新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット。 【更新:9月入学になったら】メリットやデメリットは?学年区切りはどうなる?反対・賛成意見を徹底調査 (1/2)

【9月入学・新学期のデメリット】どうなる?何が変わる?世間の親・学生の声をまとめてみた【メリットもある】

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

まだまだ自粛が必要な世の中で、世間では『9月新学期案』『9月入学式案』の話題が活発に行われています。 東京の小池知事、大阪の吉村知事も9月を新学期にすることを賛成しており、萩生田光一文部科学相も「選択肢の一つとして文科省でシミュレーションをしている」と9月入学の可能性を否定しませんでした。 学生も保護者もいつまで休みになるのか、ずるずる伸びるのではないかと不安になってしまいますし、時間だけがたっていくのであれば、思いきって夏休みいっぱいまで休校にして、9月から学校再開にするというのも一つの解決法です。 ただ、先日、日本PTA協会が『9月新学期案』は反対をしました。 いまだにどうなるかが不透明な『9月新学期案』ですが、実現の可能性はあるのでしょうか? コロナによる休みを9月まで伸ばせる 全国の足並みをそろえることができる 以前から国際的な人材を育てるためにも、9月新学期は議論されていた 海外留学のタイミングが合いやすい 9月を新学期にするメリットには短期的なものと長期的なものの2種類に分類されます。 短期的なメリット 短期的なメリットとしてはコロナです。 4月29日現在、緊急事態宣言は5月6日までとなっていますが、本当に5月6日に解除されるかと言われると疑問ですし、各県、市によっては登校日を5月末にしたりGW明けにしたりとバラバラになっています。 実際に登校する学生も本当にGW明けに行っていいのか、いつまでずるずる登校日が伸びるのかと不安な気持ちになってしまいますね。 保護者の方も同じ心配をしていると思います。 いつ安全に学校に行けるかわからないなら、いっそのこと9月を新学期にするほうが気持ちも楽になりますね! さらには、新学期を全国統一することによって勉強の足並みをそろえることもできます。 いまでもオンライン環境がある家庭とない家庭で、平等な学び場がなくなってしまっていますが、新学期の日程まで変わってしまってはもっと大きな格差になってしまいます。 長期的なメリット 長期的なメリットとしては、国際的な人材を育てるために以前から『9月新学期論』は話題になっていました。 現在、9月を新学期にしている海外の国は アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国と世界に強い影響力を与えている国が多く、これらの国に留学 やインターンシップ、就職をするのであれば9月を新学期にしたほうが良いとも考えられています。 9月新学期にする場合のデメリット では、9月を新学期にする場合はどのようなデメリットがあるのでしょうか? 9月にコロナが収束している保証がない システムの変更に時間がかかるので今年から本当にできるのか 就職活動・就職の時期が変わる 9月を新学期にするデメリットととして挙げられるのが、 そもそもコロナは9月に収束しているのかという点です。 有識者の中には1年は必要、2年は必要とみなさん意見が違いますし、正直コロナのことを完全に理解・制御できる人なんて誰もいないのが現状です。 コロナを機に、グローバルな人材の育成のために9月を新学期にしてもまだとても学校に行ける状況ではないなんてこともありえない話ではありません。 また、 今年の9月から新学期を実施するのであれば、関係者は行事などの入学式、卒業式、試験などすべての日程を変更しなければなりません。 1年のスケジュールを根本的に見直すには準備が必要です。 そのスケジュールを半年足らずで決めるとなるとどこかに穴が開きそうです。 一番混乱するのが7、8月ぐらいに突然9月を新学期にすると発表されることですね。 また、学校だけでなく企業にも影響が及びます。 9月を新学期にするなら卒業式もずれますし、そうなると一年を通しての採用スケジュールを見直さなければなりません。 ただ学校よりは時間もありますし一年は学生を採用しないという選択もできる分、デメリットは低いですが、そうなると就職難の学生が出てきますね・・・ 日本PTA協会が否定的な意見を発表 東京の小池知事、大阪の吉村知事も9月を新学期にすることを賛成しており、萩生田光一文部科学相も「選択肢の一つとして文科省でシミュレーションをしている」と9月入学の可能性を否定しないなか、日本PTA協会が『9月新学期案』の可能性に反対意見を発表しました。 「時間をかけた丁寧な社会的論議が必要であると考え、政府に対して拙速な導入を決定しないよう求める」9月入学論が浮上した背景に、休校による学習の遅れや行事の削減への子どもや教師らの不安があるとして、「こうした声や心配には真摯(しんし)に耳を傾ける」ことが必要とした。 「コロナウイルス禍で生じている問題」の解決策として性急に実施することに問題があると主張した。 4月末に東京都の小池百合子知事や大阪府の吉村洋文知事らが「グローバルスタンダード」などを理由に導入を強く主張し、安倍晋三首相も「前広に検討」と発言したことについて、同学会の広田会長は 「はっきり言って、教育の制度も実態もあまりご存じない方がメリットだけを注目して議論されている」と厳しく批判した。 引用: 『教育の現場を知らない方がメリットだけを注目している』という言葉は、かなり説得力のあるメッセージだと思います。 ネットの反応を見ると本当に賛否が分かれていますし、どちらが正しいかは誰にもわかりません。 ただ、『9月新学期案』が現実になるかどうかを考えると、現実になる可能性は低いと思います。 単純に時間がないからです。 今年の9月新学期の可能性は低い? もし、9月新学期案が現実になったとして、その発表はいつになるのでしょうか。 日本PTA協会は5月22日に論点・問題点を整理した提言書を発表するといっていますし、そこから最短で議論を重ねたとして6月中に正式に9月新学期が現実になるとしましょう。 残された時間は3カ月しかありません。 その限られた時間の中で1年を通してのカリキュラム、受験、卒業、進学、就職の段取りをある程度は考えておかないと、見切り発車では世間の批判の的になります。 コロナ対策でイメージを悪くしているなかで、また批判の種を産むようなことはしないのでは、と思われます。 9月新学期案が実現するかしないかは、この5,6月にかかっていますね。

次の

日本も9月入学・新学期にするメリット・デメリットを考察してみた

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

もくじ• 4月始まりの年度になった時も国の都合だったので、世界標準である9月始まりの年度になる可能性もあるかもしれないですね。 宮城県ら 17県知事が9月入学を 提言しています。 4月スタートで桜と一緒じゃないと雰囲気が出ないとか、会計年度の問題があるとか言うが、いま教育は世界の中での競争でもあるので、 国際スタンダードに合わせていくことにもなる。 これによる混乱は生じると思うが、一方で、いま混乱は生じている。 こういう時にしか社会って変わらないんじゃないかとも思うし、その一つとして、ありではないか」と述べています。 緊急事態宣言が全国に発令され、現在、全国の教育機関が機能停止しています。 このまま段階的に学校教育を再開していくのではなく、世界の標準に合わせた9月をスタートとすることが、厳しいスケジュールで再開するよりも効果的ではないかという考えが出てくるのは当然ですね。 コロナの影響がいつまで続くか誰もわからず、学校を休校している事実があるわけですから。 世界的には学校教育は 9月からスタートするというのが スタンダードです。 夏休み明けからスタートとする国が多いため、特に 欧米諸国では9月スタートが主流です。 日本でも古くは9月から高校教育がスタートするなど欧米に合わせたスケジュールが一般的でしたが、1886年に官公庁の 会計年度が4月から始まると定められたことをきっかけに、徐々に4月スタートが主流になり、今ではほとんどの学校教育がこの4月スタートのスケジュールです。 臨時休校がいつ明けるかは自治体に委ねられる形になりそうですが、地域によって学習量に大きな差が出ないよう全国一律9月スタートとすることで、世界のスタンダードにも合わせられるのではないかと注目されています。 安倍晋三首相も4月29日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による公立学校の休校長期化などを踏まえ、「9月入学・新学期」を導入することについて、「これぐらい大きな変化がある中で、前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べ、前向きに検討する姿勢を示しています。 スポンサーリンク 学校9月始まりの可能性が出てきたのはなぜ? 【市長 小中学校の夏休みゼロに】 兵庫県小野市の市長は会見で、市内の市立小中学校と特別支援学校について、夏休みをゼロにする方針を表明。 授業日数を確保する狙い。 休校延長が短期間で済んだ場合などは、夏休みの短縮にとどまる見通し。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 兵庫県小野市は4月22日、緊急事態宣言が明ける5月7日以降も臨時休校をせざる得ない状況が続くようであれば、市立の小中学校、特別支援学校など全13校の 夏休みを廃止し、授業時間に充てる方針を示しました。 22日の会見で蓬莱務市長は「保護者や教職員の不安を一日も早く払拭するため決断した。 」と述べ、早急な決断となった背景を語りました。 臨時休校が続く状況下で、文部科学省は「一定期間の休校は必要だが、 教育課程に遅れが出ないようにしてほしい。 」という見解を示しています。 このまま5月7日以降、臨時休校が各自治体の判断で明けていくと、教育課程の進捗に差が生まれ、学生に 無理なスケジュールで詰め込む可能性が危惧されています。 休校や今後対応で先生が大変やって小木ママ言うてた 休校の間も先生独自に興味持ってもらえるようプリントに工夫凝らすより教材会社にプリント作成協力依頼して対応協議する時間確保したらええのにって 簡単やないって言うヤツおるかもしれんけどいっつもアップアップで溺れそうな先生見て思ったまで — 庶民がそのままをつぶやく垢 tubutubutubutu2 こうなると、命の危険があるので外出自粛で一歩も外に出ることができない子供の ストレスがとても心配です。 テレビで小木ママが「これで夏休みまで取り上げたら子供がキレますよ!!」ってコメントしてましたが、その通りだと思いますね。。 世界に合わせ、全国一律9月始まりとすることで、現時点で生まれてしまっている差もなくすことができ、無理なく通常通り必要な教育課程を修了できるのではないかという意見が出てきたということです。 スポンサーリンク 学校9月始まり 海外の国はどうなの? コロナ休校で考える 世界の先進諸国はほぼ9月 8月 入学。 今後、10年、20年先の日本の将来を考えた時、若者が世界で活躍しやすいように、日本も世界標準の9月入学にすべきだ。 現在のコロナの休学に伴う学力格差を防ぐことにもなる。 勿論、9月までの子供達の心のケアは当然担保する。 明日の全国知事会で強くプッシュする。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 【チャンスに】「学校再開、全国一律で9月に」 宮城知事、政府に提案へ 海外では9月入学が一般的とし、「留学生の受け入れや日本の学生の留学、国際化に弾みが付く」と意義を強調した。 — ライブドアニュース livedoornews 参考までに 海外では新学期がいつから始まるるのか、ということについても確認してみましょう。 海外では 9月始まりが主流とはよく言われていますよね。 9月始まりの国は、 アメリカ、 カナダ、 イギリス、 フランス、 ベルギー、 ロシア、 トルコ、 中国、 モンゴルなどです。 その一方で、シンガポールは1月、韓国は3月、パナマは4月、タイは5月というように、新学期スタートの時期には国によって結構ばらつきがあります。 【海外主要国の学校始まりの時期】 1月…シンガポール 1月末~2月初め…オーストラリア、ニュージーランド 3月…韓国 4月…パナマ 5月…タイ 6月…フィリピン 9月…アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国 10月…ナイジェリア、カンボジア 一概に9月始まりがスタンダードとは言い切れないんですね。 『世界のスクールカレンダー』が面白い。 ヨーロッパ、アメリカは軒並み夏休み後の8月末か9月末が新学期。 さぁ、面白くなってきた。 変わるときは変わる。 9月入学制のメリットやデメリットって何でしょう?気になります。 メリデメについても気になったので、というテーマで主に制度変更のメリット・デメリットについてまとめています。 良かったらこちらも読んでみてください。 新学期を9月からにする場合は、海外に合わせてというよりは、国内の事情を優先させて判断してもいいんじゃないかなと私は思います。 世界と協調を取るため、9月始まりの検討が過去にもなされてきました。 全国一律で学校教育全てにおいて9月始まりに変えることが難しく、半年間のギャップが生まれるなどの課題があり、今もなお日本では4月始まりがスタンダードです。 しかし、このように、世界の多くの国々では9月入学が主流となっているため、 海外からの優秀な学生や研究者を日本の学校に迎え入れることが困難だといわれています。 今後、国際化を進め、教育や研究水準の向上を目指していく中で、日本の4月入学制度を変えるチャンスだという考えは妥当ではないでしょうか。 スポンサーリンク 日本はなぜ学校が4月始まりなのか? 桜の花が咲く4月の入学とは、実は 日本独自の習慣です。 いったいなぜ、日本では4月入学が定着したのでしょうか? 子どもたちの多くが寺子屋や 私塾、 藩校などといった学びの場に通うようになったのは、江戸時代にさかのぼるといわれています。 これらは特に入学の時期は定められておらず、 いつでも入学することができました。 明治時代の初めになると、西洋の教育が導入され、それに従って西洋と同じ 9月入学が主流となりました。 しかしその後の1886年から、暦上の1~12月までの「一年」とは別に、4~3月までを一区切りとする 「年度」を政府が導入します。 これは正式には「 会計年度」というもので、 官公庁が予算を執行するための期間のことです。 当時の政府の税金収入源は農家の米だったため、秋に収穫した米を、農家が現金に換えて納税してから予算編成をしていくには、1月始まりでは間に合わなかったのです。 そのため、先進国の中心であった イギリスの会計年度の区切りに合わせて、日本でも4月1日~翌年の3月31日を会計年度の期間に定めました。 この影響によって、小学校や師範学校の入学時期も4月となり、やがて大正時代には、高校や大学もすべて4月入学になったそうです。 スポンサーリンク 学校9月始まりの可能性は? 海外の学校では? メリットとデメリット 【9月入学 都知事も賛成の立場】 学校の「9月入学」問題について宮城県など17県知事が提言したことについて、東京都の小池知事は「以前から『新学年9月スタート論者』の1人だ」とコメント。 賛成の立場を示した。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 「9月入学、今が最大のチャンスだ」「この4カ月でオンラインの教育環境を一気に整備すべきだ」橋下氏と玉木氏が意気投合(AbemaTIMES) — Yahoo! 現在でも留学生や帰国子女などを9月入学で受け入れている大学などは既に存在し、 過去には東京大学が9月入学への移行を進めていく方針を打ち出しました。 東京大学の試みも他の教育機関などと連携が取れず、完全移行は現在も出来ていない状況です。 仮に大学が先行で9月入学に移行した場合、高校生は3月に卒業後、 約半年間の空白の期間が生まれます。 これを ギャップイヤーや ギャップタームなどと呼びます。 この ギャップが学生にとって不利益になるのではという考えから、日本は現在も学校教育において海外との協調が取れずにいます。 グローバル化という観点では改革できなかった新学期の9月始まりですが、このコロナ禍で学生が無理なく学習に集中できる環境を作るための、一つの有力な解決策として注目されています。 諸外国と足並みを揃えることで生まれる今後の学校教育におけるメリットについては、過去幾度となく検証されてきました。 今この改革を別の視点から評価し進めていくことが、この厳しい状況から未来ある若者が前を向く、そんなきっかけになり得ると考えられています。 学年齢をどうすればいいか、 就職活動や 学校行事をどうするのかといった課題( デメリット?)はあります。 しかし、夏に入学試験を実施することで、先ほどの海外に合わせることで留学や就職を留学生がしやすくなり、学生の質や選択肢 が世界標準になるという メリット、そしてえ、 インフルエンザなど流行風邪を気にせずに受験できるといったメリットもあります。 小池東京都知事の発言のようにこれを好機ととらえれば、課題はあるものの、あとは政治でどうするのか、 決めの問題です。 乗り越えなければいけない課題は多いものの、学校9月始まりの可能性は十分にあると思いますね。 9月始まりや9月入学した場合に誕生日や早生まれで学年はどうなるのでしょう? ちょっと気になったのでというテーマで海外の事例を含め調べて書いています。 こちらで詳しく書いていますので良かったら読んでみてください。 スポンサーリンク 学校9月始まりについての世間の声・反応 Twitterからいくつか代表的なつぶやきを拾ってみました。 いまどれほどの人数が同じように意見・提言しているんだろう。 そういうの各省庁で可視化できるといいのにな。 テーマ別に。 アクセスカウンターみたいに。 就職まで半年空くけど、自己啓発・研修とか。 GWスタートだけど、あれこれ揉め事がありませんように🙏 — ふたござうるす futagozaurusu1 9月入学については反対です。 高校三年生として過ごす生活は私達にとって貴重なものだけど、でもそれ以上に大学受験が重要なんです。 言葉で言えるほど簡単なことじゃないんです。 — させそ。 調べてきた中では、9月始まりにした方がメリットが多く、良い、という意見が大勢でした。 他方、色々な絡みで協調して一気に変えないと買えられる問題ではないということもわかりました。 これから 夏にかけてより教育現場での 問題や 課題が顕著になってきます。 子どもたちの今の心の問題や将来への投資(教育)といったことを考えるのであれば、議論をどんどんするべきでしょう。 9月新学期案は、 メリットもデメリットもありつつ、その気になれば実現可能な案であることは間違いありません。 政治の決めの問題です。 親としては子供たちのために、できる限りの最善策を考え、一つ一つの行動の力は小さいものかもしれませんが、しっかりと行動していきたいものです。

次の

新学期の開始が9月からになる「メリット&デメリット」誕生日のズレはどうなる?

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

新型コロナ感染拡大防止のための休校措置が長期化しています。 特に強く導入を求めているのが現役の学生達です。 大阪市の公立高校の女子生徒は4月、ネット署名サイト「Change. org」で「Spring Once Again~日本全ての学校の入学時期を4月から9月へ!」を始めました。 その中で、「少しずつ学校開始が延ばされ、本来の学校生活を送れないまま3月に卒業となるよりは、まだ学校生活を全うするチャンスが生まれる」と呼びかけています。 この記事を書いている私も、小学校に通う2児の父としてとても気になるところです。 9月入学・新学期についてまとめてみました。 9月入学・新学期のデメリット• 就職時期や国家試験の日程などの見直しが迫られる。 4月から始まる国や地方自治体の会計年度とズレが生じる。 ここ約100年間、「4月入学」が文化・習慣になってきたため、国民的な理解が得られるか不透明。 (移行期)私立校の収入減による経営悪化が懸念される。 【9月入学・新学期】世間の声まとめ 9月入学・新学期について、世間の親・学生達の声をまとめてみました。 まとめていて思ったのは、当事者の学生(特に高校生)が真剣に自分たちの学生生活について考えていると言うこと、賛成・反対ありますが、この多くの声を無下にしてはいけないと感じました。 10代では反対の声が多い 日刊スポーツ新聞社が、ネットで「9月入学制についてどう思いますか」という緊急アンケートを実施したところ、反対が約55%で、賛成の約41%を上回りました。 特に10代以下では反対が約77%に上った。 【9月入学・新学期】賛成派の声 倒産・転職・独立を経てフリーランスのWeb・graphicデザイナーです。 やんちゃ盛りの2児の父・ブロガーとしても奮闘中! デザインも生活もシンプルが好きです。 関連する記事• 2019. 20 こんにちは!2児の育児に奮闘中のFujioです! ベビーシッター、及びベビーシッターのマッチングサイトやアプリの需要が増加しているのはご存じですか? […]• 2020. 「どっちが強い」とい[…]• 2019. 03 こんにちは!Fujioです! 今年の夏休み、初めてのファミリーキャンプへ行ってきました。 子ども達にとっては初めての野外キャンプで私自身も10年ぶりぐら[…] コメント (1件)•

次の