第三次世界大戦 2026。 ファティマ第3の予言とは。2039年に明される真実の内容とルシアの証言に迫る

2062年から来た未来人とは?未来には何が起こる?

第三次世界大戦 2026

未来人はコロナウイルスを予言していた? 未来人が、2010年11月14日にこのような書き込みをしています。 中国はもう存在していない。 アジアの大半がインドになっている。 自然災害については言うことが許されていない。 人口動態変化に繋がることは言えないのだ。 ただし、忠告しておく。 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹ この後、東日本大震災が2011年3月11日に起こりました。 最後の暗号は yあ 間 N意 埜 b於 ㋹= 山に登れ であると、世間を騒がせました。 このことから、未来人の予言の信憑性がかなり上がりました。 そして、最初の文章の 「中国はもう存在していない。 アジアの大半がインドになっている。 」 という部分。 現在のコロナウイルスと何か関係があるのか…気になるところですね。 そして、未来人と現代人との間の質疑応答で、かなり気になる点があります。 この質疑応答は2010年にされています。 「自衛隊は存在するか?」 存在しない。 「女性の首相は誕生するか?」 一度も誕生したことはない。 「富士山は噴火したか?」 噴火していないが、噴煙は上がったことがある。 「2030年代に予定されている第三次世界大戦なんかも情報あればよろしく。 」 第三次世界大戦は2030年ではない。 もっと早いぞ。 「日本は第三次世界大戦に参加するか?」 参加するが核は使わない。 「日本の被害は?」 核兵器だけは落とされない。 「戦争で生物・化学兵器は使われるか? それは日本で使用されるか? 」 大半が化学兵器。 日本ではない。 「中国は存在しているか?」 存在していない。 アジアの大部分はインドになっている。 「中国の破綻について詳しく」 中国の破綻というより自滅。 詳しく書けば長くなる。 大きな赤ん坊=中国 「中国のバブルが弾けるのは何時? 」 詳しい年号は覚えていないが、大きく弾け世界を震撼し日本へも大きな影響が出る。 「日本とアメリカの関係は?」 現在と同様の良好な関係を築いている。 「日本が大きく変わるのはいつ?」 2020年代後半。 「これから先どんどん移民を受け入れると言っていますが日本は移民だらけになるんでしょうか?もしそうなったとして治安はどうなっていますか?」 移民は増えない。 なぜなら、2024年に大事件が発生する。 「日本の主力産業は何ですか?」 ロボット 「次の日本の首相や政権交代の時期」 首相は今の民主党議員が入れ替わりで就任する。 それが終わると自民党に移る。 「新しい兵器について」 新しい兵器は存在する。 これは地球1個を簡単に爆発させることができる。 「エネルギー問題の解決は? 」 2062年現在のエネルギーは99%衛星経由 「石油がエネルギーの主流じゃなくなった後、中東の国々はどうなったか?」 無残だ。 「自分は医者なのですが2062年の医療はどうなっていますか?」 医療は今のように人による手動で行わない。 すべてロボットによるオートプログラムでの診療そして手術を行う。 「新しい医療技術は?」 医療業界は今と比較すれば信じられないほど飛躍。 病気はすべて治せる。 「2062年からみて、2010年の内に食べておいた方がいい物は?」 海産物は食べておいた方がいい。 「男女交際において何がもっとも重要視されるか」 脳 「仕事のあり方や働き方は2010年と比べて変わっているか」 会社には一人いるかいないかで、大半が自宅で就業している。 無論、業種にもよりけり。 「中国の破綻について詳しく」 中国の破綻というより自滅。 詳しく書けば長くなる。 大きな赤ん坊=中国 「中国のバブルが弾けるのは何時? 」 詳しい年号は覚えていないが、大きく弾け世界を震撼し日本へも大きな影響が出る。 という点、かなり興味深いですよね。 これが、コロナウイルスと関係しているのかどうか…? 2010年に2062年から来た未来人が2020~2030の間に中国がなくなるって言ってた。 コロナウイルスが実は中国が作った生物科学兵器でそれが世界に漏れてしまったバイオハザード事件だったとしたら。 十分中国がなくなる可能性あるよね。

次の

攻殻機動隊シリーズの年表

第三次世界大戦 2026

田原氏は10日、首相官邸で新型コロナ対策をめぐって首相と意見を交わした。 田原氏によると、首相はその際「第3次世界大戦はおそらく核戦争になるであろうと考えていたが、コロナウイルス拡大こそ第3次世界大戦であると認識している」と述べた。 32 ID:AdJdeesE0 アフターコロナで、ガチ戦争ありそうだけどな。 16 ID:AYXOlbZg0 宇宙人の来襲だ 核兵器は使いようがない。 31 ID:KcJiYU1k0 >シナ共産党の次の手 シナ人が世界中でマスク・防護服・医療品等の買占め。 51 ID:HNCqMyOT0 ならその原因を作った張本人を国賓として呼ぶのやめろよ。 アホちゃうか。 01 ID:AYXOlbZg0 カナダの研究所から中国人研究者が盗みだした説が有力。 34 ID:JkxwAZez0 戦闘コンピューターとか宇宙人じゃ無いのかよ。 12 ID:z94L2DAk0 現実的にウイルスを作ったのも中国で、マスクと人工呼吸器を世界に販売してるのも中国だからな。 間違いなく経済戦争だよ。

次の

第三次世界大戦

第三次世界大戦 2026

フィクションの第三次世界大戦 「21世紀に発生すると設定」 マクロスシリーズ 1999年に宇宙から落下した異星人の戦艦の存在から、宇宙で発生している星間戦争に対する地球規模の防衛機構が必要と判断され、国連主導下で地球上全ての国家・体制を解体し、惑星統一政体として地球統合政府を発足したが、急激な変化とオーバーテクノロジーの独占に反対する勢力が2001年1月に反統合同盟軍として世界中で決起した。 地球統合政府は反応兵器(核爆弾)で対抗し、2007年1月に反統合同盟軍は降伏。 未来少年コナン 2008年7月、第三次世界大戦(大変動)が勃発。 超磁力兵器により地球の五大陸が沈没し、文明が崩壊する。 エンド ウォー 2016年、中東での悲劇的な核兵器テロを受けてそれまでのミサイル防衛技術は極度に発展し、大陸間弾道ミサイルによる核兵器の脅威が消え去った時代が訪れる。 しかし、アメリカが衛星軌道上に軍事基地を設置した事により、軍事バランスが崩れ開戦。 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 2016年、超国家主義派によるロシアの空港テロにCIA工作員が参加していたことにより、アメリカによるテロへの報復戦争という名分のもとロシアがアメリカ各地に奇襲を行い第三次世界大戦が勃発。 モダン・ウォーフェア3ではヨーロッパ各地にまで戦火が拡大する。 狂四郎2030 2019年、人口爆発や環境破壊などによる世界的な食糧危機がきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発。 この戦争で世界人口の約80%が死亡し、アメリカや中国も消滅した。 2025年に終結。 スタートレック 2026年 - 2053年、アメリカ合衆国とECON Eastern Coalition が、大規模な核攻撃を伴う第三次世界大戦を戦った。 都市の大部分が破壊されて死者は6億人にのぼり、地球は事実上の無政府状態となる。 ECONの詳細は不明だが、初期の稿ではアメリカ対中国 China だったと脚本家ブラノン・ブラガが明かしている。 なお、第1作では、1992年 - 1996年に『優生戦争』という世界規模の戦争があったという設定がある。 詳細な設定が決まったのは『ファーストコンタクト』(1996年)においてである。 銀河英雄伝説 2039年、北方連合国家 NC と三大陸合衆国 USE の間で「13日間戦争」と呼ばれる第三次世界大戦(核戦争)が勃発。 両大国は壊滅したが、その後も1世紀近く戦乱が続く。 地球連邦の興亡 2047年、異星人ヲルラの出現により「接触戦争」が勃発。 当初はヲルラ対地球人の戦争であったが、途中から地球側が日英米を中心とする地球連邦と露中仏等を中心とする国際連合に分裂し、地球人同士で反応兵器(核兵器)を撃ち合う。 未来警察ウラシマン 2050年、1983年からタイムスリップしてきた主人公が、第3次世界大戦後に建造された「ネオトキオ」と呼ばれるメガロポリスで犯罪組織「ネクライム」と対峙する。 「ネオトキオ」の郊外には荒廃した大地が広がっている。 スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- 2064年、世界共和国連邦と対立する諸国の情報戦が激化し、混乱による破壊兵器の誤射から第三次世界大戦が勃発する。 わずか2週間で停戦協定が締結されるが、環境の悪化により人口は大幅に減少する。 Fallout 3 2077年、地球資源を巡った争いが続く中、中国軍がアラスカを侵略し、アメリカがカナダを併合することに端を発し、ついに10月23日、全面核戦争に突入。 開戦から2時間で世界の文明は崩壊する。 「22世紀に発生すると設定」 ウィザーズ・ブレイン 21世紀末から完全自給自足の閉鎖型積層都市「シティ」が世界各地に建造され、国家に取って代わった世界で2186年5月14日、大気制御衛星の暴走で遮光性の気体が地球を覆い、エネルギーを太陽光発電に頼っていた人類は致命的な打撃を受ける。 そこから発生したエネルギーと資源の奪い合いで第3次世界大戦が勃発、核融合炉がいっせいに暴走してアフリカ大陸が文字通り消し飛んだことにより終戦、2048もあったシティも僅か7つにまで減少し、変わり果てた永い冬の世界で人類は絶滅の危機に瀕している。

次の