リース 作り方 簡単。 1番簡単!失敗しないアナベルリースの作り方 3通りの方法

折り紙リースの簡単な作り方や折り方 季節やイベント別に紹介

リース 作り方 簡単

【リースの作り方】100均素材で超簡単!子供のイタズラ防止にも なんだかお部屋が寂しい。 お部屋に観葉植物などグリーンを取り入れたいけれど、手入れや子供のイタズラが心配。 そう思われているママさんへ、 手作りリースの作り方を100均素材で簡単にご紹介します。 基本の作り方を覚えれば、材料を変るだけでハロウィン、クリスマスなどの 季節に合わせたリースも出来るので、楽しみ方無限大です! 子育て4コマ日記~リラックスを求めて 簡単にDIYできるリースは、子供の手の届かない高いところに飾れるため いたずら防止ができ、場所も取らないので 賃貸でもたっぷり緑を楽しめます。 もちろん 手入れも必要ありませんので、子育て中のご家庭にはうってつけ。 グルーガンの使用は、やけどと火事に注意 グルーガンは先端と溶け出るグルーが大変熱くなります!使用する際はやけどに充分注意し、子供の手に届かないところで使用しましょう。 またコンセントに差し込んだまま置きっぱなしで目を離すと、火災の元にもなるため気をつけましょう。 100均なのに!オシャレなグリーンリース 100均素材でもインスタ映えするオシャレなリースが手作りできるんです!初心者ママにおすすめしたい「グリーンリース」は、基本中の基本。 1つ作ってみれば、季節ごとのアレンジをしたいときのコツもつかめます。 グリーンリースの材料 今回は材料を全てセリアで購入しました。 リース土台• フェイクグリーン(ガーランドなどなるべくボリュームの出るものを選ぶ) 簡単!グリーンリースの作り方 グリーンリースはインテリアに合わせやすい柔らかな色合い。 フェイクグリーンはニッパーを使って繋がっている 根元からカットし、バラバラにする• ガーランドなどツル状のフェイクグリーンは、 7~10cmぐらいでカットすると使いやすいです• 造花を花の根元から3~8cmと、 ランダムにカットします• 材料をバラバラに切り分けるとこのようになります• グルーガンにグルースティックを差し込み、コンセントをさします• リースの土台がまんべんなく葉で埋まるように、カットした長めのリーフを合わせてみます• やけどに注意しながらリーフの裏側にグルーを付け、土台のリースに付けていきます• 土台半分がグリーンで埋まるようにバランスよくつけたら、1でカットしたグリーンを茎の根元をリースの土台に差し込む感じで付けていきます• 8で土台が埋まっていない方に、造花を付けていきます• 造花は花の向きを揃えず 違う方向を向く様に差し込むと、動きが出て本物のように仕上がります• 全て貼り付けたら最後に全体のバランスを見て、取れそうな部分や向きを変えたい部分をグルーで留めていけば完成です 木の実でアレンジ!ナチュラルリース グリーンリースの材料を木の実や枝、鑑賞用のオレンジのポプリに変えれば、ナチュラルなお部屋にもピッタリのリースが簡単に作れます。 ナチュラルリースの材料 こちらも材料は 全てセリアで購入しました。 リース土台• 麻ひも• 木の実• 観賞用のオレンジのポプリ ナチュラルリースの作り方• オレンジのポプリは三分の一ぐらいにカットし、小枝はまとめて麻ひもで結んでおきます• 一年中楽しめる!趣味としてもおすすめ 今回ご紹介したリースの作り方は、材料が全て100均で揃うのでとてもお手軽。 趣味を探して自分時間を楽しみたい主婦におすすめです。 寂しかった壁もリースを飾るとオシャレ度が増して、雰囲気も良くなります。 何よりも子供にイタズラされない、手の届かない所に飾れるのが一番のポイントです。 100均ではリースの材料になるアイテムがたくさん揃っていますので、お部屋のイメージに合わせて作るもよし、玄関用・トイレ用・季節行事用などにするもよし。 次はどんなリースを作ろうかと、材料選びを子供と一緒にしても楽しいですので、たくさん作ってみて下さい。 またお花をたくさん使ってウエディングや引っ越し祝いなど、プレゼントにするのもお勧めです。

次の

100均で手作り!クリスマスリースの作り方|簡単でおしゃれなDIY

リース 作り方 簡単

身の回りのものがリースに! リースは、つるを輪にして編んだ土台に、さまざまな素材をつけて作ります。 素材に決まりはなく、おうちにある材料を組み合わせてオリジナルリースを作ることができます。 【おうちにあるもので】 余っている布やフェルト、中途半端に残ったリボンもリースに変身します。 小物をデコレーションして、リースの中に小さな世界を作っても楽しいですね。 【自然を利用して】 拾ってきた松ぼっくりやどんぐり、木の枝は、リース作りの材料にもってこいです。 夏には、海で拾った流木や貝殻、冬にはドライフラワーなど、時期に合った素材を組み合わせることで、季節を感じるリースを作ることができます。 また、花が咲き終わった朝顔のつるも、リースの土台に利用できます。 【こんなリースも】 紙皿や折り紙を使えば、子どもだけでも簡単にリースを作ることができます。 また、変わり種では、マカロニもリースに使えます。 さまざまな形のマカロニを組み合わせて、色を塗ったりデコレーションをしたりして作ります。 グルーガンの使い方 グルーガンとは、グルースティックという接着剤の樹脂を、熱で溶かしてつけるための道具です。 グルーガンとグルースティックがセットになって、物を接着することができます。 グルーガンの先端は高温になるので、直接触ってはいけません。 やけどには十分に注意しましょう。 特に子どもと一緒に作業する場合は、必ず隣について行います。 100均のグルーガンは、先端からグルーが垂れやすいものが多いようです。 熱いので絶対に触れないようにしましょう。 リースを作る際は、グルーガンを多めにつけるとしっかり接着できます。 大きな木の実は、木の実にグルーを直接つけてもよいですが、小さな実などはワイヤーで足をつけると上手につけられます。 木の実や枝を接着したら、数秒間手で押さえてしっかり固定させます。 冷めるまでは触らないようにしましょう。

次の

クリスマスリースを手作り!簡単に子供でも作れるデザインや作り方は?

リース 作り方 簡単

最後に紹介するのは クリスマスに欠かせないオーナメント。 これさえあれば一気にクリスマス感を演出できますよ。 リースベースにこちらのオーナメントを飾り付けるだけで 簡単に可愛いクリスマスリースが作れます! また、こちらのオーナメントはクリスマスリースだけでなく クリスマスツリーなどにも活用できるので、 クリスマスには必需品と言えるでしょう。 ぜひ購入してみてはいかがでしょうか? 子供でも簡単に手作りできるクリスマスリースは? それではいよいよクリスマスリースの作り方を紹介していきます。 手作り感溢れる可愛いものやゴージャスなもの、 本格的なものまで幅広く紹介していくので、 ぜひ参考にしてみてくだいね。 youtube. 新聞紙を丸めてくしゅっとし、模造紙を貼り付けて 飾りを付けるだけという簡単なもの。 詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。 youtube. 材料も特に珍しいものはなく、家にあるようなものばかりです。 くしゅくしゅのクリスマスリースが 手作り感を演出してくれますよ。 子供でも簡単に作れるクリスマスリースなので、 ぜひ作ってみてくださいね。 上記では 模造紙ではなく、 アルミホイルとモールで 作ることで よりキラキラ感を出していますよ。 詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。 材料も簡単にそろえられるものばかりですし、 特殊な器具なども必要ないので子供でも簡単に作れますよ。 『簡単だけどキラキラ感を出したい!』 『少し高級感を出したい!』という方におすすめの作り方ですね。 造花を使うので、自然なクリスマスリースを感じさせてくれますし、 リボンとベルが特徴的な非常に可愛いクリスマスリースですね。 詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。 作業工程も複雑な部分はあるかと思いますが、 動画内で丁寧に解説してくれているので 特に迷うことなく作業できるのではないでしょうか。 特に特殊な器具も必要ないので、 子供にも安心して作らせてあげることができますよ! 『モールとかじゃなくて、 本物のようなクリスマスリースを作りたい。 』という方におすすめの作り方ですね。 先程の作り方3と同様に、 100円ショップで揃えられる材料を使っていますよ。 あとは、飾り付けをするだけなので 子供でも簡単に作ることができますね! 子供と一緒に、どこに何を飾るか考えるのも楽しいですよ。 詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。 ですが、 飾り付けをするだけなので いくらでもオリジナリティ溢れるアレンジができるのが楽しいですよ。 子供の創造力を存分に発揮するいい機会にもなるのではないでしょうか? 途中、グルーガンを使う部分があるので、 そこは手伝ってあげましょうね。 リースベースから手作りするのはハードルが高い! 簡単だけど可愛いクリスマスリースを作りたい! という方には非常におすすめですので、ぜひ作ってみてください。 リボンやベルなどを使わず、造花のみで作っているので 少し落ち着いたクリスマスリースになりますよ。 詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。 上記の動画では少し落ち着いた色の造花を使用していますが、 もちろん明るい色の造花でも可愛いクリスマスリースが作れるでしょう。 自分好みの色の造花を飾り付けちゃいましょうね! また、よりクリスマス感を出したい!という方は リボンやベルなどを飾り付けても問題ありません。 非常にゴージャスなクリスマスリースが出来上がるので、 ぜひお試しください。 ワイヤーを丸めて、そこにクリスマスボールを通し、 飾り付けをするという、子供でも簡単に作れるリースになっています。 造花は使いませんが、 代わりにクリスマスボールが大きな存在感を出してくれるので とっても華やかなクリスマスリースになります。 詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。 動画では青と白のクリスマスボールを使っていますが、 もちろん他の色に変えたり、 色々な色を組み合わせてカラフルにしても可愛いものが作れますよ。 また、オーナメントも幅広くアレンジができます! 動画では雪の結晶のようなオーナメントを使用していますが、 ベルを飾ってもいいですし、 星のオーナメントなどを飾っても可愛くなるでしょう。 しかし、クリスマスボールで作るクリスマスリースなので、 オーナメントを飾りすぎると少しごちゃごちゃしてしまうかもしれません。 その場合は クリスマスボールの数を減らすなど、 細かい調整もできますよ。 アレンジし放題なので、 子供と一緒に作ると色々な案が出てきて きっと楽しく作業できること間違いなしです! この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ いかがでしたでしょうか? どれも簡単で可愛いものばかりですし、 クリスマスリースはクリスマスに必要不可欠なもの。 クリスマスグッズの中でも比較的、手作りしやすく、 材料もそれほど特殊なものは使いません。 通販で買えたり、100円ショップで変えたり、 なんなら道に落ちてる松ぼっくりやどんぐりなども 上手に活用することができますよ。 特に、リースベースにアレンジしていくものは 作り方が人によって大きく変わるので、 世界にただ一つのリースを作ることができます。 きっと一生の思い出になるので、 ぜひ子供と一緒に作ってみましょう! 以上、『クリスマスリースを手作り!簡単に子供でも作れるデザインや作り方は?』の記事でした。

次の