ラインポイント キリン。 LINEでドリンク購入&ポイントGET。キリンとラインのコラボで生まれた新世代の自動販売機「Tappiness」(タピネス)とは?

キリン・ザ・ストロングが無料でもらえる!キャンペーン

ラインポイント キリン

外を歩いていれば、当たり前のように目にする「自動販売機」。 これまでは、お金を入れるか、SuicaやEdyなどの電子マネーを使うか、飲み物の購入方法は、そのどちらかに限られていましたが、最近、新たな購入体験を実現したサービスが登場しました。 そのサービスの名は「Tappiness(タピネス)」。 同サービスは、キリンビバレッジバリューベンダー(以下、KBV)とLINEがコラボして誕生した新たな自動販売機で、LINEをかざすとドリンクが購入できる、というもの。 もともと、2017年1月19日にコンセプトが明かされていましたが、4月13日、正式にTappinessが首都圏、近畿圏で開始することが発表されました。 自動販売機に LINE をかざす? Tappiness の仕組みとは? <Tappiness公式動画> Tapinessは、LINEビーコンを内蔵した自動販売機で、LINEをかざすと自動で接続し、ドリンクの購入ごとに1ポイントもらえる、という仕組みです。 (LINEをかざす際、あらかじめスマホのBluetoothをONにしておく必要があります)。 15本購入すれば、1本無料でドリンクがもらえる特典チケットが付与され、友だちや家族などにシェアする、といったことも。 また、決済には現金やEdyやSuicaなどの電子マネー、特典チケットのほか、モバイル決済サービス「LINE Pay」を使用することもできます。 Tappinessを使うにあたって、BluetoothをONにしておく以外にも、キリンのLINEアカウントと友達になっておく必要があります。 事前の準備を終えたら、実際にスマートフォンをかざします。 最初に使用する際は友だちの追加などの手続きが必要ですが、2回目以降は不要です。 スマートフォンをかざした後は、購入したい飲み物を選び、決済の方法を決めます。 決済が完了すれば、1ポイントもらえます。 自動販売機の売上低迷が Tappiness 始動のきっかけに KBV 代表取締役社長の岩田実氏 今回、正式に運用が開始することになったTappinessですが、そもそも開発のきっかけは何だったのでしょうか? KBV 代表取締役社長の岩田実氏は次のように語ります。 「ここ20年でコンビニが成長する一方、自動販売機の台数は横ばいが続いておりまして……そんな現状に対する危機感がありました」(岩田氏) よりお客様に自動販売機の魅力を伝えていくべく、KBVが考えたのがLINEとの連携。 まず2015年10月にLINEビジネスコネクトを活用したデジタルサイネージ自動販売機「VENDORPHOTO」の開発に乗り出します。 この自動販売機は飲料を購入すると写真撮影でき、LINEに送信できる機能を備えていたのですが、独自アプリを利用する必要があったため、新しくアプリをダウンロードしてもらわなければいけない……というハードルがありました。 よりスマホ時代に最適化した自動販売機のカタチは何か。 アイデアを考えた結果、LINE内ですべてが完結する、Tappinessの構想に行き着いたそうです。 またダウンロードも不要ですので、LINE以外の選択肢はないな、と思いました」(岩田氏) これにより、LINEをかざすとドリンクポイントが貯まる自動販売機「Tappiness」が誕生することになったとのこと。 キリンと LINE 、両社がそれぞれ期待することとは? また、COMPASSでは、キリン株式会社デジタルマーケティング部の島袋孝一氏にコメントをもらいました。 KBVが自動販売機を通して、ユーザー同士のコミュニケーションを創造していこうと思った理由について話を伺いました。 「もともと、LINEというプラットフォームは、友だち同士がコミュニケーションをするための場。 企業アカウントと友だちが同じフィードに並び、メッセージ、スタンプ、画像などのやりとりを行う中、ドリンクチケットを贈ることもコミュニケーションの1つとして、自然な流れになるのかな、と思いました」(島袋氏) また、今回の取り組みにおいて期待することについて、島袋氏は次のように話します。 「このサービスは、『LINEは使っているけど、キリンの公式アカウントとまだ友だちになっていない……』という人に使ってほしいと思っています。 現在、LINEの月間アクティブユーザー数は6,600万人ですが、キリンの公式アカウントの友だち数は1,900万人。 LINEという大きなプラットフォームの中で、まだまだ接点を持てていない人が多くいるので、Tappinessを通して、そういった人とつながっていければ、と思っています」(島袋氏) 利用ユーザー数など、具体的な目標は掲げていないそうだが、Tappinessによって公式アカウントの友だち数を増やしていくことが当面の目標になるそうです。 LINEビーコンの認知を拡大していきたい 一方で、LINEはこの取り組みでどのようなことを狙っているのでしょうか? LINE 代表取締役社長の出澤剛氏 LINE 代表取締役社長の出澤剛氏によると、LINEビーコンの認知拡大が狙いにあるそう。 「ウェブとリアルをもっとシームレスにつなげていく必要がある、と思っています。 LINEはこれまで会員登録をするために情報を入力しなければなりませんでしたが、LINEビーコンはかざすだけでいい。 今回のKBVとの提携によって、LINEビーコンの認知を拡大していきたい」と語りました。 また、LINE Payも新しい決済手段として、より日常生活に浸透させていきたい、とのこと。 両社は今後、7月以降にTappinessを全国に拡大していき、2年後には2万台の自販機を展開する予定。 首都圏、近畿圏で本格的に開始することになったTappiness。 自動販売機を活用したデジタルマーケティングは日本コカ・コーラ株式会社の「Coke ON(コークオン」が先行していますが、果たしてTappinessは消費者に浸透していくのか?今後の動向もチェックしていきたいと思います。

次の

「LINE」をかざすとポイントがたまる自動販売機サービス「Tappiness(タピネス)」を4月13日(木)より開始|2017年|ニュースリリース|キリン

ラインポイント キリン

こんにちは、たっきーです。 LINEポイントは、楽天ポイントほどではありませんが、動画広告をみたりすることで、かなり貯まってくれるポイントです。 貯まったポイントは、LINE Payにチャージすれば、LINE Payで支払った際にマイカラー制度でさらにポイントがもらえるというなかなか使い尽くせます。 そんなLINEポイントで飲み物を買ってLINEポイントがもらえるキャンペーンが始まりました。 キリンのLINEポイント絶対もらえるキャンペーン• FIREワンデイブラックもしくは午後の紅茶ザマイスターズミルクティーのいずれかを3本購入するたびに、もれなくLINEポイントが100ポイントもらえる。 もらえるLINEポイントは最大で1600ポイント• キャンペーン期間:3月26日〜6月14日 キャンペーンの利用方法• 具体的な手順は、下記サイトに記載されていますが、簡単にいうと、ペットボトルについているQRコードをLINEアプリで読みとれば、シールを貯めることができ、そのシールが3つ貯まるごとにLINEポイントがもらえます。 3本でLINEポイントを100ポイントをもらうことができますので、 1本あたりにすれば、30ポイントを超えます。 しかも、 購入店舗は、特に限定されていません。 コンビニなどで定価のものを購入する必要はありません。 実際に、私は午後の紅茶を購入したんですが、購入した店舗はドラッグストアでした。 かなり安売りされていましたが、QRコードはきちんと貼り付けられており、問題なくシールを獲得することができました。 対象のドリンクを買えば買うほどポイントが付与されることになりますので、キャンペーンは長い方がいいことになりますが、この点も問題ありません。 6月までキャンペーン期間があり、かなり長い期間の間で本数をかせげばいいので、参加しやすいキャンペーンです。 是非、ねらっていきたいキャンペーンですね。 ではでは、たっきーでした。

次の

キリン

ラインポイント キリン

LINEポイントクラブ 2020年5月1日10:00から、LINEユーザー全体のメンバーシッププログラムとなる 「LINEポイントクラブ」が始まります。 「LINEポイントクラブ」は、過去6か月間に獲得した「LINEポイント」を基準にして、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのランク(マイランク)が決まる、LINEの新たなメンバーシッププログラムとなります。 マイランクは毎月1日10:00に更新され、過去6か月間に獲得した「LINEポイント」によって変動します。 このマイランクにより、LINE Pay加盟店70社以上で使える特典クーポンの枚数が決まるほか、「チャージ&ペイ」利用時のLINEポイント還元率が1. 0~3. 0%に決まります。 このように、LINE Payを始めとするLINEの各サービスを利用することで、より多くの「LINEポイント」をためると、「LINEポイントクラブ」でさまざまな特典が受けられるようになることになります。 なお、「LINEポイントクラブ」の開始に伴い、現在のLINE Pay(ラインペイ)における(前月の決済金額に応じて0. 5~2. 0%のポイント還元率が決まる)は、2020年5月1日9:59で終了となりました。 LINE Payで「チャージ&ペイ」以外の支払い方法利用時(LINE Pay残高など)のポイント還元については、2020年5月1日以降はなくなっています。 もくじ• 「LINEポイントクラブ」概要 [マイランク制度] マイランクは「LINEポイントクラブ」で適用されるランク制度です。 過去6か月間の「LINEポイント」獲得数に応じてマイランクが決まります。 0~99ポイント・・・[レギュラー] 100~499ポイント・・・[シルバー] 500~4999ポイント・・・[ゴールド] 5000ポイント以上・・・[プラチナ] マイランクは、毎月1日の10:00に更新されます。 (例・・・1月~6月のLINEポイント獲得数が100ポイントだと、7月のマイランクはシルバー) [LINE Pay利用特典] 「LINEポイントクラブ」のマイランクに応じて、「チャージ&ペイ」利用時にポイント還元が受けられます。 「チャージ&ペイ」は、(ビザラインペイクレジットカード)をLINE Payに登録することで、あらかじめチャージしなくてもコード支払いが使える新機能です。 支払い金額は、クレジットカード料金として月ごとにまとめて支払い(あと払い)することになります。 特典クーポンはLINE Pay加盟店50社以上で使える定額・定率のクーポンとなります。 マイランクに応じたポイント還元率(チャージ&ペイ)・特典クーポン枚数 [レギュラー]・・・1. 0%、1枚 [シルバー]・・・1. 5%、3枚 [ゴールド]・・・2. 0%、6枚 [プラチナ]・・・3. 0%、10枚 特典クーポンを使うには、LINEアプリの「ウォレット」>「ポイントクラブ」から事前にクーポンをダウンロードする必要があります。 一度ダウンロードしたクーポンは取り消すことができません(ほかのクーポンに変更することはできません) 特典クーポンの種類 マイランクに応じて毎月最大10枚まで取得できる「特典クーポン」は、LINE Payの人気加盟店70社以上から選択できます。 ・「LINEスタンプ プレミアム」の料金を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元(翌月中旬ころに還元予定。 年額プランは決済月の翌月中旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・なし [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% ・「LINEデリマ」での注文金額を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元(翌月下旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・なし [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% (6月中の最大還元ポイントは5,000ポイント) ・「LINEマンガ」での購入金額を、マイランクに応じて以下のとおりマンガコインで還元(翌月下旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・なし [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% (6月中の最大還元は5,000マンガコイン) ・「LINE MUSIC」のプレミアムプランの利用料金を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元(翌月中旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・なし [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・15% ・「LINE証券」対象投資信託の運用手数料の一部をキャッシュバック(詳細についてはLINEポイントクラブのページで確認してください) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・なし [ゴールド]・・・最大12% [プラチナ]・・・最大24% ・「LINE Pocket Money」利息のキャッシュバック(翌月中旬ころにLINE Pay残高で還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・1% [ゴールド]・・・2% [プラチナ]・・・5% 2020年6月の追加特典 2020年6月は、マイランクに応じてさらに以下の特典が追加されます。 ・「LINEスタンプ プレミアム」の料金を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元(翌月中旬ころに還元予定。 年額プランは決済月の翌月中旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% ・「LINEデリマ」での注文金額を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元(翌月下旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% (6月中の最大還元ポイントは5,000ポイント) ・「LINEマンガ」での購入金額を、マイランクに応じて以下のとおりマンガコインで還元(翌月下旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% (6月中の最大還元は5,000マンガコイン) ・「LINE MUSIC」のプレミアムプランの利用料金を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元(翌月中旬ころに還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・15% ・「LINE証券」対象投資信託の運用手数料の一部をキャッシュバック(詳細についてはLINEポイントクラブのページで確認してください) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・なし [ゴールド]・・・最大12% [プラチナ]・・・最大24% ・「LINE Pocket Money」利息のキャッシュバック(翌月中旬ころにLINE Pay残高で還元予定) [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・1% [ゴールド]・・・2% [プラチナ]・・・5% 2020年5月の追加特典 2020年5月は、マイランクに応じてさらに以下の特典が追加されます。 ・「LINEスタンプ プレミアム」の料金を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元 [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・20% [プラチナ]・・・100% ・「LINEデリマ」での注文金額を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元 [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% (5月中の最大還元ポイントは5,000ポイント) ・「LINEマンガ」での購入金額を、マイランクに応じて以下のとおりマンガコインで還元 [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・20% (5月中の最大還元は5,000マンガコイン) ・「LINE MUSIC」のプレミアムプランの利用料金を、マイランクに応じて以下のとおりLINEポイントで還元 [レギュラー]・・・なし [シルバー]・・・5% [ゴールド]・・・10% [プラチナ]・・・15%.

次の