ビットコイン研究所。 ビットコイン

仮想通貨はグローバル金融領域に移行、影響力を過小評価すべきではない ~CoinShares「Crypto Trends Report 2019」による報告=ビットコイン研究所

ビットコイン研究所

下記の研究レポートが配信済みです。 いずれも15-30ページ程度のレポートになります。 一度ご入会いただけますと、過去のレポートを含めて、すべてのレポートがご覧いただけるようになります。 147 相対取引入門• 146 PoS化によるEtherの資産性について• 145 G7のステーブルコインレポート解説• 144 量子コンピュータの実際• 140 Electric Capital デベロッパーレポート要約• 139 TorやVPN、ルーターセキュリティと暗号通貨の匿名性• 138 BicoinにおけるDeFi(分散型金融)• 137 クリプトアセットクラスに応じた競合分析• 136 ビットコインのプライバシーを改善するWasabiWalletの仕組みと課題• 135 投資戦略分析• 134 トラストレスCEXを実現するArwen• 133 トレーダーのための実利的プライバシー• 132 レンディングサービス概況• 131 暗号通貨の最新評価手法のアップデート• 130 モバイルLNウォレット比較レビュー• 129 Cosmosトークンデザインの概要と考察• 128 Bitcoin Coreのガバナンスについて• 127 10分でわかるCosmos• 126 5分でわかるライトニングネットワーク• 125 ブロックチェーンガバナンス:9つのプロジェクトからの抜粋• 124 ビットコインの発行上限変更はあり得るか?• 123 Thomas Lee氏「暗号通貨の経済」理論の要点•

次の

2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」|やさしいビットコイン・仮想通貨研究所

ビットコイン研究所

 ビットコインを使うメリット 国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。 個人間で文字通り「直接」送金できる• 手数料が無料か格安• 監視や制限が存在しない 1. 個人間で文字通り「直接」送金ができる 一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要があります。 しかし、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。 ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができるのです。 手数料が無料か格安 仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。 これは個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴です。 銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料が存在します。 そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。 ビットコインは、その最大のメリットとも言える直接送金のしくみのおかげで、従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。 制限が存在しない ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。 お金の流通が、より自由に行えるようになります。 また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。 そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。 ビットコインはどこに保存されているのか ビットコインには、という概念があります。 これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。 ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、決済に利用します。 つまり、ビットコインを使いたい人は全員、ウォレットを作成する必要があります。 個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。 実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。 そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。 そこで、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換します。 ビットコインの課題 もちろん、円やドルでの決済がそうであるように、ビットコインでの決済でも、双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。 ビットコインという通貨が「通じる」間柄でなければ、決済はできないのです。 円やドルと違ってまだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これは非常に大きな課題です。

次の

オットコイン(OTTOCoin)の価格と総発行量が判明?プレマインやないか!ホワイトペーパーを斜め読み!

ビットコイン研究所

 ビットコインを使うメリット 国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。 個人間で文字通り「直接」送金できる• 手数料が無料か格安• 監視や制限が存在しない 1. 個人間で文字通り「直接」送金ができる 一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要があります。 しかし、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。 ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができるのです。 手数料が無料か格安 仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。 これは個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴です。 銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料が存在します。 そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。 ビットコインは、その最大のメリットとも言える直接送金のしくみのおかげで、従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。 制限が存在しない ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。 お金の流通が、より自由に行えるようになります。 また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。 そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。 ビットコインはどこに保存されているのか ビットコインには、という概念があります。 これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。 ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、決済に利用します。 つまり、ビットコインを使いたい人は全員、ウォレットを作成する必要があります。 個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。 実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。 そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。 そこで、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換します。 ビットコインの課題 もちろん、円やドルでの決済がそうであるように、ビットコインでの決済でも、双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。 ビットコインという通貨が「通じる」間柄でなければ、決済はできないのです。 円やドルと違ってまだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これは非常に大きな課題です。

次の