたす」という言葉を丁寧に言い換えた言葉だと予想できます。 「いたす」という言葉には、以下のような意味やニュアンスがあると言われています。 「する」の謙譲語。 自己側の動作を低めて言ったり、改まった気持ちで言ったりすることで聞き手に対する敬意を表す。 多く「いたします」の形で用いる。 /「する」の丁寧語。 多く「いたします」の形で用いる。 上記の解説から、「いたす」という言葉は、「する」という言葉の謙譲語や丁寧語であることが読み取れます。 「お願いいたします」は、「お願いします」というフレーズを、より丁寧に表現した言葉だと言えるでしょう。 上記のような背景から、「今後ともよろしくお願いいたします」という言い回しは、そのままの形でも、上司や目上の人に対して使用しても失礼な印象にはなりづらい、丁寧な言い回しだと言えそうです。 一言付け加えることでさらに好印象になる可能性も! お世話になっている上司や目上の人に連絡をする際、締めの挨拶として「今後ともよろしくお願いいたします」という挨拶をすることは多いでしょう。 上記でもご紹介したように、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、言い換えなどしなくとも、丁寧な表現になっていると言われています。 しかし、さらに一言を付け加えることで、より丁寧な印象を与えたり、好印象になったりする可能性があります。 たとえば、単に「今後ともよろしくお願いいたします」と述べるよりも、「精進して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします」といった言い回しをした方が、より誠実であったり切実であったりする印象を与えられる可能性があります。 このように、ちょっとした一言を付け加えることで、与える印象が変わる可能性があることも覚えておきましょう。 「今後ともよろしくお願いいたします」への返信方法 続いて、メールなどで相手から、「今後ともよろしくお願いいたします」という挨拶をされた場合、どのように返信すれば良いか考察していきます。 「今後ともよろしくお願いいたします」という相手からの挨拶に対して、同じ言い回しで返信をしても、失礼にはならないでしょう。 しかし、人によっては、違和感を感じるという方がいらっしゃるのも事実です。 「今後ともよろしくお願いいたします」という挨拶に対する返事として、特に多いと言われている言い回しが、「こちらこそ、よろしくお願いいたします」などの言い回しです。 また、「至らない点もありますが、こちらこそ~」「お手数をおかけしておりますが、こちらこそ~」といったように、一言付け加えて返事をするという方も多いと言われています。 「今後ともよろしくお願いいたします」の類語 「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、多くの人が使用している言い回しです。 また、幅広いシーンで使用できるので、つい多用してしまいがちだと考えられます。 しかし、一般的には、同じフレーズや言葉を何度も使うと、会話や文章がマンネリ化したり、稚拙な印象になったりしてしまう危険性があると言われています。 そこで続いては、言い換え表現としても使用できる、「今後ともよろしくお願いいたします」の類語をご紹介していきます。 ・今後ともよろしくお願い申し上げます。 ・何卒よろしくお願いいたします。 ・引き続きよろしくお願いいたします。 ・本年もよろしくお願い申し上げます。 ・以後ともよろしくお願いいたします。 謝罪で「今後ともよろしくお願いいたします」は使用可能? ビジネスにおける連絡は、契約や商談、提携や報告といった目的だけで取られるものではありません。 時には、ミスをしたり相手へ迷惑をかけてしまったりしたことの謝罪として、連絡を入れることもあるでしょう。 このような謝罪の連絡をする場合、「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズを使用しても良いものなのか、気になるところです。 結論から言うと、謝罪のメールや電話において、「今後ともよろしくお願いいたします」を使うことは、おすすめできません。 場合によっては、謝罪の対象となるミスやトラブルなどを、深刻に考えていない印象を与えてしまう可能性があります。 ミスやトラブルの謝罪の場合は、「今後はこのようなことがないよう努めて参りますので、よろしくお願いいたします」などの言い回しに言い換えた方が良いと言われています。 「今後ともよろしくお願いいたします」を適切に使って印象アップ いかがでしたでしょうか?今回は、「今後ともよろしくお願いいたします」という言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方、目上の人へ使う場合の使用方法や謝罪で使用する際の言い換え表現などをご紹介しました。 「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、大変メジャーな言い回しなので、深く考えずに使っているという方も、少なくないでしょう。 しかし、謝罪の場合は別な表現に言い換えた方が良いという意見もあります。 また、会話や文章の内容に合わせて、一言付け加えて使うなどすると、印象アップに繋がる可能性があります。 ぜひ、「今後ともよろしくお願いいたします」の基本的な使い方をマスターして、工夫した使い方もできるようにしておきましょう。

次の

【定型文あり】「今後とも」の意味と正しい使い方、類語や英語表現を解説!

よろしく お願い し ます 類語

何卒は、「弊社の方針にご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 」のように使います。 何卒の読み方は「なにそつ」ではなく「なにとぞ」です。 使う頻度が少ない人は勘違いして覚えてしまっていることもあるので気をつけましょう。 何卒は後の言葉を強調する役割があります。 何卒をつけることで「どうかお願いします」や「なんとかお願いします」という意味になり、お願いしたい気持ちを強調する言葉になります。 会社の上司にも使える 何卒よろしくお願い申し上げますは、会社の上司や社長などに使うときにも、失礼に当たらない強調の言葉なので、メールや社内文書などで使用するのに便利な言葉です。 何卒をうまく使えば社内の人間感関を円滑に進めることができます。 本年もよろしくお願い申し上げます 本年もは、「 旧年中は色々とご交誼をいただき誠に有り難うございました。 本年もよろしくお願い申し上げます」や「新住所に移転し新しい心境で新春を迎えました。 本年もよろしくお願い申し上げます」のように使用します。 本年もをつけた場合は、新春の挨拶として年賀状に書いたり、メールに書いたりすることになります。 特に自分の生活に変化がなかった場合には、他の言葉を書かずに「本年もよろしくお願い申し上げます」だけでも年賀状の言葉としては十分に通用します。 「あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 」のような言葉もカジュアルでいいですが、旧年お世話になった人に最大限の感謝を表現するために、「本年もよろしくお願い申し上げます。 」を使ってみましょう。 今後ともよろしくお願い申し上げます 今後ともは、「この度は誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます」のようにビジネスメールなどに主に使用されます。 今後ともは、これから先も、この後もずっとという意味があり、一つのプロジェクトが終わっても引き続いて付き合いを続けていきたいという気持ちを表現する言葉です。 ビジネスにおいて、「今後ともよろしくお願い申し上げます」はメールの最後に書く場合が多く、「一つの仕事だけで終わらずに、さらに次の仕事もいっしょにできたらいいです」という営業的な意味が強い言葉でもあります。 目上の人や上司にも使える 「今後ともよろしくお願い申し上げます。 」は目上の人やクライアントに使っても失礼ではない丁寧な言葉なので、相手の立場を気にせずに使うことができます。 便利な言葉なので、締めの言葉としてどんどん使っていくといいです。 「よろしくお願い申し上げます」の使い方 メールでよろしくお願い申し上げますを使う場合は、取引先にお願いする内容のメールを送る場合の最後に締めの言葉として入れます。 商品の決定や、デザイン案の返答など取引先からの返信を望む場合は、急いでいるので早くお願いしますとも書けないので、なるべく丁寧な文章で相手を怒らせないようにします。 そこで便利なのが、よろしくお願い申し上げますです。 「商品の決定期限が迫っておりますのでお返事ください」などと書いても、最後に「何卒よろしくお願い申し上げます」と入れておくと丁寧にお願いされていると感じ、相手も丁寧に返事をしてくれる効果があります。 メールの文章は固すぎるといけませんが、きっちりと締める部分は締めたほうが、文章がまとまり、ちゃんとした人だと思われます。 「よろしくお願いします。 」ではなく、「よろしくお願い申し上げます。 」と使う事で、相手もこちらの敬意と同じだけの敬意を払った文章を返信してきます。 手紙でよろしくお願い申し上げますを使う場合は、仕事の取引先や普段お世話になってる方などです。 仕事の場合は請求書などを送った際に、「請求金額の振り込みは1週間以内となっております。 よろしくお願い申し上げます。 」のように使います。 請求金額を早く振り込んでと直接的に言うのではなく、あくまでお願いしていますという態度を取ることで、相手を怒らせずに請求金額を受け取ることができます。 先生に使っても失礼ではない 普段お世話になっている学校の先生や、習い事の先生などに手紙を出すときにも、よろしくお願い申し上げますを使うことができます。 学校や習い事を長期間休む場合などに、「誠に勝手ですが、よろしくお願い申し上げます。 」のように使うことができます。 丁寧にお願いするのに便利な言葉です。 電話 大勢の前での挨拶でも、よろしくお願い申し上げますは役にたちます。 チームのリーダーなどに選ばれたときや、昇進して部長や課長になったときなどの挨拶で、「このチームや会社を盛り上げていくため誠心誠意頑張って行きたいと思っております。 よろしくお願い申し上げます。 」のように使うと、聞く人が非常に丁寧で真面目な挨拶に感じて、挨拶した人に対して好感をもちます。 普段からの心構えが大切 挨拶は予定していないのに急に頼まれることもありますが、締めの言葉として、よろしくお願い申し上げますを使うと、多少内容がまとまっていなくてもいい挨拶だと感じさせることができます。 とっさのときの一言として、よろしくお願い申し上げますが、すんなりと出るように普段から心がけておくといいです。 ライン よろしくお願い申し上げますの類語はいくつかあります。 丁寧なお願いをするときに便利なよろしくお願い申し上げますですが、他の言葉でも丁寧なお願いをすることができます。 覚えておけば、メールや手紙で便利に使える、よろしくお願い申し上げますの類語をご紹介しますので、ぜひ覚えてもらって語彙力を増やしていきましょう。 よろしくお願いいたします よろしくお願いいたしますは、申し上げますの部分をいたしますに変えたものです。 どちらでもいいように思えますが、よろしくお願い申し上げますは、言う人の希望を伝える言葉で、「お願いしたいと思っていますがどうでしょうか」と相手の気持ちを尊重するものです。 よろしくお願いいたしますは、お願いしますという言葉を丁寧に言っただけで、相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先させて、お願いしている言葉です。 自分よりも立場が上の人に対しては、よろしくお願い申し上げますを使った方が丁寧でいいです。 よろしくお願いいたしますは、自分が発注している会社など立場が上の場合に使う言葉になります。 似ている言葉なので使い方に気をつけましょう。 よしなに よしなにとは、うまい具合になるようにという意味です。 「どうぞよしなに」と言えば「どうぞよろしくお願いします。 」という意味になり、自分で考えていい具合に物事を運ぶことになります。 よしなにという言葉は、日本人的なはっきりしない物言いなので、会社の上司などから使われると対応に困ることがあります。 「よしなに頼む」と言われたら、具体的にどんな意味かを聞いた方がいいです。 上司も考えるのが面倒くさくて任せてしまえばいいやと思っているので、ヒントを聞き出す上でも一言聞いてみましょう。 自分が使うには便利な面もあり、「よしなにお伝えください」のように使えば、相手が考えていいように伝えてくれます。 ただし、相手次第なのであまり信用できない人にこの言葉を使うとよくありません。 お頼み申し上げます お頼み申し上げますは、古風な言い方になるので、目上の人への尊敬の意味を込めて使うのに適しています。 「お頼み」という言葉が非常にへりくだった言い方で、よろしくお願い申し上げますよりも、より真面目な態度を示すことができます。 頼まれた方もこの言葉を使われると無下に断るのも悪い気がして、なかなか頼みを断りにくくなります。 いざというとき、どうしても頼みを受け入れてもらいたいときに、この言葉を使うといいです。 念願致しております 念願致しておりますは、とにかく希望を受け入れてもらいたいときに、強く思っている自分の心を表現する言葉です。 念願の意味は、「長い間ひたすらに心に思ってきた願い事」で、この言葉をメールなどに使うと、非常にインパクトがあり、読んだ相手にも強い気持ちが伝わります。 「長い間かかって作り上げたプロジェクトの成功を念願いたしております。 」などと使うとプロジェクトへの期待感が伝わっていい文章になります。 ただし使いすぎると、わざとらしくなるので、ここぞというときのみに使うようにしましょう。 願い上げます 願い上げますは、お願いしますを昔風に言った言葉です。 「取り計らいくださるように願い上げます」などと相手に対して、丁寧にお願いする意味があります。 古典にも出てくる言葉で、うやうやしくお願いさせていただくと言った意味合いになります。 メールや手紙に使うことはありますが、普段の話言葉に使うことはありませんので注意しましょう。 幸いです 幸いですは、「来週中にお返事をいただけると幸いです」のように使用します。 返事を来週中にもらいたいのを遠回しに表現する言い方で、この言葉を知らない場合は、何をしていいかよくわかりません。 幸いでなくてもいいから返事をしないと思ってしまう人もいます。 しかし大事なクライアントで強い言葉を使いたくない場合は便利です。 相手が気を悪くしないので安心して使うことができます。 柔らかい言葉なので、男性よりも女性が使うことが多いです。 「よろしくお願い申し上げます」の返信方法 メールなどの締めの言葉は、「よろしくお願いします」や「それではよろしく」などが定番と言えます。 丁寧に言うなら「よろしくお願いいたします」を使うことが多いです。 よろしくお願い申し上げますを使うのは、いつもよりお願いしたい気持ちが強いときがいいので、ここぞというときに使ってみましょう。 普段付き合いある人なら、急に丁寧な言葉になってビックリすることもあるでしょう。 それだけにインパクトもあり本気度も伝わります。 よろしくお願い申し上げますを自在に使えるようになることで、自分のお願いごとがかないやすくなります。 ぜひ使ってみてください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「宜しくお願いします」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

よろしく お願い し ます 類語

今後とも。 今後ともお付き合いの程よろしお願いします。 今後ともお引き立てのほうよろしくお願いいたします。 今後ともご愛顧(ごあいこ)の程よろしくお願いいたします。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 「お引き立て」や「」は、「する」という意味の丁寧な表現で、常日頃からお世話になっていたり、よくしてもらっている相手に対して使う言葉です。 例えば、取引先の会社がいつも自分の会社の商品を注文してくれているという場合などは、「これからもどうぞうちの商品をご贔屓にしてくださいね。 」というニュアンスを込めて挨拶しましょう。 また、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」は、特に上司や社長さんなどビジネス上での先輩、指導をしてくれている人に使います。 上司などにも「今後ともよろしくお願いします。 」と使うことはできますが、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」の方が、より丁寧な言い方です。 2-2.結びの言葉(手紙を締めくくるための言葉) 「今後とも」は、口頭でも使う言葉ですが、手紙やメールなどの書き言葉として使われることが多く、一番最後の結びの言葉として使われます。 本来、ビジネスメールや丁寧な手紙文書などは、初めの挨拶と終わりの挨拶を入れるのが基本です。 初めの挨拶は「いかがお過ごしでしょうか」や「はありがとうございました。 」など、過去や現在のことに触れた挨拶をします。 そしてメール・手紙の本題に移り、 最後に「今後とも」というフレーズで、これからの未来もよろしくお願いします、というように結ぶと非常にスムーズな流れ。• 1回だけのお付き合いの相手には、「 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」などといった「次回またお付き合いすることがあれば」というニュアンスで締めましょう。 」と締めるのは非常に違和感があります。 相手によっては、今回のミスをに受け止めていないのではないか、と不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、使わないようにしましょう。 トラブル対応などで迷惑をかけている時には「 この度は大変でした。 」「 重ねて。 」など、しっかり反省していることを伝えるフレーズにしましょう。 また、問題などが既に解決した時には、「この度は誠にありがとうございました。 」など感謝の気持ちを伝えることも大切です。• これから先も仲良くしていこう。 将来的にもいい関係が気づけたらいいと思っています。 以後も同様の手順で進めることとします。 ビジネスのメールや挨拶などではこれらの類語よりも 「今後とも」の方がフォーマルな言い方で使いやすいですが、「今後とも」を使うとかえって不自然になる場合もあります。 そんな時は、同じニュアンスで使える類語を使ってみてください。 4.「今後とも」の英語表現 英語で「今後とも」と表したい時には、 continued(引き続いた)のワードを用いることが多いです。 ビジネスメールの締めのフレーズとして、「今後ともよろしくお願いいたします。 」をそのまま直訳した英語はありません。 しかし、同じようなニュアンスで書きたい時には、以下のフレーズを使うことができます。

次の