にゅーすとくほう。 14歳の少女がネットで好きになった彼氏とリアルで会うとき、すべての崩壊が始まる……映画「Trust」予告編ムービー

「SMAP」中居が口にした 人生で最も嫌いな人物とは

にゅーすとくほう

2011年03月06日 21時00分 14歳の少女がネットで好きになった彼氏とリアルで会うとき、すべての崩壊が始まる……映画「Trust」予告編ムービー 14歳の少女アニーはバレーボールのチャットルームで新しい友達として16歳の少年チャーリーと出会い、数週間ほどオンラインでチャットしたり、写真を交換したり、携帯電話でのコミュニケーションをしている間に彼のことがどんどん好きになって夢中になり、そしてついに直接会うことになります。 しかしそこに現れたのは、オンラインで知っているチャーリーではなく、まったく別のはるかに年上の男性。 そして今まで彼女を守ってきた家族のすべてが崩壊していく……というかなり生々しい実際にありそうな「オンラインで未成年を性的に食い物にする人々」のターゲットとなった少女とその家族の物語が「 」です。 やたらと現実的な展開となっている予告編の再生は以下から。 QuickTime形式によるフルHD版あり 郊外の平和な一家 誕生日パーティーの真っ最中 パソコンとネットの登場は我々の働き方を変えた そしてコミュニケーションする方法も変えた アニーがネットで知り合ったチャーリーの写真を見ているところ アニーもまた、チャーリーと同じくバレーボールクラブの一員 自分の写真を相手に送ったりして楽しくネットで会話 段々とアニーはチャーリーに夢中になり、にやにやが止まらない状態に。 ネットはお互いを結びつける アニーがネットをしていると、チャーリーからメッセージが。 「僕が思うに、僕たちは実際に会うべきだよ!」 後ろを振り返って両親が見ていないことを確認し…… Enterキーを押して、返信 ついにチャーリーと会うことに。 「どこにいるの?」 だが現れたのは彼女よりもはるかに年上の男性。 「やぁ、僕がチャーリーだよ」 そして積み重ねた信頼が瓦解していく アニーは性的な対象として狙われていただけだったという事実を知る さらに性的暴行を受けた事実が友達にばれ、さらに学校の知るところとなり、警察沙汰に。 事情聴取のため警察に連れて行かれるアニーをスマートフォンで撮影する同級生たち カウンセラーとの出会い 両親に今までのことがすべて発覚 復讐心を抱き始める父親 自暴自棄になっていくアニー 崩壊していく家族 もう娘のことを信頼できなくなった父親は娘のスマートフォンをのぞき見る そして…… なお、もうひとつの2010年に公開された初期予告編も割と壮絶な展開を予感させます。

次の

14歳の少女がネットで好きになった彼氏とリアルで会うとき、すべての崩壊が始まる……映画「Trust」予告編ムービー

にゅーすとくほう

2011年03月06日 21時00分 14歳の少女がネットで好きになった彼氏とリアルで会うとき、すべての崩壊が始まる……映画「Trust」予告編ムービー 14歳の少女アニーはバレーボールのチャットルームで新しい友達として16歳の少年チャーリーと出会い、数週間ほどオンラインでチャットしたり、写真を交換したり、携帯電話でのコミュニケーションをしている間に彼のことがどんどん好きになって夢中になり、そしてついに直接会うことになります。 しかしそこに現れたのは、オンラインで知っているチャーリーではなく、まったく別のはるかに年上の男性。 そして今まで彼女を守ってきた家族のすべてが崩壊していく……というかなり生々しい実際にありそうな「オンラインで未成年を性的に食い物にする人々」のターゲットとなった少女とその家族の物語が「 」です。 やたらと現実的な展開となっている予告編の再生は以下から。 QuickTime形式によるフルHD版あり 郊外の平和な一家 誕生日パーティーの真っ最中 パソコンとネットの登場は我々の働き方を変えた そしてコミュニケーションする方法も変えた アニーがネットで知り合ったチャーリーの写真を見ているところ アニーもまた、チャーリーと同じくバレーボールクラブの一員 自分の写真を相手に送ったりして楽しくネットで会話 段々とアニーはチャーリーに夢中になり、にやにやが止まらない状態に。 ネットはお互いを結びつける アニーがネットをしていると、チャーリーからメッセージが。 「僕が思うに、僕たちは実際に会うべきだよ!」 後ろを振り返って両親が見ていないことを確認し…… Enterキーを押して、返信 ついにチャーリーと会うことに。 「どこにいるの?」 だが現れたのは彼女よりもはるかに年上の男性。 「やぁ、僕がチャーリーだよ」 そして積み重ねた信頼が瓦解していく アニーは性的な対象として狙われていただけだったという事実を知る さらに性的暴行を受けた事実が友達にばれ、さらに学校の知るところとなり、警察沙汰に。 事情聴取のため警察に連れて行かれるアニーをスマートフォンで撮影する同級生たち カウンセラーとの出会い 両親に今までのことがすべて発覚 復讐心を抱き始める父親 自暴自棄になっていくアニー 崩壊していく家族 もう娘のことを信頼できなくなった父親は娘のスマートフォンをのぞき見る そして…… なお、もうひとつの2010年に公開された初期予告編も割と壮絶な展開を予感させます。

次の

「SMAP」中居が口にした 人生で最も嫌いな人物とは

にゅーすとくほう

【2012年8月12日】 新テニプリでまたしても神展開! これ予想できた人絶対いなかっただろ…… 1ヶ月というのは長いようで短いもの。 でもテニプリを待つ時間はいつもより長く感じますね。 ということで今月の新・テニスの王子様を見ていこうと思うのですが、 今月はすごいです。 ……いや、先月もすごかったし、先々月もすごかったし、 結局毎月すごいすごい言ってる気もしますが、実際にすごいんだからしょうがないのです。 さて、これまでの流れをおさらいしておくと…… 跡部様「ツルスケじゃねーの!! 」 先月号では、長く続いた跡部・仁王ペアと海外選抜との死闘がやっと終了し…… 右上に小さく見えるのが銀師範 続いての銀師範VSデューク渡邉の試合に 2ページでケリがついたところまででしたね。 ……この扱いの差は、 イケメンかそうでないかの違いなのだろうかという疑問が未だ消えないわけですが、それはさておき気持ちを切り替えて次の試合を見ていくことにしましょう。 次に対戦するのは、中学生チームから 比嘉中の木手永四郎・立海の丸井ブン太ペア VS 海外選抜の 遠野篤京・君島育斗ペア。 中でも注目は、チームメイトだろうと負けた者には容赦せず首を狩りにくる 「コート上の処刑人」こと遠野篤京先輩と、 「殺し屋」の異名を持つ木手永四郎。 この2人による "どっちが先に殺られるか" という勝負に注目が集まっていたわけですが、今月のテニプリを1ページめくってみると…… 愛称は「キミ様」らしい いきなり目に飛び込んできたのは、何やら 愉快な歌を口ずさみながらマスコミに囲まれる君島先輩の姿でした。 「コート上の処刑人」の相方なので、てっきり 「コート上の葬儀屋」とかそういう二つ名を持っているのかと思いましたが、とてもそうは見えません。 この人は何者なのでしょうか……。 ということで、遠野先輩のサーブで試合スタート! ……君島先輩のこのセリフが「相手をテニスで負かす」を意味する比喩としての使い方ではなく、 本来の意味での使い方なのがおそろしいです。 サーブを持った遠野先輩がまず放った技は、 「処刑法その13 ギロチン」。 テニスの技とは思えないネーミングセンスにも驚かされますが、それよりも遠野先輩が 少なくとも13もの処刑法を持っているというのがすごいなと思いました。 ……この人、絶対に普段の練習でも新しい処刑法ばかり考えているんでしょうね。 そんな遠野先輩の 相手を殺す気満々のサーブがブン太くんを襲います。 不意を突かれたブン太くんはこれに対応しきれず…… まるで 銃弾に撃たれたかのようなオノマトペと共にお星様になってしまいました。 まさかここでいきなりのリタイアか……!? ……と思ったら実はこの「パアアアアン」という音は、 ブン太くんが膨らましていた風船ガムをボールが割った音でした。 そう、ブン太くんはとっさに体をのけぞらせ、遠野先輩のギロチンサーブを間一髪のところでかわしていたのです。 さすがは立海でレギュラーを張っているブン太くん。 処刑人と殺し屋のガンの飛ばし合いが壮絶すぎてすっかり忘れていましたが、この人も相当な実力者でした。 これでエンジンのかかった木手永四郎・丸井ブン太ペアは、処刑人の攻撃をものともせずに、 きちんとテニスで相手ペアを圧倒します。 しかし、ここでこれまで不気味に沈黙を保っていた キミ様こと君島先輩が動きます。 ブン太くんに向かって「アレもう一度見せてくれないかな」と告げるキミ様。 ちなみにアレとはブン太くんの必殺技「妙技・綱渡り」のことで、ブン太くんも快くOKするのですが……。 それを見ていた海外選抜の一人がポツリと一言。 「アレ見せてよ」って頼むくらいなら誰でもできますし……。 しかし、キミ様の狙いは ブン太くんではありませんでした。 誘いに乗ったブン太くんは「妙技・綱渡り」を狙っていくも、それを予想していたキミ様のボールにリズムを崩され、ミスを連発してしまいます。 そんなブン太くんに若干イラついた様子の殺し屋・木手。 反省したブン太くんはリズムを整え、反撃のチャンスを伺います。 そこへ容赦なく襲い来る処刑人の攻撃。 が、至近距離からの攻撃も、人並み外れた反射神経を持つブン太くんには当たりません。 ……冷静に考えると、 前衛がボールをかわしたらダメだろうと思うのですが、何しろ飛んでくるのは テニスボールというよりも鋭利な凶器なので、ここはかわすのが正解です。 点を惜しんで命を失ってはいけませんからね! 攻撃を余裕でかわせることに気をよくしたのか、自信たっぷりに 「だーから、当ててみせろって」と余裕しゃくしゃくのブン太くん。 ……いやだから、 テニスはドッジボールじゃないんですけども。 しかし、この言葉にキミ様は 「…さて、前からは避けれても、"前後から"はどうかな?」と不敵に微笑みます。 前後から? おそらくすべての読者が首をひねった次の瞬間、 木手が後ろからブン太くんを狙撃。 ……えっ? いやごめん、 意味がわからない。 うん、そりゃそうだ。 しかし、当の木手はいたって冷静な調子で、一言。 「強い方につく、それが私のモットーです」 えっと、 ごめん、 木手が何を言っているのかわからない。 いったい何なの、この 真夏のミステリーは。 …… ちょっと整理してみましょうか。 キミ様はわざとブン太に「妙技・綱渡り」を使わせ、誘い玉でリズムを崩した(木手に見せるために)。 木手はそれにイラつき、「相手の方が強い」と悟った(これを悟らせたのが、キミ様による"交渉")。 強い方につくのがモットーの木手は、味方だったブン太を裏切って攻撃した。 流れはこれで合ってますよね? えっと、じゃあおかしなところを……っていうか 全部おかしいんですけど、 まず、 テニスに裏切りというルールは存在しないので、木手がブン太を殺そうが殺さまいが、 【勝ち】遠野・キミ様 【負け】木手・ブン太 こうなるだけであって、 【勝ち】遠野・キミ様・木手 【負け】ブン太 こうはなりません。 じゃあ木手が言いたかったのは単に、 「どうせ勝てないので、わざと負けてこの試合を終わらせよう」ということだったのでしょうか。 ……でもそれなら飛んできたボールを無視するか、空振りでもしとけばいいだけの話で、 やはりブン太くんを狙撃する必要はありません。 これらの検証の結果、ブン太を狙撃した木手の目的はただ一つ。 単にブン太を殺したいだけ。 なのではないでしょうか! さすが殺し屋! 殺せるなら誰でもいいってか! ……そんなこんなで、 テニスの試合において"裏切る"という衝撃の展開を見せた新テニプリ。 正直、先々月の「ツルスケだぜ!」と、先月の「デュークホームラン」で 「もう何がきても驚かないぞ」と思っていたのですが、まさか今月で 「テニス」そのものの概念を揺るがすような展開を用意してくるとは……許斐先生の 天井知らずの脚本力には驚かされるばかりです。 来月も楽しみです。 もう何がきても驚かないぞ!.

次の