インフルエンザ 解熱後。 インフルエンザ解熱後の出勤可能な時期は?解熱後の咳に感染力はある?

インフルエンザ解熱後の出勤可能な時期は?解熱後の咳に感染力はある?

インフルエンザ 解熱後

かかってしまったら、出勤停止・出社禁止となってしまう会社員にとって怖い病気ですよね。 インフルエンザについては、その感染力の強さから 「発症から5日間、かつ解熱してから2日間」は、出社・外出を控えるように指導されています。 復帰できるまで大体1週間程度かかると言えます。 これは、インフルエンザウイルスの潜伏期間がおおよそ5日程度なことと、インフルエンザウイルスの完全消滅が解熱後の2~3日後といわれているからです。 インフルエンザの発症は、発熱の症状が出た日を目安としてください。 ネットでは、誤った日数算定も見受けられますので注意してください。 (例)1月1日に発症、4日に解熱した場合 発症した1日はカウントせず、2日~6日の5日間が発症期間に該当。 解熱した4日はカウントせず、5日~6日の2日間が解熱後の期間に該当。 よって、出社可能日は1月7日となります。 なお、解熱が遅ければ、その分出社できる日が延びてしまうので、症状が出ている期間はなるべく安静にして過ごしましょう。 また、抗インフルエンザウイルス剤であるタミフルを処方されると、徐々に熱は下がっていきます。 それと同時に、体内のウイルス量は減少していきますが、体に残っているウイルスは完治するまで体外に排出され続けるため解熱後も注意して過ごしましょう。 よって、 熱が下がってから3日後には出勤が可能となります。 が、ここでご説明したのはあくまで一般論です。 世には「もっと早く出社してこい!」という鬼のような会社もあるそうなので、個別に会社へ確認をとって、体調の経過と復帰日を事前に連絡しておきましょう。 また、完治したとはいえ、ウイルスの残量ははっきりと分かりませんから、 復帰後数日はマスク着用での出勤をおすすめします。 インフルエンザは飛沫感染なので、マスクをしていればひとまず安心です。 他にも、インフルエンザ解熱後にもかかわらず、 咳だけ止まらないという人も多いようです。 平熱で体調も悪くなく、咳だけ出ているという状況であれば、インフルエンザウイルスはほぼ消滅していると推測されますが、他人へ感染しないとは言い切れません。 咳だけであれば出勤しても構いませんが、万が一のことを考えマスクをして出勤しましょう。 確かに、熱は大分下がりましたが、 微熱が続いているのはインフルエンザがまだ発症状態にある証拠であり、解熱・完治とはいえません。 解熱というのは、平熱のことをいいます。 (個人差がありますが、おおよそ37度未満の体温であれば平熱といえるでしょう)インフルエンザの場合は、一度朝に熱が下がったとしても、夜になってまた熱が上がるケースが多くあります。 朝に平熱であっても、解熱と決めつけないで1日しっかり様子を見てから「解熱」を見極めましょう。 なお、最近では予防接種を受けている場合、熱の上昇が抑えられ高熱が出なかったり、微熱が続いたりする場合があるようです。 その場合も、微熱が出ている限りはインフルエンザ発症中と捉え、平熱になるまで安静にしていましょう。 インフルエンザでの出社禁止は法律で決められてるの? 今でこそインフルエンザに感染したら外出しない・出社はしないというのが常識となりましたが、休みは長期間に渡り、業務に支障がでることを心配する人も多いはずです。 また、休暇中の扱いについても、ほぼ強制にもかかわらず有給を消化しなければいけなかったり、査定に響いてきたりと仕事への影響は少なくありません。 このインフルエンザの出社禁止の強制力については、法律で定められている事柄なのでしょうか? インフルエンザウイルスは、その発症前~発症後に渡って強力な感染力を持つウイルスを排出することから、外出を控える必要があると言われています。 第1章にも書いた「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」という期間については、 学校保健安全法(昭和33年法律第56号)において出席停止期間とされているほどです。 しかし、これはあくまで学校に対する法律です。 実は、会社員の場合、 出社禁止については法律などで明確に定められているわけではなく、各会社によって対応を決めているに留まります。 会社によっては、インフルエンザの集団感染があっては事業に甚大な損害を与えるおそれがあるため、社内規定などでインフルエンザ発症時の出社停止期間を定めている場合もありますし、感染のことなど考えず解熱したらすぐ出社という会社もあります。 貴方の会社がどのような取り決めをしているか、しっかりと確認しておくことが大切です。 大変残念なことは、インフルエンザによる休暇については基本的に有給取得となることです。 (一部、特別休暇としている優しい会社もあるようですが…)さらに、長期休暇とみなされ査定に影響する可能性があることも覚悟しておいたほうがいいですね。 ほぼ強制的な出社禁止にもかかわらず、法制度が整備されていないのは非常に残念です。 体調管理は社会人の基礎でもありますから、日頃の規則正しい生活やインフルエンザの予防対策がいかに大切か身にしみますね。 ただし、該当期間は無給であることが条件なので、有給がある人は有給を消化したほうがよいでしょう。 まとめ いかがだったでしょうか?インフルエンザ解熱後について、理解は深まりましたか?特に解熱後は、体調も通常通りになるため「まだ休んでないといけないの?」と疑問に思う人も多いと思います。 自分自身の体調がよくなっても、他人への感染という迷惑をかけないためにも 『解熱後2日間』は出社を控えておくことをおすすめします。 それでも出社したいんだ!という意欲旺盛な方は、必ずマスク着用で、体に無理のない程度でお仕事をされてくださいね。 ゆみ様 コメントありがとうございます。 普段の平熱が低く、 また、インフルエンザと診断されたにもかかわらず、あまり体温が上がっていないんですね。 ここ2年くらい、インフルエンザになっても高熱が出ない人が増えているようです。 予防接種の影響ともいわれていますね。 この場合、出勤の基準が難しいと思います。 私からも、はっきりしたことは言えません。 お医者さんが良いと言ったのなら、金曜日の出勤は問題ないと思いますが、今感じている熱っぽさはどの程度でしょうか? ゆみさんが、熱があるな、と自覚しているのなら、まだ治っていない可能性がありますね。 高熱が出ないと、症状が長引くケースがあるようです。 できれば、無理せずお休みされた方がいいかと思います。 万が一、平熱と判断して出社されるような場合は、病原菌がまだ体内に残っている可能性があるかもしれませんので、マスクを着用するなど他の人への感染に十分配慮したほうがいいでしょう。 お大事になさってください。

次の

インフルエンザの解熱後に微熱が続くときは再受診する?出勤は可能?

インフルエンザ 解熱後

お子さんを抱える親御さんにとって、お子さんが熱を出したときにに感染したかどうかは大きな関心事です。 インフルエンザはやなどの症状を引き起こすこともある疾患であり、普通の風邪よりは慎重に対応することが求められるのも事実です。 ここでは、インフルエンザの「熱」を中心として注意すべき状況をまとめました。 インフルエンザの熱の特徴 典型的なは、突然発症の発熱からはじまります。 「突然発症」という点が特徴です。 熱は何度になるか インフルエンザ発症から数時間のあいだに38度以上、時に40度を超える発熱となります。 発熱の期間 熱は基本的には38度以上で推移し、3〜5日の経過で解熱します。 発熱の経過中の随伴症状 発熱の経過中には随伴症状として「ぞくぞくする」といった悪寒・戦慄(せんりつ)や咳を伴うことも多いです。 また、や、なども認めます。 倦怠感は熱が下がったあとも1〜2週間ほど持続することがあり、何となくすっきり全快しないという特徴があります。 典型的なインフルエンザの経過は下記の図のとおりです。 インフルエンザはどの年齢層でも罹患する可能性がありますが、熱の期間や高さ、重症度などを一概に扱うことは難しいです。 また、や、などの基礎疾患を持つ場合、重症化するリスクが高くなることがわかっています。 インフルエンザの熱の捉え方 熱が注目されることの多いですが、医師は発熱以外の情報をとても重視しています。 というのも、確かに熱は何かが身体の中で起きていることを示唆する症状ではありますが、必ずしも病気の重症度を表現しているわけではないからです。 発熱だけで重症度は診断できない たとえば、インフルエンザを含めた感染症に続発することがある重症疾患に「」と呼ばれる状態があります。 敗血症は時に亡くなることもあるほど重篤な疾患ではありますが、発熱だけを指標にして診断するわけではありません。 また、高熱の場合だけに注意するわけではなく、熱がない場合でも敗血症がおこることはあります。 発熱とは非常にあいまいな症状であるともいえます。 たとえば、咳や痰があれば肺に何か起きている可能性を示唆しますし、意識状態がいつもと違う様子であれば意識を司る脳に異常が起きていることが想定されます。 これと比べて「発熱」という症状は、それがあるだけではどこで何が起きているのかを推定することはできません。 インフルエンザ以外の病気でも発熱があることからも想像いただけるかと思いますが、発熱は特異性に欠ける症状なのです。 以上のように、インフルエンザで確かに熱はでますが、発熱そのものが病気の重症度を示唆するわけではなく、また問題となる臓器障害を示唆するわけではないことに注意が必要です。 発熱以外の症状に注目することが、インフルエンザをみるうえで重要な視点であるといえます。 発熱以外の症状に着目することが大切 お子さんが発熱したとき、熱に注目することはもちろん大切ですが、それ以外の症状はどうか、という部分に着目するようにしてください。 高熱があっても普段と変わらずおもちゃで遊んでいるようであれば緊急性は低いと考えられます。 しかし、逆に熱はそれほどではなくても、咳がひどくて呼吸が苦しそうであればを合併していることも考えられるため、早期に病院への受診を考慮してください。 インフルエンザで熱が上がったり下がったりする・熱がぶり返す場合 の経過中には、解熱剤や抗ウイルス薬の使用状況などにより熱が上がり下がりしたり、発熱期間が短くなったりすることもあります。 また、「二峰性発熱」といって、一度解熱して治ったと思ってから再度38度の発熱がみられることもあります(下図参照)。 インフルエンザの治癒過程をみていることもあり心配のいらない経過であることもありますが、やなどの合併が起こっている可能性もあります。 熱以外の症状に注意しながら、心配な様子がある際には病院受診をするかどうかを判断するようにしてください。 インフルエンザでは発熱のピークが2回 インフルエンザで熱だけが出る・熱が出ない・37度程度で熱が低い場合 では、咳やなどはみられず熱だけが出ることもありますし、熱が微熱程度であるケースもあります。 たとえば、微熱程度だけど兄弟がインフルエンザに罹っており、本人も少ししんどそうなので検査をしたらインフルエンザだったと判明することもあります。 こうした方も経過中には38度以上にならずに、37度強の微熱が数日続くこともあります。 インフルエンザでは熱の状況にかかわらず、倦怠感や元気のなさが出やすいです。 何となくいつもより食欲がない、いつもよりやたらグズグズして不機嫌そうにしている、なども症状としてあげられます。 熱の有無よりも、機嫌・咳・意識状態などに注意する お子さんを看病する親御さんに注意していただきたいのは、インフルエンザでは熱の有無も確かに大事ですが、それ以外の症状に注目していただきたいという点です。 「インフルエンザの熱の捉え方」でもお伝えしましたが、熱が高くなくてもやを起こしている可能性はあります。 熱の有無にとらわれすぎるのではなく、本人の機嫌や咳、意識状態など別の症状に注目しつつ、受診のタイミング、治療介入の必要性を判断するようにしてあげてください。 インフルエンザで早く熱が下がった場合と解熱後の対応 は1日ほどで解熱することもあります。 しかし、解熱後もしばらくは他の人への感染リスクを伴っているため、登校や登園に際して「発症した後5日経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」出席停止することが学校保健安全法にて規定されています。 そのため、熱はなくとも発症後5日は完治とはいわずに、自宅安静をとることが求められています。 発熱期間の目安を過ぎても熱が下がらない場合も 熱の目安の期間が過ぎても発熱が持続することはあります。 基本的には5日程度までには解熱傾向にありますが、もしそれ以上に発熱が持続する場合にはなどの合併症を起こしている可能性があります。 合併症の有無がないかを判断するためにも病院を受診するようにしましょう。 また、経過中発熱5日以内であっても、発熱以外の症状が重症化している場合には、熱の期間にかかわらず早期の医療機関受診が必要です。

次の

【コロナウイルス対策】熱が下がった後(解熱後)何日目から会社に出社してよいかを調べた

インフルエンザ 解熱後

ウイルスが体に残っている 解熱後に様々な症状が継続していたり、 もしくは新たな症状が起きてしまった場合、 それはインフルエンザウイルスが まだ体に残っている可能性が考えられます。 ウイルスに対抗するために、 サイトカインという物質が分泌されるんですが、 このサイトカインの過剰分泌を防ぐため、 プロスタグランジンという物質が分泌されます。 このプロスタグランジンが、 体の様々な痛みを引き起こしていると言われています。 関連ページ: 熱が下がっていたとしてもウイルスが体に残っていれば、 プロスタグランジンが分泌され続け、 頭痛や筋肉痛・関節痛が継続する可能性があります。 吐き気や下痢・腹痛もウイルスが原因 インフルエンザによる発熱は、 あくまでもウイルスに対抗するための 一つの症状にすぎません。 ウイルスの量がピーク時より減ったとしても、 体のあちこちに残っていたら、 さまざまな悪影響を及ぼします。 胃腸までウイルスが達してしまった場合は、 ウイルス性の胃炎などを起こすことがあり、 それが吐き気や気持ち悪い、腹痛、それに下痢を伴う可能性があります。 関連ページ: 時期に治るので特に対策の必要なし 今はつらいかもしれませんが、熱が下がってきたということは、 インフルエンザウイルスの数は確実に減っています。 時期に治るのを待っても良いし、どうしてもしんどいのであれば、 病院で薬を処方してもらうと良いですよ。 ロキソニンには注意! 解熱鎮痛剤として薬局に行けば、 ロキソニンは手軽に手に入ります。 家に常備している人も多いです けれどもインフルエンザ中は、 ロキソニンによる副作用が起きる危険性が 高いという報告があります。 関連ページ: 特に子供には避けたほうが良いので、 アスピリン系の薬と同様、 飲ませないように注意しましょう。 ロキソニンに関する副作用 腹痛、嘔吐、胸やけ、口内炎 動悸、眠気、しびれ、めまい など 合併症を併発 インフルエンザにかかって免疫力が低下すると、 細菌による感染症にかかりやすくなっているし、 アレルギー反応も強く出てしまうことが多いです。 インフルエンザの合併症によって、 解熱後にも頭痛は吐き気などが続くことがあります。 一例をあげると 髄膜炎 脳と脊髄を保護する役割のある髄膜には、 髄液というものがあるんですが、 髄液まで細菌が達して炎症が起こすことがあります。 化膿性髄膜炎と呼ばれ、 ひどい頭痛を伴うほか、• 曲げられないほどの首の痛み• 嘔吐 といった症状も見られます。 通常、1週間くらいで症状が治まるんですが、 免疫力が極端に低下している場合、 重症化して命にかかわることもあります。 首の痛みも感じるようであれば、 早めに病院で診てもらうようにしましょう。 髄膜炎が起きているかどうかは、 腰椎穿刺検査(脳脊髄液検査) ようついせんしけんさ(のうせきずいえきけんさ) という検査が行われます。 脳や髄膜の変化が疑われる場合に行う検査です。 局所麻酔を行うので、検査中の痛みはありません。 検査後、枕を使わずに1~2時間、上向きで安静にします。 引用サイト: ちなみに、頭痛は頭痛でも、• おでこのあたり(前頭部)• 目の奥(後眼窩) に痛みを感じやすく、 光を余計にまぶしく感じることが多いです。 関連ページ: 花粉症 花粉症によって鼻の粘膜が炎症して腫れているときに、 炎症が広がって頭痛のような痛みを感じることもあります。 目のかゆみ• くしゃみ といった症状が見られ、 花粉が飛んでいる季節であれば、 真っ先に疑うべきでしょう。 インフルエンザの場合には、 飲んでも良い薬と禁忌薬にはっきりとした違いがあるので、 安易に花粉症薬を飲むのはやめましょう。 眼精疲労・肩こりからの頭痛 ウイルスや細菌とは全く関係なく、 眼精疲労・肩こりによって、 頭痛を感じることもあります。 体力が低下しているところで、 いつも通りにテレビやスマホを見てしまうと、 目に通常以上の負荷をかけることになります。 横になっている時間が長くなると、 体のあちこちが硬くなり、肩こりも感じやすくなります。 安易な薬の使用は避けよう 解熱後にも続く頭痛や吐き気などの不快な症状を和らげようと思って、 安易に薬を飲むのはやめましょう。 ウイルスが残っている最中に、たとえばアスピリンを飲んでしまうと、 インフルエンザ脳症という、命に係わる病気を招くリスクがあります。 症状がどうしても辛い場合には、 お医者さんに相談をして、 治療なり薬を処方してもらうようにしましょう。 関連ページ: インフルエンザで熱が出ない場合の頭痛・関節痛は自然治癒でOK? インフルエンザと言えば、 高熱が出るのが主な症状なんですが、 場合によっては熱が出ないこともあります。 その代わりに頭痛を強く感じることがあるんですが、 インフルエンザと高熱・頭痛の関係はどうなっているのか? このブログでまとめてみました。 熱が出るのはなぜ? インフルエンザになると高熱が出るのは、 インフルエンザウイルスを撃退する力を強めるためです。 ウイルスをやっつけるのは 主に白血球の仕事になるんですが、 この白血球が熱が上がれば上がるほど、 攻撃力をアップさせる特徴があるんです。 熱が高いはずのに悪寒(寒気)を感じるのは、 ウイルスを退治するために熱が使われていて、 体温維持が後回しにされてしまうからなんです。 熱が出ない原因 では、インフルエンザに感染したというのに、 熱が出ないのはどんな原因が考えられるのかというと、 風邪薬を服用 インフルエンザにかかったばかりのころは、 それとは気づかずに普通の風邪だと思って、 家にあった風邪薬を飲んでしまったりします。 この風邪薬に解熱作用があった場合、 高熱が出るのを邪魔してしまうわけです。 熱が出ないので体が楽と言えば楽ですが、 その分、ウイルスをやっつける期間が長引いてしまいます。 インフルエンザB型に感染 インフルエンザはA型だと高熱が出やすいものの、 B型は高熱が出ないこともあります。 ちなみに、B型は感染力が弱いので、 感染するケースはまれ。 A型が流行するのは、12月から春先にかけてなんですが、 B型に関しては、2月から春先にかけてです。 つまり2月以降にインフルエンザを発症した場合、 熱が出ないケースが起こりやすいわけです。 B型はA型に比べて、高熱が出ないせいで、 ウイルスが完全に死滅する期間が長引く傾向があります。 体が楽になったからと言って、 安易に出かけたりしてしまい、 感染を広げないように注意をしましょう。 免疫力が高い 体の免疫力がそもそも高い場合、わざわざ高熱を出さなくても、 白血球がどんどんウイルスをやってつけてくれます。 免疫力の源は胃腸にあると言われていますから、 普段からお腹を壊しにくく、便秘も全くしない場合には、 熱がそれほど高くならない可能性があります。 頭痛を感じる原因 熱が出なくても頭痛が出るのは、 インフルエンザによる発熱と頭痛には、 相互関係がないからです。 インフルエンザで頭痛を感じるのは、 ウイルスを退治しようとする白血球の活動が 原因という風に考えられています。 白血球がウイルスを撃退しようとする際に、 サイトカインという物質を分泌するんですが、 それと一緒に、プロスタグランジンという成分も一緒に分泌します。 このプロスタグランジンが、 痛みを感じるボーダーラインみたいなものを下げ、 通常よりも痛みを感じやすくしてしまうと言われています。 頭痛を感じるのも、筋肉痛・関節痛を感じるのも、 プロスタグランジンが原因だと推測されているんです。 関連ページ: 解熱鎮痛剤を使う場合の注意点 頭痛がギンギンと続いて どうしても耐えられないときには、 無理せず薬を飲んでしまったほうが良いです。 ただ、解熱作用もある鎮痛剤を飲むと、 インフルエンザが治るを遅らせる危険があります。 さらに、アスピリン系の薬などは、 インフルエンザの合併症を起こしやすくする ことがわかっています。 頭痛を抑えるための薬を使うときには、 薬局の薬剤師さんに相談するか、 お医者さんにアドバイスしてもらいましょう。

次の