近く の 喫茶店 ランチ。 気まぐれママのランチとまぼろし珈琲の店れんげ(地図/写真/大野城・春日/喫茶店)

喫茶 百福

近く の 喫茶店 ランチ

【湯布院ランチ14選】地元民おすすめの店はココ!絶景カフェや観光地近くの店も 2020. 31 スヌーピー茶屋 由布院店 コミック「PEANUTS(ピーナッツ)」をテーマにした和カフェ 日本が誇る「和」の文化と、世界中で愛されている「スヌーピー」が融合したカフェ。 オムライスはフワトロ、スヌーピーの耳はハンバーグになっています! 店内からは庭園を眺めることもでき、明るくてゆっくり寛げる雰囲気。 所々に飾られているスヌーピーグッズや可愛いお品書きにも癒されます。 ランチの他にスイーツやドリンクも充実していて、湯布院の散策中にちょっと一息つきたいときにもありがたいお店です。 観光地「湯の坪街道」にあるので、散策途中にぜひ立ち寄ってみてください。 木の温もりが落ち着く洗練された空間と美味しいランチ&スイーツがおすすめのお店です。 ランチでは「イベリコ豚の煮込みハンバーグ」(1450円)や、「季節のドライカレー」(1280円)がおすすめ。 ランチでは1週間かけて作る自慢のデミグラスソースがかかった、「ふっくらジューシーハンバーグステーキ/250g」(1330円)がおすすめ。 フライパンとオーブンでふっくら焼き上げ、肉汁たっぷりでジューシー! 他にも「ワンプレートランチ」(980円~1580円)やパスタなどメニューも豊富。 窓からは田園風景と由布岳を見ることができます。 美味しい洋食をリーズナブルに楽しみたい方はぜひ訪れてみては。 大分県の食材を使った本格的な洋食を楽しめるお店です。 一押しメニューは「ハヤシライス」(968円)で、完成まで実に1週間かかる知る人ぞ知る逸品。 メニューは大分特産の豊後牛をふんだんに使った「豊後牛まぶし」(2700円)、九州産の鰻を使った「鰻まぶし」(2700円)、湯布院産の豊のしゃもとハーブ鶏をあわせて炭火で丁寧に焼いた「地鶏まぶし」(2500円)から選べます。 写真のメニューは、おすすめの「自家製トマトソースガレット」(単品825円、サラダとスープのセット1045円)。 一晩寝かせた生地が決め手のガレットは、もちもちっとした食感にそばの風味がふわり。 ランチタイムのおすすめは、ピッツァまたはパスタのランチセット(1940円)。 ピッツアは旬の素材を手打ち生地にのせて専用の石窯でかりっと焼き上げます。 パスタは手打ちニョッキや生麺など、その日のパスタソースと組み合わせて選べます。 湯布院のゆったりランチにぴったりです。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

次の

【湯布院ランチ14選】地元民おすすめの店はココ!絶景カフェや観光地近くの店も

近く の 喫茶店 ランチ

散策の休憩は、豊かな緑に包まれた水辺のほとりにある、「旅人の癒し場」がコンセプトのカフェテラスで。 金鱗湖を目の前に望むテラスがあり、湯布院の自然を全身で感じられるロケーションです。 ランチのおすすめは自家製の全粒粉のバンズを使い、豊後牛100%使用のパティを赤酒のテリヤキソースで仕上げた、「豊後牛のマルク・バーガー」(シングル:1650円、ドリンクセット:2145円)。 四季折々の表情を映す金鱗湖を眺めながら、ゆったりと味わってください。 土日はランチバイキングを開催 豊かな自然に囲まれたリゾートホテル。 土日祝なら、由布岳を望む約100席のゆったりとしたレストランでランチバイキングを楽しめますよ。 宿泊者以外でも気軽に利用できるのが魅力です。 ランチバイキングは大人2200円、子ども1100円、幼児550円とお手頃。 精肉店厳選のサイコロステーキなど35種類以上が揃い、約20種類のソフトドリンクが飲み放題なのが嬉しいですね。 手作りと素材にこだわった、季節感あふれる美味しい和食メニューを提供しています。 ランチメニューはお手頃価格の1500円の天ぷら膳をはじめ、季節野菜の前菜や天ぷら、刺身もついた「Aランチ」(2700円)「九州産黒毛和牛ステーキ丼」(2800円)、「うな丼」(3000円)も好評の逸品。 デザートにはぜひ名物の黒糖アイスを味わってくださいね。 テラスには高原の爽やかな風が吹き抜け、夏でも涼しさを感じます。 湯布院イタリアンのパイオニア的存在として愛される名店です。 写真のメニューは1番おすすめという、「カプリチョーザとクアトロフォルマッジ」(2090円)。 名物の石窯焼きピザは注文後にすばやく成形し焼き上げるため、外は香ばしく、中はふっくら。 他にパスタやサイドメニューなども好評なのだそう。 金鱗湖そばにあり、庭園に囲まれた風格ある佇まいで、木立の中の大きな茅葺屋根が目をひく情緒豊かな空間が魅力です。 ランチ限定の鰻重(5280円)は、厳選した鰻を地焼きにしたおすすめメニュー。 料理長こだわりの食材を中心に、地元の旬をふんだんに取り入れたダイナミックな料理が味わえます。 メニューには、「せいろそば」(880円)、「十割そば」(1100円)、「鴨南そば」(1760円)など、厳選した国産そば粉を使用した本格手打ち蕎麦がならびます。 他に、そば粉のガレットや自家製パンもおすすめ。 「ベシャメルソースのガレット」(1100円)や、「サーモンとじゃがいものガレット」(1320円)など豊富な種類が揃っています。 緑豊かな森の中にあり、由布岳や湯布院の街並みを空や雲と同じ目線から楽しむことができます!湯布院ドライブの途中にぜひ立ち寄ってみてください。

次の

【湯布院ランチ14選】地元民おすすめの店はココ!絶景カフェや観光地近くの店も(2)

近く の 喫茶店 ランチ

2015年12月1日 火 最近、県庁エリアで、ランチをいただいていません。 土日祭休みのお店が多いのと、 昼時間に客が集中するのと、 通し営業が少ないなどの理由です。 今日も、13:15。 もう、お客様も少なくなってるかなって思って、 飛び込んだお店が、「ピヨ」さん。 おじさま達の憩いの場、昭和の喫茶店です。 時々前を通り、 本日の日替りランチと書かれたプレートを見てるんですが、 今日、焼き肉とクリームコロッケの日替りメニューを見かけ、決めました。 お店は、まさに昭和50年代。 私の学生時代よく入った、西宮や、三宮辺りの喫茶店の造り。 でも、お客様はもうあまり居られない時間と読んだのが間違い。 店内いっぱいのお客様でした。 もちろんサラリーマン風、OL風の方ばかりです。 お若い方や、カップルは居られませんが 笑 「こちらでいいですか」 カウンターの奥を勧められます。 コルトレーンが流れるいい雰囲気。 目の前は、サイフォン。 しかしお隣は、たばこぷかぷかのサラリーマンおやじ2人組。 ご丁寧なことに、たばこ談義をされています。 「やばいな・・・えらいところに来ちゃったな」 いやもう、たばこ臭いと言ったらとても耐えられる臭い、煙ではありません。 水とおしぼり、出してくださったけど、食べずに出ようかなとすら思いました。 でもラッキーなことに、後ろのテーブル席のお客様が、帰られました。 「こちらに移らせていただいて、いいでしょうか?」 お伺いをたてて、移動させていただきました。 「ほっ!」 やっと落ち着きます。 まあ、喫茶店だから、たばこ吸うなとは言いませんが、 やはり無神経なお客様には疑問符が付きますよね。 立派な紳士なのだから、他の客に配慮されるか、 お店の方が、それとなく注意されるべきだと思いますね。 気を取り直して、テーブル席で、ランチをいただきます。 ランチは、お弁当の形式になっていました。 松花堂のようなお弁当。 メインの焼き肉と、クリームコロッケ、マカロニサラダ、お漬物が入っています。 ご飯大盛り無料だったので、結構てんこ盛り状態です。 焼き肉は、喫茶店レベルです。 美味しいといえば美味しいですが、 味が濃く、肉と玉ねぎのみ。 ご飯には合います。 クリームコロッケも、出来合いの冷凍品か。 まあ、それでもいいのですが、 問題はご飯。 どう間違えればこんなべちゃべちゃなご飯が炊けるのか。 新米の水分を多く含んだ米であることを差し引いても、 こんなべちゃべちゃご飯、久しぶりです。 650円のランチで、ご飯大盛り無料サービス。 お店の方の接客も悪くないから、とても残念でした。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 ピヨ 関連ランキング:喫茶店 県庁前駅、元町駅(JR)、元町駅(阪神).

次の