どんなときもwifi おすすめ。 どんなときもWiFiの充電器オプションは必要ない?市販で選ぶポイントも解説!

どんなときもWiFi 解約時に返却する付属品は箱のみに改訂

どんなときもwifi おすすめ

今回はそんな悩みを解決すべく、 両サービスを6つのポイントから徹底的に比較。 WiMAXとどんなときもWiFiをどちらも契約している当サイトだからこそ分かる情報をお届けします! 「WiMAX」と「どんなときもWiFi」ですが、同じポケットWiFiでも実は強みとなる部分が全く違うのです。 最後まで読むことで、 「WiMAX」と「どんなときもWiFi」のどちらを選ぶべきなのかが分かります。 早速比較してまいりましょう!• 契約期間• 通信容量• 通信エリア• 端末性能 通信速度・連続通信時間など このページでは、5つのポイントでWiMAXとどんなときもWiFiを比較し、どちらがおすすめかについて紹介しています。 上から読むことですべての比較ポイントを理解できます。 ですが、比較ポイントごとに詳しく説明しているので、 最後まで読み切るのには10分程度必要です。 「結論だけ知りたい!」という方は、以下のボタンから比較結果をまとめている部分までスクロールします。 急いでいる方はお使いください。 それでは、比較ポイントを1つずつ見ていきましょう! ポイント別!両サービスの比較結果を解説 「契約期間」で比較! ポケットWiFiはどのサービスでも契約期間が定められており、一度契約するとその契約期間内は使い続けなければいけません。 契約期間の途中に解約すると、 「解約違約金」を支払うことになります。 それでは、WiMAXとどんなときもWiFiの契約期間はそれぞれどうなっているのでしょうか?以下に比較表を作成しましたのでご覧ください。 サービス名 契約期間 WiMAX 1〜3年 どんなときもWiFi 2年 どんなときもWiFiが2年なのに対して、WiMAXは1〜3年と 契約期間を選択することが可能です。 では、WiMAXはなぜ契約期間を選択できるのでしょうか? その理由は、WiMAXの契約を請け負っているプロバイダ 代理店 が 自由に契約期間や料金を設定することができるから。 プロバイダごとにWiMAXの回線速度や接続エリアが変わることはありませんが、契約期間や料金はプロバイダごとに決めることができます。 例えば、BIGLOBE WiMAXでは契約期間は1年。 全てのWiMAXプロバイダの中で最も短くなっています。 もし、あなたが2年よりも短期でポケットWiFiを契約したいなら、 どんなときもWiFiよりもWiMAXのほうがおすすめです。 「通信容量」で比較! 次の比較ポイントは「通信容量」となります。 WiMAXとどんなときもWiFiの通信容量は以下の通りです。 サービス名 通信容量 月間 WiMAX 通常プラン 7GB WiMAX ギガ放題プラン 実質無制限 どんなときもWiFi 完全無制限 通信容量ではどんなときもWiFiに軍配が上がります!内容を詳しく見ていきましょう。 WiMAXには月間7GBの 「通常プラン」と月間の容量制限がない 「ギガ放題プラン」という2つのプランがあります。 ギガ放題プランのほうが料金は高くなりますが、700円程度で月間通信量の制限をなくすことができます。 コスパ的にも「ギガ放題プラン」がお得であることから、9割以上のWiMAX利用者がギガ放題プランを選択しています。 月間の容量制限がないWiMAXのギガ放題プランですが、3日で10GB以上利用すると翌日の18時から約6時間程度の速度制限が発生します。 そのため、 完全な無制限ではありません。 このようにどちらのプランを選択しても、WiMAXには何かしらの制限が存在します。 一方、どんなときもWiFiの通信容量は 完全無制限です。 つまり、月単位でも日単位でも制限が一切存在しません。 ただし公式のアナウンスによると、違法ダウンロードや通常想定されていないようなレベルの通信を短時間で行った場合は、制限がかかることもあるようです。 しかし、動画サイトの最高画質を1日中見続けても制限はかからないという評判があるので、 通常の使用で速度制限がかかることは、まずないと言えるでしょう。 ポケットWiFi選びで通信容量を重視しているのであれば、 どんなときもWiFiがおすすめです。 「料金」で比較! 通信容量の次は料金面で両サービスを比較してみましょう。 通信容量が「実質無制限」のWiMAXと「完全無制限」のどんなときもWiFi。 両社の間にはどのくらいの料金差があるのでしょうか? WiMAXに関しては、契約代理店であるプロバイダごとに契約年数や料金が大きく異なります。 今回は契約年数ごとに最も安いプロバイダとしてBIGLOBE WiMAX 1年契約 、UQ WiMAX 2年契約 、Broad WiMAX 3年契約 の3社をピックアップ。 どんなときもWiFiと料金を比較しました。 以下の表をご覧ください。 実質月額料金とは「支払総額」を契約月数で割った金額です。 結果として、支払総額では契約期間が一番短い BIGLOBE WiMAXが、実質月額料金では Broad WiMAXという結果となりました。 Broad WiMAXでは、月額料金の割引や当サイトと提携したキャッシュバックを実施しており、 WiMAXの全プロバイダで最も安い実質月額料金を実現しています。 一方のどんなときもWiFiですが、同じ2年契約のUQ WiMAXと比較すると大幅に安くなっています。 どんなときもWiFiは月額料金がUQ WiMAXより安いだけでなく、 端末料金がレンタルで無料のため、初期費用が事務手数料以外発生しないのです。 そして、何よりどんなときもWiFiは通信容量が完全無制限でありながら 最安のBroadWiMAXと実質月額料金で237円しか差がありません。 お得さ、コスパという面ではどんなときもWiFiに軍配が上がると言えます。 「とにかく最安でポケットWiFiを利用したい!」「1年だけWiMAXを使いたい方」はWiMAXがおすすめですが、「コスパの良いポケットWiFiを利用したい」という方にはどんなときもWiFiがおすすめであると言えるでしょう。 「通信エリア」で比較! 次に紹介するのはエリアについてです。 結論から申し上げると、エリアを重視してポケットWiFiを選ぶのであれば、圧倒的におすすめできるのは どんなときもWiFiです。 その理由は以下の2つ。 info-mapping. aspx? しかしながら、障害物などには弱く、地下や建物内では遅くなることも。 障害物に強いauの電波を利用することもできますが、月7GBまでという制限付きなので注意が必要です。 一方のどんなときもWiFiですが、携帯3キャリアの電波を繋がりやすさによって自由に切り替える 「クラウドSIM」という機能を利用することによって、3キャリアの電波を拾えるエリア内であればどこでも快適に利用することができます。 しかも、WiMAXとは異なり使用できる容量に制限はありません。 海外の場合 クラウドSIMの技術は国内のキャリアだけでなく海外のキャリアでも効果を発揮します。 WiMAXは海外へ持っていっても利用することができませんが、どんなときもWiFiは海外へ持っていくと 現地の電波に対応し使用することができます。 このように、国内でも海外でもエリアの面ではどんなときもWiFiがWiMAXよりもおすすめであることがお分かりいただけたかと思います。 「端末性能」で比較! 最後に比較するのは端末性能です。 ポケットWiFiの端末性能は、新しい端末が登場するごとにどんどん進化しています。 そのため、今回は両社で最も性能が高いW06 WiMAX とD1 どんなときもWiFi を比較しました。 スペックを以下の表にまとめましたのでご覧ください。 サービス名 端末 入手方法 最大 通信速度 下り 重量 連続通信 時間 同時接続 台数 WiMAX プロバイダ から購入 1237 Mbps 125g 9時間 16台 どんなときも WiFi レンタル 150 Mbps 151g 12時間 5台 このように、 通信速度、端末重量、同時接続台数では W06が圧勝という結果になりました。 一方、どんなときもWiFiのD1は 連続通信時間の長さでW06を上回っています。 ただし、最大通信速度はあくまで理論値です。 WiMAXとどんなときもWiFiの実際の通信速度 実測値 は以下の通りとなっています。 サービス名 実測値 下り WiMAX 47. 6Mbps どんなときもWiFi 23. 2Mbps 上記の実測値は当サイトが同じ条件下で計測したものとなります。 (条件:東京23区・晴れ・午前中) 実測値で比較するとWiMAXとどんなときもWiFiの差は 約24Mbps。 依然WiMAXのほうが通信速度は高速ですが、 最大通信速度ほどの差はありません。 端末選びで通信速度を重視しているなら「W06」、連続通信時間を重視しているなら「D1」を選ぶことをおすすめします。 「WiMAXがおすすめな人」と「どんなときもWiFiがおすすめな人」 ここまで、ポイントごとにWiMAXとどんなときもWiFiを比較してまいりました!どちらのサービスを選ぶか決めることはできましたか? 最後に、ここまで比較してきた内容を1つの表にすべてまとめましたので以下をご覧ください。 比較内容 WiMAX どんなときもWiFi 契約年数 1〜3年 2年 料金 実質月額 料金 3,378円〜 3,615円 通信容量 月7GB,実質無制限 3日制限あり 完全無制限 通信速度 最大1,237Mbps 最大150Mbps 通信エリア キャリア WIMAX, au docomo, au, softbank 端末 利用方法 購入 レンタル 端末 重量 125g 151g 端末 連続通信時間 9時間 12時間 端末 同時接続台数 16台 5台 このように、比較ポイントによってどちらのサービスがおすすめかは変化します。 最後に、上記の比較結果を分析した結果、 「WiMAXがおすすめの人」と 「どんなときもWiFiがおすすめの人」にはどういった特徴があるのかをそれぞれ見てまいりましょう! WiMAXがおすすめの人• 1年契約でポケットWiFiを使いたい人• 少しでもお得にポケットWiFiを利用したい人• 速度が速いポケットWiFiを使いたい人• 端末を買い切りたい人• 軽い端末を使いたい人 以上の5つに当てはまる方はWiMAXを契約するのがおすすめです。 以下のボタンから20社以上ある プロバイダを比較したうえで契約に進みましょう! 通信速度や端末はどのWiMAXプロバイダも同じです。 契約期間 1年 で契約するのであれば選択肢はBIGLOBEのみですが、それ以外の理由でWiMAXを選ぶのであれば、プロバイダごとに料金を比較してお得にWiMAXを契約することがおすすめです。

次の

どんなときもWiFiのD1(U2s)のケースやカバーはある?実際の大きさ(サイズ感)をわかりやすく写真で案内します。

どんなときもwifi おすすめ

2020年2月現在、 どんなときもWiFiの解約時に返却するものは「ルーター端末本体と個装箱」の2点のみとなっています。 の「Q. 解約する場合、端末の返却は必要ですか?」の項目に明記されている内容です。 箱以外の付属品(充電用の短いマイクロUSBケーブル・ストラップ・取扱説明書)は、返却不要とのこと。 「ルーター端末本体と個装箱」が返却できない場合、18,000円(税抜)請求の場合があります。 返却する付属品の規定が改訂されてます 実はこの付属品返却の規定は、改訂されてます。 私がどんなときもWiFiを契約したのは2019年7月。 私は改訂以前のこの内容で契約していますので、全ての付属品をクローゼットにしまっておいて、どんなときもWiFiを解約するときは、その時に返却品を確認しようかなと考えています。 小さなものなのでわざわざ捨てる必要もないですし。 ただ 現在は「ルーター端末本体と箱のみ返却すればいい」と改訂されたので、これから契約する方は負担というかプレッシャーが減りましたね。 返却期限日も改訂されてます 同様に、返却期限日も改訂されています。 私がどんなときもWiFiを契約した2019年7月の「どんなときもWiFi 通信サービス重要事項説明」という小冊子には、「6. ご契約の変更・解約について」の項目で「解約月の翌月5日までに返却すること」と明記があります。 それが 現在は「解約月の翌月10日以内に必着」となっていて、以前よりも期限が5日分長く伸びています。 解約月の翌月10日以内必着でルーターと箱を返却しよう 返却が必要な付属品は箱のみに改訂されていますので、どんなときもWiFiを 解約する場合は、解約月の翌月10日以内必着でルーター端末と個装箱を忘れず返却しましょう。 念のため改訂以前に契約した方は、以前の決まりに従うか、解約時に都度どんなときもWiFiに問い合わせて確認すると良いですね。

次の

資産を増やすなら固定費削減がパフォーマンス大!「どんなときもWiFi」をおすすめする理由

どんなときもwifi おすすめ

各項目毎に詳しく比較していくので、モバイルルーター選びの参考にしていただければと思います。 表の比較項目をクリックすると、該当の比較項目の詳細比較に飛びます。 こちらもよかったら活用してください。 どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、au・softbank・docomoの3大キャリア全ての電波を受信することができます。 そのため、 ほぼ日本全域で通信することができます。 一方で、WiMAXは田舎や山間部では非対応のエリアも多くなっています。 WiFiを対応エリアで選ぶならどんなときもWiFiの方がおすすめです! 「クラウドSIM」とは、端末本体にSIMカードを挿さずにクラウドサーバー上に無数に接続されているSIMカードで通信を行う方式のことです。 例えば、山間部ならドコモが繋がりやすいからドコモのSIMに接続。 都心ならauが速いからauのSIMに接続。 といったように その場その場で最適なSIMを選んで接続できる方式になっているんです。 最大通信速度 (理論値) 150Mbps 1. WiMAXは首都圏であれば、平均して20Mbps以上の速度が出ます。 100Mbps近くでる事もよくありますよ…!ただし、 山間部や田舎では思うように速度が出ないので注意が必要です。 また、田舎や山間部でも同じような速度が出るのが強味です。 通信速度を重視しているようでしたら、 首都圏在住ならWiMAX。 田舎や山間部に住んでいるようでしたらどんなときもWiFiがおすすめです。 どんなどきもWiFiは、LTE回線を受信しているので屋内や地下でも繋がりやすいですが速度はそこまで速くありません。 そのため、 屋内や地下・山間部での利用が多いのであればどんなときもWiFi。 首都圏での屋外利用が多く速度が速いほうが良いならWiMAXがおすすめです。 0Gbps 上り:75Mbps 連続通信時間 12時間 6時間 コンセント給電 wifi規格 IEEE802. 11b/g/n IEEE802. 11a/n/ac IEEE802. 11b/g/n IEEE802. どんなときもWiFiとWiMAXの端末の性能を表で比較してみました! どんなときもWiFiの端末のGlocalMeU2は、最大通信速度や接続可能台数など全体的に性能は高くありませんが最大通信時間が12時間と長いのが特徴です。 一方で、WiMAXの端末のW06やL02は最大通信速度が非常に速く接続可能台数も多いです。 また、「IEEE802. 11a/n/ac」に対応しており5GHz帯での通信が可能な点が特徴ですね。 端末の性能で選ぶならWiMAX。 電池持ちの良さで選ぶならどんなときもWiFiの端末がおすすめです! 文中の「IEEE802. 11a/n/ac」とは、WiFiの通信規格のことで5GHz帯での通信に対応した最新の規格です。 従来の2. 4GHz帯での通信と比べて、 5GHz帯での通信は電波干渉が少ないため通信時のロスが起こりにくく速度が出やすい特徴があります。 ただし、2. 4GHz帯よりも障害物に弱いので部屋の壁を挟んでの通信など障害物を挟んで通信する場合速度が一気に出なくなる点に注意が必要です。 一方で2,4GHz帯での通信は、電子レンジやBlootoothの電波と干渉するため速度が出にくいです。 また、レンジの電源を入れた瞬間に通信が切断されるようなこともあります。 モバイルルーターの様な、端末とWiFiルーターが近距離にある通信の場合は速度が出やすい5GHz帯での通信がおすすめです。 まず、 どんなときもWiFiは基本的に通信容量完全無制限のWiFiです。 当サイトで検証した結果、1日100GB使っても速度制限がかからないことが確認出来ています。 一方で、WiMAXには3日で10GBの制限があるためYouTubeなどの容量を大量に消費するコンテンツを利用した場合速度制限がかかる事が多いです。 速度制限がかかった場合の速度についてはWiMAXの方が速いのですが、そもそもどんなときもWiFiは国内利用であれば速度制限がかかることはほとんどありません。 そのため、たくさん容量を使いたい人にはどんなときもWiFiがおすすめです。 また、下記関連記事で無制限の真相について検証しているので、気になる人は読んでみてください。 どんなときもWiFiの月額料金は2年間一律で、3,480円です。 一方で、WiMAXの月額料金は4,380円と900円も高いんです…汗 厳密に言えば、WiMAXはプロバイダ毎に割引きがありますしキャッシュバックがあります。 なので、実質月額料金はもう少し差が縮まります。 WiMAXで最も安いGMOとくとくBBの実質月額は3,207円です。 ですが、 この金額は高額キャッシュバックを受取忘れない前提の金額です。 そのため、月額の点では、 何もせずとも2年間一律3,480円と安く使えるどんなときもWiFiが優れていると言えます。 どんなときもWiFi・WiMAX共に縛り期間中に解約した場合の違約金の最高額は19,000円です。 そのため、解約違約金でどんなときもWiFiとWiMAXを比較した場合の差は無いと言えますね。 どんなときもWiFiは元がお得なので、キャッシュバックやお得なキャンペーンは行っていません。 強いて言えば月額割引きキャンペーンを行っているくらいですね。 一方でWiMAXはプロバイダ毎に様々なキャンペーンが展開されており、時期によって変わりますが 最大4万円前後のキャッシュバックや乗換時の解約違約金負担などお得なキャンペーンが目白押しです。 そのため、キャッシュバックやキャンペーン内容を重視してWiFiを選ぶならWiMAXをおすすめします。 また、次の関連記事でがお得なWiMAXを紹介しています。 一方でWiMAXは、国内向けのWiFiなので海外で使う事はできません…汗 国内でも海外でも手続無しで同じ端末で通信できるのは魅力的ですよね。 そのため、海外旅行に行く事が多い人には、どんなときもWiFiは非常におすすめのWiFiです。 結論!総合的にみておすすめなのはどんなときもWiFiです! ここまで、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で比較してきましたが総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiです。 また、月額料金も3,480円と安く縛り期間も2年間です。 月額が4,380円で3年縛りのWiMAXと比べて料金の面でもお得ですね。 その他、海外でも使える点や端末の電池持ちが良い点などを考えると 総合的に見て満足度が高くおすすめできるのが「どんなときもWiFi」なんです! どんなときもWiFiとWiMAXのどちらを契約するか迷っているようでしたら、どんなときもWiFiを選べば後悔することはありません。 首都圏在住で速度重視ならWiMAXもあり! 総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiでしたが、首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXの契約がおすすめです。 WiMAXの特徴はとにかく速度が速いことです。 YouTubeの1080pの高画質動画もスムーズに見る事ができますよ!また、も平均して50ms以下に収まるので、FPS以外のネットゲームであれば快適にできます。 どんなときもWiFiとWiMAXの契約で迷っていて、「首都圏在住」「通信速度重視」という条件であればWiMAXの契約をおすすめします。 当サイトでは、全31社のして特におすすめの10社をランキング形式で紹介しています。 WiMAXの契約を検討しているようでしたら是非参考にしてください。 どんなときもWiFiとWiMAXの比較に関するまとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiは料金が安く国内・海外どこでも繋がるのが特徴• WiMAXは通信速度が速くキャンペーンが豊富なことが特徴!• 比較の結果おすすめなのは「どんなときもWiFi」• 首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXがおすすめ! 今回の記事では、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較してきました。 比較の結果、どんなときもWiFiは「どこでも繋がる」「料金が安い」WiMAXは「速度が速い」「キャンペーンが豊富」といった特徴があることがわかりました。 WiMAXは、首都圏では通信速度が非常に速いので首都圏在住で通信速度を重視してWiFiを選ぶ人におすすめです。 総合的に見てどんな人にもおすすめできて優れたWiFiは「どんなときもWiFi」です。 迷ったらどんなときもWiFiを契約すれば損はしませんよ…!.

次の