ふ ぇ いたん ツイッター。 Twitterのアカウントを取得しよう

ツイッターへの素朴な疑問「トレンドの数を操作したりしていませんか?」

ふ ぇ いたん ツイッター

TBSのアナウンサー(34)が1日、ツイッター( aietoTBS)とnoteでのブログを開設した。 Twitter始めました、TBSアナウンサーの江藤愛です。 生まれて初めての、つぶやき。 よろしくお願いします」と初投稿した。 平日の帯番組『ひるおび!』(月〜金 前10:25)や『中居くん決めて!』(毎週月曜 後11:56)などへの出演に並行して、ラジオでは『の日曜サンデー』(後1:00)の第1〜4週のアシスタントを担当。 今月30日からスタートする新音楽番組『CDTVライブ! ライブ! 』(毎週月曜 後10:00〜10:57)でも進行を務めるなど、さまざまなジャンルの番組に出演している。 先月29日に、公式ブログ「江藤愛の愛ことば」を更新。 10年間続けてきた同ブログの移行を発表し「手紙を書くのが好きな私なので、これからも書くことは続けていきますが、少し形を変えて、始めてみます。 もっと自分の気持ちを素直に表現してみたり、リアルタイムで伝えられることを大切にしてみたり。 ご存じの通り、ずっと同じ場所にいるのが好きな私にとって、小さいけど、私にしては大きな一歩として、これからnoteでブログを。 同時にTwitterをはじめました」と報告した。 1日放送の『日曜サンデー』では、リスナーからツイッターの開設について「本物ですか?」と向けられると「ありがとうございます! 本物です」とコメント。 爆笑問題のから「そういうの苦手だったんじゃない?」と指摘されると「そうなんです。 苦手だったんですけど、もっと一生懸命生きてみようかなと。 頑張って前向きに。 こうやってリスナーともつながれたらうれしいですよね」と声を弾ませていた。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

なぜトランプはツイッターに報復措置をとったのか? WEDGE Infinity(ウェッジ)

ふ ぇ いたん ツイッター

TBSのアナウンサー(34)が1日、ツイッター( aietoTBS)とnoteでのブログを開設した。 Twitter始めました、TBSアナウンサーの江藤愛です。 生まれて初めての、つぶやき。 よろしくお願いします」と初投稿した。 平日の帯番組『ひるおび!』(月〜金 前10:25)や『中居くん決めて!』(毎週月曜 後11:56)などへの出演に並行して、ラジオでは『の日曜サンデー』(後1:00)の第1〜4週のアシスタントを担当。 今月30日からスタートする新音楽番組『CDTVライブ! ライブ! 』(毎週月曜 後10:00〜10:57)でも進行を務めるなど、さまざまなジャンルの番組に出演している。 先月29日に、公式ブログ「江藤愛の愛ことば」を更新。 10年間続けてきた同ブログの移行を発表し「手紙を書くのが好きな私なので、これからも書くことは続けていきますが、少し形を変えて、始めてみます。 もっと自分の気持ちを素直に表現してみたり、リアルタイムで伝えられることを大切にしてみたり。 ご存じの通り、ずっと同じ場所にいるのが好きな私にとって、小さいけど、私にしては大きな一歩として、これからnoteでブログを。 同時にTwitterをはじめました」と報告した。 1日放送の『日曜サンデー』では、リスナーからツイッターの開設について「本物ですか?」と向けられると「ありがとうございます! 本物です」とコメント。 爆笑問題のから「そういうの苦手だったんじゃない?」と指摘されると「そうなんです。 苦手だったんですけど、もっと一生懸命生きてみようかなと。 頑張って前向きに。 こうやってリスナーともつながれたらうれしいですよね」と声を弾ませていた。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

毎日新聞がツイッター社への抗議活動について意図的誤報。主催者「もう活動したくない」

ふ ぇ いたん ツイッター

Twitterとは、今していること、感じたこと、他の利用者へのメッセージなどを「つぶやき」のような形式で280文字(日本語などは140文字)以内の短い文章にして投稿するの。 短文を投稿していくスタイルのサイトは当初「」「」などと分類されたが、現在では(フェイスブック)などと同じサービスの一種であるとみなされることが多い。 Twitterロゴ Twitterは2006年7月に米オブビアス(Obvious)社(現Twitter社)によって英語版のサービスが開始された。 その後、日本国内での利用が米国内に次いで多かったことから、2008年4月に他言語版としては初となる日本語版のサービスが開始された。 2017年には全世界で3億2000万人以上、そのうち日本には4500万人以上のな利用者が存在すると発表されており、世界的に展開しているSNSサービスの中では日本で突出して人気の高いサービスとしても知られる。 Twitterはなどを登録すれば誰でも無料で利用できる。 加入すると自分専用のWebページが作成され、そこに自分の発言を投稿する。 Twitterにおける個々の発言は「ツイート」(tweet)と呼ばれる。 特定の他の利用者に向けて「あて先」を指定するも用意されており、文字通り「おしゃべり」に使うこともできる。 公開の発言はWeb上に広く公開され、Twitter加入者以外も読むことができるが、アカウントを非公開設定にすれば、特別に関係を結んだ利用者以外は読むことができなくなる。 「フォロー」(follow)と呼ばれる機能で他の利用者を登録すると、その人の発言をに受信することができる。 通常の操作画面では自分の発言とフォローした人の発言が(原則として)時系列に並んで次々に新しい発言が追加されていくようになっており、この発言の流れを「」(TL:Time Line)という。 他の利用者が自分をフォローして発言を受信することもあり、これを自分の「」(follower)という。 他のSNSサービスの「友達」機能とは異なり、フォローは一方向の関係であり、フォローした相手が自分をフォローするとは限らない。 友人・知人などの間柄では互いにフォローし合う「相互フォロー」の関係を結ぶことも多いが、有名人のアカウントなどは本人がフォローする人に比べフォロワーの方が桁違いに多い場合もある。 ツイート tweet Twitterにおける一回分の書き込みを「ツイート」(tweet)と呼び、発言を投稿することを「ツイートする」(tweeting)という。 日本語では「つぶやき」と呼ばれることもある。 当初はどの言語でも一回の発言は140文字以内に制限されていたが、現在では英語などは280文字までで、日本語や中国語、韓国語などの文字は2文字分にカウントされる(すべて日本語なら140文字まで)。 発言内にいわゆる絵文字を混在させたり、画像や動画、、位置情報などを添付して発言とともに表示させることもできる。 また、転載した発言。 自分のフォロワーのタイムラインにその発言を知らせるために行なう。 当初は「RT ユーザ名 当該発言」のような書式で、自分の発言としてつぶやく方式だったが、その後、Twitter社が公式の機能として実装し、自分の発言とは区別して元の発言をそのままフォロワーに流すことができるようになった。 また、単に発言をそのまま転載するだけでなく、自らの発言を添えてタイムラインに掲載することもでき、「引用リツイート」(引用RT)あるいは「」(Quoted Tweet)などと呼ばれる。 他の辞典の解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 KDDI 用語集』 による解説• 〜 『 imidas 時事用語事典』 による解説• 〜 『 日経 xTECH Networkキーワード』 による解説• 〜 『 日経 xTECH 電子行政:キーワード』 による解説• 〜 『 日経 xTECH NE用語』 による解説• 〜 『 日経 xTECH きたみとまなめのIT用語集』 による解説• 〜 『 ケータイ用語の基礎知識』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• - コーポレートサイト 最近の関連ニュース記事 (外部サイト)• コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の