ファブル洋子死ぬ。 映画ザ・ファブルでヨウコの死亡説は本当?何巻から何巻まで実写化?

ザ・ファブル14巻ネタバレと感想!佐藤VS洋子

ファブル洋子死ぬ

『ザ・ファブル』20巻これまでのあらすじ 謎の殺し屋組織ファブルの一員の凄腕殺し屋は、ボスに担当ドライバーとともに殺しなしで1年休業するよう命じられました。 殺し屋は佐藤明、ドライバーは佐藤洋子という名前になり、兄妹として組織とつながりがある大阪のヤクザ、真黒組のお世話になります。 明は就職し普通の生活を楽しみつつ、その殺し屋スキルで問題を解決していました。 そこに真黒組で下克上を狙う砂川とそれに介入しようとするファブルの山岡が手を組み暗躍します。 洋子は親の仇と彼を狙い、山岡は明と洋子をゲーム感覚で狙っていたため衝突しました。 明も参戦するのですが、山岡の部下のアザミは実はボスから山岡の捕縛を命じられていたことが発覚しともに山岡を追うのですが逃げられてしまいます。 山岡は明と洋子の周りの人間をチェックしていたため、明たちはそれぞれグループに分かれて山岡からの襲撃を警戒するのでした。 『ザ・ファブル』20巻のネタバレ! 山岡は水野と合流し彼が運転する車に乗り込みます。 明は風呂掃除をするアザミに普通の生活の楽しさを話しますが、アザミは山岡に狙われている状況ではそのような余裕はないようです。 田高田は一緒に帰る明とミサキにニヤニヤして見送りました。 帰り道、明はミサキに事が済んだら町を出ると話します。 明、洋子、ユーカリは現状を把握し、次に山岡がどうするか話しており、その様子に風呂上りのミサキは遠慮してキッチンに引っ込むと洋子はそんな彼女を心配そうに眺め、その顔を明は眺めていました。 トイレ掃除をしていたアザミは田高田に呼ばれ、風呂の排水口の掃除がしていないことを注意され素手で毛をとります。 田高田はそんな彼に明と同じく雑用を楽しそうにやることを指摘し、明のように山籠もりなどをしていたか聞きました。 アザミは洋子の打ち合わせにないことは泣いて誤魔化すよう言われたことを思い出し、顔を歪めて泣き出すと田高田は慌てて謝ります。 水野は砂川に電話すると山岡が砂川の携帯電話を持っていることが発覚し、銃を取り出すのですが逆に山岡に頭に銃を突き付けられました。 クロはスズムシに明にやられたことを聞いて興奮していましたがそこにマツが帰って来ます。 スズムシは灰皿を掃除しようとしましたが、そこに二郎の手紙の燃えカスの燃え残った消印付きの切手を発見し、彼が持っていた荷物から京都の川辺で野宿していることを推測しました。 山岡は水野にどうせ死ぬから最期の言葉を考えておくように言うと水野はそんなものはないと言うのであっさり彼を銃殺します。 しかし水野は地獄に落ちるように言い、それを聞いた山岡は驚いて彼をほめたたえ、そして彼がコスプレしていることに呆れました。 山岡は水野の携帯電話から海老原にかけ水野の死体と自動車を回収させます。 海老原はそれを確認し、砂川と水野の死体をマツに処理させることにし、マツはクロとスズムシにそれを手伝ってもらうことにしました。 海老原はファブルのメンバーに銃を支給します。 洋子には海老原に音が出るリボルバーが渡され、さらにユーカリにミサキと洋子を守るよう言われ、非常時に女扱いされることが気に食わないです。 田高田は電話でデリヘルのちらしの打ち合わせをしており、それを聞いたミサキは小島にデリヘルをさせられた時のことを思い出し、実は自分は以前から明と洋子に守られていたことに気付きます。 洋子とユーカリはマツらと合流し、水野の自動車は罠かもしれないと中を探ると水野のスマホが出て来るのでGPS狙いだと思いつつ放っておくことにしました。 帰宅したミサキは明に町を出て行かないよう頼み、明はそれを了解し洋子がミサキに痴漢を働いた男を探すため毎日電車に乗って探し、その時山岡に写真を撮られたのだろうと話すとミサキは涙します。 洋子は明に死体を埋めるグループに合流するよう話し、ミサキは田高田の元でアザミに守ってもらうことにしました。 アザミはシャワー浴びている間に田高田が電池を買いに行き彼を追うのですが無事コンビニに入るところを確認します。 マツとクロは遺体を埋め、スズムシは線香をあげ、そして洋子とユーカリが車内で待機していると山岡が外から中を覗いていました。 銃を構える洋子にユーカリがまだだと言っていると、山岡はスズムシを発見します。 山岡はスズムシを人質にマツとクロの前に姿を現し、洋子は行こうとしましたがユーカリに腕を首を抑えられました。 『ザ・ファブル』20巻の感想 今回のラスト、ユーカリが裏切ったことには驚きました。 そんなそぶりをまったく見せていなかったので何でそうするのか、組織を裏切って良いのかと気になります。 でも今回、洋子は自分が女扱いされていることに文句言っていたので、もしかしたらユーカリも彼女を気に入っていて彼女に人殺しをさせないためにああしたという可能性もあるのではないかと思いました。 だとすると次回、ユーカリの命が危ないのではないかと思いますがはてさてどうなることでしょうか。 早く明が駆けつけて山岡と戦って欲しいと思います。 『ザ・ファブル』20巻を読むならeBookJapanがおススメ! は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回ログインで 50%OFFクーポンが貰えます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされるクーポンです。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば、 6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。 eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。 さらに 2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。 ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。 eBookJapanで『ザ・ファブル』20巻を読みましょう!.

次の

【ザ・ファブル】180話「筋金入りの男・・・・。」筋違いの肝いりの話・・・・。

ファブル洋子死ぬ

ザ ファブル最新話239話の漫画ネタバレ 「旅立つ男…。 」 指輪を用意した明は岬に結婚してくれと申し出て、岬は当然のことながら田高田も驚き、アザミに確認を取る程だった。 会話を聞いていた田高田は籍はちゃんと入れたほうがいいと言おうとしたら、アザミにこれも時代だと言われる。 アザミ曰く結婚の在り方は変わっていて、籍を入れても別れる夫婦は沢山いると、明は指輪の重さを分かっているから事実婚でいいとの事。 そして明に指輪をつけられた岬は、ずっとその指輪を見つめるのだった。 そして明はスマホで洋子にプロポーズした事を報告し、ユーカリはこの事を予期していなかったのかそうくるかと呟いた。 洋子曰く明にはそういう感情は分からないとの事。 しかし、岬が泣くのは良くなく、岬が笑っていると楽しい気持ちになると明が言っていた事を思い出し、ユーカリに伝える洋子。 ユーカリはヤキモチとかは無かったのかと聞くと、洋子はじっくり考えるも明が強すぎるせいで特にヤキモチは無かった。 そんなこんなで洋子はカレーを仕上げると、出かける準備をするのだった。 その頃、明とアザミは洋子達の元に合流しようと、岬と田高田に別れの挨拶をする。 そして明は2人に自分はいずれ戻って来るからと言い、岬の頬に手を添えると戻ってきたら一緒に住もうと言ってキスした。 田高田は別れが辛くなって泣いたんだなと察して慰めようとするが、嬉し泣きだったのに気づき、そっちなんだと呟くのだった。 そして倉庫へとやって来た明達は黒塩にも別れの挨拶をしていた。 同席していた海老原はドライブをした時に先代の組長である浜田が明と洋子がこの町で平和に暮らしている初夢を見たと言っていた事を伝える。 同じく同席していた高橋はジャッカルのDVDを渡し、明はお礼を言うも名前を高橋ではなく高原と言ってしまう。 明はアザミに岬の借金の事と田高田の事を頼み、アザミは双方の一件について了承した。 続いてユーカリに何か言おうとしたが特に浮かばず、ユーカリも思わず何か言えと叫んだ。 黒塩は別れるのが辛いのか、未だに涙が止まらなかった。 アザミ、ユーカリ、海老原、高橋、黒塩に見送られる形で当てのない旅へと出発するのだった。 岬は明の事情を知っているから受け入れたんじゃないかなと思いましたね。 実際、事実婚だとはいえ指輪を貰っていましたし、嬉し泣きをしていましたからね。 次回で第一部が終わるみたいですので、もしかしたら数年後の時が経っているかもしれません。 旅を終えて一回りも二回りも成長した明が岬達の元に現れて、別れる際に交わした約束を果たすかのように家を購入して岬と共に住む話になっていくのではないかと思われます。 そして第一部完結となるのではないでしょうか。 無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。 費用もかからず、解約手続きもとても簡単。 カテゴリー• カテゴリー&人気漫画•

次の

「ザ・ファブル」全巻レビュー

ファブル洋子死ぬ

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年12月)() 現代の東京。 その伝説的な強さのため、裏社会の人間から「寓話」という意味を持つ「 ファブル」と呼ばれる1人の殺し屋がいた。 その男は幼いころから「ボス」の指導を受け、数々の標的を仕留めてきた。 しかし、彼の正体が暴かれるのを恐れたボスは「1年間大阪に移住し、その間は誰も殺さず一般人として平和に暮らせ」と指示する。 こうして彼は「佐藤明」という名前を与えられ、ボスと古くから付き合いのある暴力団「真黒組」の庇護の元、一般人として大阪での生活を始めるのだった。 登場人物 [ ] 組織の関係者 [ ] 主人公の佐藤明が専ら「ファブル」として恐れられているが、元々はこの名は個人の渾名ではなく、組織に対する呼び名である。 ただし、正式名称という訳ではなく、明は「おまえらが勝手にそう呼んでるだけだ」と言い、ボスは「その呼び名は好きじゃない」「本来は名もなき組織だ」と語っており、明たち構成員は単に「組織」と呼ぶ。 幼少時から殺し屋としての訓練を受け、物語開始時点で現場に出て6年、合計71人を殺害しているが、普段は至って温厚な人間であり、殺人を好いてることは全くなく仕事以外で無駄なはしない。 友達や世話になっている人物に対しては恩を返す性格。 訓練により「どんな敵でも6秒以内に殺す」技術を持ち、場所や道具を選ばない。 殺気や気配を消す能力を持ち、ターゲットのみならず、初対面の組織メンバーにも正体を見破られることなく接近できる。 その実力は組織内でもずば抜けていて、同じ組織の幹部山岡をして、明が10点としたら自分は8点程度の評価であり、更にその後明の点数に関しては、10点どころではなくそもそも点数で測れないとしている。 また、洋子ほどではないが短い時間であれば瞬間記憶をすることができ、ターゲットを車で追う時などマップを少し見ただけで記憶し運転している。 これらの明の戦闘をはじめとする能力は訓練や努力というものより「サヴァン症候群」の一種であるとされ、仮に「殺しのオリンピック」があればダントツで金メダルが取れるだろうと言うほどである。 武装はもっぱら「」と小型ナイフを使用。 ナイトホークを用いて暗殺を行った際には、その度にしていた。 武器を大阪へ携行することをボスから禁じられたが、銃身を外したナイトホークとナイフだけは隠して持参した。 大概のことは知恵と工夫で何とかなるというボスの教えを貫いているため、ミサキが小島の策動に巻き込まれた際には、救出に備えて市販の素材(モデルガンの薬莢や鋼材、花火など)を使って手製の銃身と弾薬を自作した。 、、、、を流暢に話すことができる。 言葉を切り替えるときはおでこを指で突くことで「スイッチを切り換える」を行う。 このトントンとおでこを突く行動は正確には「顔に力を込めてイメージチェンジするがおでこには力が込められないので指でつつく」であり、話の中でも言葉の変更よりむしろ行動の切替でトントンする場合が多い。 同様に、同業者の前で無害な一般人を装ったり、山道を高速で運転する前にはおでこを突いて切り替えを行っている。 訓練を通じて身に付けたサバイバル技術として、食べられるものか毒を含むものかを舌で判断できるが、その影響で舌の感覚が鋭敏になってしまい極度のとなり、熱いものはよく冷まさないと食べられない。 また枝豆をさやごとかじるなど、食べ方が一般人のそれとは多少ずれている。 洋子が作った手料理の出来が悪いと、食べる前にそのことを指摘できる。 舌以外の感覚も敏感で、「ニオイ」という感覚で監視カメラやを見つけることができる上に、相手が銃を所持しているか、同業者であるか、身体能力や何かなど悪いことをしようとしているかなども気づくことができる。 アルコールには強いが、飲酒すると昔の傷が体に浮き出てくる。 自宅では全裸で過ごし、就寝時にはベッドの上に寝具でダミーを作り、自らは浴槽で眠っている。 「ジャッカル富岡」というお笑い芸人のファンで、彼の出演する番組や広告を見ては大笑いしている。 自らが殺しのプロである自覚は強く、何かをする際には「プロとして」と自分に言い聞かせるように呟くことがある。 一方で「プロ」という言葉自体に弱いのか「プロとして」と付け加えて頼まれると「プロか」と呟き行動してしまうことが多い。 大阪に来てからは普通の生活をしていることから「普通」という言葉にも反応する。 ボスの指示によって大阪に移住して以降は、現地の暴力団「真黒組」の若頭・海老原の庇護の元で一軒家暮らしを始め、その後自ら仕事を探し、小さなデザイン会社「オクトパス」の配送・雑用担当として雇われる。 真面目な仕事ぶりと独特の絵のセンスを認められ、イラストを少しずつ任されるようになり、当初800円であったは後に1000円になった。 こうした普通の生活を通し、明日やしばらく先のことについて考えるようになる。 第1部のクライマックスにおいて、ボスからの指令を受け山岡の殺害に向かい、アザミ・ユーカリも含め3名を圧倒的な実力で制するも、殺害する段になり洋子やミサキ達の顔が脳裏に浮かび止めを刺すことができなかった。 後にそのことをミサキに伝えると、佐藤が普通になったのだと教えられた。 ボスとの相談のうえ組織を抜けることになった佐藤は、ミサキと内縁の夫婦となり、ミサキが抱えている借金を全て肩代わりする(内縁の夫婦となったのには好意があることと、組織からミサキが狙われないようにするという二重の意味があった。 そしてミサキと社長には必ず帰ってくると伝え、洋子とともに人助けの旅に出た。 天才的な瞬間記憶力の持ち主。 10歳の時に火災で家と両親を失った後、ボスに保護されて指導を受け、1年前から明の運転手やサポートを務めている。 ボスの指示により明とともに大阪に移住し、明の隣家に住んでいる。 周囲には明の妹ということで通しているが、明の携帯電話に登録されている名前は「他人」。 休業期間中に恋をすることを目標にしているが、暇を持て余し、様々な男を酒場に誘っては酔いつぶれさせて楽しんでいる。 格闘の腕前はかなりの物であり、銃器の扱いも慣れている。 しかしながら実戦で人を殺した経験が無いことから、同じ組織の人間達と戦う際のハンデとなっている。 山岡曰く、明を10点としたら5点の実力と評されている(後に明の10点は訂正された)。 明と違い両親を失ってから組織に育てられたことから、父親を思い出し泣く等精神的な弱さを見せることもある。 明のことは設定上の兄であり、当初は面倒をかけられたくないという思いが強かったが、共同生活を通して徐々に他人とは違う気遣いをするようになり、明の行動を信頼している様子が見られる。 明が人助けをする際には積極的に協力しており、また明に足手まといやただの運転手役とは思われたくないとムキになることがある。 山岡の件については、当初は自身で仇をうちたいと考えていたが、自身が人を殺すことに向いていないと悟った後は全てを明の判断に任せている。 今後銃は使わないと宣言しているが、明と行動を共にしていくのであれば必要になると、鈴木から銃を渡されている。 明が組織を抜けオクトパスを退社し旅に出ることを決めたときには、何も言わず行動を共にすることにした。 明に対する恋愛感情はないらしい 強すぎるため。 ユーカリのことは弟のように思っていた。 自宅で料理をする際、片足立ちになる事がある。 ボス 本名不詳。 表の顔として、埼玉県某所で整体院を営んでいる。 幼い明と洋子を引き取り、殺し屋とそのパートナーとして指導してきた。 裏方に回っているが、若い頃は自らも殺し屋として現場に出ており、現在も幹部から新入りの殺し屋を紹介されても使えないと判断すればあっさり射殺する。 ファブルとその関係者の正体が暴かれるのを警戒し、1年間は仕事を受けないことを決め、明と洋子を大阪に送り出す。 本当の目的は、明の桁違いな殺しのスキルを1年の生活の間に少しでも落とし、一般の生活に慣らすことであった。 明が小島の策動に巻き込まれたことを察知すると、そのきっかけを作った海老原の入院先に現れ、明の一般人としての生活を乱さないよう警告して去った。 世間には出回っていないテクノロジーを使い、組織の構成員の状況を常に把握している。 時代の移り変わりと共に、組織の方針・形態を大きく変えるときが来ていると考えており、暗殺稼業からは手を引くつもりであった。 その際、暗殺者は不必要となるため明の処分も当初は考えていたが、明に対し情もあるため一般人として生活しているうちに精神面が変わってくるようであれば、そのまま組織を抜けさせることを考えていた。 後にそのことを明に伝え、人を殺すことができなくなった明に「合格」と言った。 明が関わった事件をみているうちに、自身も歳を取ったことから、明の持つ強力なスキルを世の中の為に使っていくよう諭し、同様の理由で洋子、アザミ、ユーカリにも明を通して一般人として生きていくよう伝えた。 明にジャッカル富岡のテレビ出演情報などを度々伝えている。 カシラ ボスの「ペットを飼え」という指示により明が飼い始めた。 いろいろな名前で呼んでみたが懐かず、「頭(カシラ)」と呼んだ時にようやく懐いたのでこの名前になった。 組織の幹部で、元は殺し屋の殺し屋。 ただ殺すだけでは面白みがないとの理由で、自身の描いたシナリオに沿って話が進むよう様々な策謀を巡らす劇場型の殺人者である。 ボスに対し目を見て堂々とモノを言える数少ない人間。 脳のがイカれており、恐怖を感じず、人の気持ちを理解することもできない。 かつて洋子を組織に引き入れるために、彼女の両親を殺害して居宅に火を放った張本人でもある。 金銭や女、名誉等に何の興味もなく、ただ好奇心の赴くままに人を殺し続ける異常者であり、海老原曰くこの世で生きていくのが難しい人間。 反面、約束したことは守る性質であり、また弟子であるアザミやユーカリからは親同然に慕われている。 人の生死には何の興味もないが自分の死に方には拘りがあり、ボスや明のような強者の記憶に残りたいと願っている。 ボスが組織をこれ以上拡大させる意向がないのを悟ったことから、自身の好奇心を満たすため明の周辺に登場し、ボスが最高傑作と評した明との殺し合いを望む。 実際に明と向かいあった際には、明の恐るべき実力を認め、「明を10点としたら、自分はいいとこ8点」と評した。 真黒組の多くの幹部を殺害した後、最終的には明との戦いに負け、明に殺されるのであれば本望と考えたが、明は精神的に大きく変化しておりトドメを刺すことができなかった。 その様子を見ていた海老原により銃殺されこの世を去った。 山岡の配下で、山岡から自身と五分で殺り合えると評されている、かなりの実力者。 は「触れてはいけない」。 メガネをかけた大柄な体格の男。 人当りのよい空気を出しているが、暗殺者であることのカモフラージュである。 派遣先の中国から呼び戻され、山岡の策動に参加するようにみせかけていたが、実はボスからは山岡を拉致するように命令されていた。 そのため、山岡が組織に対し反目するような行動を取らないよう、暗に注意をしたり無駄に被害者が出ないよう図っていた。 組織からの命令と、山岡を親同然に慕っている気持ちのなかで葛藤していたが、最終的には山岡側につく。 また明の実力を悟り、あれは自身や山岡では太刀打ちできないと山岡に忠告していた。 その上で山岡、自分、ユーカリの3人がかりであれば明を倒すことができると考えていたが、明の強さは想像以上であり山岡を目の前で失ってしまうことになった。 オクトパスで社長を守りながら働いていた際、明から一般人の生活は普通の人には嫌なことが多くても自分たち暗殺者にとっては天国のような生活だと言われ、納得していた。 後にボスの命令で一般人として生活することになったあとはオクトパスで引き続き働いている。 明に対して悪感情はなく、明からも信頼されており、社長の世話とミサキへの借金の肩代わりを任されている。 明と同様に「ジャッカル富岡」というお笑い芸人の出ている番組を見て大笑いをしていたり、排水口に詰まった髪の毛を「あとで手を洗えばいい」と言う理由で素手で取るなどの行動をしたため、オクトパスの社長に明に似ていると言われた。 山岡の配下で、アザミのパートナー。 山岡曰く、洋子と同程度の実力。 花言葉は「記憶」。 洋子と同じく記憶力が良く、一旦見たものを一瞬で記憶・理解する能力をもつ。 戦闘能力も相手がヤクザ程度であれば全く問題にならない。 派遣先の中国から呼び戻され、山岡の策動に参加する。 当初は残酷で軽薄な言動がみられていたが、実際には無関係な人間を殺人に巻き込まない性格であり、洋子やクロが山岡から襲われた際には密かに助けていた。 洋子が山岡に復讐をしようとした際、洋子には山岡を殺す理由があることから、そうなった場合は仕方がないとも考えていた。 アザミ同様に山岡を慕っており、組織から山岡が狙われていることを知ってからもアザミと共に山岡に協力する。 山岡、アザミと三人がかりで立ち向かうが明に撃退される。 明に対しては悪感情はなく、ボスが山岡を殺すように命令をしていた件についても、いずれ同じ道を辿ったであろうこと、自分とアザミが少し寂しくなるだけだと話していた。 洋子とは気が合うようで、お互いに兄姉(相手を妹、弟)のような感覚で接していた。 山岡の死亡後はボスの命令で一般人として生活することになり、明が退職したあとのオクトパスでアザミとともに働いている。 デザイン企画 有限会社オクトパス [ ] 明が働くことになったデザイン会社。 マンションの一室で営業しており、室内はかなり手狭。 貝沼の死後、心機一転を兼ねて近所の一軒家に引っ越す。 田高田(たこうだ)社長 酒豪で面倒見の良い性格。 明とミサキをくっつけようと画策しているお節介な一面も持つ。 明のことは真摯な仕事ぶりや、味のあるイラストを見て大変気に入っており、身内のように扱っている。 実際に、明や洋子からとても慕われている。 小島のデリヘル開業計画では、ミサキのアルバイト先への嫌がらせ工作に巻き込まれ、小島が雇ったチンピラに襲われて大怪我を負っている。 作業場でミサキを襲おうとした貝沼を明がとっさに制圧するのを目撃し、彼が殺し屋であることには気づかないものの、格闘技の実力を訳あって封印していると推察した。 洋子宅でクリスマスパーティーを開いた際には、洋子との飲み比べに応じて泥酔したり、居眠りの振りをした洋子を寝床に運ぶ姿を見せ、彼女に父性を感じさせた。 明が退職を申し出たときは、非常に寂しがってはいたものの暖かく受け入れた。 元々明が経験がほしいと話していたことからいずれその日がくることを想像はしていた様子 清水岬(しみず みさき) 通称ミサキ。 22歳。 明の住む一軒家の近くにあるアパートで一人暮らしをしている女性。 父親の借金を返済した後に自分で店を開く夢を持っており、オクトパス以外にもアルバイトをいくつか掛け持ちしている。 かつては報酬目当てにやセクシービデオモデルをしていたことがある。 明が金髪のチンピラとに襲われた(明は正体を隠すためわざと殴られ鼻血を出し、泣いて怯える演技をした)時に出会い、働き口を探していた彼をオクトパスに紹介した。 海老原は苦労人の彼女を密かに見守っており、彼女が小島のデリヘル開業計画に引き込まれた時には、海老原の依頼を受けた明が救出に向かった。 佐藤兄妹にとって特別な存在である。 明に対しては、出会った時の印象からひ弱で泣き虫というイメージを持っていたが、徐々に男性として意識するようになる。 山岡の一件で佐藤兄妹の正体を知ってしまい、一時はどのように接してよいかわからなくなっていた。 しかし、自身の周辺で起きた事件から佐藤兄妹が自分をずっと守り続けていてくれたことに気づき、二人にずっとそばにいてほしいと願っている。 山岡の件が終わったのち、明から結婚を申し込まれ快諾した。 諸々の事情を全て知ったうえで内縁の関係となることも何も問題にしておらず、幸せな様子である。 明が旅に出たあとも定期的に連絡を取り合っている。 貝沼悦司(かいぬま えつじ) 陰気な雰囲気を持つストーカー気質の青年。 眼鏡をかけている。 過保護に育てられ、いかなる時も自分は悪くないと思い込む性格で、宇津帆の「ニワトリビジネス」に親ともども狙われることとなった。 ミサキに想いを寄せているが正面からアプローチすることができず徐々に暴走。 彼女のデイパックから自宅の鍵を盗んで合鍵を作り、部屋へして隠しカメラを設置し盗撮するなどし、まで企てるようになる。 ミサキへの盗撮などが宇津帆たちに察知され、母親が和解金の名目で6000万円を払わされる。 そのことからミサキへの想いが殺意へと変わり、事務所内で包丁で襲いかかったところを明に阻止される。 さらに貝沼本人は宇津帆たちに拉致され、失踪を装って殺害されそうになる(行方不明扱いにした後、興信所として捜索を請け負い更に金を搾り取るため)。 山中に停められた車から頭に袋をかぶされて後ろ手に縛られた状態で脱出するも、崖から落下して死亡。 遺体は増水した川に流され、後日発見された。 真黒組(まぐろぐみ) [ ] ボスと付き合いのある小規模な暴力団。 大阪府太平市(架空の市)を縄張りとしている。 どこの広域組織にも属さずに存続していられるのは「ファブル」のおかげとされている。 浜田広志(はまだ ひろし) 真黒組4代目組長。 2年ほど前に組長をした。 明と洋子のことは「遠い親戚」として周知している。 愛銃は古風なで、酔って暴れたアメリカ兵から2代目組長が取り上げたもの。 初夢で、佐藤兄妹が一般人として生活を続けている夢をみていたことを海老原に明かしていた。 山岡の差し金を受けた二郎から食事に毒を仕込まれ、その直後に訪れた情人宅で酒を飲んだことで体調が急変して死亡。 海老原剛士(えびはら たけし) 真黒組で、組長の他にファブルの詳細を知る唯一の人間。 前科5犯の武闘派。 38口径のを愛用。 だが「法がカバー出来ない部分で自分なりに街を守っている」という思いを強く持っている。 それ故に、明のことはいわゆる「」との先入観から、当初は嫌悪し排除も企てていたが、彼と倉庫で対面した際に無駄な殺生をしない人間だと分かり、わだかまりを解くに至る。 その後は「太平市で暮らすなら自分に恩を売っておいて損はない」と宣言し彼の協力者となった。 小島の一件では、自らが心筋梗塞で入院して動きがとれなくなったため、組織内抗争を回避すべく明に調査を依頼し、見返りとして自らの愛車「ハコスカGT-R」を託す。 後にレクサスを明に渡し、ハコスカを返してもらおうとしたが、クロによってスクラップにされた。 浜田の死後、5代目組長に就任する。 浜田組長が暗殺され海老原の身を心配した明が自ら協力を申し出た際も、一般人として生活しようとしている当初の明の意向を尊重し穏便に断るなど明のことを信用しており、人をまだ殺してない洋子にも、手を汚さず生きてもらいたいと気にかけている。 山岡の一件で、常に相手の先を取っていく組織の人間達をみているうちに自身が後手に回り続けていたことを反省した。 明が一般人に近づいていることに気付いており、山岡にトドメを刺すことができなかった際代わりにトドメをさした。 旅立つ佐藤兄妹に対し、先代の浜田組長が二人が一般人として太平市で普通に生活している初夢をみていたことを伝え、見送った。 趣味は料理で、出汁に利尻産の昆布を使うなどのこだわりよう。 弟分である小島にも手料理を振舞い、輝いた顔で調理を行っていた。 それが高じてか、飲食業をフロントの一つとしている。 小島(こじま) 海老原の弟分。 左の顎から頬にかけて切り傷がある。 で15年間服役していた。 非常に好戦的かつ昔気質な性格のヤクザで、給料制になった組の変わりようや、若い構成員のだらしなさには辟易している様子。 の施行や、やの普及など服役中の時代変化には疎く、海老原からはしばらく大人しくしているよう命じられる。 しかしすぐさまそれに背き、同じ風俗業をシノギとする砂川との対立も辞さず、新規でを開業しようと動き出す。 その過程で、デリヘル部門を取り仕切っていた砂川の舎弟を秘密裏に殺害し、ミサキに目をつけナンバーワン候補とすべく脅しで囲いこみを進めていく。 舎弟を殺されたことに気付き報復の計画を練った砂川から、が待機したに呼び出されるが、撃たれる直前に介入した明の手で捕らえられ、そのまま明の居宅まで運ばれる。 車庫に拘束された状態で事の経緯を白状したのちに、最後は海老原により砂川への落とし前として銃殺された。 カタギの女性を絞殺したことがきっかけので性欲のはけ口が無くなり、それが転じて暴力的な行いに至ったことを、死の直前に海老原から看破された。 黒塩(くろしお) 組員の1人で若手の有望株。 通称、クロ。 海老原が明を試した時に現場に居合わせ彼がファブルだと知り、一瞬で対戦相手を制圧した明に心酔するようになる。 ヤクザとして実績を残すことを夢見ているが、明の真似をして橋から飛び降りて足を骨折したり、下記の山ごもりではレジャーキャンプ並みに大量の装具を用意したり、洋子が山中で脱輪させた海老原のハコスカを修理ではなくスクラップ処理させるなど間抜けぶりも目立つ。 実力をつけるために明に弟子入りを志願し、共に山ごもりを行い、クマに襲われるなどの試練を乗り越えた。 その帰途に、明からかつて愛用したナイフ「ブラックホーク」と同じモデルを贈られて大いに感激した。 殺し屋である明や洋子に憧れていることを、組長や海老原からは心配されている。 佐藤兄妹からは一定の信用を得ており、事件が起きた際は裏方としてサポートすることもある。 すでに中学時代にはケンカの腕前を恐れられる存在だったが、明に手合わせを頼み、全く相手にならなかったことから、独自にを習い始めた。 明と行動をともにしている経験が時に活かされることがある。 佐藤兄妹が旅立つ際は号泣していた。 明が去ったのち真黒住宅で生活している。 高橋(たかはし) 海老原の運転手を務める組員。 組に入って2年と少しの新人で、黒塩より立場は下。 海老原の命令で明と洋子を監視していたが、洋子に一目惚れしてアタックをかけた。 だが、洋子に誘われたバーでベロベロに酔い潰れてしまい、結局彼女におもちゃにされただけで終わってしまった。 小島のデリヘル開業計画では、彼の脅迫同然の命令によって片棒を担ぐことになった。 頼りない面が目立つ人物だが、組の構成員であることには強い自負を持っている。 後に佐藤兄妹の正体を知り動揺している。 砂川(すながわ) 真黒組幹部。 次期若頭候補の一人と認められる実力者。 浜田の死後、一時だが若頭となる。 左目に切り傷を持っている。 小島の暗殺が明の介入で失敗したことから、浜田組長か海老原がファブルを用いて自身の追出しを画策していると思い込み、以降は組の乗っ取りに動くようになる。 関連のを持っている組随一の稼ぎ頭だが、この件では水野と衝突している。 組の乗っ取り及び拡大のため山岡と手を組み、自分が組長になった暁には隣の太西市の紅白組の吸収や中国進出を計算していたが、実際には山岡が自身のシナリオを進めるために都合よく使われていたに過ぎなかった。 明達に追われ逃げてきた山岡を殺害しようとするが逆に殺されてしまう。 水野(みずの) 真黒組幹部。 風俗関連の鎬で、砂川と衝突している。 性欲旺盛で、毎月を開催し、自らは女装プレイを好むド変態。 浜田の死後、山岡に脅迫されて、砂川の若頭就任を認めた。 後に山岡に殺害される。 坊主頭の舎弟 砂川の舎弟。 小島殺害の鉄砲玉に自ら志願するなど忠実に彼に従う。 同期である高橋とは犬猿の仲。 鉄工所では「研修」の名目でミサキを犯そうとするが、侵入した明に一瞬で昏倒させられた。 砂川と常に行動を共にしていたことから絵図を漏洩していた可能性を疑われ、意識を取り戻した直後、砂川に射殺された。 殺しもやる。 小島絡みの件で、舎弟殺害の報復を企む砂川に雇われていたが、ミサキ救出のため介入した明に敗北。 明の通称であるファブルのことを同業者として意識していたが、明のほうからは意識すらされなかったことを嘆いていた。 愛用銃は22口径の。 情報交換のため鈴木と面会した際、彼から挑発されて戦闘となり射殺された。 殺しもやる何でも屋。 フードのパートナー・連絡係。 フードと同様に、鈴木によって射殺された。 以降、山岡の指示で等をしながら裏社会での情報の収集・操作などを行い、死体処理も請け負っている。 表の顔はバー経営やペットの輸入を手掛けている模様。 もうすぐ大学生になる娘がいる。 マツは山岡から付けられた呼び名で、花言葉は「憐み」。 長らく闇稼業に手を染めてきたが、山岡の一件から精神的に現在の稼業を続けていくことができなくなり、引退を申し出ていた。 山岡に協力し、浜田組長殺害に大きく関わっていたことから、海老原から組にとっての仇と目されてしまう。 海老原の命令で二郎を捕らえたのちに海老原と対峙し、殺害されることを覚悟していたが、海老原は洋子からマツを殺さないよう頼まれていたため、佐藤兄妹には大きな恩があるとしてマツを見逃し、一般人として娘のもとへ帰れと海老原より告げられた。 なおマツの本名は山岡。 山岡の軍門に下った際、面白がった山岡に名前を取られていた。 現役の殺し屋で、宇津帆の興信所に雇われている。 経験のある冷静な殺し屋であるが、プロであり無益な殺生は行わない、人間味のある人物。 見た目は若いが、整形を繰り返しており、実は40歳近い年齢で引き際を考え始めている。 愛用銃は手動でもでも撃てる。 興信所の自室では護身用の銃も所持。 ヒナコの保護役でもあり、彼女のことを気にかけている。 プロとして高いプライドを持っていたが、洋子に太刀打ちできず叩きのめされ明には見逃される屈辱を受ける。 宇津帆と共に改めて佐藤兄妹に決戦を挑んだ際は洋子を捕らえるも明に場を制圧され、現場に仕掛けられた対人地雷を誤って踏んだヒナコを明と力を合わせて救出。 最後に手榴弾を投げつけて来た宇津帆をとっさに射殺した。 その後、逃げ癖があり貝沼の死体処理にも失敗した井崎も射殺。 ヒナコが明に宛てて書いた手紙を黒塩に託すと、宇津帆が残した現金を持って姿を消した。 その際殺し屋に憧れる黒塩に忠告し、明を「オリンピックに暗殺の種目があれば金メダルを取れる」と評している。 後に二郎探しの際マツに依頼され、再び姿を現した。 洋子に自身の護身用の銃を渡している。 砂川から、浜田か海老原のどちらか1人を殺すという依頼を請け負う。 非常に慎重で、仕事をこなす前に町の下見や逃走経路の確保などを時間をかけて行う。 今回の仕事を最後に引退。 その後は京都府内の山中でキャンプを張り潜伏していたが、海老原の命令を受けたマツと協力を申し出たヨウコ、彼女に助力しようと同行した鈴木に追い付かれ、抵抗を試みるも射殺された。 その他 [ ] 河合ユウキ(かわい ゆうき) バー「バッファロー」で洋子が出くわしたな男。 女とSEXすることが大好きで、そのために全てを費やす男。 見た目も趣味も話も全てが上っ面だけの薄っぺらい男だが、女の扱いには長けている。 洋子とSEXするために酔い潰そうとしたが、逆にの洋子に心中を見透かされた上に潰されてになり、病院へ救急搬送される。 店内で・し、酔って呂律が回らない状態でヨウコの問いかけに対し「ペッ…(吐瀉物を吐き出す)だい……(大丈夫)よ……ちゃ……(ヨウコちゃん)」と返答したことで「ペ・ダイヨチャ」という不名誉なあだ名をつけられるなど、散々な目に合う。 その後「バッファロー」で明たちオクトパスの面々と遭遇。 明が洋子の兄であると知り、洋子攻略のきっかけになると奮起するが、携帯電話の画面越しに洋子とテキーラを飲み合い、再び酔い潰されて倒れてしまう。 表向きはの経営者だが、裏の顔は詐欺・脅迫・誘拐・殺人等、何でも行う闇の住人。 作中では金持ちの親のすねをかじる過保護の若者を長年にわたって追跡し、成人してから大金を巻き上げて、失踪を装って殺害するビジネスを行っていた。 貝沼もまた彼から目を付けられた若者の一人である。 かつて少女を食い物にする売春組織を経営していたころに組織の命を受けた明に狙われ、幹部と実弟を殺され、自身は何とか逃げおおせた過去を持つ。 以来、自分を殺そうとした殺し屋を殺すため、準備を重ねていた。 佐藤兄妹の素性に気付き、国外逃亡を前提で決戦を仕掛けるが敗北。 彼らに手榴弾を投げ付けて自らを射殺させるが、その手榴弾は故意に安全ピンが抜かれておらず未作動であり、悪として死ぬ覚悟が常にあったことを示した。 井崎ツトム(いさき つとむ) 宇津帆の部下。 元真黒組組員で、黒塩の元兄弟分。 都合が悪くなるとすぐ逃げ出す癖があり、3年前の真黒組の抗争の際は関係ない喧嘩騒ぎを起こし逮捕されたため参加しなかった。 町に戻って来た後に宇津帆から雇われて、情報収集などの仕事を行う。 拉致した貝沼を山中で殺害しようとするが、目を離した隙に逃亡を図った彼は谷川へ転落して死亡。 井崎がその死体を川岸に放置したため、死体は増水した川に流されて発見されることとなった。 最後は鈴木から「逃げ癖のある奴は後に目障りになる」という理由及び口封じのために射殺される。 佐羽ヒナコ(さば ひなこ) 宇津帆の部下で、彼の性欲発散役もさせられている。 自身の両親を殺した相手に復讐するため、宇津保が危険な人間と分かっていながら付き従っていた。 4年前に家出をして川平(宇津帆の実弟)に拾われ、彼から売春を強要されそうになった際に明の仕事に巻き込まれて重傷を負い、以降は両足が不自由になり車イスで生活している。 公園の鉄棒を使って立つ練習をしていた際に明と出会う。 明からリハビリの助言を受けるうちに、明やミサキに親近感を持ち始め、貝沼がミサキを襲うことを察知した際には、彼女に警告の電話を掛けた。 宇津帆たちが佐藤兄妹に決戦を仕掛ける際、彼女の両親を殺した張本人が宇津帆だと気付き、彼を射殺しようとした。 車イスから立ち上がった拍子に、仕掛けられていた対人地雷を誤って踏むが、明と鈴木によって救出される。 バッファローのマスター 度々登場する、バッファローのマスターであり、本名不詳。 心の中で客にあだ名をつけている。 河合のことは「SEXマシーン河合」「モハメド河合」。 洋子のことは「ドランク・クイーン・ヨウコ」等。 プロとして客の要望にはなるべく応えるようにしているが、卑怯な企みには手を貸さない常識人。 洋子を酔い潰そうとする河合から、自分の酒だけ軽いものにするよう求められた際には、素知らぬ顔で両者に同じ酒を提供した。 ジャッカル富岡(ジャッカルとみおか) お笑い芸人。 「なんで俺もやね〜ん」が決め台詞。 明は彼のファンで、彼が出演するテレビの番組や広告を見たり、予約録画したりしている。 洋子は面白さが分からず「三流芸人」と評しているが、ドラマや映画に出演するなど、世間では一定の地位を得ている模様。 書誌情報 [ ]• 南勝久 『ザ・ファブル』 講談社〈ヤンマガKCスペシャル〉、既刊22巻(2020年6月5日現在)• 2015年3月6日発売、• 2015年6月5日発売、• 2015年9月4発売、• 2015年12月4日発売、• 2016年3月4日発売、• 2016年6月6日発売、• 2016年9月6日発売、• 2016年12月6日発売、• 2017年3月6日発売、• 2017年6月6日発売、• 2017年9月6日発売、• 2017年12月6日発売、• 2018年3月6日発売、• 2018年6月6日発売、• 2018年9月6日発売、• 2018年12月6日発売、• 2019年3月6日発売、• 2019年6月6日発売、• 2019年9月6日発売、• 2019年12月6日発売、• 2020年3月6日発売、• 2020年6月5日発売、 スピンオフ作品 [ ] ざ・ふぁぶる 佐藤兄妹の日常を描く南勝久本人によるスピンオフ作品。 『』にて不定期連載。 南勝久 『ざ・ふぁぶる』 講談社〈ヤンマガKCスペシャル〉、全1巻• 2020年6月5日発売、 映画 [ ] ザ・ファブル THE FABLE 監督 脚本 原作 「ザ・ファブル」 製作 吉田繁暁(企画・プロデュース) 藤村直人(企画・プロデュース) 宇高武志 佐藤満 製作総指揮 高橋敏弘 伊藤響 出演者 () 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 制作会社 製作会社 「ザ・ファブル」製作委員会 配給 公開 上映時間 123分 製作国 言語 興行収入 17. 7億円 主演でに公開。 原作7巻部分までを映画化。 での訓練を受けたフランス人アクション振付師を起用し、一部の振り付けは岡田准一本人がこなしている。 キャスト [ ]• 佐藤洋子:• 清水岬:• フード:• 小島:• 砂川:• コード:• クロ:• 貝沼悦司:• 砂川の部下:• 松沢:• バーのマスター:• 鉄板焼き屋の店長:• 河合ユウキ:()• ジャッカル富岡:• 田高田:• 浜田:• 海老原:• ボス: スタッフ [ ]• 原作:「ザ・ファブル」(「」連載)• 監督:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:「」()• 製作:大角正、、、谷和男、有馬一昭、角田真敏、、坪内弘樹、和田俊哉、赤座弘一、大鹿紳、小櫻顕、毛利元夫• エグゼクティブ・プロデューサー:高橋敏弘、伊藤響• 企画・プロデュース:吉田繁暁、藤村直人• プロデューサー:宇高武志、佐藤満• ラインプロデューサー:毛利達也• 撮影:• 美術:• 照明:三重野聖一郎• 録音:反町憲人• 編集:• 装飾:高畠一朗• サウンドエフェクト:北田雅也• ガンエフェクト:• スタイリスト:• ヘアメイク:中山有紀• スクリプター:吉田純子• キャスティング:北田由利子• 監督補:西山太郎• 助監督:是安祐• 制作担当:栗林直人• ファイトコレオグラファー:、岡田准一• スタントコーディネーター:• VFXスーパーバイザー:小坂一順• 音楽プロデューサー:• 宣伝プロデューサー:清宮礼子• 制作プロダクション:• 配給:• 共同幹事:松竹、• 製作:「ザ・ファブル」製作委員会(松竹、日本テレビ放送網、、、、、、、、、、、) 公開 [ ]• 2019年6月22日から6月23日の映画週末興行成績、全国映画動員ランキングで2位であった。 2019年6月29日から6月30日の映画週末興行成績、全国映画動員ランキングで3位であった。 2019年7月6日から7月7日の映画週末興行成績、全国映画動員ランキングで4位であった。 2019年7月13日から7月14日の映画週末興行成績、全国映画動員ランキングで6位であった。 2019年7月20日から7月21日の映画週末興行成績、全国映画動員ランキングで9位であった。 出典 [ ]• コミックナタリー. ナターシャ 2014年11月1日. 2019年11月18日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2019年11月18日. 2019年11月18日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年5月9日. 2017年5月9日閲覧。 2020年1月28日閲覧。 com. 2018年12月17日. 2018年12月17日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2019年4月8日. 2019年4月8日閲覧。 2019年6月24日 2019年6月24日閲覧• 2019年7月1日 2019年7月12日閲覧• 2019年7月8日 2019年7月12日閲覧• 2019年7月16日 2019年7月16日閲覧• 2019年7月22日 2019年7月22日閲覧 外部リンク [ ]•

次の