大橋 トリオ。 大橋トリオ

大橋トリオ ohashiTrio Official Website

大橋 トリオ

内容紹介 音楽・映画・ファッションシーンの口コミから始まった静かな熱狂.. 噂の大橋トリオが遂に、メジャーデビュー! 【楽曲試聴】 1. はだかの王様 2. Full Circle 3. A BIRD 8. 赤い傘 これまで数々の映画音楽を手掛けてきた大橋好規による1人ユニット、大橋トリオ。 2007,2008年立て続けにリリースした作品はジワジワと浸透し、各方面で好セールスとなりスマッシュヒット。 2009年初頭にはYAHOO MUSIC,iTUNES MUSIC STOREで『2009年ブレイク必至アーティスト』として大きくクローズアップ。 アコースティックミュージックの新たなニュースタンダードの誕生である。 メディア掲載レビューほか どこまでも深く優しく響く歌…アコースティック・ミュージックのニュースタンダードです。 シンガー・ソングライター、大橋トリオのメジャー・デビュー・アルバム。 大橋好規名義で数々の映画音楽を手掛けてきた、彼の才能をこの1枚にぎゅっと凝縮しちゃいました。 C RS ああ良い耳を持った人なのだなあ、というのが一番初めに浮かんだ感想。 気持ちの良いメロディーに気持ちの良い声、気持ちの良い音。 そして、それらを聴き分けられる良い耳。 ピアノとギターを主体にしたアコースティックなサウンドは、細部まで気を配られていながらも決して作り込み過ぎにならず、程よいリラックス感がある。 そんな絶妙のさじ加減で作られた音楽たちは、まるで暖かい春の午後に吹くそよ風のように、さりげなく日常に溶け込んでゆく。 CDTVのオープニングテーマ「A BIRD」に反応し、ずっと気になっていました。 CDを聞いて、日本の音楽業界が爛熟期にあった90年代後半の空気感を思い出しました。 (その頃、個人的にマイケル・フランクスなども聞いていたのですが) sensitiveで優しい声、転調が多く使われている曲も好みです。 全体的に、尖った所が全く無いアール・ヌーボーな印象。 きちんと音楽を学んできている人だし、今までの裏方での実績も何気に凄いのでしょうが、 こういう人がまだ出てくる余地があったのだなと嬉しい気持ちになりました。 今の時代の無味乾燥な空気に毒されないで、ずっとこんな感じで古い喫茶店のような、 情緒のある真摯で穏やかな音楽をやっていってほしいと思います。

次の

大橋トリオおすすめの曲ランキングTOP10

大橋 トリオ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年7月) 大橋トリオ 出生名 大橋 好規 生誕 1978-07-12 (41歳) 出身地 学歴 ジャズコースピアノ科卒 ジャンル 職業 担当楽器 、、、、、、、、、 活動期間 - レーベル Patch Works Label ( - ) ( - ) (2019年 - ) 事務所 公式サイト 大橋トリオ(おおはしトリオ、 - )は、の、、、、。 本名は 大橋 好規(おおはし よしのり)。 兵庫県生まれ。 所属は、所属は。 公私ともにパートナーは作詞担当のmicca。 人物 [ ] 「大橋トリオ」とは、さまざまな楽器をひとりで操る大橋好規によるシンガーソングライターとしての。 名は「トリオ」ながら3人()編成というわけではなく、1人で活動している。 主に自身が歌うアーティスト活動を行う大橋トリオとして以外にも、本名の「大橋好規」としてやの制作、アーティストへの楽曲提供やなどの音楽活動を行っている。 、映画「」に的ミュージシャン役で参加したことをきっかけに、本名の「大橋好規」名義で音楽活動を開始。 この作品ではピアノ演奏と・アレンジを担当しただけだったが、映画に出演していたのにピアノを教えることになり、その流れで村上も出演した映画「colors」で初めて映画音楽を制作することになった。 より「大橋トリオ」名義で歌手としても活動を開始。 によりを果たすと、映画やドラマの制作や楽曲提供、プロデュース以外にも、他のアーティストとのコラボレーションやなど幅広い活動を展開するようになる。 父親が音楽関係の仕事をしていた影響もあり、子供の頃から作曲家、特に映画音楽を作る作曲家になりたいと思っていた。 その後、音楽大学でを学んだのも、「作曲家になるためにはジャズをやっておいた方が良い」「ジャズをやれば自分のやりたい音楽を実現できる」と考えたから。 最も影響を受けたのはと。 オスカー・ピーターソンは中学時代に彼の「ウィ・ゲット・リクエスト」というアルバムを聴いて、編曲も音の選び方も演奏も曲の流れもすべて完璧だと感じた。 吉川忠英は高1の時に父親の仕事の関係で知り合ったの達人で、非常に影響を受けた。 初めて作詞・作曲に挑戦したのは19歳の頃。 ので作ったで、最後がなぜか調になるなんとも形容し難い複雑な曲だった。 初めて人前で歌ったのは20歳の頃。 小さなに知人のライブを見に行ったとき、歌えと言われて仕方なく、ピアノ弾き語りでの「」を歌った。 名前の由来 [ ] ソロなのにプロジェクト名を「大橋トリオ」と名づけた一番の理由は、本人がジャズをやっていたこと。 また「名前の由来は特になく、なんとなくおもしろいかな、と(思った)」とも語っている。 音楽性 [ ] ボーカル以外にも、ピアノ、ギター、ベース、ドラム、マンドリン、バンジョーなど、あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤー。 大学でを専攻するなど、知識に裏打ちされた音楽的バックボーンを持ちつつ、ジャズ及びをベースに、、、、、、、等、様々なジャンルの音楽の要素を取り入れ、本人の演奏によりサウンドを再構築している。 シンプルな中に色々な要素が混ざり合っているのが特徴。 ロックややポップスなどひと通りの音楽を通過しているが、その音楽的基盤はジャズにある。 作曲と編曲、ほとんどの演奏、を大橋1人で手掛けているが、だけはに依頼している。 イメージが固まっている場合は作詞家にその旨を伝えるが、よほどのことがない限りは完全に相手にお任せで分担作業となっている。 日本語詞はmicca、英語詞はJoshua Katrisが、それぞれ担当している。 歌唱に関してはに似ていると評価されることもある。 主なサポートメンバー [ ]• (piano, , keyboard) 2017年 -• (piano) 2015年• (guitar) 2017年 -• (guitar, , ) 2009年 - 2011年• (bass) 2015年 -• (, , etc. (chorus) 2009年 著名人との関連 [ ] 著名人の中で、俳優の村上淳とは関わりが深い。 同じ事務所に所属し、映画共演を機に親交があり、大橋に歌うことを勧めたのも村上である。 村上は作品制作にも携わることも多く、これまでにアルバム『PRETAPORTER』『THIS IS MUSIC』のジャケットのアートワークデザイン担当、アルバム『PRETAPORTER』購入者応募特典ののデザイン担当、「NO MUSIC, NO LIFE. 」コラボレーションTシャツのロゴイラスト提供 [ ]等を行っている。 アルバム『THIS IS MUSIC』のタイトルは村上考案によって付けられた [ ]。 ライブに参加することもあり、メジャーデビュー後初のツアー『A BIRD TOUR 2009』ではMURA-JUN名義で出演する [ ]他、ににて放送された『VERSUS -iTunes Japan Sound of 2009-』のスタジオライブではギター演奏で参加した。 作品や楽曲も高く評価しており、「好きな人へのギフトとして大橋トリオのCD」とコメントしている。 また、村上自身がDJとして活動する際、大橋の楽曲をヘビープレイしたことにより服飾関係者や映像関係者の間で話題を呼んだ [ ]。 でありの柿本ケンサクの作品に音楽制作で携わった縁故により、監督やビジュアルワークは全て時代から柿本が務めている。 なお、「DEAREST MAN」「Happy Trail」「」の各PVには村上も出演している。 その他、俳優のは「大橋さんの音楽に救われてきた」 と語っており、映画監督のは曲を聴いた感想を「自分だけのハッピーな映画を観た時の感じに似ている」 と評価している。 経歴 [ ] 4歳の時にピアノを習い始め、やなど家に転がっていた色々な楽器に親しむ。 13歳でドラムを習い始める。 同時に、、アコースティックギターをバンド等で始める。 高校に入るとやなどのやメタルやに傾倒する。 その一方で父親の仕事の関係でアコースティックギタリストの吉川忠英と出会ってアコースティックギターの魅力に取り付かれ、父親のコレクションを聞き漁っているうちに見つけたオスカー・ピーターソンに影響を受けてジャズに目覚める。 18歳で洗足学園音楽学部ジャズコースピアノ科入学。 あらゆるジャンルの音楽を聴いて音楽性の幅を広げ、作曲を始める。 2003年より本名の大橋好規名義で本格的に音楽活動を開始。 きっかけとなったのは、翌2004年公開の映画「この世の外へ クラブ進駐軍」にピアノ演奏と楽曲ビッグバンド・アレンジで参加したことだった。 その後、あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤーとして、映画やCMなどの音楽制作、歌手への楽曲提供、アレンジ、ミックス、サポート演奏など音楽家として幅広く活動するようになる。 2004年、半野喜弘『Lido Ensemble』にピアノとキーボードで参加。 2005年6月、Tammyの2nd『ギターとラブレター』でアルバムを初プロデュース。 2006年7月、映画『colors』のオリジナルサウンドトラックを大橋好規名義でリリース。 初めて本格的に歌うことにも挑戦している。 2007年12月、大橋トリオ ohashiTrio の名義で本人による全演奏・フルボーカルのセルフプロデュース・アルバム『PRETAPORTER』を発売し、歌手活動を開始する。 2008年、大橋好規名義でアルバム『borderless』をリリース。 2009年5月、大橋トリオとしてエイベックス・rhythmzoneよりミニアルバム『A BIRD』でメジャー・デビュー。 11月、メジャー1stアルバム『I Got Rhythm? 』をリリース。 で総合アルバムチャートで1位を獲得する。 2014年12月、自身初のビッグバンド編成によるライブ「OHASHITRIO and THE PRETAPORTERS year-end party live 2014」を開催。 以降、THE PRETAPORTERSを迎えた豪華編成でのスペシャルライブは年末の恒例行事となる。 2017年、活動10周年を記念したワンマンライブを東京・で開催。 2019年4月、あらたに発足した音楽レーベル「A. B(エイサブ)」に参加。 ディスコグラフィー [ ] 大橋好規名義 [ ] アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考 1st 2008年11月5日 borderless CD PWSR-1020• Introduction• sapasa market• a thrill• desert rose• barefoot george• turquoise blue• cotton candy• flower• this morning• kawaranaimano• gogo no coffee• borderless• ebbtide• cherry tree• 7 colors of rain• chromosome• tenboudai• poetry• gravity 3 featuring ohashiTrio Patch Works Label ソロ名義で映画や短編作品などに提供した音源などのインストゥルメンタル曲を収録。 サウンドトラック [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考 2006年 colors original soundtrack CD PWSR-1011• Intro〜letter of deadleaf• Cotton candy• Kawaranaimono• Coming back again• Teardrops• Flower• Green Banana• 7 color of rain• Gogo no coffee• Solitude• Bartender blues• After the rain• Happy end• T40 featuring ohashiTrio• BAUMKUCHEN featuring ohashiTrio:映画主題歌• TOKYO No. 1 SOUL SET (ボーナストラック) Patch Works Label 映画『バウムクーヘン』のオリジナル・サウンドトラック。 2009年4月29日 余命1ヶ月の花嫁 オリジナル・サウンドトラック CD AICL-2012• In the Woods [1:09] Raiou -main theme- [1:29]• Sense of Restlessness [1:05]• Trauma [1:01]• The Lost Tono [1:37]• Close Encounter [1:50]• Tender Breeze [3:11]• Strangers [1:19]• Confess [2:30]• Separation [1:33]• I come through 〜inst. version〜 [2:36]• Joy ride [1:36]• Cheerful Rain [1:52]• Momentary [1:45]• 乱 [6:15]• Catch Sight [4:09]• In the Silence [3:57]• Runaway [1:39]• The Lightning [2:33]• Last Attempt [5:21]• Fairy 〜vocalise version〜 [4:37] Anchor Records 映画『』のオリジナル・サウンドトラック。 2013年9月04日 スターマン・この星の恋 original soundtrack CD RZCD-59417• MAIN THEME [2:56]• GUITAR DRIVE [3:48]• GUITAR STEP [2:42]• GUITAR TO BANJO [2:19]• VIVA GUITAR [1:45]• GUITAR DANCE [1:19]• STOP THE EXPRESS [1:58]• GENTLY WEEPS [2:23]• MUSIKBOX [1:07]• SHIGETA'S BLUES [1:42]• LONGING FOR YOU [2:34]• MINERALS [2:18]• SPROUT [3:10]• RYU-SEI-GUN [2:03]• FAMILY TREE [1:24]• INTO THE SKY [3:08]• MIRACLES [2:18]• MAIN THEME strings ver. [3:25]• 落ちていた星 [2:55]• STAIRS [3:24] rhythm zone 制作系テレビドラマ『』のオリジナル・サウンドトラック。 2017年3月22日 「PとJK」オリジナル・サウンドトラック CD SOST-1021• Run and Run [1:24]• Still 〜vocal〜 feat. [2:20]• Still 〜piano〜 [2:42]• Hope and Pray [1:31]• Hope and Faith [1:48]• Still 〜humming〜 [1:27]• Feelings and Friendship mandlin [1:35]• Love and Humor [1:19]• Sadness and Cool [1:10]• Feelings and Friendship flute [1:46]• Still 〜guitar〜 [2:36]• Feelings and Friendship piano [1:04]• Breath and Breathe [1:33]• Tears and Hug [5:01]• Still 〜ending〜 [4:10] 松竹 映画『』のオリジナル・サウンドトラック。 参加作品 [ ] アーティスト タイトル 収録作品 発売日 「Standing There 〜いま、そこに行くよ〜」 (参加) シングル「Standing There 〜いま、そこに行くよ〜」 2006年 「ラストシーン」 アルバム『』 2011年 大橋トリオ名義 [ ] スタジオアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 オリコン最高位 備考 インディーズレーベル 1st PRETAPORTER CD PWSR-1017 CD• 東京ピエロ feat. Turn our world around feat. モンスター feat. Natural Girl feat. 窓 feat. 日曜の夜に鳴く鶏 feat. She is a Rainbow• Be there feat. This is the love with• 顔 feat. ASMINE with• フラワー• 真夜中のメリーゴーランド with• オールドタイム DVD• モンスター feat. 秦基博(MUSIC VIDEO)• Be there feat. BONNIE PINK(MUSIC VIDEO)• フラワー(MUSIC VIDEO)• 東京ピエロ feat. 平井堅• 窓 feat. マチルダ• Aliens On Earth• Seven Days• サクラ• ガラクタマシーン• My Shooting Star• CLAMCHOWDER plugged• サヨナラの雨• 僕らのこの声が君に届くかい DVD• Winterland LIVE• そんなことがすてきです LIVE• 東京ピエロ LIVE• 顔 LIVE• 赤い傘 LIVE• Time LIVE• はだかの王様 LIVE• ゼロ LIVE• 日曜の夜に鳴く鶏 LIVE• Turn our world around LIVE• Happy Trail LIVE• HONEY LIVE• Bing Bang LIVE• 窓 feat. 矢野顕子 LIVE• オールドタイム LIVE• 恋するライダー feat. 斉藤和義 [5:43]• GOLD FUNK [4:04]• 愛で君はきれいになる [4:54]• はじまりの唄 [4:14]• 君は悪魔か少女になって [5:07]• アンジュリア [5:52]• 赤いフィグ[5:12]• Wonderland [4:33]• そして君と星になって [4:45]• MUSIC VIDEO「愛で君はきれいになる」 [4:57]• LIVE「ohashiTrio TOUR 2015 〜PARODY〜 at NHK ホール」• Cherry Pie [5:38]• PARODY [5:12]• サーカス小屋 [7:43]• eito [5:49]• 灰色の世界 [5:31]• game over [5:09]• くるみ [5:25]• 君のいない冬 [8:14]• アネモネが鳴いた [5:11]• 美しいもの [5:09]• ゼロ [5:45]• Fairy [8:10]• めくるめく僕らの出会い [5:17]• FLY [7:37]• サリー [8:38]• モンスター [6:22]• マチルダ [6:00]• 僕らのこの声が君に届くかい [19:16]• DOLLY• 摩天楼バタフライ• Break out!!! 君だけのストーリー• 深海の恋• 狼と満月• デイジー• タイムマシーン• りんごの木• The Day Will Come Again• The Day Will Come Again music video• ohashiTrio TOUR 2016 10 TEN document 7インチシングルレコード• 宇宙からやってきたにゃんぼー -Trio ver. VENUS [5:33]• Embark [6:07]• タイミング [4:31]• 面白きかな人生 [4:09]• SHE [5:29]• 双子の約束 [5:03]• birth [3:50]• STEREO [4:46]• スノーマン [5:17]• 鳥のように [3:48]• LIVE「ohashiTrio 10th ANNIVERSARY SPECIAL CONCERT "TRIO ERA"」• はじまりの唄 [4:43]• SHE [5:17]• Baumkuchen [5:47]• マチルダ [6:14]• トリドリ [7:06]• A BIRD [5:53]• 静かな夜 [5:50]• 宇宙からやってきたにゃんぼー [2:27]• Fairy [5:04]• 月の裏の鏡 [6:28]• 鳥のように [3:21]• Battle Without Honor or Humanity [3:46]• バンビーナ [6:08]• Embark [6:52]• MAGIC [4:29]• アネモネが鳴いた [6:06]• HONEY [5:46]• Bing Bang [8:40]• 生まれた日 [5:02]• テレパシー [4:16]• THUNDERBIRD [4:42]• 三日月ララバイ [3:48]• S・M・I・L・E・S [4:11]• Fragments [4:57]• kite feat. Mona [4:26]• Wildflower [3:49]• Natural Woman [4:49]• サニーデー [4:28]• LIVE「ohashiTrio HALL TOUR 2018 at NHK HALL」• VENUS [5:44]• タイミング [4:23]• SHE [5:15]• はだかの王様 [6:13]• KOE [4:04]• 双子の約束 [4:57]• birth [9:30]• PARODY [9:16]• My Shooting Star [6:22]• STEREO [5:09]• 鳥のように [4:08]• モンスター [5:59]• Embark [6:55]• GOLD FUNK [7:38]• 面白きかな人生 [6:27]• Baumkuchen featuring ohashiTrio• Happy Trail• そんなことがすてきです• A BIRD• Winterland• HONEY• トリドリ• Bing Bang• モンスター feat. 秦基博• マチルダ• サクラ• Seven Days• 世界で一番幸せ者になれ• KOE DISC2-バラード盤-• Colors• Cryin'• Dearest Man• JURADIRA• 赤い傘• Shine• 君は雨• Lady• 月の裏の鏡• 生まれた日• わすれない• 窓 feat. 矢野顕子• サヨナラの雨• 小さな家 DISC3-カバー盤-• 贈る言葉• traveling• I'm yours• Dreams• Angel• You gotta be• KiSS OF LIFE• Gracekelly• ラブリー• LA LA LA LOVESONG• ラストシーン• 風の谷のナウシカ• Water is wide DVD• Baumkuchen[MUSIC VIDEO]• Dearest Man[MUSIC VIDEO]• Happy Trail[MUSIC VIDEO]• A BIRD[MUSIC VIDEO]• Winterland[MUSIC VIDEO]• HONEY[MUSIC VIDEO]• モンスター feat. 秦 基博[MUSIC VIDEO]• Be there feat. BONNIE PINK[MUSIC VIDEO]• ラブリー[MUSIC VIDEO]• フラワー[MUSIC VIDEO]• 東京ピエロ feat. 平井堅[MUSIC VIDEO]• マチルダ[MUSIC VIDEO]• 世界で一番幸せ者になれ[MUSIC VIDEO]• Carnival[LIVE]• 月の裏の鏡[LIVE]• ゼロ[LIVE]• 真夜中のメリーゴーランド[LIVE]• MAGIC[LIVE]• りんごの木• 宇宙からやってきたにゃんぼー -Trio ver. ぼくのピコリーナ• apple tree -りんごの木 english ver. - DVD• The Music Around Me• Here To Stay• 愛で君はきれいになる• 真夜中のメリーゴーランド• サーカス小屋• Cherry Pie• 月の裏の鏡• 贈る言葉• MAGIC• 東京ピエロ• Lady• Bing Bang• 生まれた日 最高59位 登場回数1週 配信限定シングル [ ] いずれも限定での配信となる。 発売日 タイトル 規格 収録作品 備考 1st 2009年 はだかの王様 『A BIRD』 系『』エンディングテーマ。 2nd 2009年 Shine デジタル・ダウンロード 『A BIRD』 3rd 2009年 A BIRD デジタル・ダウンロード 『A BIRD』 系『』2009年5月度オープニングテーマ。 4th 2009年 僕と月のワルツ デジタル・ダウンロード 『I Got Rhythm? 』 ショートドラマ『恋時雨』「カナブンはいない」主題歌。 SONGS』 2010年 Various Artists 「」(カバー) アルバム『Disney Rocks!! 』 2010年 Various Artists 「」(カバー) アルバム『』 2011年 Various Artists 「」(カバー) アルバム『』 2012年3月21日 Various Artists 「Polly 」(カバー) アルバム『』 2012年4月4日 10CM シプセンチ 「Fine Thank You And You? feat. 大橋トリオ」 シングル「10CM シプセンチ 」 2013年9月4日 Various Artists 「」(カバー) アルバム『』 2014年12月9日 Various Artists 全曲(スペシャルバンドマスターを担当) アルバム『J-WAVE LIVE SUMMER JAM presents "Trio-logy"』 2017年11月29日 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 備考 Live 2014年10月15日 ohashiTrio HALL TOUR 2014. 09 at NHK HALL DVD Blu-ray RZBD-59687 RZXD-59689 ミュージックビデオ [ ] 監督 曲名 「A BIRD」「Be there feat. BONNIE PINK」「Bing Bang」「DEAREST MAN」「HONEY」「Happy Trail」「Winterland」「モンスター feat. 秦基博」「世界で一番幸せ者になれ」「贈る言葉」 「東京ピエロ feat. 平井堅」 「マチルダ」 「MAGIC」 不明 「フラワー」「僕と月のワルツ」 楽曲提供・プロデュース [ ] アーティスト名 タイトル 収録作品 発売日 担当 「」 アルバム『』 2011年3月9日 編曲・プロデュース・演奏 全曲 ミニアルバム 『DIGIDIGI LALA』 2009年 作曲・編曲・プロデュース・演奏 「in the dark in the light」「汚れた靴」 アルバム『RAFT』 2011年5月18日 編曲・プロデュース・演奏 木村竜蔵 全曲 シングル 「愛しい人よ」 2006年 編曲・プロデュース・演奏 全曲 シングル 「丘を越えて」 2007年 編曲・プロデュース・演奏 「恋する男」「あなたと逃避行」 アルバム『』 2008年 作曲・編曲・プロデュース・演奏 「special thanks! 」 アルバム『』 2012年8月8日 作曲・編曲・プロデュース・演奏 全曲 ミニアルバム 『ギターとラブレター』 2005年 編曲・プロデュース・演奏 「」 シングル「ジェニーはご機嫌ななめ」 2006年 編曲・プロデュース・演奏 全曲 シングル 「Juradira」 2005年 作曲・編曲・プロデュース・演奏 「DEEP BLUE」 アルバム『hands』 2009年 作詞・作曲・編曲・プロデュース・演奏 「悲しい歌」 アルバム『』 2012年1月25日 編曲・プロデュース・演奏 「」 アルバム『THE STILL LIFE』 編曲・プロデュース・演奏 「切手のないおくりもの」 アルバム『』 2014年5月28日 編曲・プロデュース・演奏 「」 アルバム『』 2017年8月9日 作曲・楽曲制作(プロデュース) 「私は泣かない」 アルバム『』 2015年12月2日 作曲・編曲・プロデュース・演奏 「」 シングル「」 2009年 編曲・プロデュース・演奏 「」 アルバム『松本隆に捧ぐ-風街DNA-』 2010年5 月12日 編曲・プロデュース・演奏 「HAJIMARI」 アルバム『』 2012年 編曲・プロデュース・演奏 「ロマンチック」 アルバム『』 2012年7月25日 作曲・編曲・プロデュース・演奏 山本ヒロシとザ・パロッツ 全曲 アルバム 『アルバムナンバーワン』 2006年 プロデュース リエコランド 「パレード降る夜」 ミニアルバム『雨降星』 2011年9月28日 作曲・編曲・プロデュース・演奏 劇伴・BGM・CMソングなど [ ] 映画 [ ]• 「」(2004年、阪本順治監督) - 音楽アレンジ・ピアノ演奏担当• 乾いた花(2004年)• ファミリーレストラン(2004年)• 「」(2005年、柿本ケンサク監督)• 「COLORS」(2005年、柿本ケンサク監督)• 「『』」(2005年、監督)• アップルパイの午後(2005年)• BUNNYBOY(2005年)• 「星屑夜曲」(2006年、監督)• 「BAUMKUCHEN」(2006年、柿本ケンサク監督)• 「TOKOYO BANDITS!!!! 「病葉流れて」(2007年、監督)• 「」(2008年、監督)• 「」(2009年、監督)• 「」(2010年、廣木隆一監督)• 「」(2012年、監督) - 主題歌「オールドタイム」提供• 「」(2012年、監督)• 「」(2015年、監督) - 主題歌「めくるめく僕らの出会い」提供(音楽監督は)• 「AMY SAID エイミーセッド」(2017年、監督) - 主題歌「Amy Said」提供(音楽監督は)• 「」(2017年、廣木隆一監督)• 「おもてなし」(2018年、監督、日本・合作映画) ドラマ [ ]• 「」(2009年、) - 音楽担当• 「恋時雨」(2009年、フジテレビ) - 第4話「カナブンはいない」に楽曲「僕と付きのワルツ」が使用• 「」(2012年、フジテレビ) - 音楽担当• 「」(2013年、フジテレビ) - 音楽担当• 「」SEASON1〜3(2013年 - 2016年、) - 音楽担当 テレビ番組 [ ]• 「TOKYO NIGHT STYLE」(2006年、)• 洋楽最新情報番組「HITS ON THE LAN」(2006年、GyaO)• 「colors2007」(2007年、)• 海外ドラマ特番「藤原紀香 ローマの風 〜古都が伝えた未来〜」(2007年、)• 特別番組「80年後のKENJI〜宮沢賢治21世紀映像童話集〜」(2013年、) - 第4回「薤露青」映像音楽• 情報番組「いっぷく! 」(2014年、) - テーマソング提供• ミニ番組「」(2014年、) - おやすみソング「放物線の歌」• 「」(2016年、) - 音楽担当• 「」(2017年、TBS) CM [ ]• (2004年)• 803T(2005年)• cocoti渋谷(2006年)• 『』(2007年)• (2008年 - 2009年)• 花王(2008年)• 「エコして、得して」(2009年)• 「エバールーフ」(2009年)• 花王メリーズ(2010年)• キリン・『』(2011年)• (2011年 - 2012年)• (2011年)• (2011年)• (2012年) - 「」のカバーを歌唱• (2012年)• こくまろカレー(2012年)• 2015(2013年)• (2013年 - 2014年)• Genki(2013年)• ポテトチップス(2013年)• (2014年)• (2014年)• (2014年)• (2015年)• (2016年)• (2017年)• 「グランピング」篇(2018年) 出演 [ ] 映画 [ ]• 「」(2004年) - ミュージシャン 役• 「AMY SAID エイミーセッド」(2017年) - 大橋トリオ(本人) 役 ドラマ [ ]• 「恋時雨」(フジテレビ、2009年) - ミュージシャン 役• 「ハングリー! 」第9話(関西テレビ・フジテレビ、2012年3月6日) - 本人 役• 「植物男子ベランダー」第13話(2014年、) - 謎の男 役 ラジオ番組 [ ]• 大橋トリオ POWER PLAY SPECIAL PROGRAM "A BIRD"(、2009年)• (、2019年2月) ナレーション [ ]• 「銀座ろくさん亭」CF(2007年)• 公共広告機構(現:)「まぜるな資源」篇CF(2007年)• シングル「花鳥風月」(2007年)• Metis アルバム『ONE LOVE』(2007年)• 「サボテン」篇CF(2010年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 音楽出版社. 2012年7月30日. 2019年7月25日閲覧。 2019年7月25日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2019年7月29日閲覧。 株式会社ナターシャ 2009年5月8日. 2019年7月29日閲覧。 [[ELLE 雑誌 ELLE ONLINE]] 2009年4月28日. 2009年5月3日時点のよりアーカイブ。 2009年5月13日閲覧。 ORICON NEWS. 2008年2月21日. 2019年7月29日閲覧。 2009年5月13日閲覧。 2009年6月1日時点のよりアーカイブ。 2009年5月24日閲覧。 2019年7月29日閲覧。 大橋トリオ ohashiTrio Official Website. 2019年7月29日閲覧。 2009年2月12日. 2019年7月29日閲覧。 株式会社ナターシャ 2009年5月8日. 2019年7月29日閲覧。 岡野詩野「BLOW UP! 大橋トリオ」『bounce』、、2009年6月号。 TOWER JP. 2009年5月18日閲覧。 [ ]• 2008年7月14日. 2009年5月18日閲覧。 [ ]• BEA-NET. 2009年5月24日閲覧。 [ ]• DECADE. 2009年5月18日閲覧。 [ ]• 2009年9月21日時点のよりアーカイブ。 2009年5月18日閲覧。 recommuni. 2009年5月14日時点のよりアーカイブ。 2009年5月13日閲覧。 株式会社ナターシャ 2015年6月3日. 2019年7月29日閲覧。 avex portal 2019年6月9日. 2019年7月29日閲覧。 2019年6月14日. 2019年7月25日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年11月30日. 2016年11月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - エイベックスによる公式サイト• - 所属事務所DECADEによるアーティストページ• ohashiTrio -• - チャンネル• - コミュニティ• - (2012年1月11日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

大橋トリオ

大橋 トリオ

内容紹介 音楽・映画・ファッションシーンの口コミから始まった静かな熱狂.. 噂の大橋トリオが遂に、メジャーデビュー! 【楽曲試聴】 1. はだかの王様 2. Full Circle 3. A BIRD 8. 赤い傘 これまで数々の映画音楽を手掛けてきた大橋好規による1人ユニット、大橋トリオ。 2007,2008年立て続けにリリースした作品はジワジワと浸透し、各方面で好セールスとなりスマッシュヒット。 2009年初頭にはYAHOO MUSIC,iTUNES MUSIC STOREで『2009年ブレイク必至アーティスト』として大きくクローズアップ。 アコースティックミュージックの新たなニュースタンダードの誕生である。 メディア掲載レビューほか どこまでも深く優しく響く歌…アコースティック・ミュージックのニュースタンダードです。 シンガー・ソングライター、大橋トリオのメジャー・デビュー・アルバム。 大橋好規名義で数々の映画音楽を手掛けてきた、彼の才能をこの1枚にぎゅっと凝縮しちゃいました。 C RS ああ良い耳を持った人なのだなあ、というのが一番初めに浮かんだ感想。 気持ちの良いメロディーに気持ちの良い声、気持ちの良い音。 そして、それらを聴き分けられる良い耳。 ピアノとギターを主体にしたアコースティックなサウンドは、細部まで気を配られていながらも決して作り込み過ぎにならず、程よいリラックス感がある。 そんな絶妙のさじ加減で作られた音楽たちは、まるで暖かい春の午後に吹くそよ風のように、さりげなく日常に溶け込んでゆく。 CDTVのオープニングテーマ「A BIRD」に反応し、ずっと気になっていました。 CDを聞いて、日本の音楽業界が爛熟期にあった90年代後半の空気感を思い出しました。 (その頃、個人的にマイケル・フランクスなども聞いていたのですが) sensitiveで優しい声、転調が多く使われている曲も好みです。 全体的に、尖った所が全く無いアール・ヌーボーな印象。 きちんと音楽を学んできている人だし、今までの裏方での実績も何気に凄いのでしょうが、 こういう人がまだ出てくる余地があったのだなと嬉しい気持ちになりました。 今の時代の無味乾燥な空気に毒されないで、ずっとこんな感じで古い喫茶店のような、 情緒のある真摯で穏やかな音楽をやっていってほしいと思います。

次の