緊急 事態 宣言 栃木 県。 栃木県内チーム、続々再始動 警戒維持、新練習様式も 新型コロナ緊急事態宣言解除|スポーツ|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

栃木県/新型コロナウイルス感染症緊急事態解除宣言等に伴う保育所等の対応について

緊急 事態 宣言 栃木 県

新型コロナウイルスをめぐる国の緊急事態宣言解除を念頭に栃木県は12日、感染拡大「第2波」に備えて営業自粛などを要請する独自の基準を策定する方針を明らかにした。 福田富一知事は「第2波も想定される中、対策を長期的に続けるためには明確な判断基準が必要だ」と記者会見で説明した。 国は特定警戒都道府県を除き、栃木を含む34県について14日に宣言解除などを判断する。 解除後に住民や事業者の動きが活発化して再び感染が広がる事態に備え、全国で独自基準を策定する動きが広がっている。 県は14日以降に医療関係者など有識者から意見を聴き、患者の増加やクラスター(感染者集団)の発生など自粛を再要請する際の具体的な条件をまとめる。 自粛要請は、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法24条に基づいて行う。 制限緩和を進めていた韓国では今月に入り、ナイトクラブで集団感染が確認された。 こうした場合の休業要請の対象について、福田知事は「(感染源となったクラブなど)業種ごとでなく、全体的に考える必要があるのでは」との見解を示した。 一方、PCR検査をかかりつけ医の判断で保健所などを通さず行えるようにする「地域外来・検査センター」について、今月半ばに県内2カ所で設置するめどが立ったと明らかにした。 センターは郡市の医師会単位で10カ所設置し、屋外での迅速な作業を目指す。 また県は今後、国が提唱した「新しい生活様式」を踏まえ、県庁の業務や行政サービスを「非対面型」へと見直す。 感染リスクを減らすため電子申請やウェブ会議を極力取り入れる。

次の

【緊急事態宣言解除】栃木県では賛否両論 百貨店は営業再開

緊急 事態 宣言 栃木 県

政府が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の対象から栃木県を含む39県を解除した。 県は15日、対策本部会議を開いて、休業を要請している一部事業者の営業再開の可否を判断する。 解除されても感染防止に神経をとがらす状況は変わらず、「第2波」への警戒が始まる。 宇都宮市のスポーツジムの一つは会員約400人の小規模施設だ。 県の休業要請に応じて4月18日から休館している。 休館にともない3分の1が5月に入って退会か休会した。 5月分の会費を免除したが、維持費がかかり、赤字がかさんで深刻な状況という。 会員からは再開を望む声が相次いでいる。 エアロビクスなどのスタジオレッスンは休館前から人数制限を設けて密集や密接を防ぐ対策を取ってきた。 ジムを管理する男性は「早く再開したい」と切実だった。 県は接客をともなう飲食店や、カラオケ店、ライブハウス、スポーツジムの再開を現在も認めていない。 全国のこうした施設でクラスター発生が確認されたためだ。 県の担当者は「宣言解除と再開の容認は別だ。 法律上、知事に休業要請の権限は残っている。 ただし県が引き続き休業を求める場合は、県が再開条件を示す必要がある」と説明した。 県は新型コロナの再拡大に備えて、事業者に改めて休業を要請する際の判断基準の策定を急いでいる。 事業者にも引き続き感染防止対策を求めていく。 客と店員の飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、レジや商品券売り場など約100カ所にシートの仕切りを設置。 試食を中止し、化粧品売り場では店員が客にファンデーションを塗るなどのサービスを控えている。 宇都宮市のスーパー「たいらや若草店」は14日、チラシの配布を店内限定で再開した。 客の密集を防ぐために、新聞折り込みや店頭で配るチラシを取りやめていたが、宣言解除が確実になったタイミングで緩和した。 レジでは2メートル間隔で並ぶよう客に求めるなど感染防止対策を継続する。 市川真二店長は「安全をしっかり確保しながら、より楽しく買い物して頂けるようにしたい」。 再開した11日以降、県外からの来場を控えるようホームページで呼びかけている。 だが、駐車場に並ぶ車の約2割は県外ナンバーという。 宣言の解除後は、入り口での健康チェックや園内でのソーシャルディスタンスの確保に力を入れていくという。 早川公一郎社長は「お客様も施設も状況を理解して、互いに安全を守ることを徹底していきたい」と話した。 (、、池田拓哉).

次の

栃木県「緊急事態措置」発表、休業要請および・休校などについて発表

緊急 事態 宣言 栃木 県

緊急事態宣言解除後 全国 の栃木県における対応(5月27日~ 6月18日)の概要• 感染防止対策の協力依頼• 「新しい生活様式」「人との接触を8割減らす、10のポイント」の実践など、感染拡大防止のための取組を依頼• 在宅勤務や時差出勤など 人との接触を減らす取組や、業種ごとの感染拡大予防ガイドライン等を踏まえた 職場における感染拡大防止のための適切な取組を依頼 移行期間設定による制限等の段階的緩和• 「新しい生活様式」等が定着するまでの間、一定の移行期間を設定し、感染状況や感染拡大リスク等の評価を踏まえ、外出の自粛、催物(イベント等)の開催制限等の協力依頼を 段階的に緩和(概ね3週間ごとに評価) 警戒度が総合的な判断により「感染拡大注意」段階になった場合は、警戒度に応じた行動基準に基づき、法による要請等を検討• ステップ0~1(5月27日~6月18日) 外出自粛の協力依頼• 旅行など 都道府県をまたいだ人の移動を避けるよう依頼 【対象】 (~5月31日)全都道府県 (~6月18日)5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)への移動は慎重に対応• これまでにクラスターが発生した施設や「3つの密」のある場所(感染防止対策の徹底されていない施設)への 外出の機会を極力減らすとともに、仮に外出の機会があったとしても、 感染防止策(人と人との距離を保つこと、マスクの着用、手指の消毒等)を徹底することを依頼 【対象】 (~5月31日)接待を伴う飲食業、ライブハウス、バー、カラオケ、スポーツジム等の屋内運動施設等 (~6月18日)接待を伴う飲食業、ライブハウス等• 施設の使用に関する協力依頼• 業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの徹底等、 感染拡大防止のための適切な取組を依頼• 催物(イベント等)の開催に関する協力依頼• 全国的かつ大規模な催物 等については、 リスクへの対応が整わない場合は、中止又は延期にするなど 慎重な対応を依頼 【前提】 感染防止策(入退場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気等)の実施 【規模】《屋内》100人以下、かつ収容定員半分以下の参加《屋外》200人以下の参加、かつ 人と人との距離を十分確保• 6月5日• 6月5日• 6月4日• 5月29日• )に対し、所有する手指消毒用エタノールを提供することは差し支えない。 ただし所有事業者は、提供した手指消毒用エタノールの品目及び数量を書面に記載する等の措置を講ずること イベント又は施設等の訪問者や職員等に使用することを目的とした消毒用エタノールを衛生的な管理のもと、他の容器に詰め替えることは差し支えない。 ただし、来訪者等への販売は行わないこと やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることを臨時的・特例的に認めること 新型コロナウイルス感染症に係る自治体・医療機関向け情報一覧 マスクや医療関連製品等を生産するための設備を導入する企業を対象とした補助金の募集 企業向け特別相談窓口の設置、新型コロナウイルス感染症に対応した制度融資等について 新たな生活様式に対応するための店舗改装・機器整備や、非対面型ビジネスモデルへの転換等、事業継続・再起に向けた取組を行う中小企業者に対する補助金の募集 就労に関して影響を受ける又はその恐れがある労働者からの相談窓口 栃木県と中央労働金庫による生活の安定と福祉向上のための融資制度 中小企業が行うテレワークの導入に対する補助金 社会保険労務士による雇用調整助成金の対応を始めとする労働相談全般の個別相談会 雇用調整助成金に関する相談窓口及びアドバイザー派遣 農業者向け相談窓口及び関連情報について 県内を運行する鉄道、バス事業者等のホームページリンク集 新型コロナウイルス感染症拡大による解雇等により、住宅の退去を余儀なくされた方に対して、県営住宅の目的外使用により住まいの提供を行います 学校における新型コロナウイルス感染症対策について 5月20日から5月27日まで、自宅学習ガイド番組の第2弾を放送します 運転免許更新期限の延長手続き等について タイトル 情報の内容 担当課室 多言語(たげんご)による新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の相談窓口(そうだんまどぐち)のリンク先(さき)(対応言語:日本語、やさしい日本語、ポルトガル語、スペイン語、英語、中国語、ベトナム語、インドネシア語) Here is the latest information for foreigners regarding novel coronavirus infection in Tochigi prefecture 6月12日• 6月10日• 6月9日•

次の