オフィス カジュアル 髪型。 オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルとクールビズの違いは?|就活における服装のアレコレ、徹底解説します。

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違い

オフィス カジュアル 髪型

オフィスカジュアルでの面接は比較的多い 就職活動というと、リクルートスーツを思い浮かべる就活生も多いことでしょう。 しかしリクルートスーツでなく、オフィスカジュアルでの面接も意外と多いのです。 オフィスカジュアルで面接に臨む際、相応しい服装で臨まなければ、「社会人としてのマナーを理解できていないんだな」とマイナスの評価を受けてしまう恐れがあります。 そのようなことの無いよう、オフィスカジュアルについて理解しておく必要があるのです。 ここではオフィスカジュアルでの面接で選ぶべき服装について、印象の良いコーディネートを男女別に解説していきます。 ここでの内容をしっかりと理解し、採用担当者に好感を与えることの出来る服装で面接に臨むようにしましょう。 オフィスカジュアルとは 今日ではオフィスカジュアルで業務に従事することを認めている企業は多く存在します。 そもそもオフィスカジュアルとは何なのでしょうか。 オフィスカジュアルというと、「私服みたいなものでしょ?」と理解している就活生が一定数います。 オフィスカジュアルとは、スーツ以外の服装で、仕事をするに相応しい服装のことを表す言葉です。 「ビジネスシーンに相応しい私服」ということになるため、日常生活における私服とは大きく異なるものなのです。 オフィスカジュアルはあくまでもビジネスシーンに相応しい私服であり、カジュアル過ぎるものはオフィスカジュアルとして相応しくありません。 スーツではない分、より一層コーディネートに気を遣わなければならないものなのです。 【男性編】オフィスカジュアルな服装のポイント オフィスカジュアルを考えるにあたって、男性と女性で注意すべき点は変わってきます。 ここでは、男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントを4点挙げ、それぞれ解説していきます。 男性の場合、オフィスカジュアルに適した私服を持っていない人も多くいることでしょう。 オフィスカジュアルは就職活動に限らず、その後の社会人人生においても必要なものとなるため、持っていない人は以下を参考に一式揃えておくのもおすすめです。 ジャケットと襟付きシャツを着用する 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの1つ目は、「ジャケットと襟付きシャツを着用すること」です。 ジャケットを着ないのはビジネスマナーに反します。 スーツではないとはいえ、ジャケットはしっかりと着用することが必要なのです。 その際、色は落ち着いた印象を与える紺・グレー・ベージュが賢明です。 きっちり見えるサイズとデザインのものを選択するようにしましょう。 またシャツに関しては、襟付きシャツを選ぶのが無難です。 Tシャツ等は面接という場ではカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるのです。 誠実な印象を与える白色の襟付きシャツを選択し、併せて面接なのでネクタイも着用し、面接に臨むようにしましょう。 パンツはチノパンかスラックスを 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの2つ目は、「パンツはチノパンかスラックスを選択すること」です。 あくまでもオフィスカジュアルなので、カジュアル過ぎる印象を与えてしまうパンツはNGです。 穴の開いたジーンズやダボダボなパンツは避けたほうが賢明だと言えるでしょう。 誠実な印象を採用担当者に与えることが出来るよう、チノパン、スラックスを選択するのが基本なのです。 色に関しても、派手な色はNGです。 ベージュやブラウン、黒・ネイビーといった落ち着いた印象を相手に与える色を選ぶようにしましょう。 また、パンツには必ずベルトが必須アイテムになります。 ベルトに関しても派手な色、カジュアルなデザインのものは避け、黒系のシンプルなデザインのものを用いるようにしましょう。 靴や鞄はシンプルなデザインを選ぶ 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの3つ目は、「靴や鞄はシンプルにすること」です。 靴はレザーのシンプルなシューズがおすすめです 中には飾りがついたようなデザインのシューズもあります。 しかしそのようなものは避け、極力シンプルなものを選ぶようにしましょう。 色に関しても落ち着きのある印象を与える黒、紺、ベージュといった色のものをチョイスするのは賢明だと言えます。 鞄に関しては、スーツの時に使用しているビジネスバックを用いるのが無難です。 面接においては、持っている鞄も意外と採用担当者に見られています。 カジュアル過ぎる印象を与える鞄を持っていると、マイナスの評価に繋がってしまう恐れがあるのです。 ジーンズやスニーカーはNG 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの4つ目は、「カジュアルな印象を与えるものは避ける」ことです。 私服で着る分には、カジュアルなものでも問題はありません。 しかし、面接という場においては、カジュアル過ぎる服装はビジネスマナーを疑われてしまうため、相応しくないのです。 ジーンズ、スウェット素材、帽子、リュック、スニーカーなどカジュアルな印象を与えるものは避けるようにしましょう。 また、リュックに関しては、ビジネス向きのデザインのものであっても避けたほうが無難だと言えます。 面接会場に向かうまでの間、リュックを背負うことでジャケット、シャツにシワが出来てしまう恐れがあります。 そのようなことで印象を損なうことの無いよう、リュックは避けておくべきなのです。 【女性編】オフィスカジュアルな服装のポイント 次に、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントを解説していきます。 女性の場合、服装の選択肢も多く悩んでしまう就活生も多くいることでしょう。 基本的には男性と同様、「カジュアル過ぎない服装」を選択することが重要になります。 以下の内容を押さえて服装を選択することで、服装によってマイナスの評価を受けてしまうことは避けられます。 不要な減点を防ぐためにも、以下をしっかりと理解しておくようにしましょう。 ジャケットを着用する 女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントとして、ジャケットを着用することがまず挙げられます。 男性と同様、ジャケットの着用は面接においては必須になります。 自身に適したサイズのジャケットを選択し、ネイビー・ベージュ・グレーなど落ち着いた印象を与える色のものを着て行くようにしましょう。 「カーディガンではダメなの?」と考える就活生もいるでしょう。 カーディガンでもNGではないのですが、面接という場においては、カジュアル過ぎると考え人もいます。 そのようなことを考慮すると、カーディガンではなくジャケットを選択するのが賢明なのです。 インナーに関しては、白もしくは女性らしい柔らかい印象のカラーをチョイスするようにし、全体的に清潔感のある服装にまとめることがポイントになります。 ボトムスはシンプルなスカートやパンツ 女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートでは、「ボトムスはシンプルなスカートやパンツを選択すること」も重要なポイントになります。 スカートにしろ、パンツにしろ、派手な色は避け、ネイビー・ベージュ・グレー・ブラウン・ブラックなどを選択することが重要になります。 スカートの場合は丈の長さにも注意してください。 あまりにも丈が短いものはビジネスマナーに反してしまいます。 膝丈もしくは膝より少し上丈のスカートを選択します。 「ワンピースはダメなの?」という就活生もいるでしょうが、ワンピースでも問題はありません。 ワンピールの場合も色は上記のような落ち着いた印象を与えるものをチョイスし、丈に関しても、膝丈となるものを着るようにしましょう。 靴や鞄は華美でないものを選ぶ 靴や鞄は華美でないものを選択することも、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートを考える上で大切なポイントになります。 カジュアルな装飾の施されている靴も多くありますが、そのような靴は避け、シンプルなデザインで、かつ色も落ち着いた印象を与えるものを中心に選ぶようにしましょう。 ヒールが高すぎる、逆にヒールがペタンコになっている、といったものはNGです。 3~5㎝のヒールのパンプスを選ぶようにしましょう。 鞄に関しても華美なブランドものは面接の場には相応しくないためNGです。 シンプルなデザインのものを選択し、色も黒系の選ぶことが無難です。 靴や鞄は見えづらいようで、意外と見られやすいポイントになるため、これらについてもしっかりと準備しておくことが重要になるのです。 オフショルダーやミニスカートはNG 最後に、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートを考える際、NGとなる服装を紹介していきます。 オフショルダー、ミニスカートなど露出の高いものは面接という場に相応しくないため、避けなければなりません。 肌の露出が高いと、だらしのない印象を採用担当者に与えてしまう恐れがあるのです。 肌の露出は最低限に抑え、誠実な印象を採用担当者にあたることが出来るようにしましょう。 またサンダル、ブーツ、ヒールの高い靴、デニムといったものはカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるためNGです。 その場に相応しい服装が出来ないような人材を採用したいと思う企業はどこにもありません。 ビジネスマナーを意識し、その場に相応しい服装を選択する必要があります。 面接力診断で、苦手な分野を見つけよう 今年の就活は、 web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 面接力診断は、24の質問に答えるだけで、 自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。 web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。 面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。 オフィスカジュアルの基本を押さえて面接に臨もう ここまでオフィスカジュアルについて男女別にそれぞれポイントを解説してきました。 オフィスカジュアルは何も就職活動だけで必要となるものではありません。 社会人として働く中で、オフィスカジュアルが必要となる機会も多く存在しているのです。 そのような場で適切な服装を選択することが出来なければ、自身の評価を大きく落としてしまう可能性があります。 そのようなことの無いよう、オフィスカジュアルについて今のうちに学んでおくことが大切です。 スーツでない分、服装選びを難しく感じる就活生も多くいるでしょう。 しかしそのような中だからこそ、適切な服装を選択することで、採用担当者に自信をアピールすることも可能になるのです。 ここで述べた基本をしっかりと押さえ、適切な服装で面接に臨むようにしましょう。 39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう だんだん近づいてくる、面接の本番。 自分が面接で振る舞えるかどうか、不安ではありませんか? そんな時は、面接力診断をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの面接の実力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 面接力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

【コレで安心!】オフィスカジュアルの基本ルールとNGチェックリスト

オフィス カジュアル 髪型

第一印象の大半を占めるのは、顔ではなく髪型だといわれています。 相手は話の内容よりも、話す人の髪型や声のテンポなどを見て判断しているのです。 相手にどのような印象を持たれているのか、理解することが大切になります。 オフィスでの男性の髪型や髪色はどこまでがセーフ? 1. オフィスでツーブロックは大丈夫か ツーブロックという髪型が最近の流行りになっていますが、この髪型は社会人として大丈夫なのでしょうか。 業界にもよりますが、入社して数年経っている場合はほぼ問題ありません。 しかし、業種によって許容範囲が違ってきます。 営業職のようなお客様としょっちゅう会って商談するような業種の場合は、避けたほうがよい場合もあるでしょう。 IT系やクリエイティブな業界でしたら、ツーブロックの髪型でも問題ない場合はほとんどです。 心配な人は、内定先の先輩に聞いてみるのも1つの手ですね。 長髪は避ける 長髪の場合も、入社して最初のころは避けたほうが無難かもしれません。 社会人は清潔感が一番大きなポイントになりますので、すっきりとまとまった髪型を心がけましょう。 寝ぐせはNG! 髪に寝ぐせがついている場合もだらしなく見えてしまうのでNGです。 必ず朝は時間に余裕を持って、寝ぐせをなおしてから出社するようにしてください。 ただし、セットし過ぎてベタついている髪型よりは、少しふんわりとした髪型の方が活発な印象を与えることができます。 茶髪はマイナスポイント オフィスシーンにふさわしい髪の色ですが、男性の場合は黒髪の短髪がどの世代からも好評です。 髪を染めることが絶対にダメということはありませんが、社会人としてはあまり好まれないでしょう。 もちろん、生まれつき茶髪の人もいるので、その場合はあてはまりません。 オフィスでの女性の髪型や髪色はどこまでがセーフ? 1. オフィスで茶髪やパーマはNG? 女性の場合はどうでしょうか。 女性の髪型はショートカットでもロングでも、男性に比べて許容範囲が広いです。 ただし、銀行などの金融機関や企業の受付、ホテルのフロントなどでは、茶髪やパーマ、トレッドヘアをNGにしている場合がありますので、注意が必要でしょう。 極端な茶髪はNG 女性の髪色では極端な茶髪や赤い髪色は避けたほうが無難です。 しかし、明るさと快活さを演出するために適度な茶色を入れる程度ならかまわないでしょう。 業種にもよりますが、IT系やクリエイティブ系の業界の場合は、茶髪の許容範囲が広がる傾向が見られます。 先述しましたが、生まれつき茶髪の人もいるので、その場合は問題ありません。 清潔感のある髪がポイント 清潔感のある髪型にするにはバナナクリップやハーフアップを使用すると、簡単に髪をまとめることができます。 女性は男性よりも髪が長い場合が多いので、痛んでボサボサになっていたりすると目立ってしまいます。 髪を傷めないようにトリートメントなどを使ってお手入れすることが大切です。 オフィスにふさわしい髪型と髪色まとめ 社会人にふさわしい髪型や髪色について、男女別にどこまでが許容範囲なのか解説してきました。 人の第一印象は髪型や髪色がほとんどを占めているといわれています。 男女ともに髪型や髪色は第一印象を決めるとても大切な部分です。 これまでは少し疎かにしていたという人は、あらためて髪に注意を向けるようにしてみましょう。 なにか新しいよい変化が起こるかもしれませんよ。 ・執筆:山下ユキマル デザイン事務所などでクリエイターを務めた後、現在はフリーライターとして活動中。 毎週水曜日の夜にひらかれていたH賞詩人の現代詩教室に10年ほど通い、現代詩手帖やユリイカなどへの寄稿経験を持つ。 趣味は料理とランニング。

次の

【もう悩まない】今さら聞けない「オフィスカジュアル」「お仕事カジュアル」の基本ルール

オフィス カジュアル 髪型

第一印象の大半を占めるのは、顔ではなく髪型だといわれています。 相手は話の内容よりも、話す人の髪型や声のテンポなどを見て判断しているのです。 相手にどのような印象を持たれているのか、理解することが大切になります。 オフィスでの男性の髪型や髪色はどこまでがセーフ? 1. オフィスでツーブロックは大丈夫か ツーブロックという髪型が最近の流行りになっていますが、この髪型は社会人として大丈夫なのでしょうか。 業界にもよりますが、入社して数年経っている場合はほぼ問題ありません。 しかし、業種によって許容範囲が違ってきます。 営業職のようなお客様としょっちゅう会って商談するような業種の場合は、避けたほうがよい場合もあるでしょう。 IT系やクリエイティブな業界でしたら、ツーブロックの髪型でも問題ない場合はほとんどです。 心配な人は、内定先の先輩に聞いてみるのも1つの手ですね。 長髪は避ける 長髪の場合も、入社して最初のころは避けたほうが無難かもしれません。 社会人は清潔感が一番大きなポイントになりますので、すっきりとまとまった髪型を心がけましょう。 寝ぐせはNG! 髪に寝ぐせがついている場合もだらしなく見えてしまうのでNGです。 必ず朝は時間に余裕を持って、寝ぐせをなおしてから出社するようにしてください。 ただし、セットし過ぎてベタついている髪型よりは、少しふんわりとした髪型の方が活発な印象を与えることができます。 茶髪はマイナスポイント オフィスシーンにふさわしい髪の色ですが、男性の場合は黒髪の短髪がどの世代からも好評です。 髪を染めることが絶対にダメということはありませんが、社会人としてはあまり好まれないでしょう。 もちろん、生まれつき茶髪の人もいるので、その場合はあてはまりません。 オフィスでの女性の髪型や髪色はどこまでがセーフ? 1. オフィスで茶髪やパーマはNG? 女性の場合はどうでしょうか。 女性の髪型はショートカットでもロングでも、男性に比べて許容範囲が広いです。 ただし、銀行などの金融機関や企業の受付、ホテルのフロントなどでは、茶髪やパーマ、トレッドヘアをNGにしている場合がありますので、注意が必要でしょう。 極端な茶髪はNG 女性の髪色では極端な茶髪や赤い髪色は避けたほうが無難です。 しかし、明るさと快活さを演出するために適度な茶色を入れる程度ならかまわないでしょう。 業種にもよりますが、IT系やクリエイティブ系の業界の場合は、茶髪の許容範囲が広がる傾向が見られます。 先述しましたが、生まれつき茶髪の人もいるので、その場合は問題ありません。 清潔感のある髪がポイント 清潔感のある髪型にするにはバナナクリップやハーフアップを使用すると、簡単に髪をまとめることができます。 女性は男性よりも髪が長い場合が多いので、痛んでボサボサになっていたりすると目立ってしまいます。 髪を傷めないようにトリートメントなどを使ってお手入れすることが大切です。 オフィスにふさわしい髪型と髪色まとめ 社会人にふさわしい髪型や髪色について、男女別にどこまでが許容範囲なのか解説してきました。 人の第一印象は髪型や髪色がほとんどを占めているといわれています。 男女ともに髪型や髪色は第一印象を決めるとても大切な部分です。 これまでは少し疎かにしていたという人は、あらためて髪に注意を向けるようにしてみましょう。 なにか新しいよい変化が起こるかもしれませんよ。 ・執筆:山下ユキマル デザイン事務所などでクリエイターを務めた後、現在はフリーライターとして活動中。 毎週水曜日の夜にひらかれていたH賞詩人の現代詩教室に10年ほど通い、現代詩手帖やユリイカなどへの寄稿経験を持つ。 趣味は料理とランニング。

次の