プリンセスクルーズ。 プリンセス・クルーズ特集[東京発]│近畿日本ツーリスト

スカイプリンセス

プリンセスクルーズ

歴史 [編集 ]• 1965年 - スタンリー・B・マクドナルドがプリンセス・クルーズを設立。 プリンセス・パトリシアでメキシコへクルーズを開始。 1967年 - クルーズ専用に建造されたプリンセス・イタリアで初のパナマ運河クルーズを開始。 1968年 - シーウィッチのロゴが初登場。 初のアラスカクルーズのシーズンを開始。 ナッソーからジェノバまで大西洋横断クルーズを開始。 1977年 - プリンセス・クルーズを舞台にしたテレビ番組「ラブボート」が全米で放送開始。 空前の大ヒットとなり、クルーズブームの口火を切る。 1981年 - カリブ海でプライベートアイランドとして開発したパーム島(グレナディーン諸島)に寄港開始。 その後、メイルー島(グレナディーン諸島)、エリューセラ島プリンセス・ケイズ(バハマ諸島)にプライベート施設を拡張。 1984年 - 全キャビンが海側に配置された客船、ロイヤル・プリンセス 初代 就航。 1985年 - パシフィック・プリンセスで地中海クルーズを開始。 1987年 - クルーズの前後に陸路でアラスカの大自然を楽しむためのプリンセス・クルーズ専用の宿泊施設「デナリ・プリンセス・ウィルダネス・ロッジ」が営業開始。 以後、2002年までに全5カ所の観光拠点をアラスカに建造。 この年からカリブ海クルーズ、アジアクルーズ、バルト海クルーズを開始。 1995年 - 当時世界最大のクルーズ客船、 二代目 が就航。 1998年 - アイランド・プリンセス 初代 で、ローマからサンフランシスコを64日でまわるプリンセス初のワールドクルーズを実施。 当時世界最大のクルーズ客船、が就航。 2003年 - の傘下となる。 南極クルーズを開始。 2004年 - で建造されたとが相次いで就航。 2008年 - エンジンルーム、医療センター、印刷所、クリーニング設備、写真ラボ、ブリッジなど、普段は見られない大型客船の裏側をクルーが案内する「究極の船内ツアー」をクルーズ業界で初めて開始(現在はセキュリティ上の問題で一部のみ)。 2013年 - が日本発着クルーズを開始。 プリンセス・クルーズ最大の規模を誇る新造船 三代目 が就航。 2014年 - 日本発着クルーズにを運航。 2017年 - 保有船の一部に船首部分へシーウィッチのロゴを追加開始、他の保有船も順次追加予定。 2019年、裁判所から改めて不法投棄や環境破壊に対して2000万ドルの罰金に加え、査察の受け入れを要求。 今後、会社側は環境面でのコンプライアンスの遵守や、使い捨てプラスチックの使用量の削減を行う。 これら条件を破った場合、1日あたり100万ドルから1000万ドルの追加の罰金が科される。 裁判官は、会社が今後も態度を改めない場合は、傘下のクルーズ船をアメリカの港から締め出すと宣告した。 運航客船における新型コロナウイルス集団感染 [編集 ] 詳細は「」を参照 参考文献 [編集 ]• 海事プレス社『クルーズシップ・コレクション2016-2017』クルーズ4月臨時増刊 出典 [編集 ]• Forbes japan 2019年6月15日. 2019年7月20日閲覧。 sustainablejapan 2019年6月18日. 2019年7月20日閲覧。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (日本語)• PrincessCruisJP -• princesscruises. jp -• - チャンネル この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

【ダイヤモンドプリンセスキャンセル状況まとめ】運行再開は10/16予定

プリンセスクルーズ

Princess Cruises プリンセス・クルーズ プリンセス・クルーズが人生で最良の旅をお届けします。 プリンセス・クルーズは、世界350の寄港地へ毎年約170万人をお連れしています。 オードリー・ヘプバーンをはじめ世界のセレブリティが命名者を務め、50年以上にわたる歴史を刻んできました。 プリンセス・クルーズでしか味わえない美食の数々。 充実したプログラム。 プロフェッショナルな訓練を積んだ乗務員達の心に残るおもてなし。 外国客船ならではの華やかな雰囲気と、日本仕様のお食事・サービス・エンターテイメントをお楽しみいただけます。 大切なご家族やパートナーと、ダイヤモンド・プリンセスで新しい自分に出会う旅へ出掛けましょう。 別サイトへリンク 日本仕様で安心のクルーズライフ 約100名の日本語スタッフが乗船。 展望台浴場「泉の湯」や日本食「海 Kai 寿司」など、非日常の中にも日本のお客様がほっとする日本仕様を取り入れた客船です。 充実の日本語サービス 船内の主要施設では日本語スタッフが対応いたしますので、言葉のご心配もなくお過ごしいただけます。 また、船内放送や船内新聞も日本語でご案内しています。 クルージングを楽しみながら次の寄港地へ 船内ではエンターテイメントをはじめショッピング・カジノ・スパなど楽しさいっぱい。 お部屋でゆっくりとくつろぐなど充実のひとときをお楽しみいただけます。 わずらわしい荷物の移動もなく、体にやさしいことも魅力です。 コストパフォーマンスも魅力的 上質な旅を1日1万円台から。 クルーズ代金には移動費・食事・宿泊・エンターテイメント代がすべて含まれています。 船上で極上の味覚と出合う幸福 世界的権威である美食協会「ラ・シェーヌ・デ・ロティスール」に、プリンセス・クルーズ全17隻が登録されており、心のこもったお料理で味覚の旅へ誘います。 一度の旅で国内外の都市や有名観光地をめぐる 多彩な観光地を効率よくまわり、世界遺産や文化に触れる、好奇心を満たす旅。 寄港地観光ツアーでは各地の見所をご案内いたします。 メイン・ダイニング フルコース料理のランチとディナーはもちろん朝食もお楽しみいただけるメイン・ダイニング。 各種料理から、一品ずつのご注文でも、お好みのものをお召し上がりいただけます。 プリンセス・シアター 一流のエンターテイナーによるラスベガス・スタイルのショーを毎夜上演します。 マジックやレビュー、ミュジカルなど多彩な演目で夜を彩ります。 泉の湯 洋上最大級の展望風呂。 海を望む浴槽やサウナ、水着で入る大きなスパ・プールとリラックス空間を備えます。 予約制、有料 キャプテン・ウエルカム・パーティ ーティではアトリウムにプリンセス・クルーズ名物の「グラスタワー」が出現。 華やかな雰囲気をお洒落をしてお楽しみください。 プリンセス・クルーズ その他の客船 エンチャンテッド・プリンセス Enchanted Princess <ロイヤル・クラス> 14万4千トンの大型客船には多彩な施設が充実。 なかでもダイニングオプションは食の種類の豊富さとそのクオリティの高さが自慢です。 プールデッキには大きなスクリーンが設けられ、最新の映画などの鑑賞が出来る。 ルビー・プリンセス Ruby Princess <スーパー・グランド・クラス> イタリアの広場を思わせる「ピアッツァスタイル・アトリウム」やスシや生ハムと一緒にワインが楽しめる「ヴァインズ」が登場。 スカイ・プリンセス Sky Princess <ロイヤル・クラス> 14万4千トンの大型客船には多彩な施設が充実。 なかでもダイニングオプションは食の種類の豊富さとそのクオリティの高さが自慢です。 プールデッキには大きなスクリーンが設けられ、最新の映画などの鑑賞が出来る。 グランド・プリンセス Grand Princess <グランド・クラス> 大型客船でありながら小型客船の持つ親密さを追求し、乗客の"選べる楽しさ"を具現化した「グランド・クラス」の第1船。 メインダイニングを複数設けるなど、その後のプリンセス客船のスタンダードとなった。 マジェスティック・プリンセス Majestic Princess <ロイヤル・クラス> ミシュランの星を獲得したスペシャリティレストランや、ナイトクラブに変身する全天候型プールなどさらに心躍る新施設が続々! クラウン・プリンセス Crown Princess <スーパー・グランド・クラス> このクラスの第1船として2006年デビュー。 イタリアの広場を船上にアトリウム「ピアッツア」として再現し話題となった。 サン・プリンセス Sun Princess <サン・クラス> 7万トンの中型船ながら、4層吹き抜けのアトリウム、スパ、フィットネスセンターはもちろん、シアターやショーラウンジなどのエンターテインメントも充実。 サファイア・プリンセス Ruby Princess <ダイヤモンド・クラス> 三菱重工長崎造船所で建造され、2004年に就航した日本生まれの大型客船。 一部日本調のデザインが施されている。 エメラルド・プリンセス Emerald Princess <グランド・クラス> 内装は全体的にエレガントで高級感が漂うが、それでいて船内は気ままにのんびりと明るい雰囲気があり、カジュアルな気分も十分に味わえます。 リーガル・プリンセス Regal Princess <ロイヤル・クラス> 14万トンクラス「ロイヤル・クラス」の第2船。 全客室の80%を占める海側客船は、全室がプライベート・バルコニー付。 驚きの新施設が目白押しです。 ロイヤル・プリンセス Royal Princess <ロイヤル・クラス> 2013年にデビューした、プリンセス・クルーズ「ロイヤル・クラス」の第1船。 約14万トンと同社の最大船型として登場しました。 グランド・プリンセス Royal Princess <グランド・クラス> 大型客船でありながら小型客船の持つ親密さを追求し、乗客の"選べる楽しさ"を具現化した「グランド・クラス」の第1船。 メインダイニングを複数設けるなど、その後のプリンセス客船のスタンダードとなった。 「クルーズ・マスター」「クルーズ・コンサルタント」が常駐しておりますので、ツアーのアレンジやご希望にそった旅をオーダーメイドでお作りせていただきます。 ある区間のクルーズだけ予約したい• クルーズと航空券とホテルを組み合わせて購入したい• コース紹介、船内の過ごし方・マナーなど、何でもご相談ください。 素敵な旅をご提案します。 下記掲載のお電話やメールにてお問い合わせください。

次の

2021年日本発着クルーズ 早得ご予約キャンペーン|プリンセス・クルーズ

プリンセスクルーズ

Princess Cruises プリンセス・クルーズ プリンセス・クルーズが人生で最良の旅をお届けします。 プリンセス・クルーズは、世界350の寄港地へ毎年約170万人をお連れしています。 オードリー・ヘプバーンをはじめ世界のセレブリティが命名者を務め、50年以上にわたる歴史を刻んできました。 プリンセス・クルーズでしか味わえない美食の数々。 充実したプログラム。 プロフェッショナルな訓練を積んだ乗務員達の心に残るおもてなし。 外国客船ならではの華やかな雰囲気と、日本仕様のお食事・サービス・エンターテイメントをお楽しみいただけます。 大切なご家族やパートナーと、ダイヤモンド・プリンセスで新しい自分に出会う旅へ出掛けましょう。 別サイトへリンク 日本仕様で安心のクルーズライフ 約100名の日本語スタッフが乗船。 展望台浴場「泉の湯」や日本食「海 Kai 寿司」など、非日常の中にも日本のお客様がほっとする日本仕様を取り入れた客船です。 充実の日本語サービス 船内の主要施設では日本語スタッフが対応いたしますので、言葉のご心配もなくお過ごしいただけます。 また、船内放送や船内新聞も日本語でご案内しています。 クルージングを楽しみながら次の寄港地へ 船内ではエンターテイメントをはじめショッピング・カジノ・スパなど楽しさいっぱい。 お部屋でゆっくりとくつろぐなど充実のひとときをお楽しみいただけます。 わずらわしい荷物の移動もなく、体にやさしいことも魅力です。 コストパフォーマンスも魅力的 上質な旅を1日1万円台から。 クルーズ代金には移動費・食事・宿泊・エンターテイメント代がすべて含まれています。 船上で極上の味覚と出合う幸福 世界的権威である美食協会「ラ・シェーヌ・デ・ロティスール」に、プリンセス・クルーズ全17隻が登録されており、心のこもったお料理で味覚の旅へ誘います。 一度の旅で国内外の都市や有名観光地をめぐる 多彩な観光地を効率よくまわり、世界遺産や文化に触れる、好奇心を満たす旅。 寄港地観光ツアーでは各地の見所をご案内いたします。 メイン・ダイニング フルコース料理のランチとディナーはもちろん朝食もお楽しみいただけるメイン・ダイニング。 各種料理から、一品ずつのご注文でも、お好みのものをお召し上がりいただけます。 プリンセス・シアター 一流のエンターテイナーによるラスベガス・スタイルのショーを毎夜上演します。 マジックやレビュー、ミュジカルなど多彩な演目で夜を彩ります。 泉の湯 洋上最大級の展望風呂。 海を望む浴槽やサウナ、水着で入る大きなスパ・プールとリラックス空間を備えます。 予約制、有料 キャプテン・ウエルカム・パーティ ーティではアトリウムにプリンセス・クルーズ名物の「グラスタワー」が出現。 華やかな雰囲気をお洒落をしてお楽しみください。 プリンセス・クルーズ その他の客船 エンチャンテッド・プリンセス Enchanted Princess <ロイヤル・クラス> 14万4千トンの大型客船には多彩な施設が充実。 なかでもダイニングオプションは食の種類の豊富さとそのクオリティの高さが自慢です。 プールデッキには大きなスクリーンが設けられ、最新の映画などの鑑賞が出来る。 ルビー・プリンセス Ruby Princess <スーパー・グランド・クラス> イタリアの広場を思わせる「ピアッツァスタイル・アトリウム」やスシや生ハムと一緒にワインが楽しめる「ヴァインズ」が登場。 スカイ・プリンセス Sky Princess <ロイヤル・クラス> 14万4千トンの大型客船には多彩な施設が充実。 なかでもダイニングオプションは食の種類の豊富さとそのクオリティの高さが自慢です。 プールデッキには大きなスクリーンが設けられ、最新の映画などの鑑賞が出来る。 グランド・プリンセス Grand Princess <グランド・クラス> 大型客船でありながら小型客船の持つ親密さを追求し、乗客の"選べる楽しさ"を具現化した「グランド・クラス」の第1船。 メインダイニングを複数設けるなど、その後のプリンセス客船のスタンダードとなった。 マジェスティック・プリンセス Majestic Princess <ロイヤル・クラス> ミシュランの星を獲得したスペシャリティレストランや、ナイトクラブに変身する全天候型プールなどさらに心躍る新施設が続々! クラウン・プリンセス Crown Princess <スーパー・グランド・クラス> このクラスの第1船として2006年デビュー。 イタリアの広場を船上にアトリウム「ピアッツア」として再現し話題となった。 サン・プリンセス Sun Princess <サン・クラス> 7万トンの中型船ながら、4層吹き抜けのアトリウム、スパ、フィットネスセンターはもちろん、シアターやショーラウンジなどのエンターテインメントも充実。 サファイア・プリンセス Ruby Princess <ダイヤモンド・クラス> 三菱重工長崎造船所で建造され、2004年に就航した日本生まれの大型客船。 一部日本調のデザインが施されている。 エメラルド・プリンセス Emerald Princess <グランド・クラス> 内装は全体的にエレガントで高級感が漂うが、それでいて船内は気ままにのんびりと明るい雰囲気があり、カジュアルな気分も十分に味わえます。 リーガル・プリンセス Regal Princess <ロイヤル・クラス> 14万トンクラス「ロイヤル・クラス」の第2船。 全客室の80%を占める海側客船は、全室がプライベート・バルコニー付。 驚きの新施設が目白押しです。 ロイヤル・プリンセス Royal Princess <ロイヤル・クラス> 2013年にデビューした、プリンセス・クルーズ「ロイヤル・クラス」の第1船。 約14万トンと同社の最大船型として登場しました。 グランド・プリンセス Royal Princess <グランド・クラス> 大型客船でありながら小型客船の持つ親密さを追求し、乗客の"選べる楽しさ"を具現化した「グランド・クラス」の第1船。 メインダイニングを複数設けるなど、その後のプリンセス客船のスタンダードとなった。 「クルーズ・マスター」「クルーズ・コンサルタント」が常駐しておりますので、ツアーのアレンジやご希望にそった旅をオーダーメイドでお作りせていただきます。 ある区間のクルーズだけ予約したい• クルーズと航空券とホテルを組み合わせて購入したい• コース紹介、船内の過ごし方・マナーなど、何でもご相談ください。 素敵な旅をご提案します。 下記掲載のお電話やメールにてお問い合わせください。

次の